トランスメディア提供アイコン01 <   2009年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 世界初のプロジェクターつきデジカメに注文殺到

ニコン、世界初のプロジェクターつきデジカメ、注文殺到で発売を10月に延期
…だそうです。
結構需要があるんですね?!>プロジェクター機能
会議資料パチパチ撮ってもって行けば、客先で手軽にプレゼンできるから。。とかかな?

ニュース本文
[PR]

by frappucci | 2009-08-31 20:08 | つぶやき。。。

トランスメディア提供アイコン01 [dive.244] 早朝の湾内はお食事タイム?

ブログネタは山ほどあるけど、書く時間がなかなか無くて。
ほぼUPできるところまで出来たまま放置になってるものもあるので、UPしてみます。
去年、2008年の7月あたりの日記じゃないかと^^;UP遅すぎ~^^;;;
d0056263_10364272.jpg

この日1本目は朝7時エントリで湾内へ(朝は海水浴客も居ないし、そもそもこの時間エントリできるのは湾内だけなので)。

朝はお魚もお食事時間帯なんでしょうか?
いろんなお魚がお食事していました。

おかしかったのが、この2匹。100mmで撮るものじゃないとおもいつつ、記念に一枚^^
確かこの頃はまだ、レンズは100mmしか持ってなかった気がします。
d0056263_10375557.jpgどうもイシダイの幼魚がロープ沿いに上下にへんな動きをしているなぁ…と思ったら…
ロープ沿いにミノカサゴが追いかけているのです。
上から下まで追いかけて、下まで行くと今度上へ。

その動作が両方とも割とゆっくり。ミノカサゴはユラユラ泳いでる感じだし、追われるイシダイYGも全速力出している気配は全くなし。一体こんなんでこのミノカサゴはご飯にありつけるのでしょうか?
でも、ミノカサゴの広げた胸鰭は狙ったお魚の目をまわす効果がある…と何かで呼んだことがあるのでもしかしてそのうちイシダイYGは目が回っちゃうの…でしょうか。
まぁとにかくお互いぐるぐるまわってるだけ。トムとジェリーの低速版?

目をまわさないでね~
d0056263_10382315.jpg

その後は、そこらへんの子達を撮ってみたりして…
最初の3枚はコスジイシモチかな?←最近名前と特徴を覚えたw
d0056263_10383720.jpg

d0056263_1038465.jpg
d0056263_10385673.jpg
d0056263_1039773.jpg
d0056263_10393126.jpg
d0056263_104039.jpg
d0056263_10401991.jpg
あとおかしかったのがこのハナアナゴさん。
d0056263_10413959.jpg

寄っていくと、ええ~そんなに正面から?って顔しながら撮らせてくれました^^
d0056263_1043743.jpg

もう一匹、その後見つけた別のコは、ずるずると更に奥に入って行きましたが…
d0056263_10433095.jpg

この巻貝…貝は全然名前わかりませんが
追記)早速ご指摘いただきました。クルマガイArchitectonica trochlearisだそうです。
d0056263_10435114.jpg
良く見ると青っぽい液体を出してます。毒かなにかでこちらを撃退しようとしてる??
イモガイの例もあるので、たかが貝と手を出さない方が安全かなって、液体だけ写真を撮ってさよならしました。
d0056263_10454580.jpg

もう少し小さかった頃にはすごく臆病だったマハタの幼魚も、大きくなってきて度胸がついたのか、あまり逃げ回りませんでした。
d0056263_1046371.jpg

お陰でご近影を
d0056263_10555472.jpg

って思ったら「なに撮ってやがる!」って顔された^^;
d0056263_10561117.jpg

「フン」。…朝からピカピカすみません~
d0056263_10562767.jpg


そしてまたおかしかったのが、サツマカサゴ?の捕食。
d0056263_10565316.jpg
この写真を撮った直後、ここに写ってる2匹のソラスズメの幼魚はこの直後、ひとくちで食べられてしまいました。吸い込まれる感じ?あっという間のことで、サツマカサゴって凄いんだな!ってビックリ。2匹のソラスズメさんは、この写真が生前最後の写真となりました。。。
d0056263_1057936.jpg

って折角サツマカサゴ褒めたんですけど。。
気分を良くしたのか、更に他の群れているソラスズメ幼魚に、のそっ、のそっと近付いていくサツマカサゴ。今度は完全にソラスズメ軍団にバレていて、寄っていくとみんな石の隙間に隠れちゃいます。それでものそのそ、しばらく獲物を探してました。ソラスズメYG群れは完全にみんな逃げちゃってたけど…サツマカサゴ凄いって発言は撤回ってことで^^
d0056263_10581254.jpg

[PR]

by frappucci | 2009-08-31 11:03 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 プーケットの飛行機・ヘリコプター10台沈めたポイントが消滅

kaonoiさんから教えていただいた&前回プーケットで直接・間接的にお世話になった現地のかたのひとり、papaya_mangoさんの情報。トラバさせていただきます。

ありし日の姿・・・
d0056263_0131969.jpg


去年2008年11月(だったかな)にオープンした、プーケットのプーケットの飛行機・ヘリコプター10台が沈められた新レックポイント、エアクラフトパーク(バンタオレック)が、ローシーズン(5~10月ぐらいまでかな?)の高波でほぼ全機が流されてなくなっちゃったとのことです。

フラプッチはこのエアクラフトパークに行きたくて、今年のハイシーズンに行ってきたのですが、、、無理にでも行ってよかった!!
上の写真は再掲です。フラプッチが入ったエアクラフトパークの日記はこちら
魚影が濃くて、飛行機の中にも入れて、楽しいダイビングでした!

当初、日系のショップにデイトリップお願いしていたものの、このポイントにいけるかわからないという返事だったのですが、旅行前日にショップから一方的にデイトリップ全日程キャンセルの通知(!!!)。向こうからしたら、こっちが頭下げてお願いしますと言ってくるとでも思ったのかもですねぇ、こっちもプーケット5回目なので、行けばどうにでもなることわかってたし、別に使ったこともないそこの店に拘る理由もなかったのでありがたくキャンセル頂戴いたしました。旅行出発前までにはそのショップのオーナーのメールや電話での皮肉・イヤミ・自慢話で友達共々ウンザリしてたので、キャンセルしてくれて会わないで済んで、むしろ万々歳。現地から色々な方にお世話になってエアクラフトパークに行けるショップにたどり着きましたが、今考えれば、その日系ショップのままだったら結局行けないまま、「じゃ来シーズンに…」ってことになって、最終的には入れなかったかも!と思うと、いや~、ほんとに入っておいて良かった!!あのショップからの一方的ドタキャンはほんとラッキーだった♪

よく、海は逃げないから!と諌められるのですが、逃げる海もありますね!!(^m^
[PR]

by frappucci | 2009-08-30 19:27 | ダイビング情報

トランスメディア提供アイコン01 [dive.455] 三保でメロンパン三昧!

前回三保で潜った時、三保にはヤギ(?)に着く巻貝類が多いとのことだったので探してみました。
追記)シュスヅツミガイとのことです。カッパドルフィンさん、ありがとうございます!
貝まで詳しいんですねぇ!フラプッチはお魚30匹ぐらいは覚えたかも。。。(==;
d0056263_18582553.jpg

この日は以前からウェットなら三保で潜るのお付き合いしますよ~と言って貰っていた三保のダイバーさんたちがご都合が悪く…でも三保でガイド暦XX年、というXXさんがガイドとしてじゃなくて”バディとして”潜ってくれるとのこと。こんなご厚意に甘えていいのか…って戸惑いながらばっちり甘えました。でも今回は前回ガイドさんにお願いした時とは違って、車から海辺までタンクとか自分で運びましたが。三保で長年潜ってきた人たちは、海辺まで車を付けられなくなってタンク担いで歩く距離が長くなったのがキツイって話だったので。

この日は日食。
日食前には上がるっていうのがAさんからの条件だったので、とっととエントリです。
しかしバディダイビングってほんと名ばかりで、XXさんに着いて行くしかないんだなぁ~^^;申し訳ない。

エントリ前、「メロンパンウミウシって見たことあります?通称なんですけど」ってXXさん。
メロンパンウミウシなんて聞いたこともないですって答えたのですが、、、

エントリ早々出たぁ~!メロンパン!!でかい!!
三保の透視度じゃ60mmではとても撮れないのでコンデジで撮影。
どれくらいでかいって…直径20cm近くあった気がする、絶対本物のメロンパンより大きい!クリーム色の地に茶色が混ざった模様、そこに赤紫の大きな斑点…というか水玉模様が。
d0056263_1858481.jpg

その後も、次々出てきます。今度は黒地に紫の模様。
d0056263_18591598.jpg

3匹目~!これは1匹目に似てるけど、茶色部分が多くて斑点がピンク。
d0056263_18592843.jpg

卵も発見…って、卵もでかい!!
今更のように比較対照物がないとでかいのわからんだろ!ってことで、グローブを添えて撮ってみました。
d0056263_18594078.jpg

d0056263_18595584.jpg4匹目~!今度は一眼を傍に置いてみました。やっぱでかいっしょ?一眼のクッションにしても良さそうな大きさ…。

いやはや、びっくりしました。
トコロ変われば…ですね。

d0056263_1903312.jpgトコロ変われば…と言えば、あんまり見たことがない気がする、まさにカリフラワーって感じのトサカ?が居たので撮ってみました。これもでかいのでコンデジで…。


う~ん、今回の三保、透視度は悪くてもワイドで行ったほうが良かったかもぐらいな??

でもこうやって撮ってみると、あまり透視度が悪く見えないのは、ソニーマジックか。(フラプッチのコンデジT-700はフォトショップ・ビルトインカメラって言いたくなるぐらい水中モードではキツいフィルターかけます…)。
d0056263_1914922.jpg

で、メロンパンの巨大さに打ちのめされてるフラプッチの横でAさんが撮ってたのは…
コウライトラギス^^
これもトコロ変われば…ですかね?!フラプッチもつられて撮ってみましたが^^
d0056263_192887.jpg

d0056263_1922754.jpgで、とっておき!って感じでAさんが見せてくれたのがこのコ…

もう一瞬くらいしか止まらずにびゅんびゅん泳いで逃げ回るんで、シャッターがなかなか切れず、1、2枚撮って無理だ!って諦めました(XXさんにはOK!ってサインだしたけど、あれは、もう無理です~って意味だったのよね…)。でも写真見てみたら意外とまぁまぁ撮れてるし。もちっと頑張れば良かった?でもなんか待たせてるのも悪くて…折角見せてくれたのにごめんちゃい>Aさん

追記)ベンケイハゼPriolepis cinctaとのご指摘いただきましたが、コクテンベンケイハゼPriolepis sp.のような気がするようなしないような。この手のハゼにしてはかなり大きかったです。


相変わらずケヤリさんたちは大発生中。
d0056263_1932050.jpg

よく見ると綺麗なような、そうでもないような。
d0056263_1934998.jpg

ええとこれは単にチビなカサゴさん?
追記)ほんとにカサゴYGだそうです、カッパドルフィンさんありがとうございます
d0056263_1935962.jpg

d0056263_1941811.jpg今回目についたのは、このコたち。バリの泥ポイントで似たようなの見たぞ~。確か英語でSand diverって言うんだっけって思いながら見てました。その名の通り、潜る潜る。カメラ向けるとみんな砂(砂利?)に潜るし、動きが素早いので数居た割には撮れませんでした><

で、これは知人によるとクロエリギンポとのこと。確かに「日本の海水魚」で見てみたらクロエリギンポTrichonotus filamentosusっぽい。ん~でもそれならその下の「リュウグウベラギンポ」ってヤツのほうが可愛いなぁとか思いつつ、バリで似たようなのみたけど同じだったりして?ってREEF FISH tropical pacificって図鑑を調べたらTrichonotus filamentosusは載ってなかったけど、Trichonotus elegans=Threadfin Sand Diver=リュウグウベラギンポは載ってた。で、自分のブログ検索したらリュウグウベラギンポすでにバリのPJで撮ってた…しかも2回。1回目がこっち2回目がこっち。…2回撮って名前載せても忘れちゃうのかぁ、フラプッチ。orz

でも、リュウグウベラギンポのチャームポイントの長い糸状の背びれが写ってないもん。これじゃリュウグウベラギンポ撮っても意味ないな!って自分にダメ出し(いつものこってすが)。じゃぁ今度もしPJ行ったら撮る?って言われたら…あんなびゅんびゅん動くもん撮ってる暇あったらもちっとフラプッチのスキル範囲内に近いトコにある綺麗なお魚かエビカニ撮ったほうが良いかも^^;

追記)話がそれましたが、写真は両方ともクロエリギンポです~^^;


意外と腹ビレとか綺麗かも?
d0056263_195868.jpg

ええとこれは…カニですかね
d0056263_1913226.jpg

オオモンハタのチビ??
三保ではよく見れるものなのかもしれません、前回も見たし、その後潜った時も見た^^
尾びれの白いラインがチャーミングだと思います^^
d0056263_1954675.jpg

海から上がったら残念ながら曇り。
Aさんは日食用のサングラス(?)を箱買いしてまで楽しみにしてたっていうのに(==;
と思いきや、「今まで仕事で取材とか言っても、自然のものはむしろ見れないほうが普通ですからね、見れるかどうかよりもそれまでの準備が楽しいんですよ!サングラス箱買いして各方面に配ったり^^」ってAさん^^;初めてお会いしてから数ヶ月、まさかふたりで日食見物することになるとは夢にも思ってませんでした…。

日食の形そのものは一番のピークの時間には見れなかったものの、三日月みたいな太陽は拝めて、辺りが暗くなるのも実感しました。この頃には日本全国大騒ぎだったみたいですね^^間崎海岸では日食見学してる人は他にほとんど居なかったので、偉い騒ぎだったと知ったのは帰宅後でした。
真崎海岸からの日食。再掲です。
d0056263_21154649.jpg

目と鼻の先の東海大学海洋科学博物館では、リニューアル前日だか全然日だかでおおわらわだったそうで。実は日食のとき真崎海岸に居たんですが~って話したら「日食どころじゃありませんでした」って学芸員さん^^; 勿論、リニューアル後の夏休みイベントには後日行ってきました。なかなか楽しかったです^^
[PR]

by frappucci | 2009-08-28 21:44 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.454] メガネウオの産卵行動!

d0056263_2394781.jpgアケウス君?!一体キミは何を付けたの!!(ところでこのアケウスっていうのを度忘れして、シリウスだ、いやそれは星の名前だ、4文字には違いない!って「海の甲殻類」の和名を探したっていう苦労話(こっそりシリウスも見たけどやっぱしそんな名前の甲殻類は居なかった…)。4文字のエビカニって少ないんですね!~エビ、~カニって名前が多いから、どうしても長めになるみたい。

でもって、この写真、ここまで調べてから知人に見せたら、「モクズショイ」じゃない?ってorz 言われてみれば…甲羅の形とか、脚の曲がり方とか、、、モクズショイかも?


今回の大瀬、最後に一度はって湾内を潜ることに。
夏は海水浴でエントリ口が制限されるために遠くまで歩かなきゃいけないし、年一度潜るお客さん+年数度ガイドになるガイドさんとか多くて、砂煙舞う上に撮ってると寄ってこられるのよね^^;
でもまぁ、復帰で散々お世話になった湾内だからか、なんか湾内もたまには入らなきゃって気になります。

で、いつもと違うところからエントリして、メガネウオが居るってあたりを探そうってことに…
ところが、コンパスが調子悪いことをすっかり忘れてバディ殿にナビお願いしたら迷う迷う。
たぶんそれでもこのあたり、ってところには行ったんだけど、メガネウオは見つからず…
迷ったり探したりで、それまでアケウスぐらいしか写真に取ってなかったのですが。。。


も~かえろ、って泳ぎ始めてしばらく経った時。
ふとバディ殿のほうを見ると、何かを指差して、シャッター切り始めた!

巨大なネズミフグみたいなのが2匹、ぐるぐる廻ってる…と思ったら一匹がこっちに突っ込んできました。
なんだなんだと思いながら、レンズ的には無理があるけど一応ってシャッター切ったのがこの写真。
…やっぱだめでした。画角以前に突進して来られてピント合わせられなかった…
d0056263_23133940.jpg

バディ殿のほうが良く撮れてたのでお借りしてきました。流石ニコノスから鍛えてる人は違うな~(?関係あるのか不明ですが)^^
横から見ると、ほんとにお腹がパンパン!
d0056263_23405918.jpg


もう一匹が砂に潜って隠れたので、追っかけてみてみると…メガネウオでした!!
d0056263_2315087.jpg
この一匹も、写真数枚撮ったら、「やっぱりここはアカン!」って感じで逃げて行きましたが。
d0056263_2318229.jpg

海から上がった後、ショップの店長さんにこの話をバディ殿がしたところ、ちょうど写真家のXXXXさんが撮りたがってて、目撃例があったら知らせてくれといわれているところだったとのこと。でも、大瀬で10年潜ってる店長さんも、メガネウオの産卵行動はまだ見たことがないそうです。先に逃げたのがメスで、フグみたいに見えたのは卵でお腹がパンパンだったからってことで、「今日明日中には産卵しちゃうんじゃないかな」とバディさん。しかも、かなりの距離を泳いでいるっぽかったし、XXXXさんは撮れたのでしょうか…。たしかにお腹はパンパンだった、フグだと思ったもん。。。

「おいらもフグじゃないからね~」byヨソギさん(初心者の頃はフグとカワハギの区別がつかなかった…ま、今でもカサゴとハゼの区別が付かないみたいですがっ><;)
d0056263_23323876.jpg

この日は岩場?のところまで戻ってきてからが面白かったです。
なにしろお魚が寄って来る来る。
ぜーったいこっち見てるし。しかもガン見^^
d0056263_2342269.jpg
カメラ構えたらポーズ替えてくれました。モデルさんみたい^^でもやっぱりこっちは見てる気が。
d0056263_2343624.jpg
こちらのコも。…ちょっと目をそらしてますが。
d0056263_23435948.jpg
d0056263_23443768.jpgいつもは逃げ回るキンチャクダイYGも

…いや、逃げ腰ではあってウロウロするので失敗写真量産しちゃいましたが、、、
トサカの前でポーズしてくれてる感じとなると、普段は撮らないベラも、撮ってあげないとという気がしてきます。で、一応この際と、日本の海水魚のベラセクションをひとおおり見たけど似たのが見つからなかったのは愛が足りないせいでしょうか(ま、スズメダイでも見つからないことが往々にしてあるけどさ、え、スズメダイにも愛が足りない?)。
追記)早速ニシササノハベラってご指摘が。も~眠いので明日図鑑見てみます…
d0056263_23461850.jpg
こちらも同じ種類のベラかな?
d0056263_2356059.jpg
キミはレンズ的に無理ですから~っておっきなさかなも寄ってくる
d0056263_23493437.jpg
いつもは逃げ一辺倒のカゴカキダイも。ま、レンズ向けると逃げますが。。。
d0056263_2352029.jpg
d0056263_23532230.jpgチョウチョウウオまで…
更にはマアジ(多分)とか
d0056263_23545894.jpg
で、ここまで来て、レンズ的に無理ならコンデジがあるじゃん!って気付いたのでした(おそい)
d0056263_23563337.jpg
やっぱり絶対見てるでしょ!!
d0056263_23565393.jpg

夏なもんで、体験ダイビングとかで浅場で餌付けしてるのかもですね??

期待していたのとは違う方向にサプライズのある楽しいダイビングでした^^
[PR]

by frappucci | 2009-08-28 00:07 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.453] 外海初ポイントで迷子

これウミウシ?このところ外海で良く見かける気が。
追記)ユビノウハナガサウミウシ(シロハナガサウミウシ)Tritoniopsis elegans、ユビノウトサカにつくのだそうです。
というか、いつも気になってたあんまり可愛くない(失礼)ヤツ、ユビノウトサカっていうんだ!良く貝がついてるのでネタが少ない冬場は良く漁らせてもらってます^^
とみたんさん、カッパドルフィンさん、ありがとうございます!
d0056263_16284179.jpg

裸眼ダイブ2日目。
大瀬崎で泊まりの時はいつも2日目の1本目は7時エントリですが、この日は朝一でいきなり初めてのポイント「大川下」へ。
…実はバディ殿共々、柵下と間違えて潜りました^^;

追記)もはや名前を書かなくても誰も指摘しない^^オルトマンワラエビChirostylus ortmanni
d0056263_16285772.jpg

フラプッチもバディ殿と以外は、初めてのポイントにいきなりとか絶対しないと思いますが、バディ殿はむしろ常に入ったことのない(時には誰も入ったことのない)海に入ってるような人で、むしろ数千本?のダイビング暦の中でファンダイブのポイントは数えるほどしか入ってないぐらいの人なので、海の中で潮とかおかしかったら読めるだろうっていう安心感が。フラプッチも最近は自分の面倒も最低限程度には見れるかなって思うし???←波が高いと相変わらずバディ殿が一旦エキジット後、カメラ受け取りに戻ってきてくれてますが…

このウミウシ、こんな顔(?)だったのね~
追記)ハナオトメウミウシDermatobranchus ornatusだそうです、るりすずめさんありがとうございます♪
しかし、この触覚はこの外套膜(?)からは想像できない展開さ加減ですねぇ。。
d0056263_16291948.jpg

で、海の中で、あっちだこっちだでバディ殿と意見対立。
バディ殿が指す方向は、砂紋とコンパスと頭に入ってる外海の地形からして岸辺方向だと思うのだけど、絶対こっちって譲らないのでついていくことに。そしたら結局エントリしたところからは程遠い浅瀬に戻ってしまって、再度潜り直し。どうもバディ殿のコンパスの動きというか滑りが悪く、違う方向を指しているみたいでした。
がーん。
d0056263_16293023.jpg

そんなこんなで浅場から再度下のほうへ。
すると今度は下がかなりの流れ。早々に上がってきました。
追記)誰も名前も指摘しないPartII、コスジイシモチApogon endekataenia
d0056263_16294729.jpg

この日の冒険の成果は…外海の南側ではあまり見かけない気がするイイジマフクロウニ、早速ゼブラガニを見つけたバディ殿はやっぱり流石です。あと、バディ殿のコンパスが狂いがちってわかったことも成果かな?
d0056263_1630292.jpg

なんか割と早朝で海も暗かったからか、暗い時間帯に良く見かけるヤドカリさん(ソメンヤドカリ?)な気がするけど、うろついてました。
d0056263_16301531.jpg

[PR]

by frappucci | 2009-08-27 16:34 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 写真展に行ってきました

開催期間が、ちょうど予定がばっちり入っているところと重なって、行けないかも?!って心配してたのだけど、新宿・ニコンサロンbisで行われたヨコハマ水中写真クラブの写真展にどうにかこうにか行ってきました。

素敵な写真ばかり。トランベンとか大瀬とか、フラプッチと同じところで撮ってる写真も多いのに、こんなに違うもんかぁ~って感心するばかり。

ほんとは、初日にでも飛んでいって、ひとりでも多くの人に見てもらえるよう、紹介したかったんだけど><
写真展行ってみて、紹介できなかったのが改めて悔やまれます(まぁフラプッチが紹介したところでどうってことないんだろうけど、それでもね)。
d0056263_18185321.jpg

聞けば、この20年(?)ほどの間にニッコールの写真展に応募した作品のみとのこと。
う~ん、フラプッチはあと20年後にこんな写真展が開けるほどの写真が撮れるようになってるだろうか?それ以前にそんなに情熱を保っていられるだろうか?
まぁ、とりあえず20年後に写真展するか考えますって言ったら、当日会場に居た主催者のふたり、KさんとSさんに「もうその頃Sさんこの世に居ないから!」って笑われました^^(勿論仲間内ならではの冗談です、Sさんはそんなお年じゃないです^^)

今回写真展開催した4名の方は以前お会いしたこともあるし、去年フラプッチも参加した合同写真展にも来ていただいているのですが、写真はすごい上手だけど、とっても気さくな方々なんだよね。どうも、フラプッチは初心者の頃とかに会った”写真の上手な人”たち数名とかの印象が強くて、写真上手い人=えばってるってイメージがあるんだけど、、
そういえば、人柄なくして撮れない写真もあるよね、って最近、ブログ仲間とメールで話していたところでした。
水中写真にも人柄関係あるかな?
あるかもなぁ。フラプッチは良く殺気が出てお魚に逃げられてるって言われるし^^;←殺気が出る人柄?!

そもそもフラプッチの場合はそれ以前に、あと20年もぐれてるかって問題もあります。
今のところ、なんとか再発なしに潜っているけれど…加齢も減圧症要因のひとつだし、あまり図に乗らないようにしないとね。

写真は写真展後に回転寿司で戴いた、真アジと関アジのお鮨。ブランドなだけだろって思ったけど、食べ比べたらほんとに美味しかった>関アジ
d0056263_1821842.jpg

[PR]

by frappucci | 2009-08-26 18:27 | 水中写真

トランスメディア提供アイコン01 多忙(?)につき

d0056263_0234980.jpgすみません、ブログ巡回が滞っております~
が、体力温存第一ってことで今日ももう寝ます。。。
おやすみなさいzzz
[PR]

by frappucci | 2009-08-23 00:29 | ブログ

トランスメディア提供アイコン01 [dive.452] 湾内イブニングダイブ

ナイショ話?
追記)ヨソギParamonacanthus obiongusとコクチフサカサゴScorpaena miostomaだそうです、この類は区別難しいですね=
d0056263_21472178.jpg


この日はスタートが遅かったのと、ナイトができないのとで、2本目は日中の潜水時間ギリギリに上がってくれるぐらいまで水面休息時間を確保してからのスタートにしました。

お目当てはあったのですが、、、
フラプッチが裸眼のため、ナビはバディ殿にお願いしたものの、気付いたことですがバディ殿はあそこからこうまがってああ曲がってって言われてその通り潜るのはあまり得意じゃないみたい。
うろうろしながら色々見つけました。
湾内にこんな…スナギンチャク(スナイソギンチャクですね、カッパドルフィンさんありがとうございます)が居たの初めて知りました。って名前が出てこない^^;色がイマイチなのが残念。。
追記)エビさんは、アカホシカクレエビかな?
d0056263_21502259.jpg
まぁあとは適当に普通種を
追記)…ってごまかしましたが、実は未だに名前に確信がなかったので…図鑑をひきました。「え~と、たしか、イソ…なんとかだ。イソハゼかぁ!ってほんとにイソハゼのページ見た自分に我ながらびっくりです←ハゼのわけないじゃんか!!…イソカサゴScorpaenodes littoralisですね
d0056263_21504010.jpg
ケンカしてました。ナワバリ争いだって。岩なんかゴロゴロあるんだから他探せばいいじゃん?って言ったのですが、バディ殿によると、高さとか幅とかちょうどいい岩の隙間とかの好みがあって、そういうところはやっぱり争って取るみたいです。
追記)こっちも自信がなかったので。クツワハゼIstigobius campbelliですね
d0056263_21513991.jpg
で、ここまで何も見つけてなかったフラプッチが発見!!イセエビです。巨大~!!
d0056263_21534113.jpg
と思ったら次に出てきたのは更にでかかった!!40cmはあった?びっくりしました。やっぱり薄暗くなってきてたからかなぁ~
d0056263_21542157.jpg
浅場ではゴンズイチビ集団。
d0056263_21545073.jpg
d0056263_2155155.jpgこういうものは意外とAFでとりにくい気が。。。
で、そろそろ立とうかというころになってバディ殿が見つけたミスガイ!!
全然動かないので、持ち上げてみたりしたものの、それでも動かないので、死んでる?!ってつついてたのですが、、、
d0056263_21563130.jpg
寝てたみたいでした。起きるの遅すぎ…。
なにごと?!って驚いた目してました(っていつもの目か。。)
d0056263_21572184.jpg

[PR]

by frappucci | 2009-08-21 20:43 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.451] 外海裸眼ダイビング

エントリ早々見つけたコです。この一本でフラプッチの生物の貢献はコレだけ^^;
ハナオトメウミウシDermatobranchus ornatus後の記事るりすずめさんから教えてもらいました。いつもありがとうございます♪
d0056263_18381689.jpg

このところコンタクトの調子が悪く、特に右目は入れて1時間もすると不快感→涙目でとてもいれてられませんでした。でも、メガネも度付のマスクも持ってないフラプッチ、裸眼は0.1程度で写真を撮るには厳しいしと、この前日まで3日連続左目だけコンタクトを入れていたのですが…前日夜、食後突然酷い頭痛と吐き気に襲われたのでした。滅多に無いことなので驚いて、てっきり水温が低い中フードベストなしで潜ったので風邪でもひいたかと最初は思ったのだけど、そうじゃなくて左半身がコチコチに凝ってたのです。右目が疲れると左半身に、左目だと右半身に出るらしい。、

実は左目のコンタクトも度数が最近あわなくなってきていて、いずれにしても見えていなかったのですが…
到底このまま片眼コンタクトを続けるわけにも行かないので、この日は裸眼でダイビング。

婚姻色が見たくて居ると注意を払ってるキタマクラですが、イマイチって状態が続いてるのよね…。水温がずっと低いからでしょうか?
d0056263_18405432.jpg

今まで、普通のマスク+コンタクトのほうが、地上で見えないこともなければ、エントリ直前までメガネもってク必要もないし(持って行くとなると、メガネを錆びさせたり、壊したりのリスクも高まる)、普通のマスクのほうがずっと安いし、度付のマスク使うよりメリットがあると思ってたのですが、コンタクトが入らないと裸眼になっちゃうんですね…。当たり前なんだけど。

一応カメラ本体の視度調整はめいっぱいしたのですが、裸眼じゃマクロが出来るほどには見えません
なのでこの日はAF一本勝負!

でも、流石に今のカメラでかなり撮ってるだけあって、いつの間にかクセとかも把握しているんですよね。オルトマンワラエビ、目にAFポイント持っていくと、1~2mmピントが後ろにずれるのがわかっていたので、フォーカス合わせたら手前にカメラをほんのちょっとずらして撮影。ジャスピンで撮れました^^(失敗したショットもあったけど)。
d0056263_18433476.jpg

しかし、この時のバディ殿は凄かった。先端に行ったのですが、週末しかオープンしてないポイントでもあり、ショップにも生物情報がないので、基本自分たちで探すしかありません。
が、まぁ潜降し切って、じゃぁなんか探そっかってなったら、文字通り次から次へと見つけるし^^;なんかマジシャンかなんかみたいでした。フラプッチも探してたんだけどな~。。。フラプッチには単なるゴロタ斜面にしか見えない…。

オルトマンは良く居るものなのかもしれませんが、お次はカエルアンコウ。
追加)ベニカエルアンコウAntennarius nummiferだそうです。カッパドルフィンさんありがとうございます。カエアン区別法は全然わからんです。。。
d0056263_18504479.jpg

更には…ハコフグかなんかの幼魚
追記)まだ覚えてないの?ってご指摘(驚きの声か)が^^;シマウミスズメLactoria fornasiniとのことで^^;そらフラプッチもこの記憶力の悪さは驚きますわ…流石高校2年間で40人のクラスメイト全員の顔(名前じゃなくて)を覚えられなかっただけある…才能かも?

割と落ち着いたコだったので、結構時間使って撮ってました。
ハコフグYG(か?)シマウミスズメYGだってば!…は伏目がちなのも可愛いし…
d0056263_20401528.jpg

揺れるヤギ?に寄り添う姿は、雨宿りでもしているかのよう。
…右側の前ボケ、奥行きを出そうと思ってわざと入れたんだけど、入れなかったほうが良かったかな?
d0056263_20404565.jpg


お約束でサクラダイのチビちゃんも。
斜め前ショットも挑戦したけど厳しかった><
で、斜め前からだと、どうも怯えた表情に見えるのよね??
ほんとは、もっともっとずっと小さい子を撮りたいんだけど、いつどこに居るんだ~?
d0056263_2041721.jpg

アナハゼ?
しっぽのあたりにマツバスズメダイが陣取っていて、どうやっても中途半端に入る(今から考えれば右側から狙えばよかったのか…)ので、入れるならって全身入れちゃいました。
エキジット後のバディ殿の一言目は「あのスズメ、良く食べられないなぁ」でした。泳ぐの早いから大丈夫じゃないの?って聞いたんだけど、距離・スズメの大きさ的に、アナハゼがその気なら一発でしょうってことでした。こわいんだなー、アナハゼ。アナハゼじゃなかったりして。。。
d0056263_20421498.jpg

そしてこんどはアカホシカクレエビ(かな)。
これグビジンイソギンチャクでしたっけ?
プチプチ、ブルーベリーの絨毯みたい。しかもイソギンチャクの色が変わる境目に居てくれました。
しかしこの写真の角度は…意図的なのですが、改めて見てみると単に中途半端なような。
d0056263_20435932.jpg

d0056263_2044135.jpgこちらはケヤリとかの仲間だと思いますがインドケヤリだそうです、あまり見覚えがない。インディアンの羽みたいな触手(?)をタンポポの綿帽子みたいにまんまるにひろげていました。色もなんだかインディアンっぽい^^って思ったらインド違いだったのね。コロンブスの間違い再び?

上の写真を一部切り取ったもの。もとからこう撮っても良かったかも?
d0056263_20445121.jpg

安全停止しながら、これまたケヤリを色んなSSで試して遊んでいました。
それから、水中カメラの追加購入を検討しはじめたバディ殿にハウジングをお貸ししてみましたが、フィルムと比較するとファインダーが厳しい…って、そりゃそうなんでしょうね
d0056263_20452035.jpg

もっかいアナハゼ(?)
この日は水が青かったかもですね?
寒かったことにも間違いない…17度でした。
d0056263_20454151.jpg

[PR]

by frappucci | 2009-08-19 20:47 | ダイビング日記