トランスメディア提供アイコン01 <   2006年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 ダイバーとしての成長。

週末は…
このところでかけっぱなしだったので、久しぶりにおうちでゆっくりすることに。
ネットもほとんどせず…
そんなわけでコメントお返事遅れてましてごめんなさいです。

自立するまで、暖かい目で見守ってね。ヒトヅラハリセンボン@ラチャ・ヤイ、プーケット
d0056263_16272251.jpg


このヒトヅラハリセンボンさん。逃げようがない場所にいたことをいいことに至近距離で撮らせていただきました。怖かったかなぁ、ごめんね。トリミングなしですよぉ。凄くない?デカかったことも確かですが。ってまたコレ、レスキュー講習中だったりします…
ハリセンボンとは、眼のところの帯が頭まで延びないかで区別できるそうです

またクダラン事書いてるかもですが、よろしければドウゾ、、、先日の記事の補足?です
[PR]

by frappucci | 2006-07-31 13:40 | つぶやき。。。

トランスメディア提供アイコン01 [dive.109] レスキューそっちのけでサラサ・マッサージ♪

d0056263_14133940.jpgさてさて、話が前後しますがレスキュー講習2本目。もうすでにあんまり覚えていないのですが…日記と名のつくものは早く書かないとダメですな、特に記憶力の悪い人の場合。(汗)
水面から潜降前、イントラのYさんに、「アタシ、OW取ったばかりでーす。付いて行きますので宜しくお願いしマース」…ってアナタいきなり!フラプッチ、地上でも全然迷子になっちゃう人なんですが!とりあえず進路方向だけは見てました。しかし何の加減も判らんもんで、あんなんではナビしたとは言い難いような…単に島沿いに移動しただけだもん。ああ、セルフの道は遠い(涙)

お天気はいいわ、透明度もいいわでめっちゃ気持ち良い。ってああ、コレ、海洋講習なのよね。ふと振り向くと気絶してたり足がつってたりするYさんを適当に助けたりしながら←ヲイコラ ファンダイブ続行。
d0056263_14142215.jpg

この一本、なんと言っても印象に残ったのが、初・サラサマッサージ体験(って、クリーニングですが、タイなんでマッサージと呼んでみてます)!とうとうサラサエビさんに指先に乗ってもらいました~♪イントラのYさんが、このコならやってくれそうよ?と教えてくれたコ。同じ穴に居るエビさんたちでも、個体によってヤル気がかなり違います。でも、一匹乗ると、おずおず他のコたちも♪
d0056263_14152976.jpg
…が、結構イタい。右手をクリーニングされつつ、左手で写真を撮ろうとしたのですが、利き手でないのでテキパキとも行かず…その間にもチクチクされて「あイテテて~」

砂地には、相変わらずハゼの類が沢山。それに気付いている自分に嬉しかったり♪でーも写真撮ると、ストロボが当たってない?水中でみたほどには良く見えません。
d0056263_1416056.jpg


このコは何の幼魚でしょ?逃げ回られてお尻しか撮れず残念…。カメラのせいにしておくけど、水中モードにしておくと、反応遅すぎ&次のシャッター切れるまでの時間長すぎ!せっかくこのこがこっちを向いたのに、カメラがまだフリーズ状態で撮れなかった。…やっぱしMYモードを研究せねば。
d0056263_14162984.jpg

d0056263_1417955.jpg安全停止を終わると・・・案の定(笑)Yさんが意識不明に。レギュを咥えさせながらゆっくり浮上、ボートまで引っ張って帰ってボートに乗せてみました。その割には水上写真とか撮ってるんですがいつ撮ったんだろう(汗)
やっぱり同じ体格の女性ぐらいなら、あまり苦も無くボートに乗せられます。フラプッチ割と力持ちだからね。波があったりすると勿論違うのでしょうが…。ビーチで海洋講習の場合は、引きずって歩いたりするんでしょうか。おそろしや。まぁ、実際のレスキューとなったら大変とか言ってられないのだろうけど。実はちょっとだけ、ビーチで引きずり上げるとかもやってみたかったかも…
[PR]

by frappucci | 2006-07-28 14:20 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 ダイビングとシーズナリティ

ダイビングで海外に出かける際の候補地を決めるとき、重要なファクターがシーズナリティです。
d0056263_8475375.jpg

季節によって、海の中で見られるものも変わるし、海が荒れる時期もあったり、時期によって潜れるポイントが制限されることもあります。更には雨季・乾季の違いがあったり、台風等が来たりすれば、ダイビングどころかホテルに缶詰になってしまう可能性だってあります。雨季や台風シーズンだから雨の可能性もある、或いは、海が荒れるからボートは揺れる…とわかっていて出かけるならいざ知らず、何も知らずに行ったら南の島に行ったつもりが連日天気は悪いわ、ボートに乗れば揺れるわ…ではがっかりです。

南の島は道路の整備とか悪いことも。
プーケットも雨降り出したらあっという間に道路が陥没してました
d0056263_8484330.jpg

ところが、こんなに重要なシーズナリティ、あまり情報として出回ってなかったりします。現地のダイビングショップに問い合わせしても、「今は海があまり良くないから、どうせなら半年後にしたほうが良いですよ」とは言いません。ショップだって商売だから当たり前です、来て貰えれば海況が良ければ潜ってもらえるけど、来てくれなかったら商機を逃すわけだし。時期的に良くなくて特に目玉がない一本になったとしても「今日は大物は居ませんでしたね、残念~(←嘘ではない)」で済ませられるしね。ダイビングの雑誌も、ショップにスポンサーになってもらっているため、どこはベストシーズン、ということは書けても、どこは今はシーズン良くないとは書きません。

d0056263_8473219.jpgフラプッチ、そもそもシーズナリティがあるってことすら最初はわかってなかったし、行き先を決めるときに結構苦労したことがありました。OW取得のグレートバリアリーフも、行った時(5月)は海が荒れる時期で、ボートが揺れて大変だったし、去年の年末年始とかプランニングがホント大変だった。流石に、ダイビング仲間も増えてきたりで色々教えてもらえるようになったり、自分でも色々わかってきましたが、こういうところで苦労している人って他にも居ないかなぁ。
ちなみに、そういう方にオススメが、地球の歩き方 リゾート ダイビング旅行完全ガイドです。気候や気温、水温などの目安があり、どこかいいとこないかな~というときに重宝します。

d0056263_850454.jpgプーケットには雨季・乾季があり、雨季には天気の日もあれば土砂降りの日もある、で、晴れと雨の日が数日ずつでローテーションというパターンが多いようです。フラプッチも何度か短期間行っただけなのでよくわかりませんが。上の写真数点は2006/4/27のプーケット。前日まで連日晴れていたのに、いきなりの土砂降りで驚きました。道路なんかあっという間に陥没するし。ところでプーケットはスクーターで移動している人が多いのですが、あの人たちはいきなり雨が降ったらどうしているのか、不思議です。急いでレインコート着るとかかな?

今月プーケットに行った際も雨季ということで、運が悪ければ毎日雨…と思っていたのですが、屋内での講習当日は凄い良い天気。そして、良い天気よ、持ってクレ~という祈りが届いたのか、海洋講習当日も良い天気でした。

海洋講習は、プーケットから南にボートで2時間位(だっけか?)のラチャ・ヤイ島。
お天気がいいと、凄い綺麗なのです!!こんな感じ。じゃーん!
d0056263_8513023.jpg今回、荷物が多いので旅行には一眼ではなく、200万画素のコンデジ、コニカ・ミノルタのDimageX20を持っていったのです。小さくて手軽に撮れて良いカメラなんだけど、うーん、こんな綺麗な景色なら一眼で撮りたかった!ちょい残念~

d0056263_8521067.jpgあまりの美しさと気持ちよさに、1本目のダイビング後、島の近くに船が停泊している間、ボートの前方で何人かでノピとかしながら日光浴。デンマークから来たという右端の彼も大喜びで「気持ち良い~!綺麗~!サイコ~!」とか叫んでました(笑)
d0056263_8522215.jpgダイビングのボートですが、今回はシュノーケラーとして乗り込んできた人も多かった。ただいまシュノーケラー回収中。シュノーケルの場合はダイビングよりも更に天気は重要ですが、欧米のお客さんの場合は、現地で前日夕方にシュノーケルやダイビングをショップにウォークインとかで予約という人も結構居るようです。前日ともなれば天気の予測がある程度はつくだろうから、良い方法かなと思います。もっとも、連日晴れていても翌日も晴れるとは断言できないのが雨季の痛いところですが。

d0056263_8533048.jpgダイビングの合間の食事も、こんな天気の下では良い感じ♪

タイ語でペプシ、と書いてあるビンが可愛くて(たぶん、ペップシって感じ?)ビンも写真に撮ってみましたが、ちょい写真が小さいかもね(笑)

d0056263_8534259.jpgこういう天気に当たってしまうと、雨季もプーケットお勧め!と言いたくなりますが、こればかりは運ですからね…短期間の滞在のために往復2日かけて行くとなれば、やっぱり強くお勧めしていいのかは微妙ですね…。

ダイビングを終えて、チャロンの港に着いたころには、少し雲が出始めていました。
d0056263_85422100.jpg

[PR]

by frappucci | 2006-07-27 09:01 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 タイ語!タイ語!

タイ人ガイドさんにログブックにタイ語書かれて、なんとか読めないかとタイ文字一覧を入手したりしてタイ語をうんうん眺めているうち、だんだんタイ語が可愛く見えてくるようになりました。こんなんとか、可愛くない?

こんな、道端の段差埋め用の木にタイ語が書いてあるだけで、かわいー♪って写真撮ったりして。
(写真撮ってたらタイ人に笑われてた…なんて書いてあるんだろう?)
d0056263_1232834.jpg

フラプッチはコトバに恋するところがあって、昔フランス語勉強してたときとか、フランスへ行って周りがフランス語話しているだけで幸せな気分になったもんです。今度はタイ語が好きになってきたかも…けど、聞けない・話せないだけでなく、文字が特殊なので読めない・書けない、の四重苦なのです。日本語勉強してるアメリカ人とかもそんな感じなんだろうなぁ。

前回のタイ旅行前にいくつか、タイ語の単語を仕入れていきました。で、ショップのオフィスで、スタッフに披露したりして。「ねーねー、あたし、ガイドのK君のために、タイ語覚えてきたの。」「ん?なんていうタイ語?」「”田舎モノ”!」スタッフ大喜び(K君は北部の農村地帯出身です)。そこにちょうどK君が現れたので、「K君~!ひさしぶり~!K君のためにタイ語覚えてきたの~。”田舎モノ”!あとね、それからね、”気分屋”!」またまたスタッフ大喜び。

しかし、タイ文字は難しい…絵にしか見えません。だいたい、42種類(だっけか)+記号とかあって覚えられるわけあるかゴルァ!っちう感じです。
でもね、ショップからホテルに送ってもらう途中に通りがかったバスに書いてあった文字を見たときのこと。「パ…ト…オン…グ…、、、え?もしかして今のバス、パトン、って書いてあった?!」と運転手さんに聞くと「書いてあったよ。」やったー!初めてあんちょこなしで読んだタイ語の単語は、「パトン」でした♪

しかし今後お勉強するのかはやや不明。むぢかしすぎます。
[PR]

by frappucci | 2006-07-26 10:00 | つぶやき。。。

トランスメディア提供アイコン01 御蔵島での事故の当事者の方の体験記

先日御蔵島に行ったとき、波が高かったりしたのだけど、そしたらちょうど同時刻に御蔵で転覆してたらしい、とブログ記事で事故について紹介したところ、その事故に遭われたAimeiさんからコメントを頂きました。

Aimeiさんは、ご自分のブログで、その当時のことを詳しく書いていらっしゃいます。
詳しくはAimeiさんの記事でどうぞ。

More
[PR]

by frappucci | 2006-07-25 10:28 | ブログ

トランスメディア提供アイコン01 伊東マリンタウン シーサイドスパ

外資になってどんどん整備されてるIOP。でも、防犯カメラが必要な日本人ダイバーのモラルさかげんは…と思うとちょっと悲しくなりますね
d0056263_1413522.jpg車を持ってない貧乏ダイバーのフラプッチ、伊豆には大抵電車でえっちらおっちら来るので、帰りにどこかに寄るとかもできません。都内のショップのツアーで車で来たこともあるけど、そこのショップってノンビリ派で、伊豆で一泊した翌日でも2本潜ったら全然どこかに寄る時間も無いのに帰宅は夜中。フラプッチ地元のショップでも温泉寄るところもあるらしいんですけどね~フラプッチ使ったところは潜る準備からしてノンビリしてたからなぁ。

しかし、この日のメンツは伊豆に来慣れているベテランダイバーのtomoさんご夫妻noriさん。みんなIOPでテキパキ潜ってとっとと退散。
まずはお昼ごはんはサシミ定食を…ってまた写真忘れちゃった(汗) このお店、以前富戸来た時に来たところですよって、それを覚えているtomoさんたちって凄い(?)。フラプッチはなんでも忘れるからなぁ、絶対自分ではこの店まで来れないだろうな。そもそも店名さえ判らないし。もうちっと記憶力が良ければ今頃色々詳しくなってるんだろうケド…くぅ。実はこうやってブログ書いているお陰で、これでもフラプッチにしてはダイビングのことは色々忘れないでいられているのです。

d0056263_14132992.jpg食後は、伊東の温泉、伊東マリンタウン シーサイドスパに連れて行ってもらいました。入場料1500円だけどダイバー割引で1000円。屋外の温泉からは海やヨットも見れて気持ちよかった~。何しろこの先、家までの道のりがまだまだ長いので、さっぱりできて、帰ったら寝るだけ、っていう状態にできるのはありがたい!すっかりリフレッシュして、長旅に備えました。”本格的中国式足裏マッサージ器8分100円”はイマイチだったけど(笑)

温泉後は、海を見ながらソフトクリームを…
d0056263_14135175.jpgこのお店では、カップorコーン、ソフトクリームorフローズンヨーグルト、を選んでからトッピング3種類までを選ぶと、トッピングをアイスと共にミキサーにかけたものを供してくれます。
ミキサーっちうよりはなんだかドリルですが。(^m^
フラプッチはカップ入りフローズンヨーグルトに、イチゴ、マンゴー、きのこの山(!)をチョイス。いつもながらにコドモ系ですがマンゴーが入ってるのが最近南の島に行くようになってからの成長の証です。一昔まえなら…メロンとかだったかなぁ。
d0056263_1414725.jpgこのアイス、海を見ながら食べると幸せになれるんだってさ。すでに大変幸せそうなカップルが海を見ながら食べた場合はどうなるんでしょうねぇ。アイスよりtomoさんたちとご一緒させていただいているほうがご利益ありそうな気がするような(笑)
d0056263_1417819.jpgtomoさんたちには熱海で降ろしてもらって、その先は電車でまだまだ長旅。(笑)
そうそう、tomoさんにはダイビング後のお疲れのところを運転までしていただいて、駅まで送ってもらったのです。tomoさん、ありがとうございました。

で、降ろしてもらった熱海ではお祭りなのか、山車が出ていましたが…いまどきの山車ってこんなの?こないだディズニーランドで見たパレードでもこのキャラクター見かけたんですが…。

いやしかし。うちから伊豆は遠い~です。
遠いとか言いながら、新幹線代ケチって、在来線で普通に帰るのにつき合わせてしまってnoriさんごめんなさい。しかしハナシは尽きなくて、なんだか電車に乗っている時間はあっという間でした。
[PR]

by frappucci | 2006-07-24 14:25 | ダイビング旅行記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.116] IOPでこの2日間のダイビングをしめくくり!

さてさて、1本目のエントリでいきなり転がったフラプッチ、こんどこそはと腰を落として2本目は無事エントリ(*^-^*) そーよ、さっきはちょっとビーチが久しぶりで調子出なかっただけよ♪ちなみに2本目は、1本目のあまりの水温の暖かさに、Sさんの「2本目のほうが寒くなりますよ」の警告もなんのその、フードを使わず潜ってみました。そしたら結構体感温度が違った(笑)さっきはお湯だった20度がお湯じゃなくなっちゃいました。うーんフードって偉大。頭からかなりの温度が逃げるとは聞いていたけど、そのとおりなんだなぁ~と思いました。けど、フードはつけた感じ、あんまり好きじゃないみたいだから、我慢できるならつけたくないかもなぁ。

2本目は、アオリイカの産卵を狙って砂地へ。けど、着いてみると卵らしきものはなし…。もしかして、フラプッチが認識できてなかっただけ?って思ったけど本当になかったらしい。富戸ではたくさん見れてたらしいんだけどね、、残念。

d0056263_14565433.jpgこういうのをソフトコーラルっていうのでしたっけ?意外とIOPには沢山ありますねぇ
前回来たときには全く気付いていなかったのは、これがソフトコーラルだっていうこと自体知らなかったから、そこらへんの雑草ぐらいに思ってたのかもしれない(笑)フラプッチはダイバーになったときは、海にいるもので知っているのは魚とヒトデと海草ぐらいでした。岩と珊瑚の区別がつかなかったもんなぁ。OW講習のときとか、「珊瑚につかまらないで下さい!」「えーっ、珊瑚ってどれですか?!」で、怖くて何にも触らなかったっていう記憶が。

d0056263_14573568.jpg

なんかアオ以外今回は特筆するようなモノを特に見たというわけでもなく。けどでっかくて地味な魚が結構いるんですね。でっかいくせにカメラ向けると結構逃げるの。小心だなぁ。この子も「あら嫌だっ」っていう表情。次の瞬間逃げ出してました。

アオは恋の季節?トンじゃってますが…
d0056263_1458364.jpg

ほか、やどかりさんとか(実は結構一杯居るのね)撮ってみたけど超ピンボケでした。

さてはて。2本目も終わり、無事エキジット…と立ち上がったら、あらら、手すりから結構離れたところだった。何かにつかまりたいなぁ。とか思った次の瞬間。ざっぱーん。うわああ、せっかく一本目はきちんとエキジットしたのに!2本目はコケないでエントリしたのに!また転がってしまいました。しばらく立ち上がろうとしてもがいていたものの、前に富戸でビルバインさんから聞いた、「転がったときはそのままハイハイして、とにかく波が無いところまで移動すること」を思い出してハイハイで逃げ出しました。そして無事エキジット。しかしまぁ、カッコ悪ぅ。この2日間の4本、どれもなんだかエライみっともないダイビングでした、まったく、最後の最後まで…(泣)
[PR]

by frappucci | 2006-07-23 20:53 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.115] IOPでは一回り大きくなってリベンジ!…のはずが。

もともと三連休、3日間とも神子元の予定だったのだけど、海況が良くなりそうにも思えないし、こりゃタマランってな感じで2,3日目をキャンセル。ダイバーになって以来、自ら進んでダイビングをキャンセルしたのはこれが始めてでした。

お久しぶりのアオ君!伊豆に来たって感じがしますねぇ。
d0056263_14223638.jpgで、2日目は4人でIOPでセルフで潜ることに…!
レスキュー取ったのって、もともと、セルフで潜るのにバディさんへの自分なりの最低限の礼儀かなぁって勝手に思ってたからだったんだよね。こんなに早く夢がかなうとは!これは棚から牡丹餅♪…って、終わってみれば何の貢献もしてないので、イントラさんについて潜ってるのと一緒じゃんっていう結果だったんですが。まあ~、ナビとか、まだまだこれからお勉強しなきゃいけないこと一杯あるね。すいません、tomoさん、お世話になりました…

IOPには8時半には着いて、早い!と思ったらもう既に人が沢山。ちゃっちゃと潜っちゃいましょ、っていうSさんの提案で、早速スロープへ。最近外資系に買収されて、エントリとエキジット両方に専用のスロープができたとのこと、「それだけのことなのに随分違うねぇ」とSさん。

さてさてIOP。初めて日本で潜ったときの、伊豆でのツアー2日目のポイントでした。ちょうど一年前ぐらいなんだね。あの時は、エキジット時に転がっちゃって情けない思いをしたっけ…。ふっふっふ。あれ以来100本潜って、一回り大きくなって戻ってきたフラプッチを見てらっしゃい!とか思ったのもつかの間。いきなりエントリで転げました。こここ、こんなハズではなかったのにぃ、、、!ってか前回IOPでエントリ時は転んでないんだけど!…スキル後退?!
d0056263_14225839.jpg

でもまぁなんとかエントリすると、tomoさんがスレートを出して何か書き始めた…
「このマスク全然見えない
なんと、この日ブースを出していた器材やさんで借りた半透明シリコンの偏光マスク、「マスク周辺からは光が入るのに、マスク正面に見えるのは自分の目ばかり」だったそうで、tomoさんは終始マスクの周りを両手で覆って光をさえぎるようにしていたのでした。
どれくらい見えなそうかというと…シロウミウシを見つけて、至近距離から手招きをしてても全然気付かない(笑)。慌てて1枚写真を撮ってからtomoさんのもとへ。腕をつかんで写真を見てもらい、ウミウシの居たところまで戻ったのでした。ここで元居たところに戻れたっていうのが、フラプッチ的には偉業だったのですが…そんなことでフラプッチが大喜びしていたとは誰も思わなかっただろうなぁ。

ところで水が暖かかった!もうこの温度はお湯だよねお湯!と思って水温を確認したら20度でした。人間逆境で強くなるのだなぁ。下のほうでも17度ぐらいだった。それでも15度とはだいぶ違います。
d0056263_14242326.jpg昨日お魚をほとんど見れなかったからか、こんなネンブツダイ(クロホシイシモチだろうっていうご指摘を頂きました。確かに柄がちょい違う・・・調べたけど気付かなかった =_=;)さんを見ても、うっすら赤みがかってて可愛い~!って感動、写真も撮ってみました。あまり動き回らないので捕りやすいです。しかしなんだか驚いたような表情、わざわざクロホシイシモチ撮るダイバーもあまりいないだろうからびっくりさせちゃったかな?(笑)

d0056263_1424043.jpg正面顔はピントが外れちゃって残念…真上から去り際に撮ったショットしか撮れてませんでした。
なんだか全然可愛くないイザリウオ君。 tomoさんのブログでも「柄が汚い。」とか一刀両断だし。ぷぷぷ。
このところ、撮影にはオリンパスのコンデジに元から設定されている、水中ワイドモードと水中マクロモードを利用しているのですが、これが両方とも一枚撮影してから次の撮影に入るまで時間がかかる。数秒は待たされます。となると、その間グループを待たせてしまう…お陰でアオもイザリも2枚ずつしか写真が撮れませんでした。やっぱしこのモードはきつい、これから考え直そう…
[PR]

by frappucci | 2006-07-21 14:33 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 南京亭&BBQで楽し恐ろしアフター・ダイブ♪

2本潜り終わると、noriさんがお勧めのお店「南京亭」に連れて行ってくれました。
d0056263_14454844.jpgnoriさんは今回、宿もショップも細やかに気を遣って手配してくれて、お昼ご飯も、ショップで食べるより、こっちのほうがいいから!とショップの方ではお昼を食べない段取りをつけていてくれたのでした。多謝!!
d0056263_1519894.jpg内部はダイバーですごく混んでました。noriさんのオススメ通り、色々頼んで皆で分けることに。ビールを頼むと持ってきてくれるけど、ジュースは店の外の自販機で買えとな。やる気がない店なのかと一瞬あせりましたが、どれも美味しかった~♪
d0056263_15193140.jpgそして、各皿とてもボリュームがあります。ひとり一皿ではちょっと多いかも。
d0056263_1519423.jpgけどね、「コレを食べた後ビールを飲むと甘くなる!」とnoriさんが頼んでくれたピータンは結局食べなかった…。ごめんなさい、フラプッチ、食わず嫌い激しいんですぅ。ってゆうか、気付いたらビールがなくなっちゃってたから、あーこれじゃピータン食べても無駄だなぁとか思ったんですぅ~(笑)

昼食後、ログ付け。
ここで、2週間前に足の親指の爪を割っていたnoriさんの爪を見て、tomoさんの奥様のSさんが一言。
「あーそれ、取っちゃいましょうよ。」
Sさん、美人さんだし上品な感じだし、ダイビング器材もピンク系でかわいらしいし、寒いところはイヤ、なんて言ってたし、tomoさんとも仲良いし、てっきりかわいらしいお嬢さん、っていう風に前回ご一緒したときは思ってたんです。
…が。
実は、今回集まった4人で、一番根性はいってるのはSさんではなかろうか・・・と2日間ご一緒したあと思い直しました。
そんなSさんにめちゃめちゃプッシュされて、noriさん、実は既に皮ひとつでくっついてる爪をSさんにとってもらうことに…けど相当嫌そうだった w

以下、ちょい怖い画像かもです。
[PR]

by frappucci | 2006-07-20 20:32 | ダイビング旅行記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.114] 神子元で見たものは…ダイバーのみ?

2本目も、メインのポイントはムリってことで、白根沖の沖あたりを潜りました。
ああもう、むしろどこもムリっていうことでも良かったかもしれない(笑)

長い&ほとんど文句とか愚痴?なんで、それでも宜しければドウゾ、、
[PR]

by frappucci | 2006-07-20 14:25 | ダイビング日記