トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:ダイビング日記( 261 )

トランスメディア提供アイコン01 [dive.?] 辺野古の破壊?予定ポイントでダイビング

ちょっと久しぶりに沖縄に行ってきました~
いやぁ、良い旅だった!
誰かが、家に帰ったとき、疲れたって言葉が最初に出る旅は良くない旅だって言ってたけど…前回のバリは疲れたけどやっぱり親孝行?も出来て良かったと思う、でも、このところ、行ったこと後悔する旅もあったので^^;、この、「良い旅だった~!!」っていうのはちょっと久しぶり?^^

今回沖縄では、主に現地在住の方とバディダイブで潜りました…って、地理わかってないからバディさんについてくだけなんだけど。現地ではたくさんたくさんお世話になったり付き合って貰った皆様、ほんとにほんとにどうもありがとう!!お陰様でほんと楽しかったです♪

でね、まだちょっとかなり忙しいのでブログはもうちょっとお休みがちだと思います。
コメお返事や巡回はもう暫くできないかも。ごめんなさい。

なんだけど、選挙前の今だからこそ、UPしてみたい1本がありました。
政治・宗教のタブー破りは危険かもだけど…コメント欄は荒れたら適当に対処します。

今回、普天間からの基地移転予定地である辺野古とキャンプ・シュワブに面する大浦湾に縁あって潜ることが出来ました。

こちらは普天間。既に居住区からは人が退去しているようで、空き家の周りを数人が芝刈りしてました。維持費だけでも結構かかるんだろうなぁ。
d0056263_22213423.jpg


1本目は、ポイント名聞き忘れた~(ないかも?)。
ボートポイントだけどセルフ。
初めてのポイントだけどセルフ。

どっちも未体験!…いや、減圧症復帰後に大瀬崎潜り始めた頃は大瀬崎全く把握してなかったのよね。ただ潜水士のバディ殿は知らない所潜るのはむしろ当たり前、そんなバディ殿が一緒で安心感があったと思う。けど今回はそんな頼る人もなし。潜る前のポイントの説明は、もうそりゃ真剣に聞きました^^;。

で、このポイント。
辺野古の基地の滑走路を作るために作業場が必要なので、その作業場になる予定地
勿論、周辺生物への影響は大きいでしょう。
ハゼがほんとにたくさん居るポイントだったけど、このコたちはほぼ皆、死にゆく運命なのかな…って潜りながらしみじみと考えてしまいました。

大浦湾から見たキャンプ・シュワブ。湾の先端に当たる、土地の左端が、滑走路が新たに建設される予定地です。
d0056263_22233659.jpg

つい数年前(2007年9月)まで存在も知られていなかったことですが、大浦湾には、絶滅危惧種のアオサンゴの世界最大規模級の群集などのハードコーラルの群集が今も豊かに残っていることが、明らかになっています。詳しくはこちらを参照。沖縄本土周辺では間違いなくトップクラスのハードコーラル群集の生息地であり、国内では数少ないジュゴンの生息地でもありますね。

で、環境配慮のための環境調査はしたわけでの基地建設って結論ですが…。
…でも、一般的に環境調査って工事請負予定業者が行なうから、結論ありきの形だけの調査も多いそうです。。。
勿論、滑走路なんて出来たら海流が変化するわけで、影響が出ないわけないよね…。

そして、サンゴは一応それでも守ることにしとかないとめんどいので一応守ることになってるらしいんだけど、こんな泥ハゼとか居るようなトコはどうでもいいので潰されるらしい。

きっとこのコたちは守れない。
ごめんね、ごめんね。って思いながら写真を撮りました。
かつてはこんなハゼが住んでいた姿を残したくて…

…なんだけどさぁ~。
悲しいながらもそれ撮るのがフラプッチ・ザ・節穴なわけですよ。
ここでバシッ!と美しいお写真が載せられれば、カッコ良いんだけどね^^;

まずは、すごい穴の数!バリの泥ポイントの比じゃない、10倍近く開いてるかも?
で、あまりの穴の多さに目移りする間に、こちらが見つける前にハゼに見つかって、穴という穴で、「今ハゼが穴に潜りました」っていう砂煙が立つっていう…。
あの、あなたたちの姿を写真に収めたいんです!って思うんだけどこれじゃどーにも・・・。

なんだけど、散々ひっこめてると、居るんですね~、ひっこまないやつが!
え、こんなに寄っていいの?って。結局ここまで寄って、気の毒になって撮影終了。これ以上ご迷惑かけると申し訳ないので、撮影後は後退して、回り道してそのコの上は通らないように…とかハゼに気を遣ってもナンなんだけどね^^;
d0056263_22303049.jpg


種類もいっぱい居たのかもですが、タンザクハゼの水深までは行かなかったし、撮影してても良く見えてないので種類の区別がつかないわけです(目とヒレの形が多少見えてるぐらいな状態で撮ってる)。で、ひっこまないの撮ってたらなんかほとんど同じ種類ばっかり撮ったような。
d0056263_22313782.jpg

じっくり1本潜って、穴に居るハゼで撮れた写真がこれだけというのも我ながら凄い。
d0056263_22323620.jpg

d0056263_2233229.jpg

こちらは泥上に無数に居たハゼ。とりあえず逃げ足の遅いやつを撮っておきました。
d0056263_22332643.jpg

逃げないコも居ましたヨ。
サカサクラゲ。
小ぶり(傘が10円玉サイズ?)の子が多かったです。
こちらは、たまたま砂が盛ってある上に居たので、傘が良く見えました。
(ここのポイントは浅いほうが砂、深くなると泥になってく感じのポイントで、サカサクラゲは砂地に居ました。)
d0056263_22334728.jpg

d0056263_22342347.jpgあまり見たことのないソフトコーラルとか。

d0056263_22344025.jpgこちらはスナギンチャクの仲間だと思いますが、これも見たことある記憶ないなぁ。

d0056263_22351930.jpgウミエラも事前情報通り沢山居る&事前情報通りガザミ類とか別についてませんでした^^;無色透明のものが多くて写真撮りにくかったんだけど、こちらは色がついてますね。


そしてこちらは、そんな生き物は初耳だったんだけど、クラゲムシだそうです。
写真がわかりにくいけど、円盤状の土台にうさぴょんの耳みたいのが2本生えてる形です。
d0056263_22353844.jpg

いやぁ、なんで動かない相手にこんな写真って、もうこの時はエアが結構ギリギリで。
だいたいいつも潜ってる感覚で、何メートルでどれ位居たらどれ位残圧残ってるかってのがあるわけなんですが、普段の2割増し位にエアの減りが早かった気が。酸素を消費するような潜り方じゃなかったのですが、やっぱ初ボート初ポイントでセルフってのが無自覚ながらも怖かったんでしょうねぇ。ほんとは常連さんをストーカーしようと思ってたんだけど、エントリした時に透明度見て、これは迷惑かもだからやめようって諦めました。それに、一緒に潜った人たちの中には生物調査で来てる人も居たようなので…。

そいえばエントリ時、バックロールで入ったら、フィン履いてなくてびっくり!やっぱし緊張してたのかしらん。船にまだ居た人にフィン取って~って言ったらホイヨって投げ入れられてあやうく受け取り損ねるトコだった^^ま、沈むフィンだし流れもなかったので沈んでも潜降して取りに行けばいいだけの話ですが。


でも人間いざとなれば。
アンカーまで寸分違わず(いや数メートルは狂ったかもだけど)戻ってこれたのにはちょっと我ながら感動^^。でも今後もなるべくセルフは避けようかと。エア減るし^^;

珍しく政治のはなし。
[PR]

by frappucci | 2010-07-07 22:52 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.?+1] 2010年の先行きは…

3が日過ぎましたが…あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

まだちょっとばたばたしてるので、コメお返事・巡回は遅れちゃいます、すみません<<年初からナンですが><;

初潜り行って来ました~
今年の1本目は、アメリカから来たKちゃん・経験12本(だっけ?)と川奈でバディダイビング。
平たく言って、Kちゃんのドライ練習です^^
というわけで、今年1本目からカメラなし。

…ま、この後も色々あってカメラなしですが。というか今年はいきなりトラブル続きで、先行き不安だわ~。去年はなにげに踏んだり蹴ったりだったけど、新年は良かった…じゃないか、大晦日カウントダウンの花火でいきなり友達とはぐれて寂しくひとりで年初を迎えたんだった^^;;

でもって、この1本は、Kちゃんの様子を見ながら、練習の意味で10メートルまで降りて上がってきました。
Kちゃんは結構上手で^^ 3本目でいきなりバランス崩してたんですが、1本目は良かったんだよなー

で、実は、川奈でバディダイビングは初めてのフラプッチ、ガイドさんについてくばかりで地形を全然覚えてなくて、一瞬迷子になったのですが。Kちゃんを焦らせないよう、超平静を装ってましたがドキドキでした。一応練習に集中ってことで生物紹介もなし。ってフラプッチなんも見つけられないからだけど^^;

そうじゃなくてもKちゃんをサポートするのでえっちらほっちら。
やっぱり初ドライだとまずはエントリが大変なんですね、水深1メートルあたりと水面を行ったり来たりしながら、声かけたりなんだり。エントリだけで一気にエアが減りました。
エキジットして確認したら、Kちゃんと同じぐらいエアが減ってました^^;いや、ややフラプッチのほうが消費してたかも。

写真なしも寂しいので、大晦日の横浜を。
d0056263_11592922.jpg

観光のはずが、赤レンガ内のお店のお財布にKちゃんが一目ぼれ、5回ぐらい店に戻って悩んで、最後に出てきたときにはとっぷり日が暮れてました。肉眼ではもっと月が大きかったのに、望遠レンズ持って行けば良かった><;荷物が重くて大変だったので、持ってくのやめちゃったのよね。
d0056263_11594029.jpg
今までも赤レンガ何回も行ってるのに、この時はなぜか、以前確かボストンで行った同じような赤レンガの元倉庫を思い出しました。あっちは中のお店がちょい廃れてて、横浜のほうが栄えてましたが。こうやってふと旅先を思い出すことがあります。なんで今回に限って思い出したんだろ?寒かったからかなぁ?(ボストンも冬行ったので…。)
[PR]

by frappucci | 2010-01-04 12:10 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.?] 写真2枚

潜り納めは、お目当てのコにバリケード張られて撮影拒否にあったのと、道に迷ったのとで、写真2枚^^;

オロナミンCの瓶に立て篭もったスナダコさん、1本目も出てこなかったけど、3本目には蓋を自分でしてました!「来るな~!」って感じ?1本目のあとに貝殻探してきたんでしょうねぇ、サイズがピッタリ^^;そんなに嫌か!って諦めつきました^^;;
d0056263_8191060.jpg

こちら2枚のうちのもう1枚のほう。スナギンチャクが、指くわえて(?)ました。
お食事中だったのかもとのこと。
d0056263_8201020.jpg

この1枚はコンデジでも1ショット撮ったけど、、現在まだお出かけ中なんだけど充電器を忘れた(充電器を忘れたの初めて!直前まで激忙だったからか支度に失敗しました、、)ので、バッテリーセーブのため、PCに移せませんorz そして何本目だったかわからなくなってるし~

今年は潜り倒したのは楽しかったけど、なにげに結構踏んだり蹴ったりだったような?
来年はイイコトありますように~

皆様も良いお年をお迎え下さい♪
ブログは、、しばらくお出かけ中なので更新・巡回・コメントお返事が遅れる可能性があります。ごめんなさい><;
[PR]

by frappucci | 2009-12-31 08:22 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.531] 久しぶりx3の川奈

久しぶりに会ったYちゃん。リゾートダイバーなんだけど、暫く潜ってない&潜りに行く予定が無くて、久しぶりに潜りたくなってきた~って言われて、じゃぁ、って久しぶりに川奈に行くことに。ちなみにドライスーツは2回目だって。リゾートダイバーですなぁ^^

なんだけどこっちもつられて緊張…とか言い訳つけたいのは、写真が設定間違えてほぼ全滅だったので^^;;RAWで撮らなかったのにWB間違えてた~~><;まぁお陰であおーく撮れてていいの感じのもありますが。100mmでこれだけ撮れたなら、この日透明度は良かったかも?
d0056263_1318248.jpg

しょうがないのでフォトショで色調整してみました。数も少ない…結構ウネってたので、折角ガイドさん居るから♪って100mmにしてみた(←自分だと小さいもの探せないから)のが仇となりました。1.5cmのウミウシとか見せられても、ウネってカメラが固定できなのでシャッターがなかなか押せない><
いつもダイビング行く時は一通りのレンズ+ポート持って行くんだけど、この日はダイビング後に東京で飲み会(しかもハードになることが予測される^^;)があったので、荷物減らす意味でもっていかなかったのよね~。悪いことは重なるもんです。
d0056263_13195964.jpg

家が近くなので、駅の改札で待ち合わせ。
朝起きたら、Yちゃんからメールが来てて、電車の7分前に待ち合わせましょうって。な、ななふん前!せいぜい数分前のつもりだったフラプッチ、メール見るや否やダッシュで駅へ。電車の10分前に着いてホッとしてたんだけど…時間になってもYちゃんが来ない(・_・;)
d0056263_13311493.jpg

早朝時間帯は1本電車を逃すと次すぐ来ないし、伊豆急の電車時間の絡みもあって結構遅れるので、焦るものの、荷物が重いので、2分前にはプラットホームへの階段の前に移動。でも来ない~。電車がホームに入ってきてもまだ来ない、しょうがないのでホームに移動して電車に乗って…と、そこにメール。「人生最速ダッシュで乗りました!」ホームへの階段で降りた人たちとすれ違ったっていうんだから凄い!コケなくて良かったね^^;なんでもクーポン印刷し忘れたことに気付いて朝4時から印刷してたんだって。律儀だ~偉い!!^^
d0056263_13222951.jpg

途中駅で朝食買って、電車は何号車が良いんだよとか行きなれてる人みたいに話すフラプッチ…実はこれは以前カッパドルフィンさんに教えてもらったんだけどね。フラプッチあんまりどこの車両だとベストとか気にしないので、日本に住んでる外国人に駅で質問された時に「いつも乗ってるけど、どの車両が一番階段に近いか知らない、気にしてないし」って言ったら「ホントに日本人?」って驚かれたことが^^; ガイジンと言えば、この日途中駅で朝食を買うお店が混んでいて、お店に入ってすぐ身動きできない状態になったんだけど、後ろから「ったく勘弁してくれよ!」ってネイティブのアメリカ人っぽい発音の英語で言われた。アメリカで見ず知らずの人にこういうこと言うのってすっごい失礼ってイメージもあって、思わず「は?」って振り返ると、「sorry(悪かったね)」だって。「ほんとよね」って返したけど(これ位言うのは当然かと)。わからないと思って常日頃から言いたい放題なのかもね。朝からなんだよって感じでした。

というわけでYちゃん99本目にして2回目のドライスーツ体験!
そして、川奈は…いつも行く時は穏やか~なので、ちょっと波があってびっくり^^
自分も心配だけどYちゃんも心配。ドライも慣れてないのに…って人の心配してたら、、カメラの設定間違ったまま2本潜ってしまいました><;人の心配より自分のことをしっかりやりましょう?(A^^;
d0056263_13372577.jpg

しかしYちゃんがまた凄くダイビングが上手で、100本って凄い~って感心。フラプッチはその5倍どころか倍もダイビングが上手いとかいうことは全くない気が^^;;Yちゃんは周りも良く見てるし…フラプッチは周囲が見れるようになったのはここ1年かそこらだわ…。まぁ陸上でも自転車乗ってて電柱だの木だのに突っ込んだりしてるし(自動車では無事故です!!念のため…)、探してる友達とすれ違って気付かないとかあるし、フラプッチの場合はゼロからスタートというよりマイナスからスタートだったかなってことで^^;;

で、あまりひとつ被写体に張り付きすぎて迷惑かけないように…って思ってたんだけど、つい夢中になっちゃったのはヒレナガネジリンボウを見せてもらった時。

…なんだけど、フラプッチはフラプッチで、今までガイドさんにハゼ教えてもらってわからなかったことが多々あるので緊張しちゃって。ど、ど、ど、ど、ドコだ?フラプッチ、刺された指の先を見るの苦手なのよ><;;暫くガイドさんと潜ってなくて久しぶりのシチュエーション。これがバディ殿とかアラックさんとかなら、根気良く教えてくれるけど、ガイドさん相手だと潜ってる割に変なヤツと思われそう><;; 以前別のガイドさんには「うちの猫も、ゆび指した先を辿れないんだよね~」とか言われたし!フラプッチの脳は猫並みってまた思われちゃう~。指差した先にハゼハゼハゼ!!いたぁ~!!
d0056263_13425025.jpg

な、なんか気のせいかヒレナガネジリンボウに見えないんだけど。
いいや多分気のせいだ、だってそっちの方向指さしてたもん。
ってYちゃんのほうを見たら、やや違うほうを見てる気が。
あ”。本物、居た。。。
小さくてかわいくて、寄らせてくれる良い子でした^^
d0056263_13451645.jpg

暫く撮ってから、しまった!ってハっとして顔を上げたら、すぐ隣でYちゃんもへばりついてた^^ 安心して撮影再開です。「あのヒレネジだけの1本でも良かった」って位のヒットだったみたい^^Yちゃんはコンデジなんだけど、これって一眼とかっで熱心に撮ってる人とかからむしろ良く聞く台詞のような…フラプッチは目移りしちゃってダメなんだけど^^;

すっかりベテランさんな感じで潜ってたYちゃんだったけど、エキジットに向かう途中、ガイドロープを持ちながら足が浮いてしまってました。どどどどうしようって思ってたら、すかさずガイドさんがやって来て、両手でくるっとYちゃんの体勢を変えた。流石プロ…。けどまたすぐ足が浮くYちゃん。ドライのバルブが左腕に付いているのに、左手でロープを持ちながら浮上しているので体が浮いて逆さになるので、当然エアが抜けないわけです。けど、右手にはストラップを通してカメラを握ってるので右手はふさがってる。

初心者の頃…まだ3ヶ月目位の時かな?ガイドさんに言われたことを思い出しました。「カメラにストラップつけてるだろ?危ないと思わないか?」って。フラプッチ、当時は何が危ないかよくわからなかたったけど、それ以降はカラビナでカメラをBCに繋ぐようにしてましたが、そっか!って。利き手にストラップ巻いてカメラ持つと、特にカメラが大きい場合、ブラブラさせるわけにいかないからずっとカメラ持ってなきゃいけない。

当時のフラプッチのコンデジはオリンパスのC-4040、ハウジングは今のパナソニックの小型一眼位の大きさ(結構大きいけど、この後のオリの大型コンデジ(表現に矛盾が、、)はさらに巨大化してたので、それよりは小さいけれど)。ちなみにこの日のYちゃんもほぼ同型のカメラ。大きいので、腕にストラップ巻いたまま動いていればガチゴチそこかしこにぶつけること間違いなしです。それを避けるためにストラップを巻いたほうの手でカメラを持つと利き手がふさがる、利き手がふさがってると、何かの時に対処できない…そういうことだったのかもって思いました。(ところでふと思ったけど、左手ききの人はカメラは使いにくいでしょうねぇ。)

Yちゃんに、とりあえず左腕を下にしてたら足が浮くって伝えたかったんだけど、上手く伝えられず。YちゃんはYちゃんで落ち着いて見えたけど結構焦ってたそうです。結局伝えられたのは海から上がってからでした。ストラップが悪いとか言われてもじゃぁどうすれば?って感じかもと思ったので、とりあえず、左腕を下にしたらエア抜き出来ないよって話だけね。でも今思えば、今後のために伝えておけば良かった。帰りの電車でもずっと一緒だったけど、結局話さなかったような、話したような…?

で、こんな先輩ぶっておきながら、エキジットの時には波がかなり立ってきていて、波恐怖症が克服しきれていないフラプッチはYちゃんよりむしろパニくってたかもって感じでした^^;結構バリで鍛えられたと思ったんだけどなー
[PR]

by frappucci | 2009-12-16 14:08 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.530] なんでだろ~

ガイドさんとか同行のダイバーさんたちとか、後日その時のダイビングの話聞くと細かいことまで憶えていて感動します。
フラプッチはなんでもすぐ忘れます。なんでだろ~?
よっぽど凄いことがあれば忘れませんが。でも不本意なことされたとかいう学ぶべきことのない悪いことは凄くても忘れた方がいいと思うけど…^^;

というわけでなにも憶えてないこの1本。写真も少ないし。
ただ、このコをアラックさんが見つけたときに、全然わからなかったの憶えてます^^;
というか、写真自体が「わかんない~」と言ってるみたいな写真ですねぇ
d0056263_16271387.jpg

やっぱり憶えてない。。。
d0056263_16291156.jpg

これは流石に憶えてます^^;アラックさんが、他の人が撮ってるところにのぞきに行って、そしたら譲ってもらったのでした。フラプッチはそういうの苦手で、あとでまた来ようと思ってその場を立ち去り、そのまま戻って来れないパターンが多いんだけど、お陰でフラプッチも撮れました^^;
d0056263_16302766.jpg

こっちもアラックさんのワザで^^
d0056263_16323572.jpg

しかし極端に写真が少ないのはなんでだろ~←こないだyoutubeで久しぶりに見たけど、結構面白かったのに消えちゃったのはなんでだろ~。って、なんでだろ~♪部分がやたら長すぎて飽きられたのかと思いマス。まぁネタ考えるの大変だから時間稼ぎだったのかな?フラプッチのこの記事もある意味記事稼ぎ^^;まだこれ以降のダイビングの写真整理ができてません~~
[PR]

by frappucci | 2009-12-14 16:34 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.529] 写真わんさかリベンジダイブ?

この日の1本目は写真をあまり撮らなかったからか…2本目はすごい数撮ってます^^;
d0056263_10272021.jpg

最近、大ハズレが減ってきたので、大ハズレレベルを除いて一式写真をUPしちゃうとすごい数になるかも。
(いや、すごいハズレだとそれも載せるけど。。)
ま、とりあえず載せちゃいましょう!

アラックさんと潜る前は自分で見つけられるこういうコ達をよく撮ってたけど、せっかく見つけてもらえるからってアラックさんと一緒の時はあまり撮りませんでしたが。。そろそろ解禁ってことで(の割には1ショットだけ^^)
d0056263_10282813.jpg

d0056263_10284798.jpgあいかわらずオキゴンベには逃げられまくり。折角追いかけたので、、と無理やり撮ってみました

とりあえず通りがかったモノは撮る。。
d0056263_10292656.jpg

で、これは?と持って撮った写真。
d0056263_1030476.jpg

前にも見たか撮ったことはあった気も。。。と思ったら、イシガキダイらしいです。大きくなるにつれてタテジマが消えるんだって。60mmで入ったのでこういうのも撮れます^^
追記)訂正のメールくれたAさん、コメで教えてくれた るりすずめさん、どうもありがとうです(^^;
d0056263_10305922.jpg

こちらもいつもの定番、キンギョハナダイ
d0056263_10312116.jpg

でもアラックさんが居るので、スケロクも^^
d0056263_10313783.jpg

d0056263_10314764.jpg

砂地にアカイソハゼ発見。岩場にいるものとばかり思ってたのに。。
d0056263_10321281.jpg

と、そこに…セレベスゴチかと思ったけど違うかも?が、ずいっと。今から考えると、アカイソハゼ狙ってたのかも?こんな悠長なフラプッチは、お魚だったら超短命だったと思われ…
d0056263_10351033.jpg

で、またガラスハゼ(たぶん)なんですが、これは枚数多いので、またの機会に他ショットも載せようと思います
d0056263_10354668.jpg

d0056263_10362038.jpgこの後もスケロク撮ったんだけど、枚数の割にマシなショットがない。どっちかっていうとこの方がフラプッチ的には自然なんですが^^;

スケロクもアオサハギもたっくさん!
d0056263_1045450.jpg

でもこの一番可愛いコは逃げ回られて、これが唯一まともなショット…向こう側にアラックさんが写ってて眩しいです^^;
d0056263_1038372.jpg

入れ替わるように別個体出現
d0056263_10382262.jpg

さらにもう一個体。沢山います。
d0056263_10384261.jpg

そこにオルトマンワラエビまで…なんだけど、その向こうにはサラサエビもついてる?トサカに居るところはあまり見たことないかも~。気付いてたら撮りたかった!!
d0056263_10393232.jpg

さてまたキンギョちゃん。左下のコに注目。集団写真撮ると、ひとりだけ変な顔のコとか、居ますよね~ってそれはフラプッチなことが多いんですが。写真撮られるの苦手。。
d0056263_10401955.jpg

アラックさんが、これこれ!って教えてくれたモノ。なんか、珍しいなぁ、イソカサゴ教えてくれるなんて?
d0056263_10404984.jpg

背景と構図を考えてもう一枚。
d0056263_1041969.jpg

…海をあがってから、カエルアンコウまで見つけちゃった!と喜ぶアラックさん。
「へ?どこに居たんですか?」
「教えてたじゃん」
2人で写真を見て納得…やっぱりアラックさんがイソカサゴを教えるわけがなかったってことで。
しかもご丁寧に、2枚目のショットでは背景処理の一環として写りこまない角度で撮りなおされてます。。。

冬になるとよく見るような?貝の名前、、去年教えてもらったけど忘れてしまった>< それとも普通にテンロクケボリガイかな?
d0056263_10432617.jpg

こちらは物理的に寄れないところだったので。こういうときは60mmじゃなくて100mmにすればよかったーと思ったりします
d0056263_1044551.jpg

いやぁ楽しかった~~!おなかいっぱい^^
[PR]

by frappucci | 2009-12-10 10:47 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.528] 早朝危険ダイブ!

大瀬崎に泊まる時は大抵毎回7時ぴったりにエントリの早朝ダイブ。
そのほうが水面休息時間とか取れるからです。
d0056263_0312577.jpg

で、このダイビングは写真が異様に少ない。
なんでだっけ?って思わずアラックさんに聞いちゃったんだけど…あっ、そっか、あのときか~…ってフラプッチもの忘れ激しすぎ^^;

この子はちっちゃかった~
d0056263_0315446.jpg

こんな感じです
d0056263_0321336.jpg

前々から、アラックさんがバディダイブの時にも少し離れることがあって、少し気になってたのですが…
この時は、撮ってて頭を上げたら、アラックさんの姿がどこにも見えない!!
大抵外海では一番深いところまで行ってから水深をあげていくのだけど、そのまだ深いところに居たので、驚いてそこら中を探し回り。

なので写真は全部、その前までに撮ったものしかないのですね。
d0056263_033986.jpg


そのうち、残圧と深さから考えて減圧停止どころか安全停止も出来ないかもってレベルまでエアが減ってきてたので、申し訳ないと思いつつ、ひとりで上がることに。もしどこかの水底でアラックさんが転がっていたらと思うと、置き去りにするわけにもいかないけど…これってちょっと海猿状態?もっとも見つけられないんじゃバディブリージングもできないし、したくても私のほうのエアがない。気絶してたらアラックさんのエアが残ってる可能性はあるけど、もしなかったら2人で緊急アセントするしかない。でもこれは見つかったらの話で、現実には見つかってないから、わたしが上がって助けを呼びに行かなければ。朝だから周囲に人も居ないし、外海だから近くのショップまでも少し距離あるし…どっちにしても安全停止とかもしてる場合じゃないでしょう。減圧症は再発するかもしれないけど、急浮上とかはしない(門下のソフトコーラルの地点から急浮上しても意味が無い)ので、そんなひどい症状では再発しないだろう。。。とか色々考える。実際にはマニュアルでは見つからなければ1分探して水面集合なんだけど、外海の沖側で水面に出るのもあまり賢明でない気もする(流されそうな気がするし、ボートが来ることもあるし)。それに透明度的に水面近くにダイバー居たら見える気もするし。普通ここから水面に出るダイバーなんて居ないしね。とかなんとか色々考えたけど、これははぐれる自体、想定外だったっていうことの結果なんだけど。
d0056263_039011.jpg

大瀬って意外と事故がある…というか、ダイバーの総数が多いからなんでしょうけどね。初心者や都市型ショップのツアーが多いというのも一因かもだけど、ちなみに全国的な統計上はガイドの有無での事故率はほぼかわりません=プロと一緒に潜ってれば安全ということではないということです。大瀬では2年ほど前から(?)ドクターヘリが来るようになってますが、何度もヘリを見ています。水中で後にヘリに乗った人とすれ違ったこともある。湾内の水深30cmのところでだって死亡事故が起きてる。人間は洗面器一杯の水で死ぬことが出来るのです。実際お風呂とかで亡くなる例もあるよね(仕事が忙しくて疲れてて、たまたま早めに家に帰ったときお風呂入ったら寝てしまったことはフラプッチもある…)。
d0056263_0412883.jpg

人間って脳を使うと酸素を大量に消費します。
それに、心臓バクバクで呼吸が浅くなっていたかも、浅場の方にあがってくると、もう安全停止は到底無理という程度にエアが減ってました。思ってたよりエアの消費が早いのに驚いてたのですが、ここでもうひとつビックリが!!

なんとアラックさんがそこに居ました。。。
本人曰く、先に上がると身振り手振りで伝えたつもりだったらしい。
結局、アラックさんのオクトパスを貰って2人で安全停止までして上がりました。

フラプッチ的には、バディダイビング時にひとりが先に上がるのはあり得ないです。前述のように事故例を多く見てるというのもあるし、バディシステムをとるのはお互い何かあったときに助けるためで、逆に言うとお互い海の中で別れるなら単独潜水するのと変わらないわけで、そんなリスクを取るならむしろ単独潜水のほうが更に自由気ままにやれるわけで…。大瀬でバディ潜水を始めたときからずっとバディをしていてくれたバディ殿とは、基本的に海の中で別のもの撮っていてもあまり離れないようにしてる。それが自分では当たり前だったのですが、フォト派のショップとかは、ゲスト一人だけ置き去りにしたり先に上げたりするので、アラックさんはそういう感覚だったんでしょう。ここのところの意識合わせをしていなかったことに今更気付きました。自分のエアが少なくなってきたから先に上がるとサインを出した、というアラックさんに、そういうときは、例えフラプッチが何かとても撮りたいものを撮ろうとしている最中だとしても、一緒に上がりますから、今度からは離れないようにしましょうと伝えました。そもそも、サインを出しても、わたしが明確にOKサインを出して理解していたのか?ここらへんはお互い誤解もあったみたぢあです。この意識合わせを事前にしていなかったのは、ショップ利用でガイドさんと3人で潜ったりしたこともあるので、そういう油断から来てたと思いますが…大失敗でした。あと、ノートは持って行ってるのですが、ぱぱっと文字を書けるスレートは必須ですね。

ダイビングって、器具なしでは数分と生存できない環境に身を置くので、気づいてなくてもある意味綱渡り的に危険なことしてる可能性があるのよね。潜るたび、これは実は危うい状況に身を置いていて、一歩間違えたら事故なんだってこと、改めて心しようと思います。
d0056263_045982.jpg


そしてこの時気付いたもうひとつの油断の話。
前日アラックさんのオクトパスがフローしたことがあり、プラスチックのパージボタンも経年劣化で壊れていたので、オクト外そうってことで、フラプッチが持ってたファーストステージの目地止め(?)を渡したのですが、長年外してなかったからか、全くオクトが外れず、まぁフローも止まったし、しょうがないねって話になったんだけど、そのオクトに大変お世話になりました^^;
ただ、今回はフローが止まったからいいけど、オクトパスをつけてる場合は、オクトがフローするともうレギュ類全部が使い物にならなくなるのね。フラプッチは今までエア2(BCのインフレーターとオクトパスの一体型のやつ、実際にはSプロのじゃなくてOEM先のTUSAのだけど)だったので、オクトやインフレーターのフリーフローとかがあれば中圧ホースを抜けばよかっただけだったんだけど。ただ、以前沖縄でバディダイビング時にエントリ前に確かあの時は高圧ホースだけど、ホースが破裂したことがあり、それ以来ファーストステージの目地止め(?)は持ち歩くようにしています。

で、実は、この連休でのダイビングでは、いつの時か忘れたけど、フラプッチもインフレーターの給気ボタンに砂か何かが噛んで外海の一番深い箇所で給気が止まらなくなり、その場でインフレーターへの中圧ホースを抜きました。この時素早く対処するのに両手が必要で、浮かび上がりながらカメラ落としちゃったんだよね。フラプッチのカメラは重いので、ウェイトになってくれるっていう意味でも、放さないほうが良かった筈だと思うけど…。この連休のダイビングは、ある意味防災訓練的なダイビングでもありました。

で、去年12月にOHに出したものの、2月にはゲージのエア漏れが始まり(バリでサファリするとその間ロクに器材を洗わないので毎回調子がおかしくなる…のに面倒で結局車から出してきて洗って戻すってことはしないんですが、、)、8月前にはファーストの軽いフリーフローも始まってて、その後エア2も軽くフリーフローすることがあったのですが、、ゲージもファーストも、ショップの人とかが途中まで分解してついてた塩を取ってくれて、フローの程度は軽くなってたのですが、、

反省してこのダイビングの後、とうとう器材をOHに出しました^^;
[PR]

by frappucci | 2009-12-09 07:15 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.527] ナイト敗戦^^;

アラックさんが前回ナイト楽しかったとのことで、またナイト挑戦^^
そして、エントリ早々事前情報ナシに見つけたのは、またしてもピカチュー。
なんで昼見つけないのにナイトで2回立て続けに見つけるんだ??
そしてまた後ろ前わからなくて、後ろから撮影したみたいです^^;;
d0056263_11441131.jpg

幸先が良いかと思ったんだけど…
思い描いていたコースを辿れずorz
漁礁系の目的地に行けなくて、ひたすら砂地を進み…
見つかるのはナイトの超常連のお魚さん&ヤドカリさん。
上を目指して頑張るヤドカリさん…フラプッチも頑張らないと><;
d0056263_11442031.jpg

d0056263_11443118.jpgお陰で、また可愛らしいトサカを見つけましたが。
白ベースに、ほんのり桜色♪
でも、迷子の最中に見つけても、後からまた同じところに行けないかも…

アラックさんがガラスハゼを見つけて、こんどこそ!って喜んでました^^
今回は動かなかったのですっかり寝てる最中に撮影できたと思います。
けど今回は海の中でも思ってたけど、体色はいつもどおりだねぇ^^;
d0056263_1144492.jpg

d0056263_1145666.jpg続けてアラックさんが見つけた…ナニ?
寄っていくとずいずいと中に入っちゃって、目も見ることができませんでした。

ウケたのがコレ。
タイヤに半身隠して寝ていたのですが、なんだか生け造りっぽくって^^
でも、生け造りっぽさが写真に出せなかった。もっと引けば良かった。残念^^;;
d0056263_11452258.jpg

ヤドカリさんって、常に今より良い貝殻が無いか、探していると聞いたことが。
良さそうなのを見つけると、ハサミでサイズを測るらしいのですが…測定中?
しばらく観察してたのですが、警戒してか、全然動かないので観察終了。
d0056263_11453644.jpg

この日の珍しい生物はこれだけかも?
アケウス?と思ったけど違うかも。大きさはアケウスとあまり変わらない位でしたが。
これまた、超ウニ地帯に居て、撮影する場所を確保するため、指示棒で15匹程のガンガゼさんに立ち退いて戴いたのですが、岩から落ちたガンガゼが山盛りになってそれ以上落ちる場所もないって状態^^;今にも、こっちに戻ってきそうなので、急いで撮影しました。
d0056263_11455258.jpg

それを見てたアラックさんが、自分も~ってガンガゼを手でよけようとしておもいっきしグローブの上から刺されてました。海から上がったら1cm位は手のひらの脇に刺さってました><;ブーツとかでも貫通するし、意外とあの棘頑丈なのです。気をつけましょう…

って、アラックさんが危なっかしかったので、撮影中、周囲をせっせとお片づけ(笑)してたのですが、アラックさんと自分のカメラとかに気を遣いつつ四方八方のガンガゼ全てに注意を払うほどの注意力の総量を持ち合わせてなくて^^;、見事にガンガゼの上に膝から迫ってしまい、ドライのひざあてに無数の棘が><;膝あてしてて良かった…。でも、後日見たところ、この時に3箇所ドライ自体にも穴が開いて、じっとりと浸水するように^^;ガムテで修理。こういうときシェルドライは便利♪…でも、膝あてはやっぱり必要ですねぇ。ちなみに一応肘あてもゲートルもしてます

こちらも常連のベニツケガニ???さん
d0056263_11473690.jpg

セミ常連(ナイトでなくても。。)のオトヒメエビさん、ペアだったけど少し離れた場所に居て一緒のところは撮れませんでした。
d0056263_1813394.jpg

メスは卵持ってますね
d0056263_1148954.jpg

そしてこちらも常連の特大イセエビさん。
後に、撮ったの!ってアラックさんに驚かれましたが…、光を当てると逃げるけど、当てなくても目だけうっすら光ってるので、そこを目安にピント合わせて一発勝負です^^
d0056263_11503080.jpg

アラックさんとの会話…「あんな巨大なイセエビがいっぱい居るんだね~驚いちゃった!」「そうですね、ナイトでは大抵見ますね」「4匹も居たよ!!」「え”っ。。フラプッチ1匹しか見てませんけど^^;」

しかし、この日のナイトはふたりとも期待が大きかった分か、ちょいションボリ。エキジットと同時に、翌日はナイトなしでその代わり呑みってことに決定でした^^;
[PR]

by frappucci | 2009-12-04 11:50 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.527] ワイドもマクロもって贅沢な外海

先週末の金曜~日曜夜までめっちゃハードスケジュールで、ダウンしてました~
ここ2週間、鼻がずっと出てて、鼻炎か花粉症か?って思ってたんだけど、風邪だったみたい^^;
---
午前中の風の予測が外れて、風も流れも収まる感じ、しかも風向きが予想に反してあまり変わらなかったので、2本目も外海に行くことに。

1本目での透明度が良かったので、珍しくワイドで行くことに。
けど、入ってみたら1本目より透明度が落ちててがっかりでした、当たり前かな。それでもかなり良いほうだったと思いますが。

で、サクラダイとウチワを狙ったわけですが、サクラダイにはあっけなく逃げられて寂しいワイド写真にorz あ、その代わりなんかのタイか何かが写真に入ってくれましたが
d0056263_9565075.jpg

あとは萎れたトゲトサカとキンギョハナダイとか^^;
d0056263_957479.jpg

このベラが全然逃げないので、思いついて撮った写真。
いわゆる典型的な水中のワイド写真じゃないけど、外海の雰囲気が出ていいかなって思って。
でもストロボはちょっと失敗したかも^^;
d0056263_9571586.jpg

しかし、マクロも多いんですよね~。今回はサブにしてるコンデジも大活躍です。
普段はガイドさんに指差されてもわからないことの多いヤマドリ、珍しく(多分初めて!)自分で見つけました。
d0056263_9575610.jpg

コンデジは外付けストロボとかつけていないので(BCのポッケにスムーズに出し入れできるっていう観点で選んだので、外付け付けたら本末転倒…)、やっぱり光量が足りなかったり光が回らなかったりするのですが、その分、一眼のターゲットライトで照らしてみたりしました。
d0056263_9582632.jpg

それを見てたアラックさんも、ライトを照らしてくれたりしたのですが、お陰でちょっと変わった感じの写真になったかな^^
d0056263_9584195.jpg

こっちはフツーですね
d0056263_9585478.jpg

今回は、門下から入って、ソフトコーラルが群生するあたりまで降りたらそこをボトムとして、北東に一本松近くまで流して門下に帰ってくるコースにしました。
行きの途中に見たミツボシの幼魚、基本的に下まで行ってから上がってくるようにしたかったので帰りに撮ろうと思ってたのですが、本当にきちんとそのミツボシに帰れたのには感激。ってプロの方や普段ナビされてる方にはたいした話じゃないんだろうけど、フラプッチも一応ナビ上達したなぁって。しかも陸でも超方向音痴だからね。
実は大瀬の前日、アメリカから友達が来て、翌日ダイビング約束入れちゃったからと食事だけ一緒にしたのですが、自称「方向感覚が劇的に良い」友達の奥さん(日本初めて)に、地下鉄の駅まで送って貰ってしまいました^^;旦那の方は以前東京案内してそこら辺も見て回ってるんだけど。フラプッチは新宿渋谷池袋恵比寿六本木辺りだったら殆ど迷子にならないんだけどねー^^;;ま、あれだけ方向感覚の良い奥さん居たら安心だわ~ってこっちも安心して東京観光楽しんでねーって別れたのでした。

で、ミツボシスズメダイ。
さっき撮った、小さいものに寄る作戦で、キモチととのめレンズちっくに撮れないかな?ってめちゃ寄りして撮ってみました。イソギンチャクが小さいせいで、逃げるに逃げられないミツボシYG…でもそのうち慣れたのか寄ってきたりもしました(が、ピンが甘かった…)。警戒心薄そうだけど、今度行くまで食べられないで頑張ってね~!
d0056263_1044613.jpg

しかし激小アカイソハゼとかも居て、うう、100mmで入れば良かったかぁ~って、贅沢ですね^^
コンデジで撮ったけど、上手いこと撮れませんでした。
d0056263_1052323.jpg

同じところにカニだかコシオリエビだかの類も2匹…このコたちももっときちんと撮りたかった><;これでも拡大図…
d0056263_1055865.jpg

その横をサラサエビが通り過ぎて行きました…
d0056263_1063754.jpg

でも、浅場に上がってきたら、水が綺麗だからか、差し込む陽の光が綺麗で、こういうの癒されますねー
d0056263_1071555.jpg

ほんとはガヤの白さも出したかったのですが、どうもオーバーになりすぎるのを抑えられなくて諦めました。
d0056263_1073352.jpg

で、振り返るとアラックさんが騒いでる。
なんかの大きな群れが!!
d0056263_1075572.jpg

肉眼で見るより、ストロボあてたほうが反射して見やすかったです^^;実はずーーーーっと騒いでたらしい。。

そして、浅場では、コンデジxヒメギンポ祭り
d0056263_10104382.jpg

コンデジだとボケにくいもんと思ってたのですが、ある程度以上寄ると結構背景がボケるんですねー。

…かなり寄るので、逃げられまくりでしたが、いっぱい居るので大丈夫^^ で、寄って撮ってピント合うまで何度も半押しして撮影してから1テンポ経ったぐらいのタイミングで逃げるので、撮りやすい^^
d0056263_10122712.jpg

寄ってる分、ワイドレンズで寄ってるのと同じく、頭でっかちになって、ある意味迫力みたいなのも出ていいかも~とか
d0056263_10124443.jpg

でも、コンデジのピントが迷いまくりで、何度半押ししても合わないことも。
これは撮れてたら面白かったのに、残念>< 正面顔何度も挑戦したけど全滅デシタ。
d0056263_10134015.jpg

初心者の頃、コンデジかどうかよりも、カメラに慣れろと言われたりしたものの、その意味が良くわからなかったのですが…、一眼である程度撮って、このコンデジに替えてからは、コンデジにやたらクセがあるからか、カメラというもの自体に慣れてきたからか、そして更には生物の動きのクセみたいなのも掴んできたからか、オートだけでスローシャッターになりがちなので、到底動くものは撮れなそうに思っても意外とクマノミとかも撮れちゃったりするのが楽しかったりします。

このサイズのハコフグ(?)は、逃げても、暫くゆっくりと追いかけると、「さて、どうなったかな?」って振り返ることが多いですね(本気で逃げると驚くほど早かったりするので、最初におどかさないことが肝心…でもこの連休の時もわかってても猛ダッシュされたりもしましたが)^^; 魚なんだから振り返らなくても見えそうなもんなのに^^ で、ターンするのは苦手で動きが鈍る…っていうところを狙って撮りました。けどピン甘ですが^^;;このコンデジ(SONYのT-700)、フィルターが強烈にかかるので、むしろワイドが良く撮れるし、今度からワイドも撮りたいときはコンデジでワイドにするか…とか考えるとタダでさえ少ないフィッシュアイの出番が減りそうな?^^;
d0056263_1018742.jpg

[PR]

by frappucci | 2009-12-03 10:18 | ダイビング日記

トランスメディア提供アイコン01 [dive.526] 幼魚シーズンの大瀬は大漁祭

d0056263_1331346.jpg南西から北東への海流の流れが多少ありましたが、潜っているうちに収まって来ました。入る前にすれ違ったダイバーさんの情報だとフラプッチ達が入る前は、かなり流れていたらしい。エキジット後は、次入るダイバーさんにも、流れについて聞かれましたが、もう収まってますよ^^って感じでした。

ニシキウミウシがちょうど南西を向いていたので、触覚の間にまわったウミウシカクレエビを正面から撮ろうとしたら、砂を巻き上げちゃって、それがぜんぶニシキに被って…そーっと水を送って砂を綺麗にしているうちに、ウミウシカクレエビはもとの二次鰓のところに戻っちゃいました^^;


今回一本目は外海へ。
コウライトラギスは湾内でも撮れるけど、外海だと簡単に青に抜けます^^
d0056263_1333167.jpg

外海にしたのは、前回アラックさんが面白かったと言ってたし、その時アラックさんが初めて(!!)撮ったサクラダイもバックが綺麗なところで撮って欲しかったし、なんと言ってもウミウシカクレエビ情報があったのでした。ま、湾内にも出てたけど…。それに、風向き的に湾内のほうがチャプチャプだったけど、今後外海に風が当たる方向に変わる予報だったし。しかも、中潮とは言え大潮近くの中潮の干潮時間に近かった時間帯だったので、サクラダイも普段より少しは浅く見れるかなって思って。ただ、水位が低いとEN/EX、特に更に干潮時間に近付くエキジットはきついだろうなぁとは思いましたが。。どうも特に外海サイズのゴロタでのエキジットはなかなか上手く出来ないのよね^^;…まだまだヘタれダイバーだけど、バディダイビングだとやっぱりこういうこと考えてポイント選ぶようになりますね^^

ウミウシカクレエビ、再度触覚間に来てもらって撮影!とか思ってたら、アラックさんに呼ばれて行くと。。ガラスハゼが(珍しく背びれ立ててますが目立ちませんね)。
d0056263_1371513.jpg

同じヤギにいっぱい居たので、何匹か取ろうとして…「二兎追う者は一兎も得ず」
2匹が逆方向に動いちゃってダメでした。昔の人は賢いなぁ。
d0056263_1372834.jpg

d0056263_1374212.jpg更に、前回から探してたスケロクウミタケハゼ!!
今回は数が増えてて、アラックさんに教えてもらったのが逃げた後でも自分でも見つけられました^^
余談だけど、これ、以前タイマツトサカと聞いたんだけど、調べたら違うっぽいですね。トゲトサカと違って年中咲いてるのですが、生物がイマイチついてないイメージ多かったので、今回スケロクが付くとわかって収穫でした^^ …ってこれトゲトサカじゃないですよね??でも仲間かなぁ。ソフトコーラルが豊富に載ってる図鑑みたいなのがあったら欲しいなぁ。。


続いて呼ばれたのが、ザラカイメンに居たアカイソハゼ。
d0056263_138299.jpg

背びれの長い可愛い子でした^^
d0056263_1381368.jpg

アラックさんは、前回一緒に潜った時とかに、フラプッチがナビ役なのと、アラックさんのペースに合わせたのとで写真枚数が普段より極端に減ったという話をしていたのを気にしてくれて、今回はフラプッチが見つけられないような小さいもの見つけるぞーー!と意気込んでいたらしい^^ありがとうございますm(_ _)m。なのにフラプッチがあちこちに張り付くので、まだかまだかと結構焼きもきしてたそうです^^;

別のザラカイメンにはイソカサゴ。でも、その奥にキンチャクダイの幼魚が居たのです。
どうにか2ショット狙えないかと粘ったけど、ちと無理でした。
d0056263_1384492.jpg

というわけで、キンチャクダイはキンチャクダイで撮りましたとさ。ま、一応2ショット?
d0056263_1391869.jpg

このカイメンは大き目でしたが、生物が色々隠れていて、ナガサキスズメダイの幼魚も隠れていました。
d0056263_1394381.jpg

d0056263_13101297.jpgアカイソハゼも^^
大瀬ではいつも初回は60mmで入る(なんでも撮れるから)なのですが、こう小物が多いなら100mmでも良かったなぁ。或いは、水が綺麗だったので、ワイドも良かったかも!


2ショット失敗その2、アミメハギ。これまた2匹バラバラに逃げる逃げる^^;
d0056263_13102916.jpg

クマノミさんも居ました。
d0056263_13122343.jpg

まぁ、どれも60mmで問題なく撮れたのですが、この子だけは逃げ回るので寄れないしで追いかけまわしちゃいました。写真はトリミングです^^;なんかのベラの幼魚ですね。バリとかでも良く見る形だけど、ちょっと色柄が違うので違う種類かな。ただ、こんなに小さいのは初めて見ました、1cm位でした。
d0056263_13123336.jpg


でも、これは100mmだったらほんとに無理だったかも。60mmでも相当無理ですが。
サルパがカワハギやフグの仲間から一斉に攻撃受けてました^^;
追記→)ナガヒカリボヤですね、三保で見て、しろさんに教えてもらったのに、また教えてもらっちゃった><;

後で考えたら、コンデジで撮れば良かったんだ^^;;
ダイバー仲間に見せたら、「こーゆー写真ブログにUPするから、写真がヘタクソと思われるんだよ」って言われましたが。。。でも、写真のクオリティは別として、面白いというか、サルパナガヒカリボヤかわいそう^^;;;そしてフグとカワハギはやっぱり近似種なのねーってことで
d0056263_13143847.jpg

ちなみに…これも予想通り、エキジットではヘロヘロしたりコケたりで、一眼抱えて一人で入ろうとしているダイバーさんから、「ゆっくりでいいですよ(笑)」って言われちゃった^^;
[PR]

by frappucci | 2009-11-26 13:11 | ダイビング日記