トランスメディア提供アイコン01 タグ:マクタン ( 38 ) タグの人気記事

トランスメディア提供アイコン01 フィリピン航空で日本からフィリピンに出かける際の手荷物・預入荷物について

先日知人から情報提供を求まれて調べてみました。
メールついでなので、こっちにも情報アップしておきます。

Mabuhay Miles というフィリピン航空のマイレージに入った上で、60 USドルで「SportsPlus Asia」というのに加入すると、ダイビング器材のみ、20キロまで余分に預けることができます。
チェックイン時に加入が可能だと思います(支払いが成田等でドル建てで出来るか等はわかりません)。ダイビング器材だけ別荷物にしたほうが良いと思います。器材としてカウントされるものは以下の通り。
(水中カメラ入るんですね!!これはガルーダ・インドネシア航空との大きな違いです、もっともガルーダは無料プログラムですが。)

というわけで、以下荷物類に関して詳細です。
[PR]

by frappucci | 2009-12-14 21:24 | ダイビング情報

トランスメディア提供アイコン01 極悪スズメ?

水曜はお出かけ準備、木は忘年会、金・土と潜り、日曜は朝6時半に出発してなぜか両親と鴨川シーワールドへ…(12月中の無料券を貰ったから一緒に行こうといわれたんだけど他全然予定が合わなくてなぜか12/24に両親と水族館っていう運びになってしまった)。寝不足続きで疲れてます…昨日なんか8時前にねちゃったし、土曜はコンタクトはずそうと思いながら寝てしまいました。そんなわけでまたブログがおろそかに…(汗)メールも溜まってるし(ちょうどクリスマスなのよね。)
とりあえず下準備しておいた(笑)記事をあげつつ、ブログ循環etcにはこれから参ります。いつもすんません~>ブログ仲間の皆様
====

d0056263_13454344.jpgマクタン周辺にたっくさんいたこのコ。バタバタしててまだ名前調べてません。失礼…
かわいいんだけど、写真撮ってみてびっくり。ストロボ当てると、目の下の模様が、クマみたいに浮き出て、なんだか人相悪っ。って感じに…
ハゼでもスズメダイでも、大抵ストロボで浮き上がる模様ってキレイでポイント追加!って感じなんですが。。。このコの場合は減点かなぁ~(笑)

下の写真の方が光が当たってて気に入ってるのですが、背景がウルサイ。。。
世の中うまくいかないモンです。@ウミウシパラダイス、セブ
d0056263_13455075.jpg

[PR]

by frappucci | 2006-12-25 13:39 | 海の生き物

トランスメディア提供アイコン01 やれ打つな、

・・・エビが手を擦る足を擦る@ブルーウォーター、セブ[Kiss Digitalで撮影]
d0056263_21365648.jpg

d0056263_2137730.gif←こーんな感じの目元が可愛いですね~

というわけで、買ってしまいました。Canon EOS 30D + INON X-2!
カメラ・レンズも買い揃えてひと安心。
あさって進水式行って参ります!
ハウジングを早速ショップに送ってしまったので現物写真がなくて残念ですが、また後ほどということで。

もともとは、4月位までは貯金をしつつダイビングを控えつつ、ハウジングとカメラの研究をして…なんて思ってました。
でももうコンデジで撮るなら潜りたくない、ってな位一眼が欲しくて…
もともと年末は沖縄短期滞在の予定だったのですが、一緒に行く友達に自ら「別に潜らなくていいから潜れないヨーロッパでもいいよ」とか言い出す始末。

そんな停滞気味だったのですが、先週末同じく一眼検討中のるりすずめさんと一緒に水中写真器材のお店に行ったら、「X-2即納できまっせ~」っていう悪魔の囁きが。そこに更に「今買えば年末から使えるよ!!ヨーロッパに行く金があったら買っちゃえばいいじゃん!!」とるりすずめさんからの強力プッシュ。思わぬ方向からの攻撃にダメージ度いきなりアップ!更にはブロガーの皆さんのあんなプッシュやこんなプッシュ。そして色々調べれば調べるほど、…他のハウジングも今発注して2月~4月って感じとか、ハウジングやっぱX-2がいいんじゃんとかって運びになってきて状況にもプッシュされ…

ああ、もうフラプッチは四方から押されまくってアザだらけですぅ~許して神様!!
というわけでお買い上げという運びになったのです。
ボーナスなしっつうかうちの会社ヤバそう?なのに大丈夫なのかとか色々心配事もあるわけですが、とりあえずそのうち悩むことにしました。
いざとなったら…愛器オベーションというかアダマスを売ってしまうとか。…ギターなんですが、あんまり弾いてないしネコに小判だしな~。アダマスさんフラプッチの持ち物で一番高級品だったのよね。今回デジイチセットに追い抜かされましたが。

ああ、でも心配事といえば、これでもう器材のせいにできない!ってコト。
こんないいカメラ使ってて、この写真デスカ~~~?!って叩かれたら落ち込むなぁ~。
皆様どうぞお手柔らかに

「やれ打つな、フラプッチも手を擦る足を擦る」
[PR]

by frappucci | 2006-12-20 21:42 | 水中写真

トランスメディア提供アイコン01 [dive.159]ウミウシパラダイスは、イザリ&エビパラダイス!

d0056263_13582158.jpgダイブ前にドタバタあったんですが、前置きが長くなるので、まずは海の中の様子を。

エントリ早々オオモンイザリウオ。
ところが、ストロボが弱かったり、強かったり…
この写真はストロボ弱めだったのを無理やり補正(笑)青かぶりしてますな~
d0056263_13585152.jpg続けてまた黄緑のイザリ。なんか(?)の中に居てラッピングされてるみたいでカワユイ。
…が、ストロボ強すぎて色が飛んで、真っ白に。

理由を考えながら、ストロボを見ていると、なにやら見覚えのある数字が付いているダイヤルが…。2.8とか5.6とか。これって、絞り数値じゃない?!
…そういえば、大昔、ストロボマニュアル調光の場合は、絞りにストロボを合わせるって聞いたことがあるぞ。絞りとストロボ両方コントロールなんて自分には無理!って思った記憶が。
試しに、絞りにストロボ合わせてみると、いい感じ!
きちんと黄緑色にイザリさんが撮れました(ってレベル低い発言だなー)
d0056263_1359952.jpg

3本目にしてようやくこんなことに気付いたのでした。ま、最初2本はプログラムオートだったからストロボの調整のしようはなかったんですが。っつーか教えてくれよ…
そ~いや朝教わったとき、「あーストロボの後ろ部分は気にしないでい~から」って言ってたよな…

この1本ではお目当てのピンクスクワットロブスターや、ウミシダについてるエビとか、ちょろちょろ動く極小被写体を次から次へとあてがわれ…。これは強化合宿かナニカですか?!でもカメラにも慣れてきて、被写体にもかなり寄れるようになってきて楽しい。

イソコンペイトウガニも、前回の「カニはどこ」ショットだったのが、今回はきちんとどれがカニだか判るように撮れた…ま、居るところがピンクで個体が白だからわかるのかw
d0056263_143746.jpg

フレーミングも出来るようになってきました。ファインダーを覗いても、フレーム全体を見ることはできないのだけど、左端と下側、とかの2辺を見るようにして、その端と被写体の位置関係で全体のフレーミングを予想しながら撮影し、プレビュー画面で確認します。なかなか完璧に思った通りには行かないけど、端においたつもりがど真ん中の日の丸構図、という失敗作は減ってきました。一眼やってる人たちもこうやって構図決めているのでしょうか?それとも慣れてくるとファインダーが全部見えるようになるのかな?でも、mochitakeさんが、ファインダー全部見れないとイヤかどうかもカメラ・ハウジングの選択時のポイント、みたく言ってたし、見えないもんなのかも。

ちなみに、今回掲載の写真、全てトリミング皆無または殆どなし。人間やってみると出来るようになってくることもあるもんですなぁ
d0056263_1441183.jpg

今回は特に深くも行かなかったので油断していたのですが…ダイコンを見ると、なんとデコまでカウントダウンあと2分!ぎょへー!一本目で同行のみんなから結構怒られたのに今回まだ出すわけにはいかないよ~!と即座に深度を上げました。

後から思うに、なにも海底に沿って深度をあげなきゃいけないルールがあるわけでなし、浮上時みたく垂直に上がって中層に出ちゃえば良かった?結構頑張ってせっせと泳いでいくものの、なかなか深度が上がらず、とうとうデコ突入。そしてどんどん時間が加算されていく…その早いこと早いこと!

後日ショップのオーナーYさんは「みんな、デコが付くからって、いきなり深度あげたりするけど、そのほうがよっぽど身体に悪い。デコの時間が加算されて行っても、ゆっくりとあがっていくべき」と言っていたので、まぁ垂直に浮上しなかったのは正解なのかもしれないけど…減圧停止深度に入ったときには既に10分以上のデコが~(汗)。1本目の時は6mまで深度上げてからまだ写真撮ったりしてたけど、今回は最初から諦めて、ひとり寂しくアンカーロープに捕まり、おとなしく減圧停止。つい数メートル下では皆が遊んでて、なんだか罰ゲームみたい。

コイツはちょい構図とりに失敗…だけどヘンなウミウシだから載せちゃいます
d0056263_14531.jpgで、おとなしくしてるのに、デコがなかなか消えない。他にやることもないので、じーっとダイコン見ながら、1分ってこんなに長かったっけ?と首をひねっていると、常連さんが近づいてきてスレートに「3mまで深度を上げたほうが早く消える」と書いて教えてくれました。なんでも同日3本目でデコを出したときには、デコが消え始める深度も浅くなるとか、色々勝手が違ってくるらしい。それまで5mに居たのを3mまで上げました。しかし、それじゃ、何分、ってダイコンに出ているのは、何分っていう意味じゃないってことなのかな?!不明です。

でも罰はこれだけじゃ済まなかった
船にあがると、同行のみんなやガイドさんから「今日は4本目のセルフはナシね」と最後通告。がーん…!!!!

暫くショックでふらふらしてましたが、ふと気付いて「フラプッチ置いて3人で行ってくれば?」と言うと、「あたしたち、別に4本目行きたいわけじゃないから。プッチちゃんが行きたいなら付き合うかって程度だったから、別にいーよ。」
ひええ?どうして潜れるチャンスがあるのに、別に良いとか言えちゃうの?!
しかも、フラプッチ的にはこのセルフを一番楽しみにしてたんだけど…
やっぱしデコでちゃったことが悔やまれてなりませんでした…
流石に反省したのか、翌日以降はデコなしでした(幾らなんでも当たり前?てか反省ポイントが違う?)

でもね。数日前、ピンクスクワットの写真を載せたときアラックさんから「ピンクスクワット発見者はダイバーで、減圧症で体調を崩した」って話を聞いたとき、
フラプッチは「一度せぬバカ二度以上するバカ」だったけど、死ぬまでバカが治らない、ってことにはならなくて(って、治ったのか、バカは?!)良かった…と思いました。
今後も(「は」?)安全潜水に勤しむべしと心に誓った所存であります!

潜水前のお話
[PR]

by frappucci | 2006-12-14 14:35 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 ニコンの色?

次のダイビング日記がなかなかUPできないのは、異様な大作になっているから。
なんとか文章を短く…と心がけるのですが、なかなか難しいです。

文章書くのに疲れると、画像のチェックや、リサイズ・補正なんかしたりしてます。
で、この写真。セブでの2日目の1本目に、一枚だけ撮ったチョウチョウウオ。2日目ともなると少し慣れてきて、フレーミングとかも意識してコントロールできるようになってきたかな?
d0056263_23372125.jpg

これ見ながら、ふー、やっぱし色がいいねぇなんて思ったりして。
いまだにカメラもハウジングもまともに検討していませんが。。カメラとして選びたいのは、なんとなーくキャノンかな?AF速いの良いし、…Nikonっておじさんってイメージあるし~(って結局そんな理由かい?!)

でも、好きな水中写真撮ってるひと、Nikon多いのよね。あべさんとか、mochitakeさんとか、osakanadoriさんとか…みんな、色合いが良いと思うのです。
kenyuさんとかkazuさんとかの写真も好きだし凄いと思うけど、ちょっくら派手…おふたり共、人となり(?)が派手というか、きらびやかだから似合ってると思うけど、フラプッチは人間が地味だからなぁ。やっぱしフラプッチは、ちょい地味が良かったら、Nikonかなー

とか思ってから、よく考えたら。。。
この写真はCanon(Kiss Digital)で撮ったんだった。
…要はやっぱしどっちでもいいんじゃんってことですか、区別ついてないし(笑)
おかしーなー、jpegで撮ったからRAW現像したわけでもないのに。。。(汗

でもって、今、上に挙げた”水中写真家”の皆さんとは、海でご一緒させていただいたんですよね。いい人たちと潜らせてもらってるなぁ、フラプッチ。幸せモンですわ。
[PR]

by frappucci | 2006-12-13 23:40 | 水中写真

トランスメディア提供アイコン01 ピンクスクワットロブスター

かなり前の話ですが、「ピンクスクワットロブスターは、ミズガメカイメンの表面のヒダのくぼみの、太陽と逆側(影側)の下のほうに居る」というのを知って、なんちゅー名前だって思った記憶があったのですが、その時には写真が見つからず…とうとうご当人と対面できて嬉しかった。
…その後何度も会ったので、なんか有難みが減っちゃったのですが。(笑)
d0056263_14103436.jpg

d0056263_14111160.jpgロブスターって言うから、ロブスターのちびっ子版を想像してたのに、なんだか見た目は…。
甲羅のところが枠組みだけなのに、枠組みの中からも白い毛がぼーぼー生えてる不思議なカニって感じ。

これも、ダイビング#159からの写真。3本目でカメラに慣れてきたところだったので、撮れて良かった~(^-^)/
…とか言いながらこっちの写真はちょい厳しいですが~枠組みが良く見えるかと思ってUPしちゃいました
d0056263_14112027.jpgとっても小さい!しかもよく動く。肉眼で確認して、ファインダーに目を移すとどこにいるかわからなくなってまた肉眼で確認して…というのを何度もやりました。こちらまだ寄りきれていない1枚目のショット。

普段暗いところに居るので、明るいところに連れ出されたり、ライト当てられるのは落ち着かないみたいでした。
[PR]

by frappucci | 2006-12-12 14:18 | 海の生き物

トランスメディア提供アイコン01 鋼鉄色のバサラカクレエビ?

セブでのダイビング日記#159から写真先取り。

今回のセブは、ガイドのDさんがエビカニ好きなのか良く見つけてくれたので、エビカニ沢山撮りました。
現地でログ付けなし&エビカニ図鑑持ってないので名前がわかりませんが、多分バサラカクレエビかな?バサラカクレエビは目が尖っているそうで、違う気もしますが…

ウミシダもエビも、不思議な色です。モノクロ写真に、オレンジでアクセントをつけたみたい。…というか、写真というより絵みたいに見えるような。

d0056263_14384526.jpgウミシダの中にいる生物はなかなか撮り辛いですが…ウミシダの下、足(?)のあたりに指示棒を差し込んで、下からトントン、と軽く叩くと、ウミシダの腕がゆる~りと開いたりします。ウミシダの種類にもよるのかもしれませんが、試すときはいじめない程度にネ。

指示棒ない人とか落としちゃった人はこれを機に買ってみる?
フラプッチは、以前同行したダイバーさんに教えてもらって、テントを張るのに使うペグを使っています。安くて良いです、1本100~200円ぐらい。こんなヤツね

ところでバサラって何?と思ったので調べてみました(出典:むかしの大辞林)
婆娑羅 〔「ばしゃら」「ばしゃれ」とも〕華美で派手な服装をしたり、勝手気ままな振る舞いをすること。また、そのような行い。

派手な服好きで勝手気まま系な友達が居るのですが~、彼女を今度からバサラちゃんって呼んであげようかな?(^m^)
[PR]

by frappucci | 2006-12-11 18:53 | 海の生き物

トランスメディア提供アイコン01 ろぼこん

ロボコン(アナモリチュウコシオリエビ?毛が青いのね、そういうもの?)@アナポグ、セブ柏島の雪辱果たすべし!と頑張った割には、撮影中良く見えなくてピントが甘くなってしまって残念。
d0056263_19513245.jpg

[PR]

by frappucci | 2006-12-10 19:53 | 海の生き物

トランスメディア提供アイコン01 [dive.158] アナポグではストロボにもカメラにも嫌われ…

今度はなんとかエビを見るためとかでサイダイスイシン27m。またもや深く行くのねぇ。
でもお目当てのエビは…可愛かった♪けど、ピントがあわない…のは自分のせいだとしても、ストロボが光らない!!5回に1度位しか発光しない。結局エビさんはガイドさんのライトだけでしか写真が写ってませんでした(泣)

追記)ゴルゴニアシュリンプですね!マクタンではよく見られるようです。
d0056263_13594969.jpg


ここでしか出せない写真大放出なのだ!
[PR]

by frappucci | 2006-12-08 18:27 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 水面休息であわやオープン・ウォーター?[dive.157と158の間]

セブでの1本目が終わるとフラプッチ以外はボート上で水面休息…
d0056263_1158798.jpg移動する気配がないので、シュノーケルしていい?とガイドのDさんに尋ねると、「潜らず水面で浮くだけにしてね」との答え。そうそう、ダイビング後は、浮上と潜行を短時間で繰り返すスキンダイビングは身体によくないのよね。以前それに気付かずやってしまったことがあったけど…

d0056263_11591011.jpg海底は…なにやらもしゃもしゃ沢山生えてます
「じゃ、行ってきます!次のエントリ時間は?」と聞くと「まだ決めてない」。「…(汗)」
「…じゃ、遠くには行かないから、決まったら呼んで。」とお願いして、シュノーケル開始。
ボートから陸までは距離もあまりなく、陸のほうに行くとかなり浅くて、水底のサカナなんかも観察できて楽しいのです。でもやっぱ水面に浮きながら小魚の写真は無理ですな。

d0056263_11592098.jpgこのクラゲ、後でダイビング中にも似たの見ました。色が白だったり、青だったりしましたが。違う種類なのか、色彩変化が激しいのか…?結構でかいのですが、シュノーケルだと位置取りが上手くコントロールできなくて近付きすぎて、刺されたりして?ってちょっとびびりました。この写真、トリミング無しです。

d0056263_11593022.jpgそのうちちょっと飽きると、masayonextさんに足の付くところで立って撮るんだよと教えてもらった半水面写真に、果敢にも?立ち泳ぎでトライしてみたり。
…見事にどこにもピントがあってない写真が出来ました(笑)
あ、数十センチ先の水面にピントあってるか。
d0056263_1202258.jpgちなみに今回のショップのボートは、セブでは一般的なアウトリガーというタイプ。船の両舷に平行して水面ぎりぎりのあたりに細い丸太が置かれる形になり、どちらかに極端に傾くのを防ぐ(んだと思う)形で、揺れが少ないのだそうです。

d0056263_1205071.jpgで、気になったこの銀色の丸いヤツ。お風呂に入れるバスオイルみたい?ちとでかいですが(直径3cm位)ビルバインさんに聞いたら、「藻だよ。中は気体だけど、凄く堅いよ」と教えてくれました。
…ま、別にこの玉だけじゃなくて、周りにあるモノも全部何か知らないんですけどね。え~、…珊瑚ですわね?
追記)ちなみにこの藻、「オオバロニア」と言うのだそう。結構大きいくせに単細胞なんだって。だいばーさん、情報ありがとうございます~

いつも色々な人に、体力あるねぇ。といわれるので、一応書いておくと、体力温存のため、殆ど泳がず水面に浮いていました。きっと水死体みたいに見えたに違いないw

そして、ボートから呼び声が…なにやら焦っているっぽいので急いで戻りました。

後でビルバインさんが、「いきなり船を出発させようとしたから、慌てて止めたんだよ。もうちょっとで置いてけぼりだったよ!」と教えてくれました。
げ、ゲスト7人とガイド1人しか乗ってないのに!てかシュノーケルする前に言っておいたのに(汗)今回グループではなく、ひとりで参加してたら置いていかれてたのかも。

とりあえず、オープンウォーター@セブにならなくて良かった…
(ま、陸地に上陸は余裕で出来そうだったけど)
[PR]

by frappucci | 2006-12-08 12:02 | ダイビング旅行記