[dive.408] じっくりゆっくり歯医者さんごっこ?

この日2本目は、売店で買ったホッカイロを背中に貼り付けて潜水。
水没が起きてないから出来る技ですね♪このドライでホッカイロ使ったの初めてかも~?いや2回目かも?

ミギマキの若魚かな?って思って撮ったこのコ、図鑑見るとユウダチタカノハっていうのにも似てて、どう区別するかわかりません~>< しかも両方とも海藻が生えている岩場に生息するってあるけど砂地に居たのよね…。
で、子供の時はかわいいもんじゃんって思いながら写真撮って良く見ると、顔つきが結構オヤヂで、口角ひんまげて「やってらんねーよ!」って顔してますが…10cm位はあったと思うので100mmではちょっと厳しくてもやっとした写真になってしまいマシタ。
d0056263_1518466.jpg

アメフラシが産卵中~!
卵がでてくるところ見たくて、海藻めくってみたりしたのですが、海藻がぴっとりと張り付いてて肝心なところが見えない><あまりお邪魔してもナンなので、そこで観察はやめておきました^^;
d0056263_15185915.jpg

こちらは久しぶりのヤマドリ Neosynchiropus ijimai。復帰前に富戸で見て以来じゃないかな?「実は日本固有種」ってガイドさんがスレートに書いてました。図鑑にそういう記述無かったのでネットで調べてみると、ヒメギンポやリュウグウノツカイも日本固有種って記述を発見。で、じゃぁユウゼンの図鑑での説明はと思ってチェックすると…に限定分布、と、「限定」の文字がついてました。
ヤマドリは撮りにくいですねぇ、それに次に待ってる人が居ると落ち着かないので、2,3枚適当にシャッター切って終わり。このコは雌だったのかな?
d0056263_15193160.jpg

ガイドさんが見せてくれたヒラムシ。結構大きいので『後に引けない病』のフラプッチのファインダーからは常にはみ出しそうor少しはみ出る感じ^^;しかも動くが早い早い。目が見えているのか、カメラを前方から構えると左右どっちかに逃げて行っちゃうし。お陰で2種類の海藻をバックに撮れました♪赤い方がご本人の色が引き立って妖艶なカンジかな?(って、妖艶なヒラムシって…)
d0056263_1519556.jpg

で、この際名前を調べようと色々検索していたら、だいばーさんのページに、ヒラムシについて、こんな記述発見(以下引用)
・消化器
肛門はなく、口から食べて口から排泄する。消化管は袋状で分岐して体内に広がる。
・呼吸器・循環器
心臓・鰓・血管がなく栄養・酸素などの運搬は、拡散(物質が自然と散らばる現象)に頼る。

…なんだか凄いぞ、ヒラムシ。で、結局このヒラムシの名前はわからなかったってオチでした。
d0056263_15201327.jpg


次にガイドさんが見せてくれたのは…「うさぴょん」。
小さい…全長2mm位?撮ってる間はこんな体の形なの、わかりませんでした。
で、後で、あれなんですか?って聞いたら、、、「・・・・ムシ」だって。聞いた瞬間にメモしないと忘れます。。「海外で良く、ウツボとかについてるやつだよ」!!!それついこの間プーケットで見た~!!あれそうだったんだ。うげ~。
d0056263_15202921.jpg

前日同じショップのお客さんのIちゃんが撮ってて、羨ましかったコケギンポ。
繁殖期で顔のラメが綺麗だし、カメラに写った自分の姿に威嚇するので口をあんぐり開けて可愛い♪って話。ガイドロープ沿いにいっぱいいるってことだったので、この日1本目(フラプッチ的には)しらみつぶしにガイドロープ沿いを探したのですが、全然見つからず><
2本目入る前にガイドさんに、1匹も見つからなかったんで、見つけて下さい~とお願いするも、ガイドさんが見つけたコケギンポはチームのほかの人が撮影始めて、小さいから一緒に撮るわけにもいかないし…って、自分でまた探し出したのですがこれまた見つからず。いい加減潜水開始っから1時間位たってたので、あがるかぁ~って諦めた頃、ガイドさんが教えてくれました♪

d0056263_1521569.jpgしかし、ストロボが当たらない?妙にアンダーな感じ。色々弄ったけど上手いこと行かず…
後でみたらそんなにすごくアンダーじゃなかったんだけど。。結局現像で少し増感してます。
そしてヒメホウキムシの存在には全く気付いていませんでした^^;

d0056263_15213250.jpgそして全然くち開けてくれないんですけど~
カメラに慣れちゃったかな?じゃ、ちょっくら左手人差し指で挑発^^
はい、あ~ん♪

まっ、こんなもんかぁと思ってると、ガイドさんが呼びに来てくれた。
もう上がりましょうってことかと思ったらもう一匹見せてくれました。こっちのほうが色が綺麗かって思って、と後で言ってたっけかな?いや撮り易いからって言ってたっけかな?
でもなんかこのコのほうが弱気^^怖いよ~って顔しています。下唇、かじられちゃったりしたのでしょうか?
d0056263_15215963.jpg

でもはい、あ~ん!
…なんかのアニメキャラみたいです。
d0056263_15221252.jpg

これもまたアンダーで苦戦していたのですが…
最終的にはダークバスターJR取り出して、ノーストロボ&ISO高感度で撮ったりしたけど結局暗かったな。
気付いたら潜水時間80分…
ガイドさんが、申~し訳ないけど、もうエキジット時間の3時になるので…ってジェスチャー。
いやいやこちらこそ最後の最後で粘らせてもらってありがとうございました。
結局コケギンポだけで20分^^ 威嚇するのにこちら側に出てきたり引っ込んだりするのでピントの調整が難しかったけど、なかなか楽しかったです
[PR]
Commented by kaonoi at 2009-05-07 16:19
使い捨てカイロが水没しても異常発熱はしないですよ
まぁ、濡れたらモッタイナイですけどね
しかしまぁ、80分とは・・・・

ぷっちさんのバディだけは勘弁です (笑)
Commented by カッパドルフィン at 2009-05-07 17:28 x
ミギマキのygです。
ヤマドリは雄、長い第一背鰭が見えると思います。
ヒラムシは見たことが有る奴ですが、名前が付いていないかも?
Commented by reiko-719 at 2009-05-07 18:09
コケギンポを撮る時、左の人差し指で出すと開けるの?

そう言えば…カエルアマダイを撮る時、左手を動いたらビクッとびっくりしたらしい。。。ごめんなさい><

カメラの上より横からちょっと人差し指で出した方がいいかな?
Commented by 紺碧の豚 at 2009-05-07 19:52 x
プッちゃん粘りますね~
まだ冷たいだろうに80分も粘るなんて、トイレ大丈夫ですか?
ひょっとして、粘り過ぎで風邪引いたのかな?
Commented by frappucci at 2009-05-07 20:01
kaonoiさん、
ドライで使い捨てカイロ使うに当たって、いの一番に
周囲のダイバーさんたちに質問したのは、
「使い捨てカイロ濡れたらどうなる?」ってことでした。
水没超あり得るから^^;濡れて固まるだけらしいです。
80分、グループみんな潜ってたんじゃないっけかな?
というか初回のバリは毎回ほぼ80分だった気が…

>ぷっちさんのバディだけは勘弁です (笑)
まぁまぁそう言わずに~!(^m^
Commented by frappucci at 2009-05-07 20:05
カッパドルフィンさん、
どこで区別するんですか?…説明すると長くなるかな?
ヤマドリ、長いひれがべったり横になってるようにも
見えるんですがそれが第一背鰭だとすると第二背鰭に当たる
ものが余分になるので多分メスかなぁと。第一背鰭が開いてる
ところを観察したいものですねぇ♪
ヒラムシ、ネットでそっくりのやつの写真検索したんですが
どれもヒラムシとしか書いてありませんでしたorz
Commented by frappucci at 2009-05-07 20:07
reiko-719さん、
この時期のコケギンポは繁殖期で縄張り意識が強いので、
何かが寄ってくると威嚇して口を開けるそうなんです。
が、カメラには数分で慣れてしまって口開けなくなっちゃったので
指を目の前に差し出して怒らせてました(ゴメン><)
つっついたりはしてないですよ^^;
ほんとはカメラに向かって威嚇してくれると正面顔が撮れるんですが^^;
Commented by frappucci at 2009-05-07 20:17
紺碧の豚さん、
言われてみると、このところ困ってないですね>おトイレ
でも、脱水にはなってないし、水分摂取が上手くなってるのかも^^
ダイビング前には、薄めたスポーツドリンクを、
長い時間かけて少しずつ飲んでます

2匹とも、も~だめだ!って思って顔を上げたらガイドさんが…
ってタイミングだったので、ガイドさんはこちらの様子を
見ていてくれたのかもしれません。水深1.5~2mぐらいだったので
水温は水底よりは高かったようで寒くなかったです。

風邪は関係あるかなぁ。熱出すまで間2日あいてたから、
やっぱり帰宅してから家族にうつされた気がします^^;
Commented by カッパドルフィン at 2009-05-07 21:22 x
 ミギマキは目を通る縞が、胸鰭の付け根までいってます。
ユウダチは目を通る縞の角度が45度ぐらいです。
 ヤマドリは
>それが第一背鰭だとすると第二背鰭に当たる
ものが余分になるので多分メスかなぁと。
 云われてる意味がわかりません?
 ヤマドリの第二背鰭形状は雌雄大差有りません。雄の方が第一背鰭と同じような模様です。
 又、この個体のように、雄成魚には頬部に1濃褐色班が見られます。
 背鰭を開くのは、雄同士の威嚇や、雌へのアピールなので、そろそろ夕方とか、曇っている日とかに、見ることができると思います。
鏡を使うという手も…。
 ヒラムシまだあまり研究されてないと思います。
Commented by つるぴかはげまる君 at 2009-05-07 22:39 x
最後のコケギンポの絵カワイイなぁ♪

つるぴかもセルフでの最終ダイブは浅場で80~90分です(笑
Commented by arak_okano at 2009-05-07 23:32
アラックです。
いっぱい撮っていますね&口開けも技を使いましたね。
今度はアラックの秘策を!!!!!
Commented by YOKO at 2009-05-08 09:03 x
ほ~!使い捨てカイロ濡れても固まるだけなんだぁ~
お勉強になった。

コケギンポの表情がどの子もとってもいいですね!
Commented by divers-high at 2009-05-08 09:15
コケギンポならエントリーのブイの真下に2匹いますが^^;
うさぴょん、キレイな所にいましたね。ナマコのお腹ですか?
Commented by frappucci at 2009-05-08 22:56
カッパドルフィンさん、
>ミギマキは目を通る縞が、胸鰭の付け根までいってます。
まさに!!なるほどほど。
面白いですねぇ、たまに生まれる時柄間違えたりしないのかなぁ?←意味不明かも

>云われてる意味がわかりません?
ん~もしかしてフラプッチ、胸鰭を背鰭と見間違えてるかも??
鏡は試してみたいかも!!←飼ってたベタにも飽きられた戦法
Commented by frappucci at 2009-05-08 23:25
つるぴかはげまる君さん、
キャラっぽいですよねぇ?^^

浅場でのんびり…最高ですよね!
まえだにセルフでいきた~い!!←ここ1年位言ってるんだけど夢叶わず…
Commented by frappucci at 2009-05-08 23:27
アラックさん、
そ、そのアラックさんの秘策とは?!?!
(ヤバい、実は酔ってて忘れたか、フラプッチ?)
Commented by frappucci at 2009-05-08 23:48
YOKOさん、
とりあえず燃えないらしいです^^
中途半端に数滴濡れたりするとまた違うかもですね
(燃えてるわけじゃないから、それぐらいなら発熱続けそうな気も?)

コケギンポってこんなコミカルなんだ~って
今回の新発見でした。繁殖期だから?
(異性の気を引くためにウケ狙い…って関西人みたいだなぁ←関東では多分あまり効き目ないテだと思うんですが)
Commented by frappucci at 2009-05-08 23:53
divers-highさん、
よっし、海に入れない間の暇つぶし(?)思いつきましたよぉ~
フラプッチ用に立て看板を作っといてください!
「←コケギンポ」とか。素敵ぃ~♪

そそ、うさぴょんはナマコのお腹に。
しかし今更ですが100mmって望遠すぎて難しいもんだなぁって思いました^^
よくこんなの一眼購入当初から使ってたもんだ。
ま、誰が止めても言うこと聞かないんですが<フラプッチも結構頑固モンなんで
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by frappucci | 2009-05-07 15:32 | ダイビング日記 | Comments(18)