トランスメディア提供アイコン01 <   2007年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 [INDEX] chizukatさんのX-2 進水式+アルファ@富戸

週末は久しぶりの伊豆。chizukatさんがめでたくフラプッチと全くお揃いの、一眼デジカメCanon EOS 30DとハウジングINON X-2をゲットしたということで、進水式でした!

index & もろもろ
[PR]

by frappucci | 2007-03-30 05:58 | INDEX

トランスメディア提供アイコン01 [dive.192] 凪予報なのに超ストレスダイビング@ヨコバマ[後編]

こういうことって、年に1,2度あるらしいのです。
d0056263_1916463.jpg潜っている最中に海況が急変して、エキジットのためにお助けマンが出るっていう事態。凪の予測だったそうですから…もっとも、伊豆で長年潜っている知人曰く「あの日の天気図は東ならクローズ」。divers-highさんも同じコメントを前回の記事でくれましたね。

富戸のサービスもこの日はクローズしてなかったし、ここまでひどくなるとは思って居なかったんでしょうね。海ってやっぱり、なめるもんじゃないなぁって改めて思いました。

続き…いつものことですが無駄に長くてすんまへん。日記ですがもしよろしかったら。
[PR]

by frappucci | 2007-03-30 05:54 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.192] 凪予報なのに超ストレスダイビング@ヨコバマ[前編]

朝6時。ショップのクラブハウスで宿泊していたフラプッチ、嵐の音で目が覚めました。
凄い雨風。起きてショップのテーブルのほうに行くと、あべさんがもう起きてました。
凄いねーなんて話していたけど、雨足も弱まってきた。やってきたガイドさん、「今日は凪の予報だよ」と聞いてホッ。何しろフラプッチは富戸と相性が悪いのか、来るとかなりの確立で波が高くエントリ・エキジットで苦労するのです。でも、ガイドさんはショップから海の様子を見て「ウネリと波しぶきの方向がバラバラだ」とも言っていました。…でも彼も凪だと信じていたのですね…

富戸じゃーって警戒していたフラプッチ、ヨコバマに向かう道で、堤防の向こう側の海の様子を気にしていたのですが、波しぶきが上がってるし、波の音も聞こえてる。少なくとも凪じゃない…と思っていたのですが、実はガイドさんは、器材を背負ってエントリのためのスロープのそばまで行って、初めて波があることに気付いたと、後で話していました。もともと波のあるビーチでのエントリに対して、苦手意識が強かったフラプッチ。最近は克服してきて、特にエントリの時には大丈夫かなとは思うんだけど、それでも波があると緊張します。強い波に直接カメラを当てたら水没しないのか?とかも考えるし…(そういう危険ってあるのかな?)。なるべく、波の一番パワーがある部分にカメラを当てないように気をつけていました。

字ばっかになっちゃうので数少ない写真を1枚。
d0056263_519938.jpg
ちなみに、この日はchizukatさんとバディのOさん、そしてこの日から参加のあべさんとは別チーム・別ポイント=ほぼ別行動。折角一緒に潜ろうって一緒に来たのに残念に思っていましたが、結果的には全員でヨコバマじゃなくて良かったようです。特にエキジットのことを考えれば…

波があるため、エントリと同時に潜行しようとBCから空気…が抜ききれてなくて、思うように潜降出来ず焦りました。波やカメラに気をとられてたから?ただでさえ緊張しているのに慌てて、水中でバタバタ…、落ち着け~!呼吸はゆっくり~!呼吸が速くなるともっと潜れないぞ!って自分に言い聞かせてなんとか潜降。でも潜降ごときでプチ・パニックになった自分にショックで、その後20分ぐらい平常心に戻れませんでした。

ただ、たまたま潜降後、他のメンバーを浅場で待っている時間が長かった。後できいたところ、フラプッチのチームのダイバーさんで最後にエントリしようとした女性が、エントリのスロープで波に足元を救われて転げてしまい、その衝撃でレギュレータのマウスピースが外れてなくなってしまったのだそうです。…や、やっぱエントリだって波あるときはこわいんじゃん!ってその話聞いて密かに思ったフラプッチでした。w
そのダイバーさんが体勢と気持ちを持ち直し、ガイドさんが彼女にオクトパスで潜らせると決めるのに時間がかかったようで、こちらは水中で大分待っていました。…落ち着ける時間の足しになって良かったです。

で、ようやく水中散歩開始。。
でも、実はまだ落ち着きを完全には取り戻していないフラプッチ。
ガイドさんが見せてくれた、チョウチョウウオ系の幼魚がカイメンの中に隠れているという超カワユイ♪図を目の前にして、それを撮ることが出来ませんでした。

d0056263_624245.jpgストロボの角度を調整して試し撮り…をやってなくて、ストロボの電源を入れずに撮ろうとしてたうえ、ターゲットライトをつけたところ、異様に光量が少なく…。なんと水没ランプが点灯してます

もともとシーアンドシーのこのライト、水没ランプが2度点灯、更には充電ができなくなったことがあり、購入から1年経たずして3度も修理に出しています。2度の水没は、おそらく電池蓋を開けたときに水滴が入ったのが原因(但し2度目は、1度目で発生した腐食箇所のクリーニングが充分じゃなかったのかと疑っているのだけど)とのことで、いつもかなり気を遣って蓋を開けると同時に、なるべく蓋を開けないようにもしています。このときも前日のダイビング終了後、蓋を開けていませんでした。

なのに水没?エントリのときに思わぬ衝撃でもかかったのか?それなら他の器材は大丈夫なの?とか心配して器材全て再度チェック。

気を取り直して再度撮影にかかるけど、暗くてオートフォーカスが迷う迷う…。それならマニュアルフォーカスで、とフォーカスリングをまわすと、パチパチパチッと音が…。磁石が反発していて、マニュアルフォーカスが出来ないのです…セッティングのとき、チェックし忘れてた!!悪いことって重なるものです。とうとう、チョウチョウウオYGの撮影は断念しました。

落胆。

という感じだったのですが、ガイドさんが今度はオルトマンワラエビを見せてくれました。エントリ前に、見れますけど興味あります?って聞かれて、masayonextさんは良く見るから結構ですと断ったけど、フラプッチは見たい~!って答えていたのです。
というのも、以前コンデジで撮影したものと似たような感じで、一眼で撮ってみたかったから。で、撮ったのが上の写真。比べてみるとあんま似てませんが。。

…が、何せ暗い。オートフォーカスが合わない。ジーコジーコと迷ううち、オルトマンさんがソフトコーラルの裏側に逃げ出して…

本邦初公開?!
オルトマンワラエビのおなか。です。
d0056263_53748100.jpg
丸い。
オルトマンさんはヤドカリみたく、背中がぐるっと周ってるので、人間で言う?お尻のあたりはまんまるです。なんだかおばあちゃんの毛糸のパンツ、を履いているみたいでなかなかカワユイ。

オルトマンはいくら撮ってもかわりばえがしない、とお嘆きのアナタ
こんど、おなかを撮ってみるというのはどうでしょうか??(^o^)/

d0056263_5395479.jpgしかし、オルトマンは比較的冷静に撮れたものの、まだ完璧に平常心に戻っておらず…
ナヌカザメの卵を撮ったのですが~
どうも撮れなくて1枚でやめました。
ナヌカザメの卵って判りますか、、??
…フラプッチがこの写真見せられたら判りませんな←えばるなよ

多分この頃、masayonextさんはスナイソギンチャクを撮っていましたが、全然知らなかった…やっぱり平常心じゃない。え、見落としはいつものことですか?

お次はイソコンペイトウガニ。
事前にイメージしたように、角度をつけて撮ろうと、岩にしがみつきますが…
エントリした頃より、ウネリがかなり強くなってきていて、流れに逆らって岩にしがみつくと、スノーケルが振られてマスクがズレる…。レギュレータも振られて、頑張って逆らうフラプッチ、「んーぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅ」とか意味不明な効果音を発しながら撮影してました。

そんなに頑張ったけどこんな成果(トリミングしとります)。
ま、以前のよりドコにいるかわかるだけマシか…
d0056263_5443682.jpgしかしこの流れに逆らうのに、エアを食っている自覚がありました。凄い筋力使ってたし。そうでなくても、エントリとかライトの水没の不安で不必要にエアを消費していたのはわかっていました。しかしみんなイソコンペイトウガニで粘る粘る…撮り終えて移動が始まったときには残圧20。

まだエキジット場所まで距離があるし、このウネリからして波は結構あるだろうから、そうするとエキジットのスロープでいつものようにダイバーが転がっていて、後が支えて列になっていて水中で待ちが発生するに違いない。でも、波があるから水面で待つのもどうかという感じだし…それに波が荒いと自分もドキドキしてエア食うだろうから、エキジット待ちに入る時点で最低でも10は残したい…とか考えつつ、ガイドさんに、エアが~とアピール。50?って聞かれて「なにをおっしゃるウサギさん!!」と笑ってしまいましたが…ガイドさん曰く、あそこで笑ってたから、パニックとかにはならないと思っていた、とのことですが、50?って聞かれて、いいえ20って答えるのは恥ずかしかったヨ(^-^;)

しかし…エキジットは、想像を超える困難だったのです。結果的に言うと、見積もった残圧10などではとても足りませんでした。<あまりに長くなるので、続く。>
[PR]

by frappucci | 2007-03-29 06:25 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 200本記念のケーキ♪

沖縄から帰って来ました~

先日の富戸で、お祝いでケーキを食べたからそういう話になったのか、そういやフラプッチもうすぐ200本!って言ったら、「ウチの客はベテランが多いんで、200本ごときでは祝いません」とショップのTさん。うーん、柏島でkenyuさんのお友達のKさんが100本祝いして貰ってて、いいねぇ~なんて思って見ていたので、お祝いなしなんてサミシイ!!と、今回沖縄に行く前にゆうゆちゃん「200本到達予定だから、祝ってぇ~」とおねだりしておきました。

それで、ショップさんが用意してくれたのがコレ。
海に模した青いジェリーの上にお魚さんが~
そして、「ぷっちさん?!200本祝」の文字。
d0056263_2244943.jpg

この翌日1号さんmasayonextさんが帰ってしまうので、翌日200本予定だけど先に祝ってしまえ、という魂胆でした。けどまだあと3本あるので?マーク付きなのだとか。
「それで、明日何かあって3本潜れなくて200本行かなかったりしてね?!」とか冗談言ってたのですが…

宴会のあとホテルに帰ると、なんだかが…
翌朝にはも出始め。
それでも、風邪で潜ったことあるし、ちょい咳が出る位大丈夫♪と、2本は潜ったのですが、2本目潜水中に寒気がした瞬間があり…昼食時間も食欲が出ない。3本目のエントリ直前まで悩んだのですが、ぐんぐん具合が悪くなってきてるので、潜水断念
ホントに200本行きませんでした。
みなさん、無駄に祝わせてしまってスミマセン…

いやはやこれまで色々あっても、なんだかんだで笑える程度だったんですが~今回は本気で辛くて焦りました。慶良間からの帰りは船のすぐ前でクジラの親子がブリーチングを繰り返しする様子が見れて、ブリーチング見るの初めてで感動モノだったのですが、カメラで撮るどころか見てるのも辛くて5分位しか見ないで横になってました。
ショップに戻ったときには最低でも39度は出てたと思うな~。カメラ持って船から港に降りるその数歩だけでも辛かった。

てなわけで今回もナースゆうゆちゃんに散々お世話になってしまいましただ。本当すんまへん。。ゆうゆちゃん居なかったら動けなくて沖縄に延泊だったかも。これに懲りずまた遊んでねぇ~。。。
今朝も38.4度まであがってた。飛行機って、気圧の関係で、熱が出やすいって前に聞いたことあるんで乗るのドキドキでしたが、解熱剤が効いたのか、JALの客室乗務員さんがおでこに貼ってくれた熱さまシートが効いたのか(流石におでこを出して貼ってもらうのはちょっと恥ずかしかった)、飛行機で高熱出してお医者さん居ますか放送とかしないで帰って来れました。

教訓。風邪の引きかけで体調が下降調子の時は、コンサバに見積もってダイビングやめること。要は身体が病気に負け始めてるのだから、負荷をかけたら身体がより不利になりますわね。治りかけのときならまだしも…。あ、治りかけでもやめろって感じですか。ですね。

コメントは頑張って返したけど、家に帰ってくると気が抜けますねー(この記事は電車で書いてました)。もう寝ます~。巡回できなくてごめんなさい。おやすみなさい~~

[このダイビング旅行のブログ記事INDEX]
[PR]

by frappucci | 2007-03-26 22:52 | ダイビング旅行記

トランスメディア提供アイコン01 キャノン大会

d0056263_12594213.jpg今日はキャノン三台でキャノン祭りです

天気で良かった~
皆様良い週末を~

[このダイビング旅行のブログ記事INDEX]
[PR]

by frappucci | 2007-03-24 12:59

トランスメディア提供アイコン01 [dive.191] 珍しく?良い海況の富戸でゆったりダイビング♪

海況もお天気も良かったこの日、富戸での2本目。
1本目でchizukatさんは見たという、ホウボウYG、うえええ見たかった!と騒いでいたら、ガイドさんが見せてくれました♪
d0056263_2347556.jpg

光の当たりが良くてヒレの色が出ている写真はピン甘&浮遊物映りこみアリ、ピンが来てると思うと目やヒレの色がイマイチ…なかなか難しいもんです。
d0056263_23473482.jpg

今回ヒットだったのは、初めて見たこのザラカイメンカクレエビさん。
ザリガニみたいに太いハサミが毛深くてなんだか笑えます
d0056263_23475579.jpg

イチモンジハゼは、ガイドのTさん曰く「水中で見るとどうってことないけど、光を当てて写真を撮ると、美しさがわかる被写体」。確かに、水中で指されたときには、地味なヤツ~って思いましたが結構可愛いね♪
d0056263_23481572.jpg
ついでに、正面顔と横からの姿も結構ギャップがあるような
d0056263_2349243.jpg

なんだかこんなヤツごとき?に苦戦してしまいました
結構動くの早いのよね。
今度は前から撮ろう…(汗
d0056263_2350366.jpg

d0056263_014282.jpgこんなんで苦労しているようでは今回もX-2の先輩!ってトコはchizukatさんに見せられない!とか思ってたのですが、そのチャンスが♪ガイドのTさんがX-2をchizukatさんから預かって試行錯誤。ストロボが光らない!わかる?と言うので、内臓ストロボを上げるレバーをひいたところ、光るように♪
「…で、何撮ってたんですか?」ってフラプッチ。指さされたのはソフトコーラル。フラプッチもついでに何枚か撮ってみました
d0056263_23582954.jpg水中を舞っていたヒラムシ。ガイドさんが砂の上に置いて(?)くれました
キレイな色です
こんなにバッチシ見たのは初めて!!だったミズダコ。穴に入りたいのに、穴の逆側から指示棒で突つかれて…最後には、びゅーっ、って飛んで行ってしまいました。次の瞬間には、水中にいかにもタコ!なシルエットが横向きに泳いでいく…あっという間の出来事で撮れませんでしたが~オオ!タコだタコ!って感じでした
d0056263_23585094.jpg

d0056263_23593052.jpgるりすずめさんが、「カイメンがあれば覗きたくなるのが人情」と書いていたのを思い出して、覗いてみたら居るわ居るわイソカサゴ。
d0056263_00175.jpg嬉しくなってあっち覗き&撮り、こっち覗き&撮り…
d0056263_07032.jpg3匹撮ったら飽きました(笑)

なんとなーく、写真の出来に飽きた。っていうのが出ているような。。
この日はお天気が良くて浅場の海草がとってもキレイ♪
光に誘われて、海草を撮ってしまいました
d0056263_02380.jpg
masayonextさんは上機嫌(水中でマスク越しですがそんな風に見えた…ま、溺れているようにも見えましたがwww)で浅場で写真を撮ってました。
フラプッチは先に上がったのですが、寒かったのでmasayoさんを待たずにヨコバマから温泉丸まで一人で歩いたのですが…な、長かった~~。凄い遠いね。特に重たいカメラ持ってると…。びっくりしました。

この日はこの後、昼食・ログ付け・買出し…。あべさんが到着して、クラブハウスで宴会でした♪Oさんご持参の美味しい日本酒と、地元で取れたアオリイカとかの刺身とか、あべさん差し入れの押し寿司とか…ひとり2千円でたらふく食べました。あ、それは日本酒持ってきてもらえたからか、Oさんご馳走様でした♪
chizukatさんは、飲み会の間もずーーーーっとカメラの話してて、熱心でしたわ~
[PR]

by frappucci | 2007-03-24 00:09 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 湿潤治療と水絆創膏~新しい傷の治療方法

去年柏島でケガをしたあと、傷の治療法についていくつか調べてメモしてあったのですが、今回ひざをすりむいたとき、賢2さんにその話をしたらへえーなんて反応だったので、皆さんにもご紹介しようと思います。

★湿潤治療

賢2さん、フラプッチがケガしているのを見て、消毒薬と絆創膏を買おう!って薬局に一緒に行ってくれたのですが、フラプッチは消毒薬は必要ない、絆創膏は違うやつがいい。って止めました。

従来、傷は消毒して乾かす、のが常識だったと思いますが、
最近は、傷は消毒せずに乾かさないほうが良い という考え方が出てきています。
これが湿潤治療です。

従来の方法では、
消毒することにより、正常な細胞や、集まってきた白血球まで破壊し、弊害の方が大きい。
また、乾かすことにより、皮膚を治癒するために分泌される傷口のジクジク、「細胞成長因子」の働きが阻害されると共に、乾燥に弱い真皮も殺してしまう。
という理論です。

もちろん、この治療法は、雑菌をなるべく落とすよう、まずは傷口をよく洗浄するのが前提です

ちなみに、フラプッチは4年前、アメリカでチャリでこけて破傷風の注射を打っているので、破傷風の心配はないのだ。10年は大丈夫って言われたもん。ふふぉっふぉっふぉ。外国でコケた甲斐があった。(?)まぁ日本ではあまりないかもですが、破傷風。これから温暖化で破傷風菌の勢力が増すとかあるかも?しかし、海外で擦り傷などが地面に触れた場合などは要注意です。以前雑誌ディスカバーを読んでいたら、サンディエゴでサッカーの試合の最中に転んでケガしたメキシコ人(=破傷風の予防接種を受けたことがない)が破傷風になった事例が載ってて…背中の筋肉がひきつれて背中がのけぞり、背骨が折れる…とか、恐ろしかった、、、

d0056263_13282284.jpgでもって、この理論もとにを商品化されたのが、BAND-AID キズパワーパッドです。
フラプッチも今回、この商品を購入。
通常の絆創膏と比べると高いけれど、一度貼ると最高5日間まで貼りっぱなしにできるし、傷の治りも早く(キズを3倍早く治すと宣伝してます)、跡も残りにくいのなら良いかもですね。
しかし、フラプッチのは傷がでかすぎて、端から汁が垂れてきます…ohz
従来の絆創膏のようにパッドがないのですが、結構膨らむので、傷口より大き目のものを貼るのが良いようです。

また、キズパワーパッドでこの体液を保つために利用されているハイドロコロイドは「乳幼児に使うとかなりの率で接触性皮膚炎を起こしたり,膿痂疹を作る」そうで、2歳以下の子供には使えないとか、既に化膿しているものには不向き、とか注意書きにありますので、利用の際には説明書をよく読みましょう

湿潤治療についての詳細は、この治療法について本等出版しているお医者さん、夏井 睦さんのHPで。また、こちらなどではもうちょっと大まかにざっと説明してあります。


★水絆創膏(液体絆創膏)

さてはて、上の治療法が良いにしても、絆創膏をカバーする防水のシートなどが手元にない場合、ダイビング中にケガをしたらどうすればよいでしょう?
この、水絆創膏がよいかもしれません。

d0056263_13305460.gif瞬間接着剤のような液体を患部に塗布・乾燥させることで被膜を形成し、細菌の侵入等を防ぐもので、被膜が患部に密着するため皮膚の屈伸に強く、また、水にも強いというものです。
コロスキン(東京甲子社)、サカムケア(小林製薬)リュウバン(大木製薬)などという名前で売られています。

ちなみに。塗布時に一瞬しみることがあるとか書いてあるようですが…
実際は劇的に痛いらしいです。
アルコールで消毒する痛みの比でないらしい…
そして、これらの中身は殆どアロンアルファと同じで、実際アロンアルファでも代用できると聞きました。
度胸のある方、ぜひ実践してレポートしてくださいww


★止血して防水へ
ちょっとした切り傷の場合なら、アロンアルファで苦しまなくても、止血して防水テープを張ったら潜れるかも?出血をすばやく止める、というBAND-AIDクイックヘルプという商品もあります。

また、キュビエ器官が止血に使えるらしいですね。水中でナマコゲットできたら、お手軽かも??

水を傷口に触れさせないためには、こういう商品があります>BAND-AID やわらか防水フィルム
これ、柏島でケガしたとき、kenyuさんに防水の絆創膏買ってきて!!って頼んだら買ってきてくれたヤツです。その節は大変お世話になりました>kenyuさん まだお会いしないうちから頼みごとしちゃってすんまへんでした(^^;) やっぱ柏島とかだとこういう商品はなかなか手に入らないようでして。

あのとき以来、実はダイビングに出かけるときは、コレ(の類似商品を)いつも持参しています。

ちなみにフラプッチはJohnson&Johnsonのまわしものではありません。
[PR]

by frappucci | 2007-03-23 13:32 | 危険情報

トランスメディア提供アイコン01 賢2さんとマスク取付け用バックミラー

このところばたばた遊びまわってましてブログが滞っております。レスまで遅れてしまっててエライ失礼しております!スミマセンm(_ _)m

月曜日のビルバインさん、ヒメ、くりさんとの通称ボス会(→くりさんレポビルさんレポ)で当てられた毒気も覚めやらぬまま、昨日はchizukatさんにお誘い戴いて、香港から訪日中の賢2さんと3人での、水族館→ダイビング器材屋巡り→飲み会 でした。

d0056263_10443922.jpg待ち合わせに向かう際、駅に辿り着く前にコケて、タイツがヒザのところ直径5cm位の大穴開いてそこからダラダラ出血…お陰で電車一本乗り遅れて「遅れます~」って連絡したら、今度は人身事故かなんかで電車が止まってまた電話「すみません、更に遅れます~」…賢2さんには会うなってコトなのか??って焦りましたが、お会いしてみれば賢2さんはブログで読む以上に楽しい方で、文字通り、あっという間に時間が過ぎてしまいました。もっともっとおしゃべりしたかったな~。なんだか、香港からのお客様なのに、もてなすどころかもてなされてしまった感じでスミマセン、今度はきちんとおもてなししますねー>賢2さん(呼び方、賢2でいいよって言われたけど、なかなか…ww) そして、いきなり流血しながらの登場で驚かせてスミマセン。…ま、案の定「プッチさんはブログで想像したとおりの人だった」って話で片付きましたが、、。

d0056263_1044553.jpg上の写真は、器材屋さんでの賢2さん、マスク用バックミラーをお試ししてご満悦、の図です。賢2さん相当気に入ってもう少しで買いそうになっていました(笑) ボートでジャイアントエントリとかしたら絶対外れるよね!とか、透明度悪い海の水中でなんて結局見えないよね!とか突っ込み入りまくりでしたが。まぁでも写真に夢中になってる後からライトをチカチカされたら見えていいかも?

しかしこのバックミラー"I SEA U", 某器材屋価格4200円…(汗)たかい
フロリダの会社が作ってるみたいで、アメリカでの定価は$29.95のようです。
でもね!賢2さん、"I SEA U"の詳細見つけたらお買い得情報も!3つ以上買えば1個$3.95 で在庫処分やってるみたいよ?香港ダイバーみんなでつけてみるとか、どうでしょう??
[PR]

by frappucci | 2007-03-22 10:58 | ブログ

トランスメディア提供アイコン01 ワレカラを探せ!

ええとダイビング日記も旅行記も間に合ってないのでとりあえずコチラ。

d0056263_13453160.jpgこの、インディアンの羽みたいなの、なんていうイキモノでしたっけ??シロガヤでした。刺すと結構厳しいらしい。気をつけないと。。
今回黒いのも見ましたが、白いのが多いです(少なくとも富戸では)。黒いのはクロガヤ。

凛として美しい。って思ってシャッターを切ったのですが…

ログ付けのときに、こいつには沢山ワレカラが付いているよ、とガイドのTさん。どれどれ?って拡大してみると…

d0056263_1346152.jpg[クリックで拡大します]
ホントに沢山付いています。更には、卵持っているヤツとかも居るんだとか。
肉眼ではほとんど確認不可能ですが、こういうの見れるの、マクロ撮りの楽しいところですね♪
今度は、ワレカラ単体狙いでいってみたいな~(って言って、本当にそんなん、いってみたいのかな~??)

ちなみにワレカラって、甲殻類だそうです。
[PR]

by frappucci | 2007-03-19 13:46 | 海の生き物

トランスメディア提供アイコン01 思いつきで

d0056263_9534191.jpg

旅に出てきました

今年はJR発足20周年記念で青春18切符が特別価格、1日1600円で普通電車乗り放題です。
そのお値段なら、どこか遠くに生きたい~♪ってなるのは人情?

と思ったら伊豆急は私鉄だった…

ブログの巡回やコメントのお返事は明日帰れば明日ということで…いつもスミマセン。

皆様も良い週末を~
[PR]

by frappucci | 2007-03-17 09:53