今度はアメリカでイルカ漁に反対の声

アメリカの友人から、「このところ日本でイルカを虐殺してるっていうニュースが大きく取り上げられてるけど」って連絡が。

やれやれ、今度はイルカですか…
上記サイトの団体、BlueVoice.orgはアメリカの団体のようで、イルカの肉を食べることに反対するだけでなく、水族館用にイルカを捕獲することにも反対しています。
アメリカでも多くの水族館でイルカが飼育されており、水族館でイルカと泳ぐようなプログラムは、日本の水族館と違って、かなりの値段をとられます(例えば、フロリダ州のDiscovery Coveでの30分のプログラムはおよそ100ドル(=約1万円)、スーパーでの食料や田舎での居住費が安いアメリカにおいて100ドルは大金です)。アメリカでのほうがよっぽどイルカをダシに儲けてると思うんだけど。
人の国に文句言う前に、アメリカでイルカの飼育を禁止する法律でも立ち上げたらどうでしょうね?

ビデオでは、マット・デイモン(米映画俳優、リプリー、オーシャンズ11、ボーン・アルティメイタム等に出演)がナレーションをしています。
ヘイデン・パネッティーアあたりが来日してイルカ漁と虐殺に反対して泣き叫ぶビデオ撮ったりしても、「駆け出しのTVドラマ女優(アメリカでは映画女優とは完全な格の差がある)の売名行為ね、ハイハイ」って感じだけど、マット・デイモンはホントの国際的な映画スターですからねぇ。。。


って、つい先日、静岡で初めてイルカを食べたフラプッチでした。皮部分がないところが出たからかもしれないけど、意外と美味しかった…。水銀などに汚染されてるって上記団体は宣伝していますが。その時も食べながら、富戸でのイルカ漁について、海が血で染まるらしいとかって話しをしていたのですが、ビデオやウェブサイトで宣伝されて、富戸は世界の富戸になりそうです。

で、イルカと鯨がダメで牛と羊と鳥は良いって、その基準はどうやって誰が決めてるんですかね?
別に個人的にはイルカや鯨の伝統的食文化になじみがあるわけじゃないですが。

ついでに言うと、木でさえも、切られるときに叫びをあげると言われています(実際には生体内で電流か何かが発生するんだっけ)。そう考えると動物はダメで植物は良いっていう基準でさえどうかという気もしてきます。どんな生き物でも、生きるのに必死なのです。生物は生きて次の世代を残すための存在ですからね。
自殺するのなんて人間ぐらい?
まぁ確かに、殺し方については、やっぱりあまり苦しめないで欲しいとは思いますが。米ケンタッキーで問題になったみたいに、踏みつけるとかもやめて欲しいし、ヒレだけ切り取ってサメは海にポイとかもちょっとね…

そういえば、フラプッチの「まな板の上のタコ」ビデオも相変わらず非難轟々で再生8万回越えです。
コメントにはなぜか、「犬食反対~!」って声も。

[PR]
Commented by arak_okano at 2009-08-02 23:03
アラックです。
多くの民族で、生活が違います。
日本国内でも違います。
それは一つの文化だと思います、少ない民族には
許されて、大きな国家レベルになると批判されるのも
おかしいと思います。
Commented by 紺碧の豚 at 2009-08-03 05:37 x
相変わらずの、自分勝手正義の味方アメリカンですか(ーー;)
確かに昔、富戸かな?イルカ漁が撲殺だったらしく、海が真っ赤になって
それを見たジャック・マイヨールが海に飛び込んで、僕のイルカを殺すなって叫んだって事を聞いた事が有る
今でもやってるかは分からないけど、確かに撲殺はどうかと思う
けど、人はどうしたって何かの命を食べる生き物(全ての生物がそうだけど)
frappucciさんが言う様に、じゃあ牛は良いの?豚は良いの?
何故クジラやイルカがいけないのか、理論的に説明出来無いでしょ!
アメリカン・バッファロー?の様に、種が絶滅しかかる迄搾取するのはいけないのは事実。
自然のバランスを崩す様な事は、人類の横暴だと思う。
結局、個人のヒロイズムに乗った、タダの感情論じゃないのかな?
マット・デイモンも、以外に底の浅い人間なのかね((+_+))
Commented by とたみん at 2009-08-03 05:39 x
声高に叫ぶほど、だんだんその裏にある経済再生プログラムが
見えて来ます。
WGIPの時代となんらやってることは変わらない国の話ですね。
Commented by divers-high at 2009-08-03 08:37
他人の文化に口出しするほうが野蛮だと思うんだけどなぁ~
日本人でもイルカを食べるのは野蛮だと思ってる人が多そうだし。
まず日本人のアメリカナイズされた意識から変えていかないとね。
自国の文化に誇りを持とう!
Commented by frappucci at 2009-08-04 03:20
アラックさん、
> 少ない民族には許されて、大きな国家レベルになると批判
ええと、逆の意味だったですか?
小民族は許されず、大民族は許される。
お隣の大国家ではまさにそういう状況かな?
じゃなくて、他の小さな国や島でもやってるのに、
日本だけ批判されるのがおかしいってことかな??
Commented by frappucci at 2009-08-04 03:27
紺碧の豚さん、
まぁヘイデンはオージーらしいですね?
アメリカはストイックなところがあるんで、
問題が露呈すれば自国にも批判が向く気がしますが、
オーストラリアは国内で絶滅しつつあるのに害獣として
殺されている固有種とかもあるわけだし、シロワニだって
絶滅させかけたし、自国内でやれることからやったらという
気もします(もっとも例の鯨については南極付近を領海と
したいという政治的配慮も関係あるのかもですが)。

そういえばカナダでもゴマちゃん毛皮用に大量に撲殺してますね…
刺したり銃使うと毛皮が痛むからって話らしいですが。
もっとも生きたまま皮剥がれる動物も居るらしいので撲殺のほうがマシか…?!

映画スターは…外見良くてばっちり鍛えてて演技が上手くても
それは知的であることとはあまり関係があるはずないのに、
世間では誤解されている気がします。
ま、絶対知的じゃなくて何もできないのにもてはやされてる
パリスみたいなのも居ますが(でも最近話聞かなくなってきたような?)
Commented by frappucci at 2009-08-04 03:28
とたみんさん、
残念ながら、本当に人を動かすのはお金なんですよね
これまでの歴史で、お金や利権が絡まず大きく歴史が動いた
なんてことはない気もします。。
Commented by frappucci at 2009-08-04 03:30
divers-highさん、
アメリカは世界の正義ですから^^;
自国の文化の誇りも必要と思いますが、
本当はどの文化にも優劣はないはずだと思います
違うっていうだけで…
Commented by もんきち at 2009-08-04 23:17 x
確か、クジラ等を殺したらダメって言う人の言い分は、
知的?生物?だから。だったと思います。
牛やら豚は、家畜。だからOK。ってのがどこかで
読んだ事があります。
信憑性は低いですが。。。。

まあ、言いたい事はわからなくはないですが、
自分の事を棚に上げるいい例だと思います。

結局は、宗教弾圧ならと同じ事ですよね。。。。

と書いててなんですが、気になる様でしたら、消しちゃって下さい。
Commented by frappucci at 2009-08-08 10:27
もんきちさん、
そうそう知的生物ころしちゃいけないんです。
スコットランドなんて6世紀まで人肉まで食べてたのにね^^
Commented by 馬鹿ヘ at 2011-04-27 23:04 x
イルカ漁問題を
人種対立と絡めて喚く低地脳が多すぎる。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by frappucci | 2009-08-02 22:29 | つぶやき。。。 | Comments(11)