[INDEX] 減圧症体験記

GWに四国・高知の柏島でのダイビングにより、減圧症を発症しました。

d0056263_1134112.jpgホントは柏島のダイビング曰記書いてから書こうと思っていたのですが、5月末に出したノートPCの修理があがるのは7月半ば(遅!)でその間写真整理もままならないだろうし、ダイビングにお誘い頂く方にやっぱりキチンと調明しなきゃというのもあったので、先に書くことにしました。

[INDEX]
減圧症発生時のダイビング・フロフィール
発症から診断まで
フラプッチの減圧症発症の考えられる原因
チャンバーについて
● チャンバー曰記
治療中ダメなことと、治療後のダイビングについて NEW!←今回の旅行でご心配おかけしてるのでUPしました
● 減圧症を疑う人へ



というか、減圧症になったって書くこと事体も悩んでたんだよね。というのも、

・ブログ読んだ人から説教とかされるかと思うと正直ウザかった。
→減圧症って何をしたらなる/完全に防げるというものではない面があると思うので、結果論で話されても意味ない上に、別に今回の減圧症が今からそのアドバイスで治らないし・・・何につけ後から結果論で「自分はこうなるとわかっていた」とか言いたがる人ってウザいよね・・・そういう人に限って結果が出るまで何も言わなかったりして(^_^;)。ま、真摯に良薬口に苦しって受け取れないかもっていうのも正直ありました、やっぱ自分自身が辛かったからねぇ、特に体調が(x_x)

→減圧症体験者が自身のホムペで書いていたけれど、「自分はこうこうしているから大丈夫」というメールをたくさん貰い食傷気味なのだとか。それもまた結果論なのにメンドいな~と

・6月末に沖縄に行くので、実は潜っちゃおうかと企らんでいたけど、これこそ皆に怒られそうなので内緒にしようかと思っていた
→そんな理由かい!って言われそうww
減圧症の自覚症状がなくて半信半疑だったし、今回に限って特殊な事情があり、本当に潜りたかったんだよね~~。でもやっぱりあきらめましたので安心してくらはい!

・今後一緒に潜る人に余計な心配をかけたくない→心配しないでと言っても心配だろうしね・・・

・なかには、ザマーミロって言ったり思ったりする人もいたら悔しい
→世の中には意地悪い人もいるしなァ・・・
ほんとに子供っぽいけど、自分が減圧症になったのは仕方ないと思えても、誰か知ってる人、こちらは何かしたつもりもないのに何かと意地の悪いことしてきたり言ってくる人…が1,2名ほど居るのですが、そういう人とかにあざ笑われることになるのかもと思うと悔しくて、今回治療しながら色々考える中で、一番辛かったのがそういうことを考えていた時でした。

でも、このところ直接お会い出来た人やゆっくり電話できた人に話していて感じたのは、やっぱり減圧症ってあまり知られていないんだなということ。もともとこのブログは、フラプッチが学んだことを他の人には苦せずに知ってほしいって気持ちではじめたものだし、そもそもフラプッチがダイビングしてない時点でアヤシいわけだし、白状することにしました。

それにね、ブログに体調悪い、忙しいと書いていたので、何か重大な病気ってご心配を一部にはおかけしてしまっていたようで。スミマセン、5/8までGWで会社休んでたのにその後約3週間で7日も会社を休んでた訳でして。しかもフラプッチの場合はチャンバー入った後はぐったりしてしまって、元気に働いていたのは週1日位かも(汗) さらには5月は東京外からお客さんが3組来て週末は東京案内とかしてたから余計忙しかったのよね。よしもとおもしろ水族館なんか隔週で2回行っちゃったよ。てなわけで、いらぬご心配おかけして、大変も~しわけありませんでしたm(_ _)m

この1ケ月、本当に忙しくて、ご心配いただきながら直接このお話をできなかったダイバー仲間の皆様、ごめんなさい。話すならきっちり話したかったし、そうなると単純に時間がなくて・・・それ以上の理由はないです。

陸にあがった両生類、遠イ目ヲスル @鳥羽水族館
d0056263_13274794.jpg


なお、きっと色々コメント戴くと思いますが(と言うかカミングアウトをスルーされたらむしろサビシいかも)、内容によっては返答できないこともあるかもしれませんのでごめんなさい。
また、この記事で誰かを攻撃する意図はありません←変なコメント貰ったんで強調しておきます…。
自分の経験が誰かの役に立ったり、皆で何か考えられるきっかけになれば良いなと思い書いています。

そして、出来るだけフラプッチが知る限りの正確な情報を出すつもりですがカンチガイや間違いがあると思います。お気付きでしたらご指摘戴けると嬉しいです。でも、あくまでここの情報は医療情報でも専門家による解説でもありませんから、やはり今お悩みの方はお医者さんに相談して下さい。
[PR]
Commented by kaonoi at 2007-06-26 23:53
減圧症記事にINDEXが・・・・
でも、過去完結されたことがないような気も?
Commented by frappucci at 2007-06-26 23:54
kaonoiさん、ふっふっふ。今回はほぼ全部記事書き終えてあるから
完結予定ですよ!!
Commented by すた at 2007-06-27 00:33 x
おひさしぶりです、すたです(・Д・)
うーむむ・・・減圧症ですか・・・
僕も潜り仕事してますから気になる内容ではありますが・・・
症状が何も残らないことを祈ります
Commented by kenyu-uee at 2007-06-27 00:34
いってもうたか・・・・<s></s>の話は???
川なら問題ないぞ!でもお大事に<(_ _)>
Commented by けりい at 2007-06-27 02:18 x
お久しぶりです。びっくりしちゃいました。
海は逃げませんよ。ゆっくり直して復活してくださいね。
Commented by akialoha at 2007-06-27 08:13
おー 始まっていた。
ネットで公開するの、抵抗感あったのに、勇気を出して書いてくれてありがとう!
無駄にしないように、安全のことをちゃんと考えていきたいと思います。
Commented by divers-high at 2007-06-27 08:25
あ~ やっちゃいましたか・・・
「全てのダイビングは減圧ダイビングである」ですね。
フラプッチさんの体験を参考にさせていただきます。
Commented by kenken676 at 2007-06-27 08:41
こんにちは!
実は私もココの再圧チャンバーに入りました。
治療を受けたとき6人全員ダイバーでした。
意外と多いのにビックリ( ̄○ ̄;)!
私の場合は念の為のチャンバー送りでしたので
6ヶ月の禁止処置は免れましたが・・・
今までも色々勉強させて頂きましたが
今回の件は記事にして頂ける意義は大きいと思います。
Commented at 2007-06-27 09:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by frappucci at 2007-06-27 10:08
すたさん、一度なっちゃうと再発しがちなようなので
お仕事の方はなおのこと気をつけてくださいねー
Commented by frappucci at 2007-06-27 10:11
kenyuさん、逝った事にしないで下さいw生きてますぅ~
<s></s>の話はねーあそこだけは書くか悩んだんですけど
ま、日記なんでそゆ気持ちがあったってってことで
川なら問題ないの??
Commented by frappucci at 2007-06-27 10:18
けりいさん、ご無沙汰です
びっくりしますよねぇ。フラプッチもびっくりしましたww
>海は逃げませんよ。
そうなんですよ!200本越えて、ようやくそれがわかってきたところ
だったんで、良かったです。これが100本とかの頃だったら、
イヤだフラプッチは潜るんだァ~!って暴れてたかもww
Commented by frappucci at 2007-06-27 10:23
akialohaさん、ええ(涙)、フラプッチの死を無駄にせず、
この屍を乗り越えて行ってください
…ってだからまだ死んでませんっ。
けど折角色々話もきいてきたんで、ひとつ宜しくおつきあい下さいませ♪
Commented by frappucci at 2007-06-27 10:24
divers-highさん、
そう、やっちゃいました(>_<)ってもうわかってから1ヶ月半くらい
経ってるので、なんか既にヒトゴトちっくになってますが←ノド元
すぎると忘れる人

> 「全てのダイビングは減圧ダイビングである」ですね。
そうなんですよね。そこはやっぱり忘れないようにしないとですねぇ
Commented by 1号 at 2007-06-27 10:25 x
重大発表ってこれだったのね。
色々悩んだみたいだけど、カミングアウトした勇気に拍手!パチパチ
情報や体験を共有できる事の意義は大きいと思いますよ。何より、書く事でご自分の気持ちも整理できるかもだしね。

>川なら問題ないの??

症状にも依るんだろうけど、スノーケルとかもOKなんじゃ?

PS/このブログにマヂレスしたのは久々やなぁ・・・爆
Commented by frappucci at 2007-06-27 10:27
kenken676さん、ぎょ~おー!そうだったんですか!!
念のためってことは、大丈夫と判断されたということですね、
ヨカッタヨカッタ。
実は結構多いんじゃないですかねぇ、減圧症。
Commented by frappucci at 2007-06-27 10:32
鍵コメ2007-06-27 09:37さん、鍵コメじゃ無くて普通に
書いてもらっても大丈夫ですよ(笑)
まぁ、びっくりですよね。
>結構深い潜水
ええ、それは確かにそうだったとは思います
ただ深く行った割には平均水深が浅いとかそんなことはないのかな?
(=浅場で過ごした時間が長いとか)
よくわかりませんが。。。
Commented by frappucci at 2007-06-27 10:51
1号さん、先日はどうもでした~

そうそう、ちらっと電話とかで話しちゃうと、
いっぱい質問とか出てくるのに中途半端になりそうで、
もうきっちり書いてから話したほうがいいや!って思って。

フラプッチ、実は今回「自分を慰めるために?!」お買い物しちゃいましてねー
気持ちの整理はすっかりついておりますのヨ♪おホホホホ
こんな機会でもないと買えなかったもんなー

>PS/このブログにマヂレスしたのは久々やなぁ・・・爆
えええ 今までのコメは一体なんだったんですか?!
Commented by ウィットミ~ at 2007-06-27 12:59 x
プッチさんが減圧症になってただなんて…!!
でもダイバーならありえないことじゃないよね。
間違いなく。
あたしもまだよくわからないことだらけで、
結局ガイドさんについていくだけ、だから正直対策すらできてない。
ついていくだけだったからデコだしたことあるし。。
なんか身近にいるひとがなったことで、より考えるきっかけになりました。
公開ありがとう。
Commented by frappucci at 2007-06-27 15:47
ウィットミ~さん、
> でもダイバーならありえないことじゃないよね。
ありがとーそういう反応。いやぁ「普段から態度がふざけてるからだ!」
って叩かれまくるんじゃ…って心配してたので、嬉しいわぁその
暖かい反応。
意外と他にも回りにいるのかもよ?…どうなんだろうねぇ実際。
Commented by micheal_0826 at 2007-06-27 19:08
確かによく知らなかったです(>_<)医療関係者なのに・・・
結構 なってる方がいるんですね
そして なったらどこに行くのかも知りませんでした
お恥ずかしい・・・この機会に勉強させて頂きます(^_^)v
frappucciさんも お体お大事に(^_^)
Commented by ken2hkg at 2007-06-27 20:41
賢2です。あぁ、やっぱり書きましたね。
ま、余り気にしないほうがいいですよ。
賢2の友人のダイバー(イギリス人)も
この間、ディーコン室はいってましたけど
ケロっとしてます。

ダイビングはやはり自己責任が前提です。
(って、賢2が言うてどうすんねん)
願わくば、このレポート読んで一人でも
ディーコン室入りが減るといいですね。

ところで、予約は??…
どうなったのか~!!
Commented by yuyu502 at 2007-06-27 21:55
プッチャン、勇気ある告白だと思うよ。
うんうん、海は逃げないし、マイペースでいこう (*^-^)
それに体験記って、とっても貴重。
これで皆が少しずつ勉強するとしたら、すごいことだよね。
Commented at 2007-06-27 21:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by カッパドルフィン at 2007-06-27 22:26 x
メタリックなカエル。
最初は、置物かと思いました。
Commented by To-ko at 2007-06-27 22:44 x
はじめまして。今までずっとfrappucciさんのブログを楽しませてもらっていましたが、自分がブロガーではないのでコメントは差し控えていました。が、一方的に親近感を抱いていたfrappucciさん(本数が一緒くらいなのです…)が減圧症となるとコメントせずにはいられません(><
私も毎回気をつけてはいますが、たまたま悪い条件が重なったら減圧症にならないとも限らないといっつも恐れていますので、この話は人ごとではありません。frappucciさんが書いてくださったのは、本当に嬉しいです。ありがとうございます。
焦らずにゆっくり治してくださいね。また楽しい海日記を読めるのを気長に待っています。あ、もちろんそれまでの陸日記も、楽しみにしています。
Commented by boomin_smile at 2007-06-27 23:05
最近潜ってなさそうだなぁ~と思ったら、こんなことになっていたなんて。
ダイバーである以上、リスクとはいつも背中合わせであることを
改めて思い知らされました。
考えるきっかけをくれてありがとう。

柏ではお話できなかったけど、いつかゆっくりお話したいですね♪
Commented by norisan-kitty-vov at 2007-06-28 08:27
今日、携帯からぷっちちゃまの日記を見た時、はっきり言ってショックでした。。。ダイビングに対してスゴクお勉強熱心だったぷっちちゃまなので絶対にありえないであろう減圧症。でも、こうやってネット上で体験記を書くというぷっちちゃまの勇気に拍手です。
この日記を読んだ多くのダイバーさんが、自分のダイビングを見直し、より安全潜水を心がけてくれたら・・・そう、思います。もちろん!NORIも(^^;
● 減圧症発生時のダイビング・フロフィール
● 発症から診断まで
● フラプッチの減圧症発症の考えられる原因 NEW!
上記読ませて頂きました。
この日のダイビングだけでは無いのでしょうが、ちょっと無理なダイビングをしたかな?せっかくの減圧症予防も・・・(^^;
半年はダイビング禁止令、いつもみんなに「海は逃げないよ」って言ったり言われたり。今回はぷっちちゃまへ「海は逃げたりしませんからぁ~!」と言います!しっかりと治し、また楽しく安全にダイビングをしましょうよ♪「潜らなきゃ!」って言った言葉・・・撤回だね。
お大事に。。。
Commented by frappucci at 2007-06-28 10:27
みんちちゃん、みんちちゃんは飛行機乗ることも多いと思うから、
なおのこと、初期症状を見逃さないよう気をつけて欲しいです。
中には、飛行機が離陸したときに、がーっと症状が悪化する
ケースがあるようなので。。。
Commented by frappucci at 2007-06-28 10:29
賢2さん、
>ま、余り気にしないほうがいいですよ。
もう話してるんでわかってもらえているかと思ってたんですが、
実のところあまり気にしてませんねぇ
ここ2年、あまりにダイビングで忙しかったので、少し時間が取れる。。。
とホッとしてる面もあるんですよねー。でもその割りにものすごい
忙しいのはなんでだろう?!

つーかデコ大将の賢2どんこそ気をつけてくださいよ!!
Commented by frappucci at 2007-06-28 10:36
ゆうゆちゃん、
結局書きました~
やっぱしフラプッチが半年潜らないのはアヤシすぎでしょw
>これで皆が少しずつ勉強するとしたら、すごいことだよね。
ええ、せめて無駄死ににならないように。。。ってまだ死んでないけどっ
Commented by frappucci at 2007-06-28 10:36
鍵コメ2007-06-27 21:55 さん、了解です!メールしますね
Commented by frappucci at 2007-06-28 10:39
カッパドルフィンさん、密かに誰からも反応なし!と嘆いていた
カエルさんについてのコメントありがとうございます♪

もうちょっとひいて撮ればよかったかなー
Commented by frappucci at 2007-06-28 10:45
To-koさん、コメントありがとうございます♪
ブロガーの方でなくてもコメント頂けると嬉しいものです。
お気が向きましたら今後も是非♪

きっとね、シリアスな減圧症でない場合は、割とちょっとしたことで
なっちゃったりするというか、ちょっとしたことの積み重ねとか
偶然重なったとか、そういうこともあるんじゃないかと思います
なっちゃうと色々面倒&復帰できるとも限らないみたいなので
是非安全潜水をしてくださいねー

ダイビング日記は今まですっ飛ばしてたのが山のようにあるので
半年ぐらい全然困らないかもwww
これからもよろしくお願いします♪
Commented by frappucci at 2007-06-28 10:47
ぶーみんちゃん、いやー柏島では失礼しました。
本当に、立っているのも辛くて、とてもとてもお話できる状況じゃ
なかったんです。でも、またどこかで是非、、陸でも海でも♪
こちらのほういらっしゃる予定とかあったら声かけてくださいネ
Commented by frappucci at 2007-06-28 10:49
NORIさん、驚かしちゃってゴメンなさいね~
そうなんです。暫く潜れないのよ。
海が逃げないとわかりはじめた頃だったのが不幸中の幸いデシタw
Commented by 通りすがりのダイバー at 2007-06-28 11:51 x
減圧症って、ただ単に深場にいったからなるものではないと思いますが?読めば、ダイビングする前のあなたのハードスケジュールにも問題あると思いますけど・・・自己管理できない人ほどダイビングをショップや他人のせいにしたがる人・・・そうあんた!これを機会にもうダイビングやめたら?はっきりいってダサすぎる・・・
Commented by 通りすがりのダイバー? at 2007-06-28 13:19 x
ショップや他人のせいにしていない、どこのショップか判らないようにしているこの文章を読んでの発言?ハードスケジュールって前泊のこと?w
まともに読んでもいないのにまるで事情を知っているような口ぶりと
妙に本人の責任のみと強調したがっている雰囲気から
(まあ、100%本人の責任であり、ダイバーなら通常受け入れざるを得ないリスクだと思いますが)
通りすがりのダイバーさんは昨年何人もチャンバーに送った
ショップの関係者ではないかと勘ぐってしまいます。

ま、こういうのが湧くから減圧症のことって書きにくかったんですよね。
フラプッチさんは。

これからも頑張って深場へ潜って下さい。通りすがりさんw
Commented by frappucci at 2007-06-28 13:19
通りすがりのダイバーさん、
>ハードスケジュールにも問題ある
そう思います。というか、そう書いてありますよ
→ http://goinunder.exblog.jp/5680844/
ハードスケジュールと言うか、睡眠不足が大きかったと思います。
ショップのせいにしているつもりはないんですけど、
そう読めたなら失礼しました。…って、ショップの方ではないですよね?!

一応、気を遣って、ショップへのリンクとかもわざわざ外したんですよ。
ショップ名を公開していないのも、ショップは関係ないと思っているからです。
逆に、本当にショップのせいなら、ショップ名は公開していたと
思います。客を平気で減圧症にして客の自己責任とあざ笑うような
ショップなら、どんなショップがそんなことをするのか、
客のほうも知る権利が有るはずだからです。
Commented by frappucci at 2007-06-28 13:24
通りすがりのダイバー? さん、
あーびっくりした、上の通りすがりのダイバーさんが続けて
コメント入れてきたのかと思った(笑)

そうそう、きちんと書いているんだから読んで欲しかったですね
わたしのほうからは書き辛いこと書いていただいて良かったかもww
Commented at 2007-06-28 15:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by frappucci at 2007-06-28 15:54
鍵コメ2007-06-28 15:18さん、ありがとうございます(;_;)
Commented by michiki618 at 2007-06-28 15:55
他人事じゃない問題を身近なブロガーさんが書いてくれると
自分への戒めにもなります。ありがとうです。
読めば読むほど自分にも当てはまってる項目が多すぎて怖い問題っすね(>_<)

前を向いてるから安心ですが、笑顔での復帰をお待ちしてまーす♪
Commented by frappucci at 2007-06-28 16:16
michiki618さん、いやーなんか今日は結構疲れましたw
そんな中で誰かしらの役に立ててると思うと励みになりますわ…
こちらこそありがとう。

ふっふっふ。実は水中写真はすぐ復帰ですよ!!
Commented by AQUASの松野です at 2007-06-28 17:15 x
まずお体の方、大丈夫ですか?今、ぷっちゃんがそうなってること初めて知りました。気づいてあげられなくて申し訳なかったけど、ただ、しんどかった時に一言言って欲しかったです。
以前、うちのゲストの方で(6年くらい前)減圧症になられた方が居て、その方もかえりの飛行機でなったんですよね・・・。
だから、その時の教訓で減圧症のことはかなり勉強しているし、酸素もすぐ船の上、お店にも置いているし、すぐに対策は取れたと思います。それに、絶対に飛行機では帰らせなかったと思います。
早く言ってほしかったなぁ・・・というのが、本当に悔しいです。
なんだかショップ名を隠すとか、隠さないとか、そういうの嫌なのでここにコメントさせてもらいました。あと、他の方のコメントにありましたが、うちのショップはここ4年は減圧症の症状を発症したゲストの方は一人もいらっしゃいません。その6年前の方の切実なる願いから、かなり勉強させていただいたつもりです。だから、今はせめて症状があったことを知っていて、飛行機に乗らずに帰ってもらいたかった・・と悔やむばかりです。ゆっくり休んで、また楽しいダイビングをしましょうね!
Commented by frappucci at 2007-06-28 17:33
まっちゃん、
うひゃーーーびっくりしました!最初鍵コメかと思ったのにオープンで!!

すみません、こちらはこちらで、変な噂も聞いたりしたので素直に
報告できなくて…。辛くなったのは3日目のダイビング後で、
おかし~な~とは思ったのですが、そのときはまさか減圧症とは
思ってなかったんですよね。あの時はkenyuさんたちも帰った後で、
気軽に話せる相手も居なかったので、誰かに辛いとは確かに
言わなかったですね。

復帰できるかは現状不明ですが、また、問題なく復帰できても暫くは
柏島は難しいと思いますが、これからのシーズンたくさんお客さんも
いらっしゃると思うので頑張ってください。
Commented at 2007-06-28 18:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-06-28 18:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by diver813 at 2007-06-28 20:38
とうとうベンズですか。
お大事に。
こっちはひどい潜り方しているのに、なったことないんだよね。たぶん。
ぷっちさんの方が、よっぽど気をつけてもぐっているだろうにね。

>今後一縄に潜る人に余計な心配をかけたくない

心配してくれと言われても、全く心配しないから、ほとぼりさめたら、また一緒に潜りにいきましょう。

Commented by chizukat at 2007-06-28 20:40
今回は、大変な体験?経験かw だけど少しお休みするのもいいと頭を切り替えましょうね
もう自分では、しっかりと分析も反省も今後のことも考えてるでしょうから、私が下手なことを言う必要はないでしょうけど^^
コメント読んでると、色んな意見があって改めて勉強になりました。
 
それだけ、ダイバーが気にしている問題提起が出来たわけですよね
私も、もう一度勉強してみようと思いました。
Commented by いつまでも潜っていたい at 2007-06-28 23:27 x
frappucciさんヨコレスすみません。
柏島のお店さん?の話を見て思ったことを書きます。飛行機で帰られる方へ最終日午前中とは言え、潜らせる事が問題なのではありませんか?いくらお客さまが潜りたいと言ったとしても、止めるのがお店の役目なのではありませんか?
6年前に減圧症を発病した方がいらっしゃるなら同じ過ちを繰り返してはいけないと思います。今回frappucciさんのプロフィールを見るとリバースダイビング続き。お店の深度管理がなってない!!ディープ&リバース&飛行機搭乗までの時間=減圧症になりませんかね?
Commented by frappucci at 2007-06-28 23:35
鍵コメ2007-06-28 18:55さん、そうなんですね。
凄いな、尊敬します。了解しました。
Commented by frappucci at 2007-06-28 23:36
鍵コメ2007-06-28 18:55さん、率直にご意見いただけて
うれしかったです。確かにそのとおりだと思います。
ありがとうございました。今日はちょっと時間がないのですが、
(まだパッキングしてない。。。)
明日以降時間が取れ次第そちらにもお邪魔しますね
Commented by frappucci at 2007-06-28 23:39
だいばーさん、
>ぷっちさんの方が、よっぽど気をつけてもぐっているだろうにね。
うーん、気をつけてるフリをしながら、ついつい…系だった気が。

>心配してくれと言われても、全く心配しないから、ほとぼりさめたら、また一緒に潜りにいきましょう。

おっすばらしい!心配させるようなもぐり方は多分これに懲りて
しないと思いますし~よろしくです!!
Commented by frappucci at 2007-06-28 23:40
chizukatさん、いや実際、いままでダイビング優先で後回し
にしてきた宿題が山積みなので、それを片付けるいい機会かなー
と思ってるんです。が。なんだかなぜか結局忙しいんですよねぇ
あ、水族館とか行きまくってるからか(笑)
Commented by frappucci at 2007-06-29 00:03
いつまでも潜っていたいさん、ヨコレス歓迎ですよ♪
でもごめんなさい、ちょっと誤解があるようなので、
ダイビングプロフィールのところよかったらもう一度見直してください。

6年前…というお店は、最終日に利用したお店ではありません。
また、飛行機の時間はお店には伝えてなかったんです。
1本目終わったあとで、明日飛行機でしょ?何時?って聞かれて。

パラオとかで、最終日の最終ダイビングから16時間しか開かないけど
大丈夫ですよ!って潜らせるお店があると聞いたことがありますが
たとえそういう場合でも断ることが客のほうはできるわけだし
そこら辺の判断ができるようにCカード講習も受けてるのだし、
お店のせいにできるものではないようにフラプッチ個人は思います。

あと、リバースダイビングは、はっきりしているのは5/3だけだと
思うのですが(5/6は4m。ちょっとどっか足を伸ばしたりすれば
変わってしまう深さかなと思うんですがどうでしょう)、どうでしょう?
Commented by To:いつまでも潜っていたい at 2007-06-29 00:34 x
海好きです。いつまでも潜っていたいへ
搭乗前日だと文章からわからないようでは困ります。
あなたはまだダイビングさえもそのレベルなんだと思います。
間違いなく、他のコメントの人とコメントレベルが劣ってますよ。
最低でも200~300本は超えてますか?

ただ、↑、上の通りすがりのダイバーっていう人よりはマトモなコメントなので怒らないでね。あなたが何者か公開してないので同じレベルで私も非公開にしただけです。

Commented by To:いつまでも潜っていたい at 2007-06-29 00:35 x
このブログのオーナーさんは実際に会ったことないけど、ブログは拝見させてもらってます。コメントからしてダイビング続ける気持ちなのに、あえて自分から公開する勇気は凄いと思います。ブログ閉鎖するなら簡単ですが・・・
ただここは2ちゃんねるのレベルじゃないハズだし、注意だけのコメントは見苦しいのが率直な意見です。
もし納得がいかなくて言いたいことがあるなら、いつでもあなたにコメントができるようにしてからコメントしてください。
じゃないと、↑の通りすがりのダイバーさんのように、自分はカッコつけてるようで醜態をさらしてることに気付かないおバカさんになっちゃうよ。あの状態は悲惨ですね。かわいそうです・・・

オーナーさん、勝手を書きました。自らの進む道へがんばってください
Commented by 陸ダイバー at 2007-06-29 17:01 x
減圧症を調べていたらこの日記にたどり着きました。
最近ある出来事があって潜っていません。実は俺の知り合いも以前減圧症になったけどこれってやっぱりショップ側に問題あるんじゃないかと思います。
Commented by frappucci at 2007-06-30 06:54
海好きさん(かな?単に海が好きだという話でHNではなかったりして?)、
今回普段コメントいただいていない方からもコメント頂いて、
数字の上では何人くらいのかたに来てもらってるか知っているはず
ですが、改めてほかにもいつも来てくれてる方が居るんだなぁと
実感しています。そういう方が居ると思うと励みになるのでありがたいです

とりあえず、頑張ろうが頑張るまいがどうしようもないですからねー
少なくとも暫く潜れないことは潜れないわけだし。
テキトーにやっていきます。(^-^)/ ありがとうございます
Commented by frappucci at 2007-06-30 07:15
陸ダイバーさん、
実際、チャンバーに入った人の話とか聞くと、
ショップから危害を加えられたって言いたくなるようなケースもありました。

でも、現実的に考えて、ショップに問題があろうがなかろうが、
辛い思いをするのは自分です。

フラプッチも上にコメントで「二度と潜るな」と書かれて、
それを書いた人は、フラプッチにとって二度と潜れないのは辛い
のがわかっているからそう書いたのだと思います。
けど、実際のところ、フラプッチは本当に二度と潜れないかもしれません。
復帰ダイビングをしたら、また再発しちゃう可能性があって、
それが繰り返されればダイビングは一生断念ということもあり得ます

結局辛いのは自分だから、自分が気を付けたほうが得策だと思いますよ

それは、赤信号で交差点に突っ込んできた車に、車が悪いから
ひかれてやる!ってひかれたところで痛いとか死ぬのは自分って
いうのと同じようなかんじかと思います
Commented by osakanadori at 2007-06-30 19:17
ぷっちゃん、勇気ある大作のUPお疲れさまです。
そして体調はいかがですか?
少しでも現場にいた自分として、あーすればよかったな、こーした方がよかったのかなといろいろと考えるところはあるけれど、とにかく、ぷっちゃんの全快とダイビング復帰を祈るばかりです。
やな書き込みもあるだろうけれど、ぷっちゃんの対応にはいつも感心させられるよ。酸いも甘いも味わってきたから?かな^^
またお会いできるのを楽しみにしています。ドームポートかっくいいねっ。
Commented by frappucci at 2007-07-03 06:27
osakanadoriさん、とりあえず石垣で飛ばしている最中です、
でも以前ほどパワーが出ないので周囲と釣り合っていい感じです(爆)

まぁ結果論だから、あ~すれば良かった系は未来に生かすとして
フラプッチとしてはこうなる運命???だったんでしょーってことで
いっかって感じだし、あんまり気にしないようにね。

対応っていうか、いや本当、思ってること書いてるだけなんでね、
それが人のカンに触ることもあるんだろうけど

こちらこそお会いできるの楽しみにしてますよん♪
Commented by ひとつだけ at 2007-07-03 14:13 x
興味深く読ませていただきました。
私もただの通りすがりです。
frappucciさんのような告白は確かに勇気のいることだとは思います。
減圧症に関して書くことはとてもデリケートな問題だけにとても難しいでしょう。
ただ、私が願うのは再発しないように更なる注意をされて潜っていただけることと、この記事を読まれた方々がリスクのあるスポーツ(遊び)をしているんだという認識をしっかり持ち、今後のダイビングに役立ててもらえることですね。
命に関わる事ですし、運動障害などが出るとその後の将来にも影響してきますから・・・
でも、ライセンスを取る時点ではあまり詳しく教えてもらえないことに一番疑問を抱きますよね。
後、罹患した方から聞いた話ではダイコンにはあまり頼りすぎない方が良いそうです。
厳しいと言ってもあまり余裕のある設定ではないようですので・・・
何事にもゆとりが大切ですね^^
では、通りすがりのコメントですみません。
お大事に。。。
Commented by 65 at 2007-07-03 22:09 x
好き勝手放題書いてますね。
Aショップの原因(設備・サービスも含め)で発症してるように書いてますが・・・
Aショップで潜ってる人は、みんな減圧症?w
あなたはこれまでにAショップを何回も利用してるでしょ。
だいたい、あの小さな島でA・Bショップ2件を使うのは非常識、無神経すぎます。
迷惑してて・・・被害者の方はA・Bショップでしょうね。
管理人に飲ませる薬はナイ。
Commented by あのね・・・ at 2007-07-04 23:25 x
「ショップ2件を使うのは非常識、無神経」というのは、心情的なものだけではなく、「サービス側が客のダイビングをきちんと把握できない」という意味でも無神経なのよ・・・特にあなたのような初心者の場合。
「勇気ある告白」・・・・?・・・・他人のせいにするなら柏島の(手前の)サルでもできます。バーチャルなつながりしかない責任のない人たちは、へんに「木に登らせ」ないようにしたほうがいいと思うよ。(せいぜい一緒に潜った程度を「リアルワールドの付き合い」なんて言うなよ・・・それは「オフ会」とやらのバリエーションに過ぎないよ。)

自分の勉強不足、知識不足を棚に上げたらいかんよね。周りの客が、たとえば浮上にどれだけ神経使ってるかも気が付いてないだろうし。

まぁダイビングをやめろ、とはいわないけど、再開してもしばらくは「インストラクター」のもとで潜ったほうがいいでしょ、「ガイド」のところではなくて。

あと個人的にお願い。あの小さくもすばらしい島に二度と足を踏み入れないで。
Commented by To あのね・・・へ at 2007-07-05 07:41 x
あのね・・・は、フラプッチさんと一緒に潜ったことあります?
勉強不足だの知識不足だの初心者だの好きなことかいてますよね!
フラプッチさんに恨みでもあるんですか。島に二度と足を踏み入れるな?あのね・・・に、権利も何もないしお願いなど聞かなくて良いと思います。どこに行こうとどこで潜ろうと、その人の自由でしょ!ショップを2件使う訳もあったかも知れないのに。あのね・・・に、フラプッチさんの何がわかるのでしょうかね〜?非常識極まりないですよ!
Commented by あのね・・・ at 2007-07-05 08:57 x
早速釣れましたか。
知識不足とか初心者とか、アップされた「大作」を読めば一目瞭然でしょ。
2「軒」使ったわけ?・・・知ってるよ、オフ会w

「非常識極まりない」数々の行動の結果が、こういう事態になってる・・・ってことはきっと本人が一番わかってる・・・はず。
Commented by Toあのね・・・ at 2007-07-05 23:04 x
ここの管理人に対してひどすぎじゃないのか?
Commented by 結果論? at 2007-07-05 23:50 x
過去の記事を読んでみると、「結果論で話されても意味ない」などと発言す
る人とは到底思えないほどお粗末な潜り方をしていますね。
例えばmakutan島でのダイビングでの安全管理の未熟さなど。
1本目 http://goinunder.exblog.jp/4277773
2本目 http://goinunder.exblog.jp/4330068
3本目 http://goinunder.exblog.jp/4375686

GW以前に既に減圧症になっており、たまたまGWに症状が悪化しただけ
というのも考えられませんか。
Commented by frappucci at 2007-07-10 10:21
ひとつだけさん、そうですね、ダイコンとかも基にしてる
ダイブテーブルは、頑丈なUSアーミーのお兄ちゃん達のデータが
基だから、そこまで体つよくない人とかはもっとコンサバに
行ったほうがいいってことみたいですね

まぁあとは体調もありますしね。これ!っていうのがなくて難しいですね
Commented by frappucci at 2007-07-10 10:29
65さん、
> Aショップで潜ってる人は、みんな減圧症?w
だから、そんなことありえないと思いますよ。
みんなが減圧症になる施設なんてあったらむしろ凄いかも…

ショップは事前に両方に話して、失礼なコトしてスミマセンとは
言っておきましたが、どちらも別にいいよ、気にしないでって反応
でしたけどね。まぁふざけんなって思っても言えないでしょうが(笑)
Commented by frappucci at 2007-07-10 10:42
あのね・・・さん、特に2件目のショップには、3日間どう潜ったかは
伝えてありますよ。だから最終日1本にさせられたのかも(^-^;)

フラプッチは知識不足はあると思いますよ。
もともと周囲に頼れるダイバーも居なく、ひとり海外リゾートで
OWを取得してしまったので、何か色々継続的に教えてもらえる
環境でもなく、自分で勉強するにも誤解だのナンだので回り道
したと思ってます。本数潜ってる割にボロいじゃん!って周囲を
イラつかせたりすることもあるのかな?と今回の柏でも
気に病んでました。あそこのショップの常連さんたちはフラプッチなど
足元にも及ばない凄いダイバーさんばかりですからね。
ブログで色々失敗談を公開しているのは、同じ境遇のダイバーに
同じアホな失敗をして欲しくないからです。

まだまだわからないことも沢山あるし、フラプッチ自身としても
水中でコース取りするだけでなく、何か気付いたら言ってくれるような
ガイド(イントラ)さんと一緒に潜れると勉強になって嬉しいのですけどね。
ガイドさんも、楽しみに来てるのに、こうるさいこと言うとと思って
敢えて言わない方とも居ると思いますが。
Commented by frappucci at 2007-07-10 10:43
Toあのね・・・さん、フラプッチが今回下手な文章のために誤解を
招いたりなんだりで、みんなの気分を害していてすまなく思ってます。
Toあのね・・・さんにも、ごめんなさいね。
でも、みんながみんな、悪くとっているんじゃないとわかって
少し安心できます。ありがとう。
Commented by frappucci at 2007-07-10 10:48
結果論?さん、マクタンでの話、もう50本以上前ですからねぇ、
あの頃はお茶目でした…。ってのは冗談としても、
少しは成長したと思ってます。いくらカメラ持ってても、デコにも
気を配れるようになってきたし。マシになってきたと思ったら
減圧症かいっていうのがフラプッチ的には皮肉でしたが。
Commented by りょう at 2007-07-15 23:31 x
TO:ぷっちさん

久しぶりに覗いてみたら、、体調はどうですか?
僕、最近、沖縄本部に行って、久しぶりでしたがすごく楽しいダイビングで、やっぱりやめられないなぁと思っているところです。
ぷっちさんも早く復帰したいことでしょう。でも、、「海は逃げない」と思うので焦らずにじっくり治療してくださいね。

僕もいつか発症するかもしれない初心者なので、レポート、参考になります。あと、ぷっちさん、費用はどうされたんでしょう?保険とかですか?…レポートの催促してるつもりはないのですがf^^;
Commented at 2007-07-16 01:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-07-16 01:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by frappucci at 2007-07-18 10:04
りょうさん、費用ですが、ふつーに自己負担で払いました。
フラプッチの場合はそんなに高くなかったですしね。
海外保険の場合は、減圧症認める会社とそうでないところが
あるようなので要リサーチです。
Commented by frappucci at 2007-07-18 10:06
鍵コメ2007-07-16 01:10さん、
ありがとうございます~。
フラプッチも自分が早く復帰できること願ってます(^^)/
Commented by ぴかねちゃ☆∞∴・・・ at 2007-08-18 12:21 x
毎日暑いですね!今日は久しぶりに涼やか~~です。
その後体調は大丈夫ですか?
私はブログを見るだけなのでコメントは初めてです。
いつもブログを楽しませてもらっていましたが・・・
あれ以来・・・大丈夫かな?と心配です。
きついコメントもあったけど、この人誰?って感じ。
鍵コメにするか、君たちのブログなりからのコメントにしなさい。
ぴか・・・も危うい?減圧症ぎりぎりセーフしてるだけかも?
気をつけていても、想定外の要素が発生盛り沢でヒヤヒヤです。
早く海に帰ってきてね。ブログもそれなりにUPしてください。
話題豊富なフラプッチさんの元気なブログ・・・期待してるよん!
Commented by frappucci at 2007-08-22 14:35
ぴかねちゃ☆∞∴・・・さん、コメントありがとうございます♪
フルパワーは出にくいですが、それしきなんで大丈夫ですよ、
ご心配かけましてすみません(>_<) それより仕事忙しくてねぇ、
もっと重症で動けないほうが良かったカモ?!

まぁ、自分が誰かバレない時しか発言できないこともあるんでしょう(笑)
そうそうダイビングの時って、想定外たくさんあるんですよね。
なかなか度胸が付く気がします♪
海は~中はいれなくても、近々また表面で頑張ってみようかと
思ってます♪
Commented by Shiori at 2007-10-20 15:41 x
初めまして。減圧症で検索して飛んできました。
貴重な体験談をありがとうございます。
実際、どこで病院に行くか、と判断するかが難しい気がします。
私はまだ26本の初心者ダイバーですが、ダイビング後の倦怠感は毎回です。しかし、これがそうなのかもしれないし、そうじゃないかもしれない。。。。へたっぴなうえにお金の関係でダイコンもまだ買えずなので、けっこうびびってます。。
なら潜るな、て感じですけど、潜りはやめれません><
フラプッチ~さんが、早くまた快適にダイビングを楽しめますように!
て、もう復帰してはるんかな?
ではでは、また覗きにきます!
Commented by frappucci at 2007-10-22 13:33
Shioriさん、おそらくガイドさんと一緒に潜られていると思いますので、
常にガイドさんと同じ深度か、それより上を心がけていれば基本的には
大丈夫なはずです。倦怠感については難しいですが、「フツーこんなに
疲れないだろ!!」って位疲れるようなら診察してもらったら安心かも
しれませんネ。Shioriさんが減圧症でないこと祈ってますね。
復帰は、お医者さんの言いつけ守ったら12月ですねぇ~。守ったら。笑
Commented by クサハゼ at 2008-08-27 19:05 x
松>Commented by AQUASの松野です at 2007-06-28 17:15 x

松>以前、うちのゲストの方で(6年くらい前)減圧症になられた方が居て、
松>その方もかえりの飛行機でなったんですよね・・・。

あら、まっちゃんじゃないですか。
大変ご無沙汰してます。ハンドルネームクサハゼです。

フラプッチさん、すみません、はじめまして。
私アクアスのまっちゃんと面識があり、この「6年前に減圧症になっ
た」大馬鹿ものは私です。
ブログや減圧症をキーにしてネットめぐりしていたら、思わず懐かしくなり、つい、コメント書いちゃいました。
(もう一年以上の記事なので目に留まるかどうか...)

ええと、正確に言うと、柏島で発症したが気が付かず、飛行機(一
応搭乗時間23時間確保)で搭乗後悪化したんですけどね。
また、飛行機に乗らずに大阪方面へ鉄道や道路で移動したとして
も、標高400mの地点を通過することになるので、高所移動時間に
注意が必要ですね。

私はその後水深8mのダイビングで再発して(一度減圧症になると
6人に1人が再発します。)もうダイビングは止めてますが。

Commented by クサハゼ at 2008-08-27 19:13 x
すみません、コメント続けます。

松>あと、他の方のコメントにありましたが、
松>うちのショップはここ4年は減圧症の症状を発症したゲストの方
松>は一人もいらっしゃいません。

あれ?、この4年はいない、ということは、私が減圧症になった6年
前から4年前の2年間の間には患者がでたんでしょうかね?
実際何人か減圧症になったとお聞きしたんですが、私の聞き間違
いですよね?

というのはおいておいて、
松>その6年前の方の切実なる願いから、かなり勉強させていた
松>だいたつもりです。

これはとってもうれしいです(^^)
本当にありがとうございます。

最近はかなり減圧症に気をつけたガイディングをされておられるんでしょうね。(^^)

例えば、減圧症予防の基本として、
(1)ディープストップの実施。

 
(次のコメントへ続く)
Commented by クサハゼ at 2008-08-27 19:15 x
(2)反復潜水時、2本目は1本目より深く潜らない。

   ※多くのダイバーに発生している静脈側のサイレントバブル
    が、一本目より深く再圧されることにより、肺でろ過されず、
    動脈側に移行し、減圧により血管内バブルとなり、ジャムを
    起こし、DCI typeIIを引き起こす。

(3)(3)に同じく、のこぎり潜水を行うと、組織内、血管内ともクリテ
   ィカルバブルが発生しやすくなるので禁止。
 
(4)10mからの浮上速度は毎分9m(最近の常識)、あがり始めて
   からの再圧は禁止。特に3mからは1m/1分を取る。
   最後の3mの浮上が非常に重要。

   ※私が減圧症になった当時は、安全停止(窒素排出)の目的
    で浅場でゆっくり遊びましたよね。
    でも、その浅場の遊び方って、3mまで上がったかと思うと、
    また8mへ再圧したり、今度は5mへ行ってみたりと、
    今思うと随分危ない橋を渡ってましたね。ひやひや。

(5)ウオーターローディングの実施。

(すみません続きます)
Commented by クサハゼ at 2008-08-27 19:18 x
(5)ウオーターローディングの実施。

(6)水面休息最短で2時間確保。

(7)レジャーダイバーの最大深度は30m、100歩譲っても40m
  以浅。これいうと、必ずダイバーから反発来ますけどね。(^^;)

(8)無限圧限界を絶対に超えない。
   ※私ダイコンどおりに減圧すれば(超えても)大丈夫だと思って
    ました。馬鹿でした。無限圧限界を超えた場合の減圧テクニ
    ックがどれだけ重要か知らない馬鹿でした。

(すみません、まだまだ続いちゃいます。)
Commented by クサハゼ at 2008-08-27 19:21 x
あと付け加えると、
 ダイコンはメーカーによって窒素計算がかなり異なるので、自分が
 持っているそのひとつが正しいとは限らない、とか。

それと、減圧症確率論はもちろんご存知ですよね。
体調も条件も同じダイバーが、同じ(危ない)プロファイルでダイビ
ングをしても減圧症になる人と、ならない人がいる。
これは、減圧症になった人が悪いダイビングをしたのではなく、なら
ない人がバブル発生が確率的にラッキーだっただけ。という理論です。

つまり、ならない人が、私は安全、と思うのは間違いで、単に今までラッキーだっただけ、とケースがあるということ。
減圧症理論は日々改定されていますね。
私も大馬鹿から小馬鹿くらいになったと思いますが、ダイビングが
出来ないんじゃね(苦笑)

(さらに続く)
Commented by クサハゼ at 2008-08-27 19:29 x
ええと、最後にひとつだけ、お願いがあるんですが....
松>酸素もすぐ船の上、お店にも置いているし、すぐに対策は取れ
松>たと思います。

でも、NBOを知らないゲストって、少なくないと思うんですよ。
(自分は知っていると言う方、ごめんなさいね)
だから、ダイビング開始前に、純酸素があるので、必ず声をかけてください、とゲストにアピールしてほしいと思うんですよ。
プロバイダが酸素を吸わせたくても、法律的に患者側が吸いたいと
意思表明しないと酸素供給できないですよね。
だからなおさら、プロバイダ側がアピールしないと。

それに、純酸素流米管理、酸素中毒にならず、かつNBOが効果的
に行われる時間の管理も必要ですから、ただ、酸素あります、
だけでは、ゲストもちょっと困ると思うんですよね。

以上、非常におせっかいに聞こえるかも知れませんが、
お聞きくださればうれしいです。

それでは、お元気で!!!

Commented by frappucci at 2008-08-28 07:22
クサハゼさん、
こんにちは!!
減圧症になったときはクサハゼさんのHPとかに本当に
お世話になっていました。そのクサハゼさんからじきじきに
コメントいただけるとは!って感じです~~

そして、本当に色々お詳しいんですね
フラプッチもある程度勉強したつもりなのですが、
わからないことがまだまだあるってコメント読んで実感しました(>_<)
酸素は自分から吸いたいといわないといけないんですよね
そういえば講習で習ったのに。
ゲストが具合悪いときに申し出やすい雰囲気作りとかも必要かも・・・

本当に、ダイビング大好きなのに、無知から無茶をしたりして
ダイビングが出来なくなるからだになるような人を無為に出すことを防げれば・・・って切に思います
ひどい人は日常生活さえ辛くなりますし。
フラプッチも辛かったし、あんな思いはもう他の人にはしてもらいたくないって思います

減圧症についての記述はストップしてたのですが、ぼちぼちまた書き始められたらいいかな。。
Commented by クサハゼ at 2008-08-28 07:25 x
しつこくすみません、再度クサハゼです。
まっちゃん、フラプッチさん、こんにちは。

コメントしてからフラプッチさんの発症時プロファイルなど
拝見しましたが、

うーん、まっちゃん、このガイディングスケジュールは、
ちとペケですよ。ちょっと、まだ相変わらずだなあ、という
印象ですねえ。まっちゃんだから正直言っちゃうと。

それと、フラプッチさんの発症原因を拝読しましたが、
確かにご自身の自己管理の悪さや、自己責任というのはありますが、
逆に何十(何百?)という減圧症罹患者を知っている私から見ると、
フラプッチさんのおっしゃる体調管理不足があっても、
無理の無いガイディングをすれば、減圧症の発症確率はかなり下がったと
思いますよ。

それと、「深場へ潜るあなたが悪い」「自分でプロファイルの管理をしっかりやれ」
というコメントも見受けられるようですが、
深場へ行こうとするガイドのロスト覚悟で、自分だけ浅場に留まる、というのは
ちょっと無謀な話ですね。
それにプロファイルは、グループダイビングの場合、一ゲストの都合で変えて
もらうのも、ちょっと難しいですね。
Commented by クサハゼ at 2008-08-28 07:32 x
(コメント続きです。)
それと、浮上の話ですが、浮上管理をきっちりやってると
いわれている方、各コンパートメントのM値、ハーフタイムを理解したうえで
浮上してますか。

浮上管理は10mからじゃないです。各水深でそれぞれの浮上速度があります。(そんなの知ってるよ、かな?)

話は変わりますが、まっちゃん、減圧症になっても、ショップには言わない人って、
いっぱいいますよ。

それに、あの人最近見かけないなあ、と思ったら実は減圧症で
ダイビングを止めていた、と言う人もいっぱい。

最後に、まっちゃん、減圧症には、「加齢」という発症原因も
ありますよね。
まっちゃんも、いつまでも同じようにガイディングできると思ったら大間違いです。(ご存知とは思いますが。)

減圧症で死ぬ人はめったにいないのですが、このプロファイルをシニアダイバーにやらせたら、死亡者が出かねないですね。

そうなる前に、面白い儲かるダイビングを追及するのと同時に
ぜひ、ご自身のショップを守るために、安全管理の徹底をお願いしたいです。

まっちゃんがんばれ!

ではでしゃばりクサハゼより。

Commented at 2008-08-28 11:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by クサハゼ at 2008-08-28 19:10 x
もうついでなので、またコメントしちゃいます。

私の把握している減圧症罹患者で、一番減圧症になる人は、
<自分は安全に気を配っているから大丈夫>
って思ってる人なんです。

例えば

> Commented by 通りすがりのダイバー at 2007-06-28 11:51 x
> 減圧症って、ただ単に深場にいったからなるものではないと思いますが?
> (略)自己管理できない人ほどダイビングをショップや他人のせいにしたがる人・・・
> そうあんた!

  ご自分はちゃんと自己管理してると思ってらっしゃるのね。

> Commented by あのね・・・ at 2007-07-04 23:25 x
> (略)

> 自分の勉強不足、知識不足を棚に上げたらいかんよね。
> 周りの客が、たとえば浮上にどれだけ神経使ってるかも気が付いてないだろうし。

  これも同様、こういう人、よく減圧症になるんです。

  みなさん、自分は減圧症にならないように気をつけていた、って
  口をそろえておっしゃるんですよね。
  で、痛い目を見てから、しまった、と思う。(苦笑)
Commented by クサハゼ at 2008-08-28 19:14 x
(コメント続きです)

> Commented by 65 at 2007-07-03 22:09 x
> 好き勝手放題書いてますね。
> Aショップの原因(設備・サービスも含め)で発症してるように書いてますが・・・
> Aショップで潜ってる人は、みんな減圧症?w

  そうですね。
  私のとった統計からみると、フラプッチさんの様なプロファイルで、アクアスさんが
  ガイディングを続けていくとしたら、皆じゃないけど、また減圧症患者はでますね。
  まあ、ならない人はラッキーです。

> あなたはこれまでにAショップを何回も利用してるでしょ。

  あのですね、これは減圧症にちょっと無知な発言なんで止めた方がいいですよ。
  減圧症って、まったく同じプロファイルで潜っても、なる時とならない時が
  あるんです。(基本の知識なんですけどね。)
  ただ、アクアスさんのガイディングは明らかに発症率を高めていると思えますね。(私には。)
Commented by クサハゼ at 2008-08-28 19:15 x
(コメント続きです)

これは私の思い違いだといいんですけど、私が以前まっちゃんにメールを出したとき
クサハゼさんが減圧症になったのは申し訳ない、と言う一方で、ガイディングスタイルは
変えない、というようなニュアンスの返事だったように記憶してます。。

これが本当で、今も同じようなガイディングを続けているとしたら、
アクアスさんは、「多少危険ですが、面白いダイビングを提供しますよ!
減圧症になっても自己責任と思われる方、いらっしゃい!減圧症になったら
酸素だけは用意してありますからね。」っていうふうに聞こえちゃいますね。

こんなの私の思い違いですよね??まっちゃん?
思い違いでありますように!



Commented by クサハゼ at 2008-08-28 19:58 x
あ、追加情報です。

ここ年々減圧症患者は増えていて、毎年約700人が減圧症に罹患しています。

また、ダイバーがダイバー人生で減圧症になる確率は、約1.6%。これは、減圧症でダイビングをやめた人や、隠している人を含んでいないので、実際の確率はもう少し高くなると思われる。

とすると、ざっくりいって、ダイバー50人に1人は一生のうち一度
減圧症に罹患する、ことになります。

さて、この数字を見て、自分は大丈夫!と思われますか?
または、自分も気をつけなくちゃ、と思われますか?

Commented by frappucci at 2008-08-28 20:44
クサハゼさん、
今朝は早起きしたので朝からブログ~^^とかしてたら
クサハゼさんから同時刻帯にコメントが!奇遇ですね^^

言われて気付いたのですが、単に減圧症発症時の情報として
ダイビングのログをブログに上げましたが、
その時のログを検証するという発想が自分にはなかったです。
というか、
そもそも、検証する能力がありません。
減圧理論に通じていないからです。

今はフラプッチはバディ潜水が多いです。
残念ながら生き物が探せませんが(笑)自分達で完全に
潜水管理できるのは本当に大きいです。
でも潜水計画を自分できちんと立てるには減圧理論も
わかっていなければならないはずで、それができていれば
ログの検証だって出来るはずなんだと気付きました。
改めて勉強しようと思います。コメント頂いたお陰で
そんなことに気付けました。ありがとうございました。

一般にファンダイブをするときは、確かに自分が
コントロールが効かない面も多々ありますが、
誰かのせいにしても結局苦痛と治療費やそれにかかる時間という対価を払うのは自分ですから
ダイバーには出来るだけの用心をしてもらいたいと思います
Commented by frappucci at 2008-08-28 20:57
鍵コメ2008-08-28 11:47さん
フラプッチまだその本読んでないんです!
読んでみたいなって思ってるのですが。買っちゃおうかな~^^
Commented by frappucci at 2008-08-29 07:22
クサハゼさん
コメント欄読破されたようで…
心無いコメントに立腹されたかもしれません
当時友人達が「よくあんなこと書ける」と腹立てるのを申し訳なく思い、「コメントを消せば」と言ってくる人もいたので読み返して考えなきゃと思いつつ、それが辛くて出来ていなくて。ごめんなさい。

ま、ブログ=ログなので、傷つけられたことや酷いコメントも事実なので思い出に残してもいいかもとも思っているのですが。
とりあえず暴論?に論理的に反対意見を頂いた様でありがとうございます。知識がないとそんな反論の仕方は出来ないですね(笑)

あれから1年以上経ち、自分だけは大丈夫と思っていたダイバーさんにも減圧症発症した人が居るかもしれませんね。そうでなければ良いのですが

どこのショップさんもそれぞれのスタンスがあると思います
まぁアクアスさんは柏島で今人気No.1ショップさんと聞いてます
ダイバーには支持されているということだと思いますよ

また、具体的な数字ありがとうございました。
50人に1人減圧症ってなるとわかりやすいですね
もし宜しければ出典を教えていただけると嬉しいです
Commented by クサハゼ at 2008-08-29 17:10 x
こんにちは。
出典をご案内しようと投稿したのですが、なんどやってもスパムメールと判定されてしまい、投稿で出来ません。

なので、ここでちょっと別件でコメントしますね。

「自己責任」「自己管理」という言葉が飛び交っていますが、関東ダイバーのメッカ、伊豆では、昨今増え続けている減圧症に危機感を覚え、ショップ業界で組合を結成し、減圧症対策に取り組んでいます。

例えば、減圧症の研究、臨床を行う高気圧環境医学会が主となり、
年に一度セミナー(通称小田原セミナー)を開き、ガイド、イントラなど200名を超える人たちが参加し、研鑽しています。

ゲストダイバーの教育はもちろんのこと、自分たち(ガイド/イントラ)の知識向上に日々研鑽、ガイディングに反映されています。
減圧症を出すのはショップの責任と言うより、ショップの恥、と捉えているところもあります。
また、あるショップでは、どちらが悪いとは一切言わず、とにかくウチを利用してくれたお客さんが減圧症になったんだから、治療費、交通費、全てショップで費用負担してくれるところも出てきました。

以上、ご参考まで。
Commented by frappucci at 2008-08-29 20:12
クサハゼさん、すみません。
どのキーワードがひっかかっているか調べていたのですがよくわかりませんでした。あれイライラしますよね。すみません。

自己管理とか自己責任っていうのはここ数年日本全体で流行っていますが、情報公開と情報均衡(相反する2者の情報量が同じであること)という前提なしでは単なる責任逃れという面が大きいですね。ダイビングの場合がどうかは一応置いておいて。
Commented by クサハゼ at 2008-08-30 08:50 x
どうにも、出典元(URL)が投稿できないので、
検索で入手してみてください。
「減圧症」で検索すると、「ダイビング医学・潜水医学」という山見先生のページが出てきます。

他に、「減圧症 発症率」で検索すると、レジャーダイバーの減圧症発症率」というのが出てきます。(真野先生)
ただ、これらの資料では、私が示した1.6よりさらに数字が高いんです。
先生方によっても論が若干異なったりしますので、私はある先生の低目の数字を採用しました。

また「MINDER」で検索すると、「トップページ」というのが出てきて、
そこに講演集があって、40m以深が如何に危険か、死亡例もでています。

あの、手前味噌ですが、「減圧症」で検索すると私のページも「減圧症」と言う名前で出てきますんで、一読くださると光栄です。

それでは!
Commented by クサハゼ at 2008-08-30 09:28 x
Commented by frappucci at 2008-08-29 07:22
>クサハゼさん
>コメント欄読破されたようで…
>心無いコメントに立腹されたかもしれません

いいえ、立腹なんてしていません。ただ、かわいそうだなあ、って思っちゃうんです。
減圧症になる前の私を見ているようでもあるし、みんなそうやって
減圧症になっちゃったーっ、減圧症って自分はならないって思ってたー!って私のメーリングリストに参加してくるんだよなあ、切ないなあ、って。

「私もなるかもしれない。気をつけなくちゃ。もっともっと勉強しなきゃ。」この気持ちが大切ですね。
Commented by frappucci at 2008-08-30 23:27
クサハゼさん、クサハゼさんの記事は減圧症になったとき
読破しましたよー理解できてたとは限らないかもですが^^;

そうですね、みんなならないって思ってましたよね
フラプッチはなるかもと思って気をつけてたつもりだったんですけどね。だからこそOWの後にAOW取らないでナイトロックス取ったり、水沢山飲むように心がけたりしてたし。でも今考えれば不十分だったのは危機感があったとしても足りなかったからなのでしょう。土壇場の誘惑に弱いのも困った性格です。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by frappucci | 2007-06-30 06:47 | INDEX | Comments(106)