トランスメディア提供アイコン01 タグ:タイ ( 27 ) タグの人気記事

トランスメディア提供アイコン01 [dive.398] 再びレック!フラプッチはお魚救出作戦失敗

バナナビーチでの昼食後、再びボートに乗り込んで海へ。
d0056263_17491171.jpg次は、1本目にみんなが行ったサンゴのポイントだと思ってたのですが…
後で聞いたらこれもレックだったらしい^^;
どうりで柱とか一杯あると思ってたんだよなぁ~
ポート交換しちゃってマクロセッティングになってるんで、コンデジ大活躍です^^;


なんだけど。
エントリするなり、釣り針にかかってるロクセンフエダイ4匹を発見。
釣り糸には錘も付いてるので逃げるに逃げられない。
それでいて、釣り上げられることもないなくて、このまま死ぬしかない…、なんて残酷だぁ><

一応ビデオを撮ってみてから、ガイドさんと2人で釣り針をはずしにかかりました。
でも、返しがついてて、口に引っかかって釣り針が取れない(;_;)
魚も怖がって逃げようとするし、下手にそうやって体力使うともっと消耗しちゃうよ!
結局、フラプッチは1匹も外せなくて、全部ガイドさんにやってもらいました。
でもまだみんな、針にかかったばかりなのか結構元気。
最後の1匹が元気に泳ぎ去るのを見届けて、2人で水中で握手。
釣り針と錘は回収しました。


d0056263_1752552.jpg一眼はマクロなので、もちろん1匹1匹のお魚撮っても良いのですが…
ここのポイントは魚影がエアクラフトパークより更に濃い!

海が黄色くなってて、視界の中に海水の青いのが見えなくなることも多々ありました。泳ぎ去っても泳ぎ去っての続いてくる群れ…一体何万匹居たんでしょう?
なんか海が黄色いです。
あまりの群れと透明度で、レックの全体像がつかめませんっ。

で、これ、ひとつはヨスジフエダイ Bluestripe Snapper Lutjanus kasmiraの群れかと思ったら、良く見るとロクセンフエダイみたいですね。黄色くて青いタテスジはいってるお魚は全部ヨスジフエダイかと思ってた^^; やっぱ図鑑は見てみるもんですなぁ

で、ロクセンフエダイ。和名では六線なのに、英名だとFive-lined Snapper Lutjanus quinquelineatus
…英語(と、たぶん学名でも)になると線が減っちゃうんですね^^

もうひとつ目立った群れは、キンセンフエダイ Bigeye Snapper Lutjanus lutjanusかな?


ビデオでもドウゾ!飽きなければ全部見てもらっても構わないですよん^^どれも同じようなもんかもですが。






d0056263_1755399.jpg大きいフグも多かった、またしてもネズミフグ Porcupinefish Diodon hystrixですかね。

d0056263_17555711.jpgヒトヅラハリセンボン Black-blotched Porcupinefish Diodon liturosusもたくさん居ました

で、英名のPorcupineはヤマアラシのことみたいです。ヤマアラシ魚っていうのね。でもハリセンボンはBalloonfish(風船魚)らしい。?

d0056263_17561392.jpgいや~ん、来ないで~。ってこっちをチラ見してます

2匹とも頭かくしてお尻隠さず状態なのが^^


いやそうです。。
d0056263_1844831.jpg
d0056263_17564037.jpg
アイゴの仲間はいつ見ても気色悪い顔立ちだなぁ(失礼~^^)

ま、折角マクロも持って入ったんでマクロ写真もね♪
d0056263_17574412.jpg
ピタっと、な♪(←どこがマクロ写真じゃ~!)
d0056263_17582193.jpg
いや、きちんとまたスズメも撮りましたよ。…群れのなかのとか。
d0056263_17585867.jpg
d0056263_1759172.jpg
どこの海で遭っても逃げないハタタテサンカクハゼ Fusigobius longispinus(かな?)
d0056263_185542.jpg
フラメンコの衣装みたいにヒラヒラで綺麗なウミウシさん
d0056263_1864834.jpg
ガイドさんが綺麗な貝みつけたなぁって思ったら、なかからヤドカリが出てきてびっくり^^
綺麗なお家で良いねぇ
d0056263_1874741.jpg
あともう適当に時系列で(っていつものことか)
サザナミヤッコの幼魚かと思って撮ってたんですが図鑑で見ると、尾びれの色がこんなに白っぽくないのよね。ワヌケヤッコ Blue-ringed Angelfish Pomacanthus annularisのygでしょうか?
d0056263_1891235.jpg
もぉ調べるのめんどいのでとりあえず写真だけ~

追記)と思ったら早速ご指摘あったので調べました。口の周りがオレンジじゃなくて、しっぽの先まで体と同じ柄なので、Indian Toby Canthigaster solandriかと思います~
「日本の海水魚」にも出ててびっくり!と思ったら、「キタマクラ属の一種」となってました^^;
d0056263_18154124.jpg
これは確かバリのムンジャガンで若魚を撮ったおさかなの成魚かもって思って撮ったんですが、名前はまたそのうち~(ブログに書いてあるハズだけど)

追記)ヨコシマクロダイ?ってご指摘あったので調べましたが、確かにバリで撮ったのはヨコシマクロダイの若魚だけど、成魚はこんな顔じゃないみたい。顔つきは似てますけどねぇ~
Whitecheek Monocle Bream Scolopsis vosmeriかな?
d0056263_18165112.jpg

d0056263_18171988.jpgこれも見た覚えがあるような無いようなって感じなので撮ってみたんですが、どこらへんのお魚と親戚なのか見当着かないので、とりあえず写真だけ載せときます

追記)kaonoiさんから、キハッソク Doublebanded Soapfish Diploprion bifasciatumかな?ってご指摘。そんな気がしますぅ~ありがとうございます!!ハタ科のお魚ですが同じ属のお魚が図鑑に載ってない…って、ソープフィッシュなんだ!!怖いよ~><(ソープフィッシュって、ヌノサラシとかがそうなんですが、水槽とか入れてて死ぬと水が泡立つ毒成分を皮膚から出して、水槽のお魚道連れにするっていう…。泡立つのでソープ(石鹸)フィッシュなんですね)。

しかしまぁ良く数撮ったなぁ
d0056263_18184419.jpg
フサカサゴ??
d0056263_1820195.jpg
なんだか力みすぎちゃって魚に逃げられそうなエソさん。写真撮ってる時のフラプッチそっくり?!
d0056263_1820434.jpg
ひ~、写真もビデオもいっぱい!!おつかれさまでした~。
[PR]

by frappucci | 2009-05-09 18:30 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 バナナビーチでのタイごはん

追記)kaonoiさんのブログによると、ここはムスリムの料理人で料理は完全なタイ料理なんだそう。
そういえば、ここで2回食事したけど毎回最後にフルーツが出てきて感激☆でした。
お手洗いは、バリで覚えた技があるので~。でも、暑くて汗かくからか、あまりいきたくなりません。
水分補給は持参のスポーツドリンクで常にちょびちょびしていましたが

-----
この日1本目のダイビング日記が長くなったので、昼食分は切り出して。
昼食はバナナビーチに上陸しました。
このビーチは、陸からは直接車で来ることが出来ず、森を歩いてこなければならないとのことで、主要なアクセス手段は船。なので空いていて静か^^ パトンからすぐのところなのに、随分違います。こういうのんびりしたビーチ、いいなぁ。
d0056263_18555062.jpg

なのに、タイ料理屋さんがあって(写真左手のテントみたいなのがそうらしい)、お昼にはきちんとオーダーを取りに来てくれます!ガイドさんが適当に見繕ってオーダーしてくれました。
d0056263_1855595.jpg

お陰で昼から美味しいタイ料理♪と言っても、ゲストはヨーロピアンが主なので、クセのあるものはオーダーしなかった模様。確かこのときのお魚は、シーバスって言ってたかな?から揚げにしたものにニンニクのみじん切りをから揚げをトッピング。イギリス人が、「この魚の美味しさ、タイはやめられないねぇ~!」って大喜びでした。ん~フラプッチ的にはお魚はやっぱり日本が美味しいと思うなぁ^^ でもタイ料理は美味しいですね♪
しかし、タイでダイビングだと、合間のご飯がたいてい美味しい気がする。タイ人自身がご飯にこだわるから、とかあるのかな?ごはんがおいしいのはやっぱ重要でしょ!って思ってそう、というか。。。
d0056263_18562164.jpg

このときはギリシャ人が、「自分はダイビングの合間には食事はしない主義」ってことで結構食べ物が余った…のでその分美味しく戴きました♪でも確かに本当は、減圧症対策としてもダイビング2時間前以内の食事はあまり良くないみたいで、フラプッチも復帰してから暫くは、同じように昼ごはんはスキップしてました。最近はあるだけw食べてますケド。

1本目、他のチームはサンゴが綺麗で”小魚”が多い、トロピカ~ルな海に行ったとのことで、それ聞いてせっせとハウジングをワイドから60mmにレンズ・ポート変更してたのですが…よく考えたら次のポイントはそこ行くと思い込んでて聞きもしなかったのよね。で、オチとしては次もポイントは違えどレックだったのでした^^;
[PR]

by frappucci | 2009-05-08 18:56 | ダイビング旅行記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.397] 憧れのエアクラフトパーク!

リクエストがあったので、唐突に先日のプーケットでのダイビング日記。エアクラフトパークです!
kaonoiさんのブログで読んでから、是非行きたい!って。
いやぁしかし、ここにたどり着くまで長かった^^
d0056263_2356860.jpg

プーケットのパトンビーチより北、バンタオビーチ沖に2008年11月オープン(?)の新ポイントだそう。水底20m地点に、2機のヘリコプターを中心として、南北東西にベトナム戦争で使われたらしい飛行機4機が、その間に更に4機のヘリコプターが円状に並べて置いてあります。
以下kaonoiさんのブログから引用
======
沈めてあるのは C-47 Skytrain (または Dakota)という軍用機で
民間用では DC-3という名前でよく知られている
======
いやぁinformativeで素晴らしい^^
d0056263_2358416.jpgこちらの写真は当日、水中マップを描いたスレート。フラプッチの希望は、ワイドで入るため、ガイドとワンツーマンでのダイビング。なのですが、タイ人のガイドさんもここは初めてとのことで(か実は途中までその人も客だと思ってたし)、スレートに地図描いて作戦練ってたのでした。結局コンパスや地図見ながら潜水時間と深度も管理してたので、気分的にはバディ潜水だったかな?ガイドさんはしっかりガイドしてくれましたが。ついでに良いモデルになってくれました。ただ、かなり長身な人なので、飛行機が小さく見えちゃって^^;

d0056263_0131969.jpg

船に乗り込む前。タンクにBCセットして担ぎ込みます(流石に担いでボートに乗せるのは男性陣がやってくれましたが…ヨーロピアンはこういう時、男性は良く動きます、女性は見てるだけだね^^)。タイでこういうダイビングってほとんどやったことなかったのでなんか新鮮^^
マリンパークとか、ラチャヤイ・ラチャノイ・ピピ島あたりは何度も行ってるので、今回はプーケット島のビーチでのダイビング、特にハイシーズンしか入れないポイントに行きたかったのです。いやぁ希望が叶って良かった^^
d0056263_23592968.jpg

フラプッチ、レックとか好きなのよね!子供の頃はあまり外で遊ばなかったけど、小4の時はクラスの男子2人と良くマンホール探検してました。出口予定のマンホールがロックしてあって、退却~!とか。男2人が怖いって言うんで、「じゃぁあたしが!」って、たいてい先陣切って突入してた気がする…。マンホールから出た先がヘドロ川で、1人が川に落ちてヘドロに沈むのを2人で木の枝で助けたり…今考えると子供って怖い^^;…ちなみにコレ、親には話したことありません、、、
まぁとにかく、レックとか洞窟とか、ちょっとした探検みたいでワクワクしちゃうのです。

いってきま~す!
d0056263_23595628.jpg

ロープ沿いに、潜降~
いやぁしかし、ここにたどり着くまで長かった~(繰り返し。。。)
d0056263_0434771.jpg

まずは当初クルーズと共にプーケットでのデイトリップ全日程お願いしていた日系ショップD社へリクエスト。すると、「個人的には興味がある」としながらも、微妙なお返事が。

「ベトナム戦争で使用したものを、なぜプーケットに沈める必要があるのか?ということで、利権と政治の香りがプンプンしていましてこのままお蔵入りになる可能性もありますね(中略)当店では調査を含めて、安全(ボート、アクセスなど)においてもきちんと確認できない状態でツアーを開催いたしません」

…一見、責任感ある意見に聞こえるけど、もう既にオープンしてるポイントなのでこのままお蔵入りってのも変だし、潜ってるショップが現実にあるのに安全性に問題があるっていう言い方は?でもまぁ、現地で色々な人と話した感じだと、このかたはいつもこんな感じの口調なんだそうなんですが。でもって、安全性とは別に、ポイントまでのアクセス・ボートが手配できる確証がないのでは確かに行けるって約束はできませんってことなら、そりゃそうでしょうって感じですけどね。
d0056263_061974.jpg

d0056263_065437.jpg…っていうか、潜ってみた今となっては、プーケットからデイトリップで良く行く、巨大タンカーの沈没船、キングクルーザーのほうがよっぽど流れも強くて透明度も悪く、深くて崩壊しかかってて危険なような…?

まぁとにかくその日系ショップD社でのデイトリップは一旦予約してお金も払ったものの、最終的にはタイに行く前日に全日程キャンセルになった(というかキャンセルさせられた?)ので、事前にOK貰っててもキャンセルくらって行けなかっただろうけど。

ちなみにキンクルは、当然ながら2年半前より更に崩壊がすすんでて、知人のガイドさん曰くオススメしていいか微妙ってことでしたったので、行くのはやめました。何度も潜って堪能したしね(そもそも当時何度も行ったのは、そろそろ危ないって話があったからなんだけど)。

でもって飛行機の中、特にコクピットへの扉は狭くて、ワイドセット構えたままだと支えます^^←当然か
体格の良い軍人さんがこのドア通ってたのかと疑問を感じるくらいでした。


d0056263_081464.jpg

というわけでエアクラフトパーク行きはプーケットに到着後に模索。
別の日系ショップでローカルのビーチに出せるボート持ってるところに相談したところ、そのボートが現在修理中で、修理完了日はマイペンライ♪…なので多分無理だし、ほかにエアクラフトパーク行くショップは思い当たらないとのこと。
d0056263_085467.jpg

ここでkaonoiさんにヘルプの連絡^^;いや~グローバル携帯って便利ですねぇ。電話代は気をつけなきゃいけないけど(2月のバリでの電話代は3まんえん以上だった…><;)。
前回プーケット行った時はフラプッチの携帯は使えなかったんだけど、サービスエリアとして復活してて今回は携帯が使えました♪

d0056263_010488.jpg

kaonoiさんにプーケット在住のフリーランスの方2名を紹介して貰い、お2人にご連絡。お2人とも、たまたまその日は別件が入ってしまったので直接はご案内出来ませんが、と言いながらも、別のガイドさんやショップさんを紹介してくれて、英語になってしまうから一応、と、わざわざ事前のブリーフィングまでしてくれて、潜った後にもご満足戴けるダイビングとなりましたでしょうか?とフォローのメールをそれぞれ戴く…っていう親身なご対応、ほんとお2人にもkaonoiさんにも感謝・感激でした。ほんとにありがとうございました!渡航前日になって支払い済みのダイビングを一方的にキャンセル言い渡して来たショップとは偉い違いだ^^;まぁ…それだけフラプッチがイヤだったんでしょうが。そこはお互い様かな^^;
d0056263_0102016.jpg

結局、最後にフリーランスの方からご紹介いただいたタイ人のガイドさんから、更に他のタイ人のガイドさんを紹介されて、晴れて当初の希望通りに、エアクラフトパークでマンツーマンダイビング♪しかも、この日は他に誰もポイントに入ってなくてポイント2人占め(^^)v

…で、透明度は噂より更に悪く、別にワンツーマンじゃなくても写真的にはなんの影t響もなかったかもですが(爆)つかポイントに何人入ってようが見えなかったかも^^ あ、でも、人が入ったら巻き上げで更に透明度が落ちたかもなぁ
d0056263_093658.jpg

それにね、ココに入れただけでもラッキーかも。このポイント、プーケット西側のポイントなので、ハイシーズンでないと波が高くて入れない可能性大なのだそうです。今年はプーケットは、例年よりもローシーズンに入るのが早そうな雰囲気で、3月半ば過ぎぐらいから夜になると激しく雨が降ったりしていたので(通常ローシーズンに入るのに天気が不安定になるのは4月半ば位かららしいのですが少し早かったみたい)、ちょっと心配してたのです。
でまぁ、写真は挫折中だったので、気軽にパチパチ撮りながら、透明度はあまり関係なく楽しめました^^
でもさぁ、既に物凄い魚影なんです。これ透明度良かったらお魚多すぎて目が回ってたかも^^
って、実は、魚影はこの次に行ったポイントがもっと濃かったのですが。
で、この群れはヨスジフエダイと…あともうひとつの大群はなんでしょうね?
d0056263_0104171.jpg

で、事前のブリーフィングではD3が一番大きくて見応えあるとのことでオススメされてたのですが、他のヘリコプター等とロープでつながっていないとのことで、え~とどうしたんだっけなぁ、ブイからD2に回ってD1であがったんだっけな?やっぱこういうのすぐ書かないと忘れちゃいますねぇ^^; で、写真も飛行機と飛行機の合間に何も撮らなかったのでどれがどの飛行機・ヘリコプターだかわからないし。ま、記録しに行ってるんじゃないし、楽しかったからいーでしょ。

こういう、自然の海で人工物におさかなってシチュエーションもなんか不自然で好きです。
d0056263_0113251.jpg
d0056263_0114966.jpg

前日は、同行のりさっちのプーケット最後の夜!ってことで、クルーズで一緒になったイギリス人も交えてみんなでご飯&バー。バーではりさっちがおかまちゃんとダンスしたりして大いに盛り上がりました^^
でもそれで睡眠不足気味なのと、クルーズ後ということで、ボトムタイム30分で切り上げました。ガイドさんが、ええ、もう上がるの?って反応だったけど、昨日までクルーズだったからってスレート書いて。ダイブタイムは短かったけど、堪能できたから良いのです♪ながけりゃいいってもんでもないかなって
d0056263_0135467.jpg

う~ん、文章も長いけど写真も余った。ブログに載せたい良い写真が多いというよりは、どれも似たり寄ったりで選べないのでみんな載せちゃえ!っていう感じなんですが。
d0056263_0145337.jpg
追記)スズメダイ探してたら見つからずはみ出した図鑑のページで見つけました>< ゴマアイゴ Golden Rappitfish Siganus guttatusですね^^
d0056263_0152833.jpg
d0056263_0155056.jpg

なんかへこんでる飛行機も。ベトナム戦争・・・で、ってことは実際使われた…んだよね?
d0056263_0162413.jpg
なかが散らかってて何かしらひっかけてしまいそうな飛行機の中には入りませんでした。←そいえば昔キンクルでもあちこちぶつかりそうになってガイドさんに何度も助けてもらったなぁ
d0056263_0183549.jpg
しかしほんとに魚がすごい。
d0056263_0192184.jpg
これで透明度が良かったら偉いこっちゃって感じだっただろうなぁ~
d0056263_0193926.jpg
d0056263_0195692.jpg
いちいちピースするのは、フラプッチが日本人だから??
d0056263_0203478.jpg
この穴はヘリコプターの羽がついてたところでしょうか?
d0056263_021832.jpg

こちらも事前ブリーフィングで聞いていたとおり、新しいポイントなのに、すでにびっしりとブイにつながるロープに貝とかついてます。素手だと危険なのでグローブ用意しますって言われてたんだけど、人から人へ受け継がれてく間にその話は抜けてたみたいでグローブは渡されませんでした。自分で持って行ってたからいいけど。透明度が悪かったり、流れがあるとローブ沿いに移動となると思うので、ここ潜る人はグローブもって行った方がいいかもです。
d0056263_0213233.jpg

d0056263_0214481.jpgしかし、船はフラプッチ達2人をここに落とした後、別のポイントに向かったので、水面でボートを待つ時間が長かった。ガイドさんは気を遣ってか、まだ来ないね~って何度も言ってましたが、もともと先にポイント着いて落とされて他行ってたのわかってたから想定済みだったし、お天気も良いからぷかぷか浮いてるのも気持ち良いし♪待ち時間も特に気になりませんでした。ダイビング自体楽しかったしね♪あと、ブイの周りにも結構生き物が^^

改めて、このポイントに来るまでにお世話になった皆様に、お礼申し上げます。ありがとうございました!
[PR]

by frappucci | 2009-05-08 00:57 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 ところで今日は

「飼育の日」だったそうです。4/19でシイク、ですか
日本動物園水族館協会の創立70周年記念事業として、今年新たに制定されたそう。
日曜日でもあったので、各地の水族館や動物園でイベントがあったようですね。行きたかったな~。

ダイバーの中には、自然が一番、水族館なんて邪道!って人も居ますが、皆が皆潜れるわけではないし、基本的には教育施設としてやはり大切かなって思います。水族館での発見や研究が実を結ぶこともありますしね。

読売新聞によると、日本動物園水族館協会に加盟する動物園や水族館で飼育員をしている人は3千人で、「近年、動物園や水族館を訪れる人が増えている」のだそうですが…
飼育員さんは人気職業で(全国で3千人定員じゃ、狭き門ですよね)その分条件があまり良くない傾向があるみたいだし、かつ子供が減っている今、どこの方とお話しても「ウチは苦しい」っていう声ばかり聞こえてくる気が、、、?がんばれ飼育員さん♪

写真は一番最近行った水族館、プーケット水族館から。一応、水槽に入ってる感じの写真をピックアップしてみました。って日本動物園水族館協会に加盟なんか全然してなさそうだから飼育の日に関係ありませんが。
d0056263_23494316.jpg
こんな魚みたことない…と思ったら、cross breed cichlidとあったので、混血種?

d0056263_23575226.jpg解説版タイ語で読めないけど、Flower Hornとも書いてありました。解説版でアルファベットで書いてあったのはこれだけ。シクリッド科(カワスズメ科・Cichlidae )って淡水魚・汽水魚のかなり大きなグループのようで、ペット屋さんで人気のエンゼルフィッシュなどもこの仲間だそうです。ときにここの水族館は淡水魚と海水魚コーナー分けしてなかったっぽくて、なんか不思議でした。大体どこの水族館でも分けてあるんだけどね?というかむしろ配管とか面倒ではなかろうか?
いやぁ解説版は撮って帰るもんですねぇ、コブダイとかの仲間かと思ってました^^;ってシクリッドはスズキ目ベラ亜科でコブダイはスズキ目ベラ科タキベラ亜科でベラはスズキ目ベラ亜科ベラ科だそうで??う~ん(@~@)めがまわってきた

ちなみに、ブログの文章かいてたらシイクの日を1分違いで逃したみたいです。。。なんか昔もこんな感じのことがあったような?
[PR]

by frappucci | 2009-04-20 00:00 | つぶやき。。。

トランスメディア提供アイコン01 何かの信号?

久しぶりのプーケット、久しぶりのラチャヤイでした。
気付くと、白人ダイバーが何かの信号を送ってる?!
どうしたんだろう?

…暫く見ててそうだった!って気付きました。
ここはプーケット。
ヨーロッパとかから年に1度のバケーションで来る人とかが多いのです。
そういう人たちの中には年に数本しかダイビングしない人も多い。以前プーケットから乗ったデイトリップ船ではフラプッチだけが経験3桁、他のお客さんの殆どは10本とか20本とかだったことがありました。

というわけでこのダイバーも普通にダイビングしてるだけなんでしょうね。
ちょっと久しぶりに見たので驚いちゃいましたが、こういうダイバー、結構居ます。近付くと/近寄ってこられるといきなりビンタされてマスク飛ばされます(経験済)ので注意が必要です^^

しかし、昔のダイビング日記を自分で読み返すと結構面白い^^
ビンタ・マスクぶっ飛ばされ事件のことは該当日記に書いてないなぁ。当時は読むはずもない「Aちゃん」に遠慮して書かなかったのかも(^^ Aちゃん、パニック起こしたのでフラプッチのダイビングも中止させちゃって…って酷く落ち込んで帰っていったから…あの後ダイビングは続けてるのかな?

今日はたまたま友達から借りたPADIのダイブマスターの教本を読んでました。別にダイマスになるつもりがあるんじゃなくて、とあるイントラさんから昔、安全管理について勉強したかったら読んだらいいよって勧められたことがあったので。そこに「今この勉強をしているあなたはレスキューダイバーとして・・・を知っています(PADIの教本の日本語って英語ノリで楽しいよね)」みたいな記述が結構あって、…だ、ダイマス以前にレスキュー復習したほうがいいかもって焦ってました。レスキュー取ったのなんてなんだか遥か昔と思うけど、日記読んでると記憶がよみがえるなぁ。取得直後のファンダイビングでビンタ・マスクぶっとばしAちゃんの世話をさせられ(?)て、フラプッチもお姉さんダイバーだわぁとか思ったんだったなぁ。
実はすでに400本越したフラプッチ、未だに「お姉さんの自覚」がない感じがするけど、上ビデオのダイバー見て、どうしたんだろう?って思えるぐらいの余裕は出てきたようです。。基本的に、超周囲が見えてないヒトだからねぇ、フラプッチは。。。(海でも陸でも。。)なにげにこないだアメリカで潜った時も、証拠写真撮りながらガイドについていくだけで精一杯で、初心者の友達はカナダから来てたジェントルマンさんがずっと手を握ってエスコートしてくれてたのでした。Kちゃんスマン…。

なんか、今回のプーケットは、ちょっと昔を思い出すカンジで楽しめました^^
ってまだ2年半しか前じゃないんだけどね。ま、ダイビングはじめて4年経たないから、やっぱりフラプッチ的には凄く昔なんだけど。
[PR]

by frappucci | 2009-04-17 22:41 | つぶやき。。。

トランスメディア提供アイコン01 タイ料理!(カレーペーストとココナッツパウダー)

写真が溜まりすぎてHDDに落とせないため整理もできない状況です(><)ひ~。ダイビング日記もうちょっと待って下さいませ~
===
いやぁタイ料理は美味しいですね♪
料理食べに行く目的だけでもタイに行きたい位(って実際には行ったら潜っちゃうんだろうケド…)

タイに行くよりもずっとはるか昔から、フラプッチ、おうちではペースト買ってきてグリーンカレー作ってます。鍋ひとつで10分ちょっとで出来てお手軽なのに、友達だけでなく、他のエスニック料理を受け付けないうちの家族にも大好評♪
なもんで、タイに行くたびにカレーのペーストやココナッツパウダーを買って来ていたのですが、バリ行く時まで「アレ買って来て!」ってリクエストされるように^^;フラプッチママは理論派じゃないのでw、バリとタイが違う国とか説明するとめんどいので、「今度行くところでは売ってないよ…」ってごまかしてたのですが…

今回とうとうタイに行ったので、買って来たら喜んで、帰国翌日、早速タイカレー作って出してくれました。
…いや、ママ、フラプッチ、タイで毎日タイ料理食べて帰ってきたところなんですけどね~^^;そいえばフロリダ2週間旅行後に帰国してからも、毎日ステーキとかで、お魚出たのはようやく1週間経ってからでした^^;

というわけで、今回仕入れてきたカレーペーストとココナッツパウダー(流石に缶は重くて買えませんが…)。
カレーペーストが赤・黄・緑各10バーツ(現在のレートで約28円)
ココナッツパウダーが13.5バーツ(同約40円)
ちなみに、これら食品も消費税がかかるようで、税率7%でした。
ジャンクセイロンのスーパー、カルフールで購入。ちなみにカルフールでは2000バーツ以上購入で免税手続きが取れますが、食品は対象外とのことです。
d0056263_1612689.jpg


日本で購入すると、ココナッツパウダーが200円程度、カレーペーストが160円程度が相場ですかね(最近店舗であまり探してないのでちょっと古い情報かもですが)。ネットだと同じココナッツパウダーが120円でメール便利用可なんてのもあるようです。ここのお店はグリーンカレーも120円とかで安いですね^^

コツは、ナンプラーを忘れずに入れること。ナンプラーありなしで味が全く違ってきます。
ナンプラーは小さいもの(200ccとか)ならネットで百数十円程度で売っているようですね。たまにしか作らないならこれで充分かも^^ カレーペースト1袋に対して、ナンプラーは大匙1~2杯でOKと思います。
あとはペーストの種類にもよるかもですが、お砂糖やコンソメ・トリガラスープの基、レモングラス(乾燥したものなら手に入れやすいですね)なんか入れるとより美味しくなります♪

ちなみに、このカレー、ご飯以外にもバゲットとかにも合います^^
「グリーンカレーと日本米の組み合わせは許せない」在タイ日本人のAさんによると、パスタにも合う!のだとか。

Aさんによると、タイ米は、現地で購入後、成田で税関通過前に検疫所に行けばあっさりOKが出るそうです(日本が諸外国から米を輸入する義務があり、こうした個人輸入も義務枠に入れることが出来るため、むしろ歓迎されるそう)。なのですがフラプッチ、今回はダイビング器材とカメラ持って行って、ボロスーツケースのお陰で行きの預け入れ荷物は18.6kgで済んだものの、帰りはこういうカレーとかのせいで22kg近くに…。とても2kgとか5kgとかのお米買う勇気はありませんでした^^;ほんとは買って来たかったなぁ。
[PR]

by frappucci | 2009-04-13 16:24 | ダイブ後グルメ

トランスメディア提供アイコン01 タイで聞いた話。

今回のタイ旅行では、現地のタイ人やタイ在住日本人と話す機会がありましたが、特にこの政治問題については興味深い話を聞きました。

タイ人は、今の日本人よりも、タイを良い国に、という意識が(少なくとも今は)強いとのことで、投票制の民主主義が形骸化する中(タイが民主主義国家となったのは1992年だそうですので形骸化以前に定着していないというほうが正しいかもしれません)、デモに参加するのが唯一の個人としての政治的意見表明の方法だとして、デモに参加するために仕事を辞めたりしてバンコクまで行ってしまったタイ人が結構居るとのこと。デモのために仕事やめて…ってなんか凄いですが、それだけ危機感や情熱を持っているタイ人が多いということでしょうか。

フラプッチはタイの政情には詳しくありませんが…不法な空港占拠などで主権を握ったアピシット首相は、『タクシン派が法を犯す行為をやめなければ「さらに厳しい対応を取る」と警告』しているとのことですが、そのアピシット首相は国民に2000バーツ(約6千円、タイではかなりの大金だと思います)をばら撒いたそうですが、主に打撃を受けた観光業に従事する人の中には会社組織に所属していないなどの理由からこの配布金を受け取れない人も多いそうです。

皆から慕われる王様が黙認した形で権力を握ったアピシット首相に対する反発がこれだけ強く出るんですねぇ。それでもこれまで、ずっと国をまとめてきた王様も82歳と高齢で、彼に何かあったときには後継者候補が人気がないとのことなので政情がより不安にならないか、心配です。

追記)在タイ日本大使館のウェブサイトにも注意喚起がありますが、旅行者でも特に黄色と赤色のシャツを着ることでいずれかの派閥の応援者とみなされトラブルに巻き込まれる可能性があることは知っておくと良いかもですね。
そういえば、クルーズのタイ人ガイドさんも、以前はしていないかったのに、今回行った時にはタイ国旗デザインのブレスレットをしていました。政権不安定により、愛国心や母国を杞憂する気運が全般に高まっていることは確かかもしれません。外国人としては、特に現地では軽率な発言行動等慎むべきでしょうね。

<タイ>内務省にタクシン派乱入…首相秘書官ら負傷
タイで首相が非常事態宣言 軍、首都に戦車など配置
タイ、軍が強制排除開始 首都に非常事態、負傷70人超

ニュース内容
[PR]

by frappucci | 2009-04-13 00:02 | ダイビング旅行記

トランスメディア提供アイコン01 アメージング・記憶力?!

というわけでタイ・プーケットに行ってきました~。プーケット5回目でした。

プーケットには2006年の2月~7月あたりに4回行ったかな?沖縄とか柏島とか、最近のバリもそうだけど、結構気に入ると何度も同じところに続けて行く傾向があるかも。さすがにプーケット4回目には、入国審査で何しに来たのって言われました^^;
でも、その次のハイシーズンになる頃には一眼ハウジング購入(2006年12月末)、写真撮るにはクルーズとかだとドリフト&短いダイブタイムになるので行きそびれてるうち、2007年5月には減圧症に。
2008年に入って本格的に復帰、9月頃からは普通にファンダイビングは出来るようになったものの、特にシミランは少し深めで箱型ダイビングになる印象があって減圧症的にも怖かったし、ドリフト&ダイブタイムに加えて、基本生物ノータッチ&着低禁止だと写真難しいなぁ~って思ってたのですが、まぁこのところ根詰めて写真撮ってたら疲れちゃったんで(←しかも根詰めたところでロクな写真撮れないし)、たまには気分転換で~ってことで行ってきました。

今回もまた、毎月のようにプーケットに行ってる(?)kaonoiさんに色々相談に乗ってもらったのですが(その節はホントありがとうございました!)、そしたら出発前夜、「飯は大勢で食べた方が美味しいし!」って、2回目の時に利用したA社のごえもんさんに声かけていただいて、到着当日の夜ご飯のセッティングしてくれたのでした。うあちゃ、A社利用予定無いのに申し訳ないっ。。。

でも、お陰様で久しぶりのごえもんさんとの再会、あの時どーだこーだ、あの後どーだこーだと話が弾みましたが…「フラプッチさん、マンタ追っかけて急上昇しちゃった時には焦りましたよぉ」って話になって、「へ?よく覚えてるねそんなん」って思ってたら、実は…ってごえもんさん。
「あの時、万が一の発症に備えて、ボートリーダーのBと酸素準備して待機してたんですよ!ええと酸素どう使うんだっけ?!とかふたりであーだこーだとやりながら…。夜中もフラプッチさんが辛くなって探しに来たときのため、Bと2人でオーディオルームのソファーで寝たんですよ、Bに「襲わないでね」とか言いながら^^; で、そんな準備してる間もフラプッチさんったらビール片手にあっち行ったりこっち行ったり、わいわいきゃいきゃい凄い元気で「ありゃ多分大丈夫だねぇ…」って話してはいたんですけど~

ひえええ。そんなことがあったんだ~~~当時なんにも言われなかったし、知らなかったよ~。
そりゃ覚えてて当たり前かもね。ご迷惑おかけしました~><

ガイドさんにそんな思いをさせてまで撮った昔のマンタのビデオ、ブログに貼り損ねてた気がするので貼ってみます^^;


って盛り上がって宿に戻ったら、宿の受付さん(交代制で24時間居るっぽい)が「キミ、前にも来たでしょ!」って。ひええ、フラプッチ、宿でもなんかしましたっけ?!だって2年半とか前だよ泊まったの!しかもプーケット4回行ったけどクルーズだのホテルパッケージだので行ってるから、ここに泊まったのなんて数泊なのに(・_・;) ま、フラプッチもなんとなく相手の顔は覚えていましたが…。そしてもう一人の受付女性も、いつもフラプッチのこと名前で呼んでくれていて、いつの間に名前覚えたんだろ~って感じでしたが^^

そして、クルーズに乗ったら…「フラプッチぃ~!」って声と共にフラプッチの胸に飛び込んできたタイ人が。ひょええ、以前ガイドしてもらったK君だ~って思う間もなくハグ。
更にはガイドのT君がウェルカム!って握手してきた^^ 
そもそもT君は記憶力・観察力抜群で、2回目のクルーズ中、海の中で偶然同じポイント潜ってて見つかったことがあったし、チップあげたらお金なくなったからTシャツ買えない(;_;)とか言って逆にTシャツ買ってもらったり、毎回浮上後は水面レスリング真剣勝負!したりとか色々あって、結構仲良くなって陸でもご飯行ったりしたので、さすがにK君とT君は覚えていてくれてるのもアリかなとか思ってたら、、、
K君が「まだその上着とサロン着てるのぉ~!!もう古いでしょ!」…ってなんでフラプッチの服まで覚えてるんだっ。(><;)繰り返すけど2年半ぶりですよぉ~。だってこのサロンと上着、乾くの早くて便利なんだもん~~~
しかも、クルーズ初日、ナイト行くって行ったら、「またナイト行くのぉ?!」ってK君。確かに、以前、ナイト行くって言ったら、「寒いし、暗いし、何にも居ないからスキップしてビール飲もう」とか言われて「やだー!行く行くぅ~!あたしゃ客だ~!連れてけ~!」って騒いだことがあったけど。でも1度だけよ?!でもって、だからなんでそんな細かいことまで覚えてるんだよってば(@_@;)こっちはたまのクルーズだから覚えていても不思議はないとしても(でもナイトのこととか忘れてたけど)、あっちはクルーズでほぼ半年ずっと船の上、毎年何百人もお客さん相手にしてるんじゃないの?

ビデオついでにもひとつ。
マンタ翻ってるのにカメラとの距離があまり変らないのは、フラプッチが急上昇してるからでしょうか。途中でズームもしてるけどね。
この時、液晶画面ばかり見ていて、気付いてなかったのよね。マジで危ないのでビデオ撮る人は気をつけてください。チャンバー仲間でこれで発症した人がいます^^;


更には、ボートクルーにまで、「キミ、以前ボート3に乗ったでしょ!僕当時ボート3に乗ってて、キミのこと覚えてるよ!」って言われました。なんなんだこのみんなの記憶力は?!つかボート3っていつの話だ?何かやったっけフラプッチ?ガイドさん3人とで一晩で冷蔵庫の缶ビール全部飲んで(←4人にしても、かなりの量)「一体誰が?!」って騒ぎになったのってボート3だったっけかな??もしそうならカメラ水没にハラ立てて単独ダイブした(恥ずかしいというか、酷い過去だなぁ…)のもボート3かも~←これでボートクルーが怒られたらしいし

ってまぁびびってたフラプッチでしたが、今回お願いした日本人ガイドMさんは初めて使ったショップDさんのガイドさんでフラプッチがタイ何回も来てるか知らなかったからか、ナゼにこんなにみんなの知り合いなの?驚いてたみたいでしたが^^;
でもMさん曰く、「タイ人は記憶力いいですよ」とのこと。フラプッチは2度もクルーズで潜ったシミランの海全然覚えてませんでした。少し記憶力分けて欲しい^^;

というわけで、アメージング・タイランドの人々はアメージングな記憶力ってお話でした。
(いや、単なるフラプッチの恥ずかしい昔話集になった気も・・・)
[PR]

by frappucci | 2009-04-10 22:12 | ダイビング旅行記

トランスメディア提供アイコン01 元気にやってます♪

d0056263_035862.jpgブログ更新滞っててスミマセン。
元気にしてます^^
ま、今日は目的地まで15分のはずが2時間かかった上に店が閉まってたってオチでぐったりしてましたが。。

もう少ししてからまたブログ更新・巡回などしますね

とりあえず、エアクラフトパークには行けました♪
こういう沈船とか沈飛行機(?!)とか結構好きなのよね。
つかまぁ、なんでも好きですが。
今回はここにたどり着くまでやや長かったなぁ。
kaonoiさん、Fさん、FKさん、Tさん、ありがとうございました
[PR]

by frappucci | 2009-04-07 00:05 | つぶやき。。。

トランスメディア提供アイコン01 [dive.112] コ・ドクマイでは潜って程無くエキジット

この日最後のポイントはコ・ドクマイ。フラプッチお気に入りのマクロポイントです。

撮影する気マンマンで潜降して程なく、ガイドのM君が、自分とAちゃんは上がるから、別グループに混ざってくれと身振り手振りで伝えてきた。どうしたんだろう?って思いながら、深度を下げて、ガイドのIさんに、混ぜて~とお願い。こういうのって普通ガイドが頼まないか?でも、Iさんとも例のごとく、移動中に散々おしゃべりしていたので、向こうもこちらを認識。いやぁ、船に乗ったら皆と話しておくモンです<違

のびのびできる子も居れば…
d0056263_10141944.jpg
Iさんグループに加わってほんの数分、上がったと思ったM君たちが降りてきて、こっちに来いと。
もしかして、別グループに混ざれっていうこと自体、フラプッチの誤解だったか…?!とやや恥ずかしくなりながらIさんにバイバイして深度をあげてM君たちに合流。と、またものの数分で浮上のサイン。どうも、Aちゃんが上がりたがっているみたい。今度はフラプッチも連れて行かれるようです…まだダイビング始めたばかりなのに?!ってか、上がるんだったらさっき、フラプッチを置いて上がってくれれば良かったのに…って思いながらエキジット。
船に上がると、Aちゃんが申し訳なさそうに話しだした。
「あたしとMだけで上がるつもりだったのに!最初上がったとき、Mに大丈夫だからってまた下に連れて行かれたのだけど…マスクも曇って何も見えないし、暗いし、もう怖くて怖くて!」
…しまった。
実は、エントリ直前、「曇り止めは?」と聞いたら、大丈夫、と言われたのです。
でも、使ってないよね?って思ったんだけど、いい加減、あれは大丈夫かこれは大丈夫かって、うるさかったら申し訳ないなと思って曇り止め引っ込めてしまったのだ。

それに。コ・ドクマイって島の影に入ると暗いのです。フラプッチは気付きもしない暗さですが、キング・クルーザーがダメな友達が、コ・ドクマイでも「暗くてパニックになりかけた」と言っていたのです。Aちゃんがキング・クルーザーで怖がっていたのだから、エントリ前に気付けば良かったのに、思いつかなかった…。フラプッチもAちゃんに気付けばよかった、と話しました。

暗がりでちぢこまるコも居る…
d0056263_10221358.jpg
ホテルまでの車の中でも、まだAちゃんは沈みがち。
「やっぱり、Aちゃんは暗いところがニガテなのかもしれない。けど、今日はそれがわかったから収穫だったじゃない?明るくて綺麗な珊瑚の海だって一杯あるのだから、そういうポイントを選ぶようにしたら良いよ。ダイビングやっていれば、上手くいかないことだってあるけど、ダイビング自体は素晴らしいから、これからも潜ってね!」と言って、握手してお別れしました。

あまりの潜水時間の短さに、撮影した写真はたったの5枚…しかも2枚はクローズアップレンズ付けっぱなしで撮った写真でボケボケ。1枚は浮遊物多くて全然ダメ。
でも、不思議と、腹は立ちませんでした。まぁ、もういい加減沢山潜ってるしね。
以前、ポイント滞在1分だったときは腹立ったけどね。まぁあのときのおじいちゃんは終始偉そうだったしな。
それより、Aちゃんがパニックのあまり急浮上とかして事故とかにならなくて良かった
フラプッチも、少しもっとしっかりしないと…なんて思った一本でした。ま、この次のダイビング以で醜態を晒し、お姉さんとか思ってんなよ!って今度は引き戻されるのですが。(笑
[PR]

by frappucci | 2006-08-04 10:18 | ダイビング日記