トランスメディア提供アイコン01 タグ:PJ ( 12 ) タグの人気記事

トランスメディア提供アイコン01 ツノカサゴ

d0056263_12472945.jpg

関係ないけどフラプッチ、男女共にストレートの長髪の人って好きで(自分が出来ない髪型なので憧れるのかも)そんな人たちの髪が風に揺らぐのとかみるとドキドキしちゃうのですが…ストレートじゃないけど流れにそよぐツノにちょっとドキドキしたりして。うーんセクスィー♪←ほんとかよ @PJナイトdive.329
d0056263_12495526.jpg


前回バリ行ったときには、見てみたい生物をリクエスト一覧にして持って行きました。
そこにあったツノカサゴ Pteroidichthys amboinensis Ambon Scorpionfish、帰国後前々回のバリの写真整理=ブログ記事あげてたら出てくる出てくる^^ やっぱし生物の名前わかってないと、「なんか見た」で終わっちゃうので、名前わかるのって重要だなぁ…と思った次第です。

でも、前回は黄緑がかったキレイな色の個体も見せてもらったんですけどね。@dive.370
d0056263_12571572.jpg

…ポイント名忘れました!がーん。前回のログまだ全然つけてない…(><)多分PJ
[PR]

by frappucci | 2009-03-04 12:41 | 水中写真

トランスメディア提供アイコン01 起こさんといて~

ちょい多忙中につきまたコメントお返事や巡回等滞っててスミマセン><~
また数日後にゆっくりお伺いしますね♪
-----

ナイトでの見かける生物、ストロボ焚くうちに起きちゃうことが。
カイワリの幼魚(青年魚?)最初の1枚。眠っていて海底で停止してユラユラしています。
d0056263_1153082.jpg
4枚目。色が薄くなっててます。この後逃げて行きました。
d0056263_11544233.jpg
大瀬崎でも一度、黒~いツノダシの写真(撮るごとに色が昼っぽくなっていく)をナイトで撮ったのですが、ブログにあげてないといつの写真だか見つけるの一苦労^^;皆さんどうやって写真管理しているんでしょうか?やろうと思えば写真に魚の名前埋め込めますが、結構な手間ですよ
ねぇ。
こちらは、セミエビの仲間?1枚目のショットですが…
d0056263_1245711.jpg

2枚目で、目がなくなってる~!眩しかったから目つぶった?!こんなことできるもんなんですか??
追記)さっそく教えてもらいましたが、目がカニとかと同じようにパタパタ動くっていうかそういうもんらしいです。びっくりしたよ~。ヒメセミエビの仲間だそうです。
d0056263_1263633.jpg
じゃこのカラッパさん系なコも片目つぶってる…のかな??
追記)写真UPし忘れてました(汗 ↓この写真のコのことです
d0056263_20294516.jpg

コチラは貝入りタコさん1枚目
d0056263_1282194.jpg
2枚目では目を覚ましたのか、びっくり顔になってました
d0056263_1285945.jpg

全てPJナイト@dive.329より

ちなみにフラプッチは必要な時間より少し前に目が覚めるたちで、子供の頃から起こされた経験が殆どありません。なので起こされるのが大嫌いです…
[PR]

by frappucci | 2009-03-03 21:39 | 海の生き物

トランスメディア提供アイコン01 しゃきーん!

「このハサミが目に入らぬか~!」
d0056263_11165613.jpg

PJナイト@dive.329で会ったコ。カニさんたちは、ちびっこいのに威嚇してくるのがおかしいです。
「挟むぞ、挟むぞ、挟むぞぉ~!」
…実際ちびっこいのに挟まれて、ちくちくするなぁ何?おおカニだ。っていう事もありましたが。
d0056263_1117878.jpg

…と脅かしつつ砂に隠れる^^
d0056263_11172294.jpg
…ホントの天敵に会ったら、脅すまもなく食べられちゃいそうな気がしますが。

で、頑張って海の甲殻類を見てみたけど…そもそもこの写真じゃ足が何本あるかワカリマセンなぁ。
[PR]

by frappucci | 2009-03-01 13:51 | 水中写真

トランスメディア提供アイコン01 [dive.329] 嬉し悲しのハプニング続きのPJナイト

ナイトでは巻貝も良く見ます。貝だけ移動してて外套膜の類があまり見えないとつまらないですが、こうやって触覚?見たいなのも出てると生き物っぽくていいですね。この日の最初と最後のショットは巻貝でした^^
d0056263_2318677.jpg

この日のPJナイトはハプニングとトラブルだらけでした。
それはすでにエントリ前から始まりました。
ライトが…前日夜フル充電したダークバスターJrが点かな~い
d0056263_23182165.jpg

…充電してる時、チャージャーのライトが赤くなったり緑になったりと不安定だったので、変だなぁと思ってたんです。なのでライトが点かなかった瞬間は、水没ではなくサージ(一瞬高電圧が流れる、雷等の時に日本でも起こります)による故障を疑いましたが、修理に出したらやっぱり「ヒューズが飛んでいた」とのこと。バリの電圧は不安定なのかも、夜に稲光も良く見るし…。以来、バリではダークバスターの充電はトータルの点灯時間を考慮に入れて、最低限に抑えるようにしています。ま、PCはAC電源につなぎっぱなしなんですけどね^^;
d0056263_23183280.jpg

前日は自分で結構生き物見つけて喜んでたフラプッチですが、今やライトはハウジングのターゲットライトにしてある暗めの東芝の旧式ライトと、ストロボについてる赤フィルター付けたターゲットライトのみ。これでは生物探しは難しいので、ぺったりとガイドさんについていきます。

すると闇夜に光る目が…
d0056263_23184594.jpg

おぅナンか用かい?!
…ってゲゲゲ、またログに何の生き物の名前もないっ><
図鑑で見るとガラスウシノシタ Liachirus melanospilus Carpet Soleの特に幼魚に似ているのですが。サイズは結構大きめだった気がするけどなぁ。
d0056263_23191791.jpg

と、ここでガイドさんが何かを指差す…
え~。何度も書きますがタコ認識速度が異様に遅いんです、フラプッチ。
なぁに???って思ってる間にあれよあれよと水面に向かって泳ぎ出す…タコ。
d0056263_23193013.jpg

あっ…って思う間に、ガイドさんがタコを追ってふぅっと水面まで。この姿、フラプッチにはスローモーションみたく見えました。なんだか、きれいだった。

その次考えたこと…ここまでエントリしてからまだ10分以内。とは言え5分以上は経ってる。
エントリして1、2分ならともかく、その日3本目で10分近く潜ってて、水深4m位。
特に水深5m以浅は浮上速度はできるだけ1m/1分を心がけているフラプッチ、水面まで数秒で上がる気にはなれない。少しずつ深度をあげながら、ガイドさんを見ていました。

それが、なんというか…美しかった。水面に輝く光と、直立姿勢でカメラを構えるガイドさん。直立姿勢で、フィンをバタバタしたりもせず、ファインダーからも目を離さず、でもポート先から水面に揺れる極小タコまでの距離がずっと一定してる。暫く見惚れていました。なんか、この1本はもうこれ見れたからいいかなって思えた位、なんかいいもの見せてもらいました。

d0056263_23222553.jpgとは言いつつ、自分も少しずつ深度を上げて、フラプッチが次にシャッターを切ったのは5分後。5分近く見とれてたんですね。ガイドさんはまだカメラを構えてる。フラプッチも~って思うんだけど、どうしても体が水平になってしまって、波を立てちゃう。こんな波立ったらタコどっかにやっちゃう!って呼吸を整えて再挑戦、ようやくシャッター切りました。

この時、頭にあったのは、水族館で撮ったツバメウオ。相当枚数撮ってから、下から見ると水面にお魚が写っていることに気付いて、その姿を入れて撮影し直したこと
この時は最初から、水面に写るタコも入れるよう、縦位置で撮りました。


と、今度は自分のストロボのターゲットライトが赤いことに気付く。自分がストロボ発光させるときは消えるけれど、他の人のカメラには赤い光が入り込んじゃう!って、ターゲットライトを切りました。…で、なんでこの写真には赤い光が入ってるんだっけ?今度は横位置で、水面に反射する光(か、月光か?わかりませんが)を入れて撮りました。
d0056263_23433945.jpg

でも、数枚シャッター切りながら、自分が今さっき見惚れてたガイドさんと自分の圧倒的な差を感じてしまって…なにしろ、タコとカメラの距離が保てなくて意図せず寄ったり離れたり。ああもうこんなんじゃ撮れないね。って数枚で撮るのを止めてしまいました。

でおとなしくエビとかカニとかまた撮ってたわけですが
d0056263_23254368.jpg

で、後で「なんでもっと撮らなかったの?!あんなチャンス、一緒に一度あるかないかだよ?!」ってガイドさん。「久々にガイドだってことを一瞬忘れたね。ああ、思ったように撮れてるかなぁ。浮遊物とか入り込んで失敗写真になっちゃうこともあるからね!」って興奮気味に話してました。横で聞いてて、嬉しそうに話すガイドさん見てるのが嬉しい…もしかして、写真撮れた!!って喜んでるゲストの話を聞いてるガイドさんってこんな心境なのかもなぁ。フラプッチは上手く撮れなかった時はダメだダメだって言ってて、上手く撮れたかもって時は照れてあまり言わないほう(だと思う)ので、そういう意味ではガイドさんから見たら可愛くないゲストかもなぁ…とか思いつつ、「体が横になって波立てちゃうから、一旦体勢を整えたんですが」って話したら、ガイドさんが「波立ってたほうが綺麗だったのに!」って。「それに、あの赤いライトが綺麗だったのに、途中で消しちゃったでしょ!」って…遠慮したのが全部裏目に出てるんですけど(;_;)えーん、アシスト下手なフラプッチでスミマセン~><

なんか、最初の20分位ですっかり満腹モードですが、この日はこの後また沢山写真撮りました~。全部上げるのはやめときます(^^)思うに、ナイトだと、出てきたらなんでも撮る!っていうのが昼と違うのかも。

既出の子でも(マダラウミフクロウさんですね、この前よりは小さくて色も綺麗な感じです)
d0056263_2326869.jpg

…やたらハッピーそうに見えるのは気のせい?
d0056263_23262589.jpg

スナギンチャクか何かの下に居たカニさん。スナギンチャクと一緒に撮れば良かった…(でも結構大きかったのよね)
d0056263_2326464.jpg

こんな砂の塊みたいな子でも撮りますっ。って、ムシノスチョウジガイ…ガイドさんがせっせと並べてたような、並べてなかったような?鋏がちょっと見えてるのわかるかなぁ?
d0056263_23271210.jpg

こっちの写真では目が見えてるんですが…写真が小さすぎですかね
ムシノスチョウジガイの触手に蛍光緑みたいなのがまじってるのが個人的には気になるんですが…
d0056263_23273847.jpg

d0056263_2328540.jpg目の感じからすると、このカニ(カニダマシ??)さんと仲間な気がするんですが、折角図鑑買ったんだけどなんか進んで調べたくなるような子じゃなくてとか言い訳言い訳…

d0056263_23283413.jpgこの写真にプランクトンが写ってたんです。
だから何ってそれだけなんだけど、ナイトならではかな??


こちらはまたでっかいけどボロボロですねえ~
d0056263_23291433.jpg

ボロボロってほどじゃないけど、まぁエビですが何か?って感じのエビさん
d0056263_23293527.jpg

お魚までぼろい。。 とゆうか、お嬢様、お鼻毛が…。
d0056263_2330733.jpg

撮っといてなんですが、どこまで魚でどこから何かのボロ(?)なのかわかりません…
ま、撮ってる時もわかってなかったと思いますが。
で、こんな写真しかないんで何のさかなかなぁ~?カサゴ系っぽいですね
追記)コクチフサカサゴ Scorpaena miostomaでは、と、カッパドルフィンさんからご指摘、いつもありがとうございますm(_ _)m んでも日本の海水魚には「房総半島以南、朝鮮半島南部に分布」って書いてあるなぁ…まぁこの写真じゃ同定は難しいですね、いずれにしても^^;;;同定したいならきちんと全身の写真も撮ってねって言われてるんだけどつい忘れる…というかこの場合はどこまで魚かわからなかった…
d0056263_23302364.jpg

まぁたまにはキレイどころも。シマヒメヤマノカミ Dendrochius brachypterus Shortfin Lionfishさんですね。ヒレはこっちがキレイ
d0056263_2331064.jpg

…お顔の角度はこっちが好き(ただでさえ写真多いんだから厳選しろ?)
d0056263_23311312.jpg

またまたフォクソンシュリンプさん。ヒゲ長いねぇ
d0056263_23312663.jpg

エビの正面顔っていうのも珍しい気がするので拡大してみました。
d0056263_23314141.jpg

このほかにも沢山撮って、いやぁ今日は盛りだくさんだった~ってエキジットしてみると。

まっくら
う~ん、停電のようです。

と、ガイドさんがこっち向いて「ここどこ?」
ふぇ?!「私がこっちです、とか言ったら信じて付いて来ます?」
うん
ひゃー。もしかして冗談じゃなかったりして??とかオロオロしてると、こっちかなぁ~って歩いていきます。
「遠いかもしれないから、泳いだ方がいいかもよ」って言われて、歩くガイドさん尻目に、楽したい~って寝転がって数回フィンキックしたら…どうも波打ち際だったようで(この日はとっても波が穏やかでした)水深20cm位になってる。およげません~

ってガイドさんも居ないし。どうしたことやら。確かこっちの方にいったよなぁ…
って歩き始めて数十秒、ドライバーさんが迎えに来てくれて、車のヘッドライトを頼りに戻りました。ドライバーさんは段差のところでは腕組んで上がってくれました。

器材を降ろそうとして今度は…
カメラがない!!
そう、コンデジが…
水深20cmとかで転がってたのがいけなかったでしょうか。
カラビナの先の紐が切れてました。
そう、紐、二重にしてたのに、今回2日目に細い方の蓋に噛ませて水没させたので、細い方は切っちゃって1本しかかかってなかったのです。何かで補強しなきゃ…とはおもってたんだけど…

なんだかいろいろありすぎな1時間でした。
[PR]

by frappucci | 2009-02-26 23:33 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 PJのアヒルの行進

ガイドさんに、撮らなくていいの?って言われて慌てて録画した、アヒルの行進@PJ
ダイビングの器材を漬ける水槽から数メートルのところではこんなのどかな行進も見られます。
あわてて撮ったのでハウジングに入れたまま、しかも録音オフになってて音が入ってなかったのがかなり悲しいですが、、、
前のデジカメ、最後のムービーでもありますのでUPしてみます(T人T)チーン

食べ物は日本は殆どのものは美味しいと思いますが、鶏はあまりおいしくないですね。足が早いものなのに、しめてすぐ食べるという感覚があまりないからかな(フラプッチは池袋に一軒しか、そういう鶏専門店を知りません)。
その点、海外では鶏が美味しいと感じることが多いですが、しかもこんなやってお散歩させてもらってるようなら余計美味しそうですねぇ、うしし。ニワトリじゃなくてアヒルだけど。
「…なんかこの写真撮ってる人の視線が怖い~」byアヒルさん
d0056263_0242728.jpg

ついでにPJのワンちゃんも。
お母さんに怒られてるとこでしょうか?
d0056263_0245917.jpg

シュン。。。
は、ハウジングが重くてブレてしまいました。。。
d0056263_0254622.jpg

こんなのどかさも、東京とは別世界な感じでいいですネ
[PR]

by frappucci | 2009-02-26 00:32 | ダイビング旅行記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.323] PJ初ナイト!

この日は一杯自分で見つけて、ガイドさんも一杯おしえてくれて…どれが教えてもらったヤツか一部覚えてません^^;きっとこういう綺麗なのは教えてくれたやつなんだろうなぁ。トガリモエビさん、綺麗な色でした
d0056263_8305216.jpg

初めてバリに行く前、ショップには事前に自分が減圧症経験者とは話しませんでした。
既に普通にファンダイブして1日3本x5日連続程度まで潜っていたから、体調管理とか水分補給とか色々気をつければ大丈夫だと思っていたし、基本的に「わたし減圧症経験者なので考慮して下さい」なんて甘えかなって。自己責任って言葉の乱用は嫌いですが、ある程度普通にファンダイブできるなら、あとはそれこそ自己責任。…って偉そうなこと言いながら実はデコ出しまくってたんですが(…ま、ダイコン厳しくしてて数分のデコが大半でしたがって一応言訳)。
結局、やったらと水飲むわ、水面休息時には酸素吸引してるわ、潜水した日はアルコール類一切飲まないわ、行動怪しいんでバレたというか自分で話しちゃったのですが。

ま、減圧症の影はフラプッチの宿命みたいなもんですね。背負って生きるしかないです~
d0056263_8491955.jpg

で、2回目のバリ、ショップから予定出してもらったら毎日昼2本+ナイト…水面時間を考慮してのスケジュールでした。冗談かと思ってたらほんとに毎日ナイトやった!でもフラプッチ、もともとナイトも好きです。
この日は確かw、PJでの初ナイト。すごい楽しかった印象があります。写真もいっぱい撮ってる!はっきりいって大した写真じゃないけど(それはいつもか)、見れて楽しい、撮ってて楽しい!!って感じでした。

だいたいナイトだと、普段泳いでる魚が転がってる(横にはなってませんが)状態なだけでもなんか可笑しくて楽しいです。
こちらヒメヒイラギ Leiognathus elongatus
d0056263_8331636.jpg
これ名前聞き忘れ、イトヨリダイ科の写真全部見たけどわからんかった…(ず、図鑑2つになると見る本が2つに増えるってことなのね、ひー。)

追記)早速知人より、イトフエフキ Lethrinus nematacanthusでしょうって。大きさ(多分15cm位??)を伝えたら、まだ未成魚で、幼魚の頃に見られる体側のくっきりした数本の黄色の縦線が、まだ結構見えてるし、そうでしょうって。ただしこの縦線は大人になってもうっすら残るようです。フラプッチは目の、瞳をまたぐ形の縦(横?)線に拘っていたのですが(図鑑には幼魚にだけ出ている)、大人でも興奮すると出たりするものだそうです。で、イトフエフキ 、フラプッチの図鑑のイトヨリダイ科のところに出てましたorz 最近買ったアメリカの図鑑のほうには出てなかったみたい(両方の図鑑調べるのに、学名が必要になってしまった今日この頃…和名覚えるだけで大変なのに。ま、当然学名なんか覚えませんが。)
d0056263_913655.jpg
セイタカヒイラギ Leiognathus equulus
d0056263_923978.jpg
ツノカサゴ Ambon Scorpionfish Pteroidichthys amboinensis(これは昼とおんなじですか^^;3回目のバリでリクエストしたんだけど、2回目で撮ってたとはたった今気付いた…)
d0056263_941567.jpg
コチらは…コチ Flatheadの一種?と思うけどなにゴチかわかりまへん><図鑑2冊って疲れる~。コチらも昼と同じですかね^^;仕事ないなら我が家の靴べらでもやってみる?とかお誘いしてあげたくなっちゃう(ま、人間なんかの慈悲なんぞ必要ねーぜ!って思ってるだろうケド)
d0056263_921734.jpg

昼と一緒なのはこちらもだよね?これはエソ?眼つきだけみるとダイナンウミヘビみたいだけど、でっかかったしなぁ…(←エソとウミヘビの区別がつかないって、、、汗)

追記)知人から、ワニエソかトカゲエソでは?と言われたのですが、どちらも眼つきが違うし、図鑑によると温帯に住むもののよう。で、今度はムラサキウミヘビかモヨウタツウミヘビではと言われたのですが…ムラサキウミヘビはちがうっぽい、モヨウタツウミヘビは手持ちの日本の図鑑では眼つきが確認できず、ウェブで探してもなかなか見つからず…結局、モヨウタツウミヘビ = Brachysomophis cirrocheilos = フラプッチのもう1つの図鑑のStargazer Snake Eelっていうのに当たりましたが、これがどんぴしゃな感じでした。というわけで多分モヨウタツウミヘビです(正確には顔写真だけじゃわからないかも)
d0056263_926452.jpg
ま、折角夜だし、もっとおっかなそうに!って、うらめしや~のライティングにしてみましたがどうでしょう?
d0056263_9275561.jpg
顔だけ出してても全然怖くないヤツもいます。だんだんおなじみになってきた、ヘリシロウツボ White-Margined Moray Gymnothorax albimarginatusですね
d0056263_94127100.jpg
フラプッチ的にこの回撮ったお魚で一番のなぞはこいつです。
サルパかなんかと思って撮ったのですが、よく見ると向こう側に目がふたつ(・・)
確かハナヒゲウツボですが、10cm位?のときまでこんな無色透明だっていう話を聞いて写真を見せてもらったことがあって、でもコイツはそれにしてはでかそうです(一緒に写ってるサンゴ、ムシノスチョウジガイが直径多分3cm位なので長さはかなりあるよね…)クリックすると多少写真が大きくなりますが、いかんせん写真が不鮮明で…これなんでしょうね?
d0056263_94849.jpg

さぁて、お魚編が終わったので今度はエビカニ編なのです~
d0056263_9494839.jpg「えっ、ぼくたちは?」
…すみません、クマノミ君たちじゃなくて、そのイソギンチャクの下に居る、大きなカニさん撮ったんです~
…って、泥まみれで、カニってわかるかな?

ところで、PJで何固体かみかけたこのイソギンチャク、イボハタゴイソギンチャクに似てるけどちょっと違うような???ふんわりとした透明感がとても綺麗でした。イソギンチャクだけのクローズアップとか撮れば良かったかな~。イボハタゴというとトウアカクマノミがついてるイメージですが、調べてみるとクマノミやカクレクマノミ、ミツボシクロスズメダイとも相性がまぁまぁなそう。別個体にはカクレやミツボシがついてたので、ほんとにイボハタゴイソギンチャクなのかもしれません。
でまぁ色々書いてますがフラプッチはイソギンチャクのことはお魚より更にわかりません^^;


カニは~というかナイトで見る子達は元々光が嫌いで、砂地に住んでる子達はすぐ砂に潜っちゃいます。写真は難しいですね。潜られまくりです
d0056263_100364.jpg

指示棒で、そーっとおなかの辺りから持ち上げたら、うがががが!!なにすんねん!!って怒ってました。そりゃ怒るよねぇ、ごめん。。
d0056263_1011775.jpg
このコももう潜る気満々…こうなっちゃうと写真は難しいです、構えてる間に潜っちゃいます、早い!!
d0056263_1023831.jpg
逆に砂から出てきたばかりなのか、砂被ったまま行動してるコも。
d0056263_103343.jpg
このコももう見せてもらったときには半分潜ってました。
d0056263_1041190.jpg
またしてもちょっと出てきていただいたのですが、もうこの瞬間から潜るぞ~ってポーズです
d0056263_1044770.jpg
なんかそういう、きゃー今にももぐるぅ!って慌てて撮ったエビ写真が大量に…^^;
d0056263_1054418.jpg
エビさんのこのポーズも何度も見ました。これぞエビゾリ!!あらおっとっと!って完璧逃げてるときにこのポーズしてるっぽいですが、もしかして威嚇のポーズなのかも?これはじまったらもうあとは逃げまくります。だーっと逃げて、それからささっと潜っていきます。このポーズにさせるほど警戒させないようにしないと写真は難しいのかも。
d0056263_10105897.jpg
やっぱり潜った~
しかし綺麗な子ですね、フォクソンシュリンプさんというのだそうです。
d0056263_10112988.jpg
でもmasayoさん曰く、エビは食べて喜ばないお魚が居ないんだそうで、ってことはエビさんなんて周囲完全敵だらけの日々を送ってるので、なにがなんでも逃げる!っていうのはわかりますねぇ、ちょっと気の毒。食べないから写真撮らせて~(でも、撮ってる最中のコを食べられた経験はあります…)

エビカニと来れば、、、イカ!!潜る前に素早く撮れ!!っていう先日のガイドさんのアドバイスに従い…潜り終わる前に撮りましたぁ~。ほら、目の周りと足が何本かまだでてるでしょ♪どーでしょうか、ガイドさん?!…反射神経鈍い客ですんまへん。いちお頑張ったんだけどなー
d0056263_10182854.jpg

で、イカと来ればタコ^^ 相変わらずタコ認識が異常に遅くて、4枚位シャッター切ってようやくタコだってわかりました^^;
d0056263_10232155.jpg


そして…ナイトと来れば、怪しいモノも出現しますっ
d0056263_10195076.jpgこちらツノヒラムシさんだそうです。泳ぎながら移動中、ふと見つけました。こんな薄っぺらくて半透明なもの、泳いでる途中に目に留まることもあるんだなぁってなんか感激。でも感激するほど可愛いもんでもないのがミソ^^;

だいたいどこが頭とか全然わかりませんっ

寄って撮ったら少しは生き物らしくなるかなとか思って撮りましたが…別にぃ~。
d0056263_10221827.jpg
ウィーン…って音が聞こえてきそうに変に機械的な動きの、マダラウミフクロウさん。初代ガンダムでこんな感じの乗り物が出てきてた気がするんですが、冬休みの度に映画を見直してた割には全然乗り物の名前とか覚えてません…(当時から記憶力が悪かった…)
意外と早いので正面顔撮らせていただくのは一苦労^^ こいつのチビの透明版をこないだガイドさんが見たんだって。見たかったな~。
d0056263_1027484.jpg

そして…でたぁ~!水族館以外では初対面の…これはウミケムシですね!!海で見てもやっぱしキモい!キモイ!って思いながらシャッター何度も切ってしまいました。虫はあんまり得意じゃない…
d0056263_10284971.jpg
写真に撮ってもあんまり面白くないなと思いつつ、いつも一応撮ってるんですが…最近、大瀬とかでもナイトでよく気付くようになってきた、巻貝です。巻貝というとイモガイのイメージがあって怖いんだけど、小さな外套膜つかっておっちらおっちら歩いてるのとか見るとちょっと可愛いです。よく見たら目とかあるのかな~?
d0056263_10312536.jpg
こっちはペアで仲良く潜っていく最中でした
d0056263_1032967.jpg
エキジットに向かう中、ガイドさんが指差した方向には…なにやらでっかいカニが、両鋏を大きく広げて1m位の距離をホバリングしながら左右に行ったり来たり、それを5匹ぐらいでやっててもう大騒ぎ!って感じでした。一体何をしてたのやら??威嚇してたんでしょうか。カニが大きすぎるし、遠くのものにストロボあたらないし、撮れないってわかってるけど強引に撮ってみました。可笑しかった~
d0056263_10342899.jpg
d0056263_10344784.jpg
ここまで読んでくれたヒト、ありがとうございます!1記事写真31枚はもしかして新記録かも^^ ま、それだけ色々見て楽しんだって事です(&別記事にあげられるほどの写真もなかった・・・とか;;)
[PR]

by frappucci | 2009-02-14 10:40 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.322] リボンゴビーリベンジはやる気なし目な1本?

さてはて1本目で惨敗だったリボンゴビー。リベンジに入る2本目です。
…というかなんでリベンジなんかしてるんだっけ?こんな可愛くも無けりゃ綺麗でもないサカナ、フラプッチ的にはど~でもい~んですけど…とかチラチラと思いつつ…、

しっかーし。
なんだか撮れてなかったものをそのままというわけにもいくまい。
しかも何故か意外とリボンゴビーって人気の被写体だし。
そのリボンゴビーだらけのポイントに他にお客さんも居なくて引っ込め放題なんてチャンスもなかなかあるまい。
ならやっぱり再挑戦するしかないっしょ!

それに、ドロドロドロ~で油断してなくてもあっという間に泥が巻き上がるってこの場所で写真を撮るっていうこと自体がなんだかチャレンジング!なんか出来ないこと頑張ってみるのってフラプッチ結構好きなんだよね。あまりに無理なら諦めるけど←この頃合が乙女心なワケですが^^
…てなわけでこのドロってなかなか楽しいかもしれないし。とかぶつくさ心の中で思いながらポイントに向かいました。

で、再挑戦の結果は!!
…いくらガイドさんから良いアドバイス貰ったところで、それ聞いただけで実践できるとも限らないわけで、たった1,2時間前に全然撮れなかったもんがいきなりばっちり撮れるわけがないのです。なはは。
というわけで、これでこの時撮ったリボンゴビーの写真全部、撮った順です。

これだけちょっとトリミングしてます^^;;
d0056263_2265769.jpg

きゃ~。フラプッチモクモク警報発令~!モクモクかかる前に撮っちゃう!!とか思って撮ったけど世の中そんなに甘くない><
d0056263_2272887.jpg

d0056263_2275141.jpg
d0056263_2281743.jpg
d0056263_2283372.jpg
というわけで5カット(2枚目のはカウント可か、やや疑問だけど。というかどれかカウント可なのか?とか言われるとグゥの音がでませんが…)~
…ま、1本目が1カットよりは5倍も上達したぞ!(ものは考えよう)

あらまぁ、なんかたいへんそうねぇ…
d0056263_2292163.jpg

…この頃(去年の11月ね)、まだフラプッチ、ごく近いものにしかストロボ当てられなかったんですぅ。最近ちょっとだけマシになってきたけど。これくらい近いと当たる^^
こちらは…ハタがおれちゃったハタタテサンカクハゼ???これ以前にも、カメラ構えてるといきなりその前横切られたことが^^; まだまだ生物に寄るのが下手なフラプッチとしてはとっても好都合なコです^ー^ しかしそんなおおらかさで大丈夫なのかいねぇ…
d0056263_2295122.jpg

ドロドロドロ地帯から戻ってきてちょっとホッとしたりして
d0056263_2342120.jpg

d0056263_2344393.jpgで、ガイドさんが指差してくれた…これはギンポでもカレイでもなくてハゼね?(←冗談だってば…)ってログに『ハゼ科の一種(名前がまだない)』って書いてあった^^

かっ、かわいい!!ってカメラ構えたら、巣穴からもう一匹出てきたよ~!


d0056263_235396.jpgこれホントは横位置で撮ってます(相当強引なトリミングですみません)。
縦位置にしたかったけど、ハゼを驚かして引っ込まれたらと思って出来なかった><
う~んしかしかわゆい。2匹並んで泳いでくれて嬉しかったです♪

逆に、ある程度寄って縦位置でこんなふうにハゼ二匹ホバリングしてるときに、そのハゼが左右(前後か)に離れていって「今更カメラ横位置にできないし~!」ってことも以前ありました。むぢかちいね。



そして、この1本で撮りまくったのはこのコ…
カスリハゼさんだそうですが…
d0056263_2363545.jpg

一応、こっちをちらっと見た。
d0056263_237463.jpg

その後は、無視。
d0056263_237295.jpg

エビさん2匹、目が見えないからキミが外敵を監視してくれてると信用して一生懸命働いてくれてるのに、無視。
d0056263_2375128.jpg

エビがカメラの前に出てきても、我関せず。
d0056263_238810.jpg

エビ2匹ともこっちに来ても、我関せず。
もうなんかさぁ、表情がいいよね。やる気ネェ~って感じなの^^;
d0056263_2383351.jpg

お陰で、共生ハゼと暮らすエビ単体っていう、なんか普段はあまり撮れなさそうなものが撮れましたが。良かったんでしょうかこの信頼関係…。
d0056263_239473.jpg

…ま、ワンツーマンでガイドしてくれて一生懸命あっち!こっち!ってリボンゴビー教えてくれてるガイドさんに、ま、撮っとくか…って態度のフラプッチが言えた義理じゃないですが。(ごめんなさーい、ガイドさん…。でも2本目のほうがマシになったでしょ?^^)

「わしゃどうコメントしたらええかわからん」
d0056263_2395133.jpg

ときに、ここのポイントで気になった生き物その1。
d0056263_240127.jpgまだこの時は知らなかったのですが、これって「ウミエラ」ってやつですね?ウミサボテン縦割りにしたみたいなヤツ?こいつの根元にカニっぽいのが居るのを、何度か目にして気にしてたんですよね~


d0056263_2405942.jpgこれですこれ。

帰ってきてから色々調べてたら…これってウミエラカニダマシかも?!ウミエラカニダマシって、写真とかで見るとすっごく綺麗なカニ…ダマシなんです(なんていうか、えー、カニじゃないんです、足が2本足りないの、ヤドカリの仲間ってことかな?)。
うわぁ撮りたかったぁ。…って、3度目にバリ行ったときにはリクエストしたんですがこれがなかなかむぢかちくてですね…思ったようには撮れなかった(;_;)またそのうちどこかでね~


あとこれこれ。すんごい長細い見たことない魚が…って思った瞬間、ずぼっと砂の中に突っ込んで隠れちゃう。その勢いが躊躇無い感じに素早い!中でなんかにぶつかったりしてないかとか余計な心配したくなりますが…で、新しく買った図鑑見てたら、Sanddiverっていう種類のお魚が!砂に突っ込むヒト、ってそのまんまの名前じゃん^^慌てて撮って写真が不鮮明なのですが、この写真のコはゴールドバーサンドダイバー Goldbar Sand Diverのメスに似てる気がします。こんな感じの細長いのがずぼって砂に入るところ、何度も目にしました。

追記)1回目のバリで、リュウグウベラギンポ Threadfin Sand Diver Trichonotus elegansっていうのを撮ってて、これとそっくりです!リュウグウベラギンポだったらオスの体色に似てるみたい。
しかし、撮ってブログに載せた写真覚えてないなんて、ちょっと最近潜りすぎで頭が追いついてませんね、反省。
d0056263_2423615.jpg

ところかわればお魚も変わる。バリは違う感じのポイントが色々あって面白いです^^
[PR]

by frappucci | 2009-02-13 02:50 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.321] リボンゴビー100叩き!

あ~あ、やっちまってるよ~
d0056263_20414799.jpg

というわけでやってきました「ひみつのPJ」。
ひみつにしとかなきゃいけないポイントなのかと思ったらそういう名前らしい…
で、ここでのターゲットは…リボンゴビー。確か、chizukatさんが撮りたい撮りたいって何年も前に話してくれたヤツだ!…あの、かわいくないでっかいひょろっとしたヤツね。

というわけでエントリ…
なんかやたらでっかいハゼも居ます
d0056263_20422022.jpg

d0056263_20433286.jpgで、リボンゴビー、ものすごい数が居ます
…そして、おお!って思った瞬間には逃げられる。
撮ったの2枚、そのうちピンがまぁまぁなのがコレ…
だいたい逃げるの遅れたやつだってフラプッチの煙幕の術にかかってて写真どころじゃないのです!このコも、尾のあたりはもう煙幕がっ。
d0056263_2044272.jpg
この日はワンツーマンでした。いやぁ、他にゲストが居なくて本当に良かった。。。
引っ込まないコは撮れました…ヘリシロウツボさんだそうです
d0056263_20473212.jpg

引っ込まないけど、背びれかと思ったらゴミつけて泳いでるコとかも撮れました…
d0056263_20481883.jpg

んで、浅いほうに戻ってくると、ゴンズイが、こっちに向かってくる。ガイドさんがカメラを向けてるからみたい。
d0056263_20462724.jpg
ガイドさんが見てるほうをよく見ると…なんか居る。
d0056263_204951.jpg
早速撮影参加ですが、、、なにしろゴンズイがゴンズイが。
d0056263_2049378.jpg
たぶん撮れたかも…ってあたりで疲れてギブアップ。アクタウオ、だそうです。アクタウオ自体、見られるのは珍しいらしい
追記)バリに長年通ってらして、写真集も出されている水中写真とバリの大先輩のアラックさんから、アクタウオ!ってこの記事についてご自分のブログでご紹介頂きました。そんなに珍しいんだ^^; こんな写真しか撮れなくて残念ですが、ご紹介ありがとうございます>アラックさん
d0056263_20502067.jpg
またゴンズイが向かってきた~。ガイドさんのほうが粘って撮ってたかも?撮れたのかなー(写真見たいなぁ)
d0056263_20544225.jpg
やれやれ、おつかれさま。
d0056263_2055633.jpg
d0056263_20551758.jpg海から上がって、ガイドさんに、「目にしたリボンゴビー、全部引っ込めました!」って言ったら、「自分が気付かずにひっこめたの含めると100匹は引っ込めたな。」と返されました。う”ぅ。


追記) エキジット直前のビデオ
[PR]

by frappucci | 2009-02-09 08:04 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.295] PJで今度はお互いびっくり!

さてさてPJ2本目。お天気はカンカン晴れって感じじゃなかったみたいですが…
海の中は全然関係ない感じです。そもそも暗いっていうか^^;
d0056263_0501375.jpg
この回は写真もいっぱいあるし!ダイビング日記つけましょ~!
…と思ってログブック見たらおさかなの名前があまり載ってない。
ハゼだと、名前ついてないのとか一杯居るからでしょうか。
というわけで、えー。ハゼです。
d0056263_051394.jpg
どちらかというとハイキー好きなフラプッチですが、アンダーで撮ってます。別にわざとじゃなくてまたストロボがきっちりあたってなかったとかそういう話な気がする。けど、このお魚はこれくらいで良かった気もする?まぁためしにもっと明るくも撮ってみればいいんだよね。どういう感じになるか。つかその前にストロボきちんと当てられるようになりましょう…って最近結構改善してきた気がするんだけどね。

こっちのコは上のコほど寄れませんでした。
d0056263_0522470.jpg
こっちのコは更にこの上のコほど寄れませんでした。というか速攻引っ込まれた。綺麗そうだったのに残念…。
d0056263_053418.jpg
これは…寄れたとうか寄って来た。このコは名前が不明というよりフラプッチがは名前を聞き忘れた気がします^^;
d0056263_0533859.jpg
今回ログに残ってるハゼさんの名前はこのウスゲショウハゼさんだけ。
ちょっとフラプッチのレンズには大きめな気が…。
そうそう前回書いた、貝じゃなくてサンゴ、っていうの、こっちのログに名前が書いてありました。ムシノスチョウジガイ、だそうです。で、そのムシノスチョウジガイをガイドさんがウスゲショウハゼの巣穴にコロン…と落とすと、速攻で口に咥えてウスゲショウハゼが運び出す。それをまたガイドさんが何度も何度もやるんだな。そしてそのたびにウスゲショウハゼが速攻運び出すんだな。で、だんだん運び出す距離が伸びてく。。。と思ってみてたら、またムシノスチョウジガイを運び出したウスゲショウハゼ、自分が運び出したムシノスチョウジガイが辺り一面に散らばってるのを見まわしてから、ボーゼンと固まっていました。「なんで今日はこんなに降ってくるんだ?!」って感じ?ほんとにそう思ってたのかな。お魚ってどの程度頭良いんでしょうね?イシガキダイとかは芸覚えたりするし、意外といいのかも。
d0056263_055615.jpg
砂地で何もないわけじゃなくてこんなサボテンみたいなのが結構生えてるわけですが、それに、こんなふうに結構カニさんとか
d0056263_0552571.jpg
カワハギの仲間とか隠れてるわけですが、(話は変わるけど右下でサンゴが触手?みたいなのだしてますねー)

追記)この草みたいなの、サボテングサって藻の一種じゃないかな?ってご指摘がありました(いつも皆さんありがとうございます)。サボテングサって房になって増えてくもんみたいなのですが、ここのはウチワみたいな形のが一本ずつ点在する感じで砂地から生えていました。
d0056263_23455953.jpg
フラプッチに見つかったのを察したこちらのコは新たに隠れる場所を探すべく旅に出たものの、出た先になーんにもなくて(しかもその間ずっとフラプッチにつけられてて)、結局なんか頼りなさげな藻の後ろに隠れました。こっちはフチドリカワハギのチビちゃんかな?これじゃやっぱダメ?てへっ。みたいな顔してますが。そんなとこ隠れてもだめなんじゃないでしょうか~
d0056263_0563463.jpg
突然びよーんと目の前に現れたリュウグウベラギンポ。初めて見ました。中途半端に長くてびっくり。ちょっとレンズに対して被写体が大きいけど、お初だしって無理くり撮ってみる。
d0056263_058743.jpg
こっちもちょっと大きすぎだったよね…
ツーアイドカーディナルフィッシュってログに書かれてあるやつのことだと思うんだけどまたしてもグーグル先生ご存知ない感じです(=_=;
しかし驚くほど可愛くない(^^ あんまりじっと見てると夢の中で食べられちゃいそう^^
d0056263_058378.jpg

d0056263_0591730.jpgこれはオキハギですかね、フラプッチ見たら一目散に筒のなかへ。

それを見て、その随分前からフラプッチのこと観察してたオオモンハタ(多分…)のちょいチビちゃんが、うーん逃げたほうがいいのかな?って感じで5テンポ位遅れて筒の中に避難。その今更感に笑いました。

しかも、筒が完全な筒じゃないので、逃げ込んだところで全身丸見えです。

ボクも~
d0056263_10650.jpg
お陰で最初に入ったオキハギが出られなくなって、ハタに出せ~出てけ~ってやってました。で、ようやく出てきたと思ったらフラプッチにガンつけてきた…「お前なんか、いつか大人になったら噛み付いてやるぅ~」…って、オキハギも人のこと襲うのかな?って思って図鑑見たら沖合い水深50mに生息だって。襲うもなにも会わないかも^^;
d0056263_104010.jpg
こちらメジロダコ。メジロダコってどんなタコ?って調べてたら、2005年に水底でココナツの殻を被って2本足で歩いていたのが確認されたってニュースがありました。でもって、今年の8月には、タコの8本の”足”のうち、歩行に使う”足”は2本で残り6本は腕なんだとかって研究結果も出てましたね。そのうちブログネタにしようと思ってたニュースがようやくネタにできた^^でもどれが足で手なのやら…でもってメジロダコさんって、吸盤の色が綺麗ですねぇ。
d0056263_114817.jpg
PJは砂地でこういうイソギンチャクとかあまりないのですが…直径15cm位?の小さなイソギンチャクがありました。そしたらまぁ繁盛してるわ繁盛してるわ…ミツボシクロスズメダイの幼魚にクマノミの幼魚にエビにカニまで。このカニってアカホシカニダマシかな?なんでフラプッチが名前憶えてるんだろ??(たまにはそういうこともある…って思ったらアカホシカニダマシじゃなかったりして…でも他写真で確認すると足がはさみ入れても8本しかないから合ってるかも?!♪ってそしたらそもそも「カニ」じゃないじゃん・・・←ヤドカリの仲間らしいです)
d0056263_122915.jpg
唐突ですがこちらクロイトハゼさんだそうです
d0056263_1142872.jpg
こちらは趣味の世界で^^この日1本目も撮ったブラックバンデッドデモイゼル、今度は正面顔です♪ん~かわゆい~
d0056263_13067.jpg
ろりちゃんが教えてくれたこのコ!ちびっこかったけどすっごい可愛い!!
シマヒメヤマノカミの幼魚ですね。ついこの間、大瀬崎でオトナは撮ったのですがその子供ね。うーん、もう育たないで!!って言いたくなる可愛さ。ま、オトナもそれなりに可愛いけど…
d0056263_133116.jpg
この1本ではほかに、ウミサボテン?トサカ?持って歩いて翻弄されるカニを見かけたり
2回もゼブラオクトパス(ミミックオクトパス)を見たりして、なんだか盛りだくさんでした。

…で、その2回目のミミック。
フラプッチはどうも人についていかないというか、気付くとガイドさんとろりちゃんから離れ気味になることが多いので、この時も、ガイドさんとろりちゃんが並んでいたので、追いつかなきゃ!って急いで泳いでたのです。そしたら、ほんとに唐突に、目の前どまんなかにミミック出現!!
「うっきゃ~!ミミックだぁ~!」って、今のいままで二人に追いつこうとしていたことも忘れて早速写真撮ったりしてたわけですが…
d0056263_141846.jpg海から上がったら、ろりちゃんとガイドさんが大笑いしてる。
「ガイドさんとミミック見てたら、ぷっちゃんが来てな~。これは気付いてないなって思ってみてたら、ぷっちゃん、ミミックの前で、ピタッ!と止まって、両手両足広げてうわーって反応して。そしたらその瞬間にミミックがうわぁ”~って色変わってんねん。あの色の変わり方はすごかったわ~」
ガイドさんも「ほんと、予想通りのリアクションだったね(←ミミックが?フラプッチが??)」

泳いでたら、マスクの中央も中央、ど真ん中にミミックが現れてびっくりしたんだけど、ガイドさんとろりちゃんでミミック挟んで観察してて、その間にフラプッチが入っていったんだからミミックの真上通って当たり前って話だったのね^^;

でもなー。うわぁ”~って色変わるミミック、フラプッチも見たかったぁ~。
誰かフラプッチみたいなのと一緒に潜ったら見れるんだろうか?
でも、こ~言うのもなんだけどフラプッチみたいなのと一緒に潜りたくナイ…(なんとなく)。

d0056263_152617.jpgそんなフラプッチにもこのコはノーリアクション。海から上がってみればPJは相変わらず平和でした。って海の中も流れもなくて平和だったけどね~。

***[2008年10月バリのINDEX]***
[PR]

by frappucci | 2008-12-13 10:05 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 ミミックオクトパス(ゼブラオクトパス)

PJ2本目では、2回会えました!!
もう大喜び。
思わず、自分のレンズがフィルム換算160mmということを忘れて撮る!
けど足をひろげたら結構な大きさのタコなので遠方から撮影~
撮った写真見たらどれもまっくろだった(あたりまえ)
でも、そこはデジタルの力で(^^;)なんとかかんとか証拠写真レベルに…
d0056263_22172884.jpg
フレーミングがどうもへったくれもありません。もう見たぁ!って瞬間に撮ってます^^;最近はこういう「きゃー♪」っていうのとシャッターが連動するって収まってきてたんだけど久々にそんなノリで撮ってました。
というわけで真上からショット。むしろ新しいかも??
d0056263_22184824.jpg
d0056263_22195021.jpg泳いで逃げられても撮る!!
ほんとにカレイ型になって泳いでた!!って大喜びです。

なんか足が1本短いのありますねぇ。そういうもの?食べられちゃった?



で、こっちは2回目の遭遇。
泳いでたらいきなり目の前に日の丸の赤い丸のごとく、どっかーんとミミック登場!!
ぎゃ~~~!!ミミックじゃ~!
…って今度は1回目の失敗の教訓で、今度はライトで照らしながらコンデジで撮影。
このコはどうしたわけだか、なかなか逃げようとしませんでした。
何やってたんだろうね?ってろりちゃんとガイドさんが話してました。
d0056263_22325083.jpg

ビデオも撮ったよ!
というか、やっぱり動きがへんなものはビデオがいいですねぇ~
最後に天地が逆になっちゃうけど。シツレイしました^^;

というわけでミミックオクトパス、本名?ゼブラオクトパスでした。@dive.295
***[2008年10月バリのINDEX]***
[PR]

by frappucci | 2008-12-12 20:43 | 海の生き物