トランスメディア提供アイコン01 <   2008年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 [dive.285] ログには一言:「流れてた~」

トランベン2本目。
水面休息は沈船ポイント前でゆ~ったり、のんびり。なんだかいい時間。
d0056263_18121990.jpg

気分もほんわり~って感じでエントリしてみたら…さっきより更に流れてる~!!

もう流されちゃうかも~!ってカンジのウミシダに、色々生物がついてました。
ウミシダにくっついて余裕っぽい…これはコマチコシオリエビさん?初めて自分で見つけたので嬉しかった^^
d0056263_1813864.jpg
と思ったらガイドさんが見せてくれたのは、ウミシダのふりして一緒になびいてるニシキフウライウオ。
d0056263_18132397.jpg
このコたちもウミシダのふりして?一緒になびいてました。どっちもテンジクダイ系のお魚でしょうか。
追記)どちらも「タイワンマトイシモチ」では?とのご指摘を戴きました。Tさんありがとう。調べたのでついでに、タイワンマトイシモチ属、学名:Foa brachygramm 英名:Five-line Cardinalfish。こんなん書いてもぜってー憶えないけど。。
d0056263_1813426.jpg
d0056263_18135023.jpg
ちゃっかり、ウミシダの上に鎮座してるコも。そのウミシダはそろそろ抵抗諦めて泳ぎだしそうな勢いですが。
d0056263_18141431.jpg

ガイドさんが見せてくれた…ハゼ。アカスジウミタケハゼ…かなぁ。なにしろこの回、ログ付けしてなくて、ログには「流れてた」しか書いてありません(・_・;)
たまご守ってるのは、教えてくれなかったら気付かなかったと思います。
で、卵を強調して撮りたいんだけど撮りようが思いつかずに結局こんなカンジ
ちなみに、この写真友達に見せたら「何の上に乗ってるの?」って質問が。多分、白いカイメンだと思います。右下のエビだかカニだかについては全然わからないので聞かないように^^
d0056263_1827262.jpg

ガイドさんが見せてくれたウミウシ。
ミノ系はいまいち惹かれない~とか思ったのですが、撮ってみると結構キレイ♪周囲もカラフルだったし、もっと考えて撮れば良かったかな~
そういえばトランベンってウミウシ多いって聞いた気がしたけど、あまり見なかったかな?まぁ当然見落とし多数あったとしても。時期的な問題かも?ま、別にウミウシフリークじゃないしいいんだけど。あ、でも大昔、誰かに「ウミウシだけは撮り方に拘りあるね」って言われたことが。えーとどんなもんでしょうか、このミノ…(その人に見せたら絶対前言撤回されるな、、、)
d0056263_18163252.jpg


なんか生物多くて目移りします。
以下証拠写真集。誰だ常に証拠写真集じゃんって言ったの~
ほんとにどこに目を向けてもたっくさんの生き物が目に飛び込んできます。フラプッチほど節穴じゃない人は目がまわっちゃうんじゃなかろうか。

d0056263_1818453.jpg泳ぎしなに見かけたヒレナガネジリンボウのペアとか(伊豆だったら行列できちゃうよ…?)


d0056263_18184778.jpgヤノダテハゼ。エビさんも居ましたが、エビが出てくると尾びれが見えない。まぁこちらも通りがかりに見かけたの撮っただけなので…でも、トランベンは黒砂でヤノダテハゼも黒っぽいけど、後で行く予定の白砂のムンジャガンでは体色が白っぽいですよとのことだったので一応撮ってみておきました。
d0056263_18185863.jpg


d0056263_18192756.jpgメガネスズメダイの幼魚?って思いながら撮ってたけど違いますねぇ。この後バリ行ったとき図鑑見て調べた上に名前も教わったんだけどやっぱし憶えてない(;_;)。そのログ出てきたら名前書きます…。ってTalbot's Damselっていうコかも?このコも沢山居ました。


d0056263_1820626.jpg1本目終わった後で、キンギョハナダイみたいだけど、黄色い!!って驚いてガイドさんに尋ねたら「キンギョですよ?」ってお返事。みんなに聞かれるらしい。普通の色のキンギョハナダイも居ました。


1本目での写真はヘンなショットばっかりだったので、もう一度わざわざ撮りに行ったスパインチーク。というかスパインチークの居たイソギンチャクが初めて見る色だったのでほんとはイソギンチャクがメインなんだけど。ちょっとサイケな色でしょ^^ で、スパインチークは久しぶりに見たけどやっぱり人相悪いのよね^^;かあちゃんでっかかった~
d0056263_18204379.jpg

キレイなホヤさん、ストロボ当てると水色っぽくなりすぎて何枚も撮りなおしました。
d0056263_18222726.jpg
こっちの透明なホヤさんもきれいだった。まわりのキャンディーみたいな色んな色のもホヤだよね?みんなきれいだからまとめて撮ってみた~ら、なんかごみごみしてキレイに撮ってあげられなかったよ。ゴミン
d0056263_18235992.jpg

後で写真見て、なんも写ってないじゃん!って思わず捨てそうになった1枚。
写ってました…よく見ると可愛いんだけど。
d0056263_18242070.jpg

ハゼがちっちゃく写ってるんで、写真のサイズをちょっと大きくしてみました。どこにいるかわかるかな?(フラプッチじゃないんだからわかるか…)これもアカスジウミタケハゼかな?
d0056263_1824439.jpg

しかし、流れてた~。おさかな撮りさんが写真撮ってるの見ながら、流石だなぁ、フラプッチにゃこりゃ無理だ、って思ってエキジットしたら、「こう流れる中で写真撮るのはわたしのスタイルとは違うわ」ってろりちゃんも言っててなんかちょっとほっとしたのでした^^;
***[2008年10月バリのINDEX]***
[PR]

by frappucci | 2008-11-30 09:07 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.284] 初バリ潜りはトランベン♪

d0056263_13503686.jpgバリ、既に2回行ってしまったのでいつもなら新しい回から記事をUPしていくのですが、どっちからにしようかな~ってガイドさんに言ったら「古いほうからに決まってるじゃん!」だって。フラプッチのブログのいい加減さを知らないな(笑)ま、10月のバリから地道に行こうと思います。何年かかるかな~^^つか、前回はあんましやらかしてないんで(笑)チャキチャキ行きましょ!

先にバリに旅立っていたおさかな撮りさんと、前夜トランベンで合流。
初・バリ潜りはトランベンの沈船でした。って言っても沈船のとこまで行って手前で帰ってきてるので、ログには「沈船右」ってなってますが。


トランベンって広いんですねー
海を目の前にして、左側というかひ・だ・り・が・わぁ~の方に沈船ポイントがあります。ちなみに右側(こっちは『みぎがわぁ~』位かな)にドロップオフってポイントがあります。で、まずは沈船2本。なにしろ、ダイブマスター取るのにバリで3週間滞在したダイバーさんが「バリに今度3週間行くなら、毎日トランベンだけでもいい」って言ってた海です。楽しみ!
d0056263_1356177.jpg…楽しみだけど、小さなゴロ太の上を歩いていくのは…とお~いよぉー。
ま、一眼と3点セットはガイドさんが持ってくれて、タンクは現地の「運び屋」さんが持ってくれて行ってるので、自分だけ歩いていきゃいいだけなのにこんなん文句言ってたらバチ当たりそうですが。ゴロ太は大瀬の先端とかより更に小さめで、割と歩き易いです。が、靴底の薄いミューブーツ履いてたろりちゃんは結構痛かったらしい。ミューブーツとかだったら、クロックスのケイマンみたいな割とハードに歩けるようなサンダルで現地で履き替えがいいかも。但し、脱ぎ捨てたクロックスがダイビング中に盗まれることはあまりないものの勿論保証は出来ません。。

エントリしてすぐ見せてもらったのは、可愛いサイズのトゲ?トサカについてるスケロクウミタケハゼ君。ストロボ光ってないのは一枚目のお約束~と思って今撮影情報見たら光ってたらしい。ってことは当たってなかったんだ^^;
d0056263_13571483.jpg

で、ふと下を見たらヤッコエイ(?)が居てびっくり。
d0056263_13572710.jpg

d0056263_13585747.jpgコガラシエビさんで良いでしょうか?体全体見たかったなぁ。全然出てきてくれませんでした。
結構大きめだった気がしますがじゃぁ何センチ?とか聞かないように…


d0056263_1405715.jpgそういや昔、ブログ仲間でエビ専門卸業者の木枯らしさんっていう人が居て一緒に飲んだりしたこともあったなぁ~。引っ越しちゃってから会うの難しくなったけど元気かなー。こないだ思いついてブログ覗いたら、相変わらず更新しててくれてなんか嬉しかったです。ってわけでコガラシさんの正面顔。

d0056263_1412731.jpg実は横でちょろちょろしてたコイツがエビさん撮ってるフレームに中途半端に入ってきて邪魔だったり。わかった、そっちも撮ってあげるから!って撮ってあげたら伏目がちで^^;ほんとはこのウミシダもキレイとか思ってたのはこのコにはナイショです。なんか足の数が少ないというか、スカスカなカンジのウミシダでした。そういう種類なのかな。おさかなの名前も知りたいけど、このウミシダの名前も知りたいなぁ。


たぶんなんかのベラのお子様たちだと思いますが結構居て可愛かった。お目目のアイシャドウがキンギョちっくです。こいつらも図鑑みたけど何のコかわからなかった(;_;)
d0056263_1424529.jpg

追記)いくつか別ショットあげておきます、クリックで拡大します
d0056263_22342778.jpgd0056263_22343730.jpgd0056263_22344538.jpgなんかクジャクベラygに似てる気が…?でも幼魚も含めたコロニーを作るって説明があったところもあるけど別に親は近くには居なかったような。


トラギスでもバリだと模様が違うのねー。で、当然フラプッチの図鑑には名前載ってないっぽいです。←ありました。名前わかんないのばっかしだなぁ。バリでもホンソメワケベラは小さい頃から働き者っぽかった^^
追記)ハワイトラギスとのご指摘、カッパドルフィンさん&Tさん、ありがとうございます。ネットで検索して出てくる「ハワイトラギス」画像とかフラプッチの図鑑での写真だと特に背びれの色が若干違うような気もするんだけど、ま、いっか~←こりゃこりゃ チビちゃんときにはからだの柄がちょっと違うみたいですね
d0056263_144193.jpg

これね、トウアカクマノミと思って撮ってたのですが、違いますね??トウアカは背中が上から見るとハートマークで背中のほうだけが白いけどこのコは後ろ側の白いのもラインになっちゃってますね。実は海の中でクマノミ類が卵守ってるの見るの初めてだったので、嬉しかったです。良く世話焼いてたよ。
d0056263_1442615.jpg

お目目もつぶつぶになってきてて、あと何日かってカンジかな?イソギンチャクもキレイな色でした。
d0056263_1444166.jpg

d0056263_1454387.jpgそろそろ沈船近くです。オヤビッチャとかなんだか小魚が群れてて、沈船~!って感じ。。。なんだけどそんな写真になってなくてスマセン
d0056263_1463441.jpgでも船が大きいのか、透明度の問題か、船全体がどんな感じなのか良くわかりませんでした。わからなくて一応写真撮ってみてもやっぱりわからない写真が出来る^^;;まだ1本目って余裕こいてたので、またそのうちわかるでしょ~って^^


で、ふと横を向くと、そこにでっかいオニカマスが!!!
内心相当びびったけど、折角60mmレンズだから撮れない事もないかもっ。って写真撮ってみる。
…フラプッチのびびり加減は出てますでしょうか。
d0056263_147439.jpg

先日別ショットを記事に載せて、アラックさんに、トランベンの子ですね!って当てられたコです^^;ここいらには一匹しか居ないのか、アラックさんは実はここらへんのオニカマスが全部見分けが付くのか?!フロリダの水族館の飼育員さんは飼ってる33匹のウシバナトビエイ全員名前付けてて見分けられるって言ってたし…そんな人も世の中には居るのかも。高校のクラス(2年間クラス替えなしで40人)でも全員の顔を覚えられなかったフラプッチには脅威の世界じゃ。)

イソギンチャクとかソフトコーラルの類も、あまり見慣れないものがある気がして、そこにハゼさん(タテジマヘビギンポ?)乗ってたりすると撮ってみたり。
d0056263_1411386.jpg

と、ろりちゃんが、ハゼを指差してくれました。
d0056263_14112991.jpgこれかな!!リングアイピグミーゴビー、メガネベニハゼって和名だそうですが(なんか図鑑によってはレッドフェイスドワーフゴビーって書いてあったのもあったような…ひとつでも覚えられないんだからいっぱい別名付けないでくらはい)。

d0056263_14124549.jpgもしかして違うやつ指差したかもしれないからそこら辺に居るのも撮っておく!!これ常識~!流石に280本も潜ってると色々知恵がついてくるもんじゃ。

d0056263_14132924.jpg
一応こいつもね!(←が、さっきタテジマヘビギンポ?って思って撮ったのと同じお魚ということに気付いていないのもナイショ。)


ふう、3つ撮ればどれかが指差してたやつでしょ。ってほっとして振り返ると、そこにいきなりチンアナゴが居てびびりました。
ほんと色々居すぎ^^;数も多いけど種類も多い。なんだかさわがしいぐらいの海でした。
d0056263_14143360.jpg


書き終わるとまた長文でしたね。。。どこがちゃきちゃきだいって?
***[2008年10月バリのINDEX]***
[PR]

by frappucci | 2008-11-29 14:24 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.308] 湾内での四重苦の結末は…

この記事以前書いただけでUPしなかったんだけど…この後飛行機国際線乗って、ダイビングしても体調に何もないので大丈夫だったんでしょう。ってことで時効時効!あげちゃいます^^
--------
フタホシニジギンポのチビちゃん。チビのくせに泳ぎ方がオトナと一緒でした^^
フラプッチのカメラに押されて住処のタイヤを離れたものの、戻りたくてしょうがない様子。カメラを引くと、こちらの様子をちらちら見ながらタイヤのほうに戻ってきました。脅かしてごめんね~
d0056263_2255253.jpg
強風のお陰で1本目でびしょ濡れになったインナー用の服も生乾き(笑)に。でも寒いので予備の服も引っ張り出してきて追加。シェルドライはひっくり返して干しておいたので、内側はブーツ部分以外はすっかり乾いてます。いいねぇシェルドライ!これで水没しなきゃもっといいんだけど(爆)とりあえず、裏側から見ると、排気バルブが一部浮き上がって外れかかってるっぽい。バディ殿が叩いてはめ込んでくれました。これで水入ってこないといいな…。ってエントリしたらやっぱり左腕が早速浸水開始デシタ(=_=;)が、さっきよりスピードは遅い感じ。


束ねた細い紐みたいなのが落ちていて、そこに陣取ってたコウライトラギスさん。結構近づいても「この場所はおいらのだ!!」って譲りませんでした^^
d0056263_22555132.jpg
この回もナビと時間管理はフラプッチのお仕事。
今回は、エントリ後目標物を見つけたら、そこからまっすぐ行って長方形を描いてスタート地点に戻る計画。

横を泳いでたバディ殿がすぅっと水底に。その視線の先にはヨウジウオ系のお魚が←図鑑見たけどわからなかったよー
追記)ホシヨウジだそうです。カッパドルフィンさんありがとう。ヒフキヨウジより吻が細長く、青い斑点が特徴のようです。
d0056263_22562287.jpg
フラプッチも着低してうつ伏せの姿勢をとったら、自分の胸元からもう一匹出てきてびっくり。潰さなくて良かった^^;
d0056263_22563749.jpg

…で、最初の1辺目の最後までは順調にまっすぐ行ったのですが…
右に曲がってちょっと行ったところでアオサハギ発見!

前日アオサハギに逃げられまくったので、バディ殿に今度アオサハギ見つけたら挟み撃ちにしようと打ち合わせ済みでした。アオサハギは藻か何かの中に隠れてましたが、なんとか撮れました^^でもご機嫌伺いだったので時間かかった~
d0056263_22565723.jpg

そしてまた今回もストロボ同時発光?
d0056263_22571776.jpg

アオサハギに時間取られて無限圧潜水範囲での残り時間が予定より少なくなったので(ダイコンの設定厳しくした上で最低10分は残すことにしていたけど割り込みそうだった)、当初四角くナビする予定で最初の一辺目に対し直角に進み始めていたのをここでコース変更。角度を30度ほどにして、アルファベットのDの字を描くようにすることに。このまま真っ直ぐ行くと水深がまだ少し下がる地形だった気がしたので、そうでなくて浅くなる方向に向かいました。
…ここまではまだ良かったんだよね。

途中、イソギンポさんをバディ殿が教えてくれました。d0056263_230263.jpgいいねぇ♪って撮ろうとするけど、なんだか体が上手いこと固定できない。洋服増やしたのにウェイト増やしてなかった…。タンクはスチールでも、空気減ればやっぱり軽くはなるものなんですね?だんだん安定度合いが悪くなってきてる感じ。しかも、排気バルブに砂が噛んだのか、排気バルブが回らない状態。と、バディさんが凄い勢いで数メートル先で読んでる。急いでイソギンポさん撮って、そっちに駆けつけると…


米粒大のピカチュ~が!!
水底に渡してあるロープにくっついているのですが…もう浮いてきてしまって体を水底に着けて落ち着くことが出来ない!!是非撮りたいのに、とりあえずカメラだけでも構えてササッと撮るか~!ってやっても、カメラ構えたとたんに転がり始めちゃう。バタバタゴロゴロモクモク~~。なんとか撮った証拠写真。あんなに暴れながら撮った割には意外と撮れてたのは後で写真見て驚きでした。これはカメラの性能だね^^;
d0056263_2304475.jpg


浸水しながらも楽しかったのはここまで…
[PR]

by frappucci | 2008-11-27 16:44 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 刺身のココナッツソース

d0056263_1910385.jpg

旅先ですo(^-^)o
あんまりここで刺身食べる人は居ないらしいのですが、前日食べて当たらなかったので(^_^;)次はチリ入り醤油(?)でなく、ココナッツソースを頼みました!全然刺身に見えません。そして美味しいけど何の魚かはもう関係ない感じ(^_^;)
アラックさん、今度はココナッツソース試してみて下さいね!意外と?イケますよ。
[PR]

by frappucci | 2008-11-25 19:10 | ダイビング旅行記

トランスメディア提供アイコン01 お出かけ前に~

写真は9月の大瀬崎@dive.266
ドライがリペア中につきウェット…で快適だったなぁ~。
d0056263_17191855.jpg
d0056263_17194669.jpg

d0056263_1720858.jpg
d0056263_17201952.jpgお出かけ前にドライは3度目のリペアに発送。購入店に「排気バルブの砂噛みかもですが、ワランティカード使えますか?」って聞いただけなのに「メーカーは直してます、あなたの着方が悪いんでしょうetcetc」って電話口でまくし立てられてやや腹立ちました。前回リペア前には縫い目から空気漏れてたけど「ピンホール修理」って戻してきてたし、もう誰が悪くてもいいから水没がヤなだけなんですが~。今度ダメならロクハンに逆戻り?d0056263_17203696.jpg
[PR]

by frappucci | 2008-11-21 14:06 | その他もろもろ

トランスメディア提供アイコン01 虫除け!

バリに行ってまぁ蚊に刺されるわ、刺されるわ…
最終日前日になって発疹でたり、帰国当日に熱が出たりで、食欲も落ちてたので友達に「デング熱?」って言われてびびりました。そう、蚊に刺されるって、痒いだけじゃないんですね。やっぱり刺されないのが重要。ちなみに熱は翌日にはひきました。ヨカッタ^^;

で、久々の?海外で忘れてたんですが、虫除けはその土地のモノが効く気がします。
というわけで右から、どこでもベープ(日本)、あとは虫除け(日本製、タイ製、アメリカ製、インドネシア製)…と行く国の分だけ虫除けが増えます^^ ちなみにバリで買ったやつは11000ルピーって値段張ってありますね。翌日帰国だけど、「また来るもん!」って買った…というか正確には両替金不足によりおさかな撮りさんに買ってもらったんですが^^;ありがとねー。いやフラプッチも1000ルピーは出したけどさ(=10円位。えばるな?)
d0056263_1746499.jpg

追記)
d0056263_20455563.jpg緋碧の豚さんより、バリでの虫除け情報およびautanの画像を戴いたので追加です。
フラプッチ購入の「soffell」は香りつき(香りは、フラプッチ購入のオレンジ=全然オレンジっぽくない香り、と、多分なんかのお花の2種類あるみたいです)ですが、同じく結構売っている「autan」っていうのは無臭だそうです。フラプッチもお店で勧められたのですが、匂いがわからなかったんで買わなかったんだけど…特に男性はファンシーな香りしてもねぇって感じだもんね?(でも、今回、バリでのガイドさんはフラプッチからこの虫除け借りて使いまくってたんで2人してファンシーな香りがしてたかも。。。←ガイドさんが誰だかわかる人はガイドさんのお顔を思い浮かべて、しかもファンシーな香りするところ想像してみてくださいだって。プ♪ ま、フラプッチは自分がつけてたのでガイドさんの匂いはわからなかったのでしたが。)
話はそれましたが、autan、こちらも良く効くそうです。

ついでに書いておくと、上記タイの虫除けは、薬っぽいというかスパイシーな香りで、これはこれでちょっといいかもな香りです。で、アメリカのやつは、匂いは日本の一般的な虫除けとあまり変わらないけど、めっちゃ脂ぎってます。これ昼間から塗るとサンオイルの役目果たして日焼けするので上から日焼け止めの重ね塗りが必須です^^;

更に追記)autanにもお花が書いてあるバージョンがあるので、香り付のものもあるかもです
[PR]

by frappucci | 2008-11-20 15:04 | ダイビング用品・小物

トランスメディア提供アイコン01 ターゲットライト変更~

最近は思いつきで買ったダークバスターJrをターゲットライトにしてたのですが、「重いし邪魔だし、明るくて魚が逃げる」って言われて、東芝のライト引っ張り出してきました。

d0056263_1754882.jpgホームセンターでハウジングに装着するための部品をゲット…32mm口径の水道管固定する部品を、先を切って貰ったL字型の金具につけて、そこにダークバスター用のウルトラアームアダプターをつけてみました。部品代・ネジ代・加工代しめて約600円也~。一応他の材質より高い&重いけどステンレスにしてみました。
なんか、金具が長いんだけど…ま、いっか。

こんど海で試してきま~す
[PR]

by frappucci | 2008-11-19 16:48 | 水中写真

トランスメディア提供アイコン01 リーフィー・シードラゴン@東海大学海洋科学博物館

ちょっとばたばたしていて更新時間がとれなそうなので2007年冬に撮影した、以前のネタです^^;
d0056263_21252184.jpgもともと一般の方に明るい環境で飼われていたコ達なため、展示が他水族館より抜群に明るく格段に撮りやすいです♪(ストロボは厳禁)というわけで粘りました~
でも撮りすぎちゃった…ので一挙公開!してみます(そんなに要らない?)

リーフィーは南オーストラリア近海の一部にしか生息せず、まだ人工繁殖に成功していません。
唯一捕獲許可受けているひとりは受精卵を抱卵中の個体のみ、かつ捕獲数制限があり、生まれた子供を育てて販売しているので、この人が育てられる数=世界に流通する数になり、流通する時期も幼魚の成育状態に拠ります。一時期、この人の許可も取り消されるって噂になり、某水族館みたいに大枚出すところが出てきて世界価格が一気に跳ね上がったリーフィーですが…結局そのあとどうなったか知りません。

d0056263_1454098.jpgほんとに優雅なお魚ですが・・・

d0056263_1455521.jpgコイツが体長2mとかで、海の中で正面から鉢合わせたら、絶対泣いちゃうと思う

d0056263_1461033.jpg体から二本ずつ45度の角度にヒレ(?)がでているんですね~

d0056263_1462386.jpg鏡よ鏡よ鏡さん、世界で一番キレイなのはだぁれ?
d0056263_1464555.jpg
[PR]

by frappucci | 2008-11-17 07:14 | 海の生き物

トランスメディア提供アイコン01 花束抱えて急ぎ足…のカニさん

自分より全然大きいソフトコーラル(大きなウミサボテンか何か??)を抱えて、これまた結構大きなカニさんが、砂地をせっせと歩いていました。@dive.294
d0056263_1443156.jpg


でもなんか翻弄されてるー^^ 
動きが可愛いんでビデオでみて下さい♪


一体、これをどうしようというんでしょうね??
***[2008年10月バリのINDEX]***
[PR]

by frappucci | 2008-11-16 18:01 | 海の生き物

トランスメディア提供アイコン01 [dive.303] シュノーケルの前フリの後でご対面~

今週は毎日更新!って張り切ってたんだけど、今日は24時に間に合わなかったよ~
仕方ない、更新日時を変えるか(姑息)←そこまで拘る必要ないけど


この1本の前のシュノーケルで、見たかも~。違ったかも~ってやってたマンジュウイシモチさんと念願のご対面でした
d0056263_101381.jpg

d0056263_1181785.jpgバリ最終日2本目は~なんかへんなサンゴとかいっぱいあってキレイそうなポイントなんだけど透視度があんまし良くないヨ~ってことで1本目で上がってたテンションがひゅぅ↓ってカンジのフラプッチ。いや、透視度悪いの別にいいんだけど、良く見えてたらキレイだったろうな~ってトコだとね。大瀬崎でも湾内で透視度悪くても何とも思わないけど、こないだみたいに外海のソフトコーラル綺麗なところ行って透視度悪いとちょっとやっぱり残念かも。

でもマクロだから関係ないのだ~と言いたいところなんだけど、珍しいスズメダイ居るよ~って言われて面影だけでもとらにゃってつもりだったので・す・が、まぁホントに面影だけじゃん^^;だって大きいしぃ~まぁその前にすっごい警戒されて全然近付けませんでしたが。で透視度悪いしねぇ←都合良い言い訳。コンディションだコンディション~。そんなわけでバローズダムゼル。面影…って良く言ったモンです、お魚の形がこの写真でわかるカナ?
d0056263_15090.jpg

こちらブログ用に写真選んでて落選したものの、ログに名前があったので敗者復活のモルッカダムゼル。この写真でどのスズメダイかわかるってすごいなー。なんか似たようなのいっぱい居る気がするんですが。頭が青くて体が黄色だったらフラプッチ的には全部レモンちゃんなんだけど^^;
d0056263_152668.jpg
他の日撮った、イエローリップサージェント(名前が記憶頼りなのでやや怪しいような)。ぶ厚くてまっ黄色なクチビルがキュートなコです。で、あと背中に黒い模様が入るのが特徴…らしいんだけど、個体差(薄くても興奮するとこの黒いのが濃くなるコもいるみたいだけど)があるようで、その前に撮ったコはこんなに黒い模様が出てませんでした。なので、このコ寄って来たときチャ~ンス♪って思いきやシャッター一枚切ったら泳ぎ去って行きました。体が曲がってるなら向こうに向かってるんじゃなくてこっちに向かっててしっぽがこっち向いてる方がポーズとしては好きなんだけどな~。
d0056263_154615.jpg

とか撮れないスズメに混じって見慣れないおさかなを後で名前教えてもらおうと思って撮ったんだけど、この回はログ付けでスズメダイの名前しか聞かなかったので結局名前がワカラナイっていうあんまり役に立たなかった証拠写真。とりあえずフラプッチの図鑑には載ってなかったみたい?
追記)Smith's fangblenny だそうです。kaonoiさんありがとうございます!後日バリ行ったときにきちんと図鑑見てメモしてきました^^←やることが遅い。
d0056263_16935.jpg

d0056263_162919.jpg撮れないスズメさんたちに疲れてきて、そこらへんに居るハゼ~って撮ったコ。なんかこの辺りにはすっごくいっぱい居て、最終日にはありがたみがなくなってたけど、でもやっぱり可愛いですねぇ。何の上に乗ってるんでしょう?ミラノカツ?←誰かわかってくれるかなー


もっと動かないお方も^^
なんか、ナントカ焼きの壺みたい
d0056263_16501.jpg

この時はスズメには逃げられまくってましたが、いつもお尻向けられるコが撮れたりして
d0056263_171679.jpg

こちらもいつもお尻向けられちゃう子達ですが。こっちは名前覚えたぞ~イトヒキテンジクダイですね^^って自信もって書くとまた間違い指摘されたりして。。
しかしお魚の名前って。。。糸引いたり後引いたり…なんか食べ物ブログみたい?(いや、食べ物で糸引くのはちょっと…)
d0056263_181589.jpg

ってそこにガイドさんが呼んで見せてくれたのは~~~
マンジュウイシモチの幼魚さん。。。だよね?!
わ~ヒオドシベラじゃなくて本物だ~♪←失礼な ってウキウキ撮ってました

一番上に載せたけど…んもぉもう一枚載せちゃうから~♪
テンジクダイ系の子たちはすぐお尻向けるんで、前から撮れてるほうがいいかなーって思うけど、こっちはおなかのあたりの青いのが反射しててこれはこれでカワユイかなって
d0056263_19297.jpg

んが
撮り終わって立ち去ってその場を見ると、フラプッチの居たところが、ちょ~うどフラプッチ一人分位モクモクでした(=_=; 犯人バレバレ
その後撮りに行ったろりちゃんは大丈夫だったのだろうか…。

でももうご満悦~ってことで余裕かましてガイドさんと並んで暫く観察してたスプリンガーズダムゼル。遠いなーと思って撮らなかったんだけど、怖がって逃げてのがだんだんナワバリ付近に戻り始めて、ココまで来たら撮ろうって決めてたとこまで来たので撮ってみました。ら、ガイドさんが驚いたように振り返ってた。あれ撮るつもりだったの?ってカンジだったかなー
d0056263_1464158.jpg

このコは名前聞かなかった…かな?
頭が青くて体が黄色いからレモンちゃんだ!←真に受けないように
というかこれがログにメモったモルッカダムゼル(の幼魚)かも?あれ、さっきの敗者復活スズメは…??
d0056263_1113290.jpg


まぁこれでもちょっと昔まで、見た生物の分類は「スズメダイ。ハゼ。なんかのおさかな。おっきいおさかな。ウミウシ。」とかだったんで~だいぶ進歩してきてる…でしょ??ダイビング始めたころなんか、「おさかな。岩。草。」だったんだからそこから見れば大躍進~。たった3年まえ~(あえて本数には触れず)
でもってそんなフラプッチはこのときまでヨスジリュウキュウスズメダイっていうお魚の存在を知りませんでした。うわぁあのミスジ、おしりがハートだ(・o・)って←その時点で筋みっつじゃないじゃんねぇ。このミスジに似てるのなんですかー?!ってガイドさんに聞いたら、「・・・ヨスジです」みたいな^^:
d0056263_115325.jpg


ちょっとマルちゃん似?って思って撮ってたこちらはアンボンスズメダイさんだそうです。丸々してたけど、猫目でしっぽがふたつに別れてるってフラプッチのタイプなコでした。可愛いのに写りがイマサンぐらい?で残念。
d0056263_1163830.jpg

通りがかりにもうちょっとお姉さん(お兄さん)のマンジュウイシモチも発見♪チビちゃんもお姉さんも、水族館でしか見たことなかったから嬉しかったです。
d0056263_1172578.jpg
水族館に居る子達は、たいてい色が黒っぽくなってます。展示されてずっと光当てられてると黒くなっちゃう種って居るっぽいけど、このコ達もそうなのかな。
まぁ本当は自然のなかでのびのび(?本人達は常に生存競争に晒されているかもだけど)してくれてるのが一番です。けど世の中潜れる人ばっかりじゃないからね。ただ、ほんとの希少種を気象だからって商売のネタにして第二のロンサムジョージ君を作るようなことはして欲しくないけれど。

ときに。。。
なんかバリでの写真が、全般的にこないだの大瀬より良くないなーって気がしてるのですが~
この最終日を別として。

で、実はこの日の朝かな?ガイドさんに、「ストロボの拡散板は、わざと上下逆につけてるの?」って聞かれたんです。うん?逆?まーなんでもいいんじゃないですかねーって答えたら、「でも、なんかストロボのセンサーみたいなのに合わせて穴があいてるっぽいけど」…って。更には、「(サファリを始めた)トランバンからずっと不思議に思ってたんだけど・・・」ってダメ押しが(//_//)
ちょうどね、この前日、ろりちゃんに言ってたんだけど、「あのガイドさんは色々気付いたり感じたりしても、それをいちいち客にペラペラ指摘したりしないでわきまえてるって感じだよねぇ、客商売なら賢いかも。でもフラプッチ、自分が気付かないこと気付かれてるのって恥ずかしくて苦手なんだよねー(この際フラプッチしか気付かないでいるシチュエーションっていうのはむしろ世の中では当たり前だっていうのはおいておいて)」ってちょうどそんな話してたのよねぇ。ああもう最終日で言う位ならそのまま全日程スルーしてくれたほうが恥ずかしくなかった。。。けど言ってもらったお陰で…「今日のぷっちゃんの写真凄く良いよ、質感が全然違うわ!!」ってろりちゃんが喜んでくれたわけですが。つぅか拡散板ストロボに付けたのってイツよ?!…思うにイチガンにした時な気が… 穴があったら入りた~い
***[2008年10月バリのINDEX]***
[PR]

by frappucci | 2008-11-15 01:44 | ダイビング日記