トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:水族館( 62 )

トランスメディア提供アイコン01 京都の新水族館と龍馬さんち

というわけで用事が出来て京都にも行って来ました~
以前噂に聞いたことのある、京都の新・水族館について、電車の中吊りがありました。
d0056263_073861.jpg

今回は殆ど普通に観光している時間はなかったのですが、
強行軍で清水寺に行ったら…
d0056263_083824.jpg清水寺内の縁結びの神社が閉まってました。
縁どころか、縁結びの神社にさえ縁がないフラプッチって(=_=;

d0056263_0175318.jpgでもって伏見に行ったら、商店街は龍馬通りとなってて、龍馬館って坂本龍馬専門店(?)まで


d0056263_015657.jpg拡声器でわいわい騒いでいる一角が。
…寺田屋さんです。
中はものすごい人でした。
外からその様子を見て、恐れをなして素通りしました。


d0056263_0153398.jpg坂本龍馬さんの表札がかかってました。^^;

で、帰宅してNHKつけたら寺田屋さんに坂本さんが泊まってました。
ほんに龍馬さんは大人気じゃき、だれもかも龍馬さんとの縁があるとさわぎゆう~(…はい、間違ってますよね土佐弁)
d0056263_094114.jpgところで京都駅ビル内、観光案内所からも近いお手洗いですが…
トイレットペーパーがなくて、ポケットティッシュ使えますとか書いてあります。
…日本語だけで。
観光地京都で、日本語が読めない外国人もたくさん来るだろうに、きっと用足してからティッシュ無いことに気付いて慌てたりするのかもなー。ポケットティッシュ使っていいとは夢にも思わないだろうし、そもそもティッシュ持ち歩く人ってあんまり多くない気がするし。
…とか思いました。可哀想。
[PR]

by frappucci | 2010-06-23 00:20 | 水族館

トランスメディア提供アイコン01 メリー・クリスマス!

d0056263_128092.jpg東海大学海洋科学博物館のクリスマスの飾りつけ。
ここは割と最近までこういうことしなかったらしいですが^^
水面休息時間中に立ち寄りました。(え?)
そんなわけで気合の抜けた写真ですみません^^;

ウツボのオーナメントが可愛い♪
d0056263_128345.jpg

サンタさんの皮手袋。ご存知かもですが、カワテブクロっていうヒトデですね。
d0056263_129138.jpg

シュガーコーティングのクッキーみたいです。こっちは名前知らないのに解説板写真撮り忘れた^^;博物館の方にわざわざ教えて頂きました。お忙しい中スミマセン。コブヒトデモドキだそうです。色のバリエーションとか結構あるんだって。このコは可愛い色ですね♪
d0056263_1293545.jpg

スパインチークも初めて見る?雪だるまにびっくりしてるみたい?
(実際のところ。。。スパインチークは臆病でカメラ向けると必ず隠れます。。。)
d0056263_1211874.jpg

カクレクマノミ&ペルクラのドーナツ水槽では、ツリーの位置取り合戦が凄かったです。
俺の場所じゃ~!って追い払ってる間に、次のが来て横取り→左に戻る の繰り返し
そんなに頑張って陣地キープしても、きっとこのツリーはあと数日でなくなっちゃうけど
(というか博物館はもう元旦まで休館に入るので今日明日の命か^^)
d0056263_12131845.jpg


ではみなさん、楽しいクリスマスを♪

追記)
写真、これもあげようと思って忘れてた^^;
d0056263_14243352.jpg電飾みたいな植物がありました。
ってただそれだけなんだけど。

つくりものみたいです。こちらは掛川花鳥園にて。


d0056263_1425488.jpg

[PR]

by frappucci | 2008-12-24 12:22 | 水族館

トランスメディア提供アイコン01 生後19日!

水族館はいいからバリ珍道中!ってブーイングが聞こえてきそうですが…速報性あるもの先にね!ってことで。。。ごめんなさい~
出張で東京に来てた友達が、仕事が思ったより早く片付いたとのことで、急遽鴨川シーワールドに。

驚いた~。シャチショーを既に再開してた。しかも、お姉さん既に水槽に入って飛んだりしてました!
d0056263_1543260.jpg

前の子供(今回生まれた子のおばあちゃん・ステラの子供のランちゃん)の出産の時には、飼育員さんが、生後1年半の離乳まではシャチファミリーが子供に対して防衛的になっているため、飼育員でも水槽には入れないという話をしていたのです。それが、今はまだ子供が生後19日。いつから水槽に入ってのパフォーマンスを再開したか知りませんが…今回の子は、お母さんのラビーが水族館生まれのということでシャチファミリーもリラックスしているのかもしれませんね?

友達も居たし、そもそも前回結構燃え尽きたので^^;粘って数時間…なんてことはせずささっと1枚、赤ちゃんが顔出した瞬間を撮ってきました。前回と違って、お父さんのオスカーも赤ちゃんと一緒に泳いでママと川の字作ってました。
d0056263_15432214.jpg

1枚しかないので拡大してみましょ。
d0056263_15433865.jpg

まだ前回から18日なのに、随分大きくなりました!前回の写真と比較するとわかるかな?尾びれの長さ分ぐらいは成長していそうです。特に生まれてすぐの頃はぐんぐん大きくなるみたいですね。
d0056263_15435850.jpg

鴨川シーワールドの写真、ブログに載せてるのはシャチが殆どな気がするので、少し他の写真も載せてみましょうか^^

水族館なので、お魚もちゃんと居ますよ!お魚担当の飼育員さんによると、やっぱりお魚は海獣に押されてるみたいですが。フラプッチはシャチ以外は基本お魚見に行ってますよ~。がんばれお魚の飼育員さんたち♪というわけでお魚写真。オヤビッチャはなんとなくあまり好きじゃないのですが、チビちゃんはやっぱりスズメダイの子供って感じで可愛いですね。
d0056263_15452382.jpg

珍しいところでは、アカエイとヤッコエイのアルビノが展示されています。
d0056263_15454394.jpg

裏側まで白~(あたりまえか)
d0056263_15455438.jpg

でも、フラプッチも最初の淡水魚セクションは足早になりがち…
d0056263_15461924.jpg特にいっちばん最初の小水槽。一応タガメとかも毎回お姿は拝見するけど、撮らないなぁ。
でも、ミズカマキリがキレイなところに居たので撮ってみました。


ただ、シャチも含めて、全体的に水槽が汚いように思ったような…
掃除のサイクルの、悪いところで行ったかな?特にシャチ水槽なんかキリがないんだと思いますが、頑張って欲しいです。曇って良く見えないよ~。
そのなかで、水族館全般で水槽が曇ってる傾向のあるペンギン水槽が掃除直後なのか結構キレイでした。友達が「折角水槽キレイだから!」って”風景”写真撮ったので真似してみました。
d0056263_1547685.jpg

エサやりをかぶりつきで見ていたら、エサ係のお姉さんがサメ(オオセか何か??)を何故か持ってこちらに向かってポーズを取ってくれました。が、次の瞬間サメが逃亡。ごめーん!って手を合わせてくれたけど、普通に抱えてるより動きがあって楽しいショットかも?
d0056263_15473645.jpg
お姉さんが左手に持ってる棒は、サメ類のえさやり用。アカシュモクとか、きちんと、それぞれの個体にお魚一匹ずつあげてました。どこでもこういうの使ってるのかな?東海大海洋科学博物館でもシロワニには棒で刺したお魚口元に差し出してあげていましたね。

d0056263_1547582.jpg鴨川シーワールドは砂浜のすぐ横にあって、眺めが良くてリゾート気分を味わえるのも大好き。出口のところで再入場のスタンプ貰って、駐車場隣の海でもぶらぶらしてみました。友達は歩くたびに砂が靴に入って大変だったけど^^

いつになく波が穏やかな日でした。
[PR]

by frappucci | 2008-11-04 14:52 | 水族館

トランスメディア提供アイコン01 水族館三世!シャチの赤ちゃん鴨川で誕生

寝ぼけまなこ~?
d0056263_22422622.jpg

昨日10月13日、日本の水族館で初めて生まれ育ったメスのシャチ、ラビーに子供が生まれました!!
ステラとビンゴの初孫ですね♪
10月出産予定と知ってからずっと楽しみにしていたのですが、自然界でのシャチの出産成功率は約50%とのこと。人間だってそうですが出産って母子共に健康に生まれて当たり前というわけじゃないので、心配でもありました。昨日無事生まれて、今日はちょっと遅れてた初授乳も確認され、今のところ元気なようで、ほんと嬉しいです。教えてくれたRちゃんありがとう!速攻で子シャチに会ってきました!連休の最終日、しかも開園直前に破水したので焦ったそうです。ステラは明け方(だっけか)が多かったようなので、昼間生むと思わなかったんだって。

かわいい~~!!今度は男の子!!ステラの子はみんな女の子だったからね^^
d0056263_22431941.jpg

ちっちゃいです!当たり前か~。昨日までお母さんのおなかのなかにいたんだもんね。
でも、おととし生まれたララより大きい気がする。約2mだそうです。ララは1.5位じゃなかったっけ?
シャチは確か、生まれてしばらくは、凄い勢いで大きくなるものだったと思います。無事に育って欲しいです。

ちなみに、生まれたばかりのシャチの子は白黒の白色部分がオレンジがかっています。1ヶ月位すると、この皮がめくれて白くなるんだそうです。
d0056263_22433094.jpg

しかし写真撮影は大変でした。あまり顔を上に上げないんです。そんなにまだ泳ぎがパワフルじゃないのかも。しかも、息継ぎがちょっとランダム目な気が。どこで上がってくるか、あまりわからなくて、動いているのをじーーーーっと目で追い続けること数時間…
疲れました。
d0056263_22441092.jpg

え、もういい?<写真 なけなしなんで、見てください~
d0056263_22443082.jpg

ランちゃん生まれたときも、付き添ってずっと泳いでたララが、また今回も付き添って、2匹で赤ちゃん囲むようにほぼ常時泳いでいます。大水槽に入っているのは、あとお父さんのオスカー。これまで鴨川シーワールドのシャチファミリーのメンバーではないただ一匹のシャチだったオスカー、居場所がなくて夜になると水槽から追い出されてプールからあがってたりしてましたが、これで立派に家族の一員です!良かったね♪でも、自分も一緒に赤ちゃんと泳ごうとすると、ラビーに巻かれてるように見えたんだけど…気のせいかな?
川の字~
d0056263_2245882.jpg

鴨川シーワールドでは、出産に伴いシャチのショーは中止しています。エサやりは3匹の大人に3人の飼育員さんがやっていましたが、ラビーだけはエサでも立ち止まらず、ずっと赤ちゃんと泳ぎ続けていて、飼育員さんが投げ込むエサを通りがかりにキャッチして食べてました。頑張れお母さん。飼育員さんも頑張って^^ 獣医の勝俣さんはじめ、関係者も飼育員さんも入れ替わり立ち代り。そりゃそうなんだろうけど。しばらくは本当に気が抜けないでしょうからね。
d0056263_22453676.jpg

水槽から数メートル以内は近づけません。また、故意か不明ですが水面がいつもより20cm位は低くなってる。お陰でアクリルガラスから水中を見ようにも、高さがないのでとても見辛い…(しかも、近付けないので観客席から見下ろす形になるし)
でも、お乳も貰ってる(貰おうとしてる?)のも観察できました。
d0056263_22462494.jpg

しかし、撮影後に印象に残ったのはひたすら見つめてたこの水面…
望遠レンズ越しに見つめていると、なんだか抽象画みたいに見えてきて、本気で眩暈がしてきてました。ああ、今これ見ると、ここの下にシャチが居るぅ~って(ほんとに居るんですが、わかりますか?)
d0056263_22464695.jpg



ところで、シャチさんたちの名前とかは血縁関係は一部フラプッチの記憶を頼りにしているので、間違ってるかもです。念のため。

以下、鴨川シーワールドのホームページより転載です。
[PR]

by frappucci | 2008-10-14 23:10 | 水族館

トランスメディア提供アイコン01 スカイアクアリウム@六本木ヒルズ 2008年版

銀座のソニービルに続いて、六本木ヒルズへ。
d0056263_6254272.jpg去年に続き、スカイアクアリウムに今年も行って来ました。

六本木ヒルズの展望台のフロアで夏の間開催の水槽展示のイベントです。去年は高速エレベーターにびびって「階段使わせてください」とか言って拒否られたりしましたが、今年はごく普通の一般客として何食わぬ顔でエレベーターへ^^。


今年は水槽だかフロア面積だかを増やしたとかで、エントランス前の水槽もグレードアップ!
d0056263_6261748.jpg

「わぁ~、ニモがいっぱい!」
ここは写真OKなのでみんな喜んで写真撮ってます(ま、中でも小さいコンデジとかで結構みんな写真撮りまくってたけど)。
d0056263_6263147.jpg

んが。
良く見てみると…
d0056263_6264218.jpg

水槽によっては入っている魚の1/5ぐらい水底でアップアップしています…。
「トウアカクマノミがゴロゴロ転がってる」って表現がぴったり?

「横になってる魚はおやすみ中です。zzz...
d0056263_627824.jpg
…って。いくらフラプッチでも騙されないぞ。正直に「横になっているお魚は瀕死です」って書けとは言わないけど、こんな…。
まぁ、質問が多いんでしょうね。当たり前だと思うけど。

こちらエントランス階段をあがった一番上の場所の水槽
d0056263_628417.jpg

空を泳ぐクマノミの仲間たち♪
d0056263_6281883.jpg
水槽の向こう側に滝みたいに水を落としているので、背景がクリアじゃないのが写真的にはちょっと残念。少なくともカクレクマノミ、クマノミ、トウアカクマノミ、ハマクマノミ、スパインチークアネモネフィッシュが入っていましたが…

これはどなた?
線のなくなっちゃったカクレクマノミでしょうか?
d0056263_6285136.jpg

もういっちょ
こちらは違う個体、どっちもヒレがボロボロですが…というか全体的にみんなボロボロでした。病気がかなり出てるって感じですかね。
d0056263_6291099.jpg

入館後、撮影禁止前の水槽
スポンサーのペリエのボトルが水槽に組み込まれてます。
なんだかこんな水槽高そ~。普通に水槽に沈めるってことはしなかったのね。沈めたらゴミになっちゃうか…^^;とりあえずスポンサーをアピールしてる水槽は生き物も元気だったようです^^;
d0056263_6294837.jpg


でまぁ中は撮影禁止なわけですが…
どうしても一枚、撮りたくなってしまって…

っていうのがこのサンゴの写真。
パラオにサンゴを移植するプロジェクトに参加してます!っていうボードと共に展示されていた珊瑚です。六本木ヒルズ屋上で、ふんだんな日光を当てて育てています、とな。今年は国際サンゴ礁年だし、最近エコが流行なので、わたしたちもエコです!サンゴ守ってます!環境意識してます!っていう展示なんでしょうね。

…なんですが。
d0056263_6305560.jpg展示されてる珊瑚はすっかり白化して死んじゃっています…

素人目に見ても、この光量じゃサンゴにはきついだろうというとても暗い展示。
鳥羽水族館とか、三津シーパラとか、枝サンゴ展示してるところはどこももっとずっと明るかったもの。

暗いといえば、展示室は全般にとても暗くて…水草とかも光当たってないところはシナシナとしてました。例えば暗い中でLED1灯のライトを3つだけ差し込んである水槽。光が当たるのはごく狭い範囲なので光の当たらない水草は枯れてきてて…
水草にとって暗すぎるのなんかわかりきってて、植え替え前提でそういうレイアウトにしているんだと思いますが。入り口のクマノミといい、なんだか全体的に、見た目を優先していて、命は使い捨てという感じを受けました。上のサンゴの展示だって、暗い中に泡が出てて、造形物として見ればキレイだもんねー。一般にはサンゴなんか死んでたってわからない人も多そうだし。

遠くの国のサンゴ移植云々以前に、今自分たちの手のうちにある命を大事にしたら?とか言う問題じゃないんだろうなぁ。全部わかりきっててやっているんでしょう、マーケティング的にはエコとかボランティアってアピールポイントになるとか、キレイで評判になれば人が来るから儲かるとかそういう話なのよね。日本でカクレクマノミは年間1万匹ほど売れてると聞いたけど、それはたぶん逆に言うと年間1万匹は死んでる、消費されてるってこと…なかにはこんなふうな単なる飾りとしてね。殆どは可愛がられて飼育されていると信じたいけれど。東海大とかで人工的繁殖に成功する前はそれを全部海から取って来てたわけで、実際にはニモどころか家族全滅が多発してたんでしょうねぇ…。まぁその頃は値段も高くてそんなに普及してなかったとかかもしれないけどね。

この後、スカイアクアリウムに入ろうとすると入館料がセットになってしまっているので森美術館に。アネット・メサジェってフランス人女性アーティストの個展をやってました。小鳥の屍骸が並べられていたり、天井一面からぶら下がる剥製の全ての頭に覆面してあったり(ビデオ参照)。展示から感じた感情のひとつは彼女の『未知なる死への恐れ』…動物や小鳥の死を消費しつつ表現する、死への恐れ。スカイアクアリウムの後だったので余計そう感じてしまったのかも。この日はソニービルの展示、六本木ヒルズの展示、そしてこの個展とトリプルパンチで、自らの命…そして命以前に名誉や体裁、見た目と金に拘る人間、そしてそのために他の生物の命はふんだんに消費しても躊躇のない人間のエゴを見せ付けられた気がして、フラフラしながらヒルズを後にしました。



d0056263_641114.jpgこの個展、どんな評判なんだろうと思ってブログを探してたらこんなの見つけました。
文章力に圧倒的な差があるけど、最後の文章がフラプッチのこのブログの最後の文章と重なるのが興味深かった。「そしてこれが現実なのではないか、と囁くのだ。私たちは大量の死体のうえに、「生きている」のではないか、と。」…フラプッチは、根本的に命という意味では他の生物も人間も同じと考えてしまうので、人間の生、というものだけにフォーカスを置くことに違和感は感じるのですが、キリスト教を下地とした文化では、人間は神をかたどって作られた他の生命とは違う種類のものというのが前提ですからね、人の命と他の生物の命の重みは違うわけだから他の命を踏み台に表現することに問題はないのでしょう。まぁこういう抽象的なテーマを物質で表現するという意味ではアネット・メサジェは凄いかもしれませんが(一部言葉を使っているのはどうかと思うけれど。フランス語わからない相手には伝わらないメッセージになるので)。
[PR]

by frappucci | 2008-08-26 06:49 | 水族館

トランスメディア提供アイコン01 ソニービルでの白昼の悲劇

このごろは小学校とか夏休み8月半ばとかで切り上げちゃうところもあるようですが、8月いっぱいの夏休みとしたら最後の土日でしたね。あいにくの天気だったけど、水族館とかは混んでたのかな?

夏休みに水族館は写真とか撮ってるとジャマ者なのであまり行かないのですが、夏だけのイベントなので銀座のソニービルで開催中の、ソニーアクアリウムに少し前に行って来ました。

人通りの多い交差点のすぐ脇に出現した水槽には、道行く人も足を止めています。
d0056263_1463349.jpg
ビルの前を泳ぐナポレオンさん
d0056263_1464924.jpg

ネムリブカに、オオテンジクザメ(確か)まで入っています!
d0056263_1482465.jpg…オオテンジクザメって、ナースシャークと似てると思ったら、オオテンジクザメ=ナースシャークだったんですね←どこでお魚の名前覚えるかで和名か英名かどっちかしか知らないこともある^^;

「今年は水槽を従来の1.4倍に大型化して、これまでは展示できなかったお魚も登場しています」だそう。ウツボ類も巨大なのが何匹か入っていました。なるほどね。
d0056263_14907.jpg
おっきい~!サメだ~!ってみんな大喜び。
d0056263_1419024.jpgでも、ルリスズメや、デバスズメも入っています。
というか、デバスズメなんか3匹しか居ないんだけど…、「普通デバスズメみたいな魚入れるときは、小さな群れを作る位の数は入れるのにね」と、同行の友達に話すと、「…食べられてるんじゃない?」と友達。言われてみると…3匹が最初からっていうのはあり得ないよなぁ、、、

とか思いつつビルの中を見て出てくると、水槽に新しいお魚を入れようとしている最中でした。ルリスズメ。うーん、やっぱり補給か…と思いつつ見ていると、タモ網ですくったルリスズメを、飼育員さん(?)が水槽の中央に放した…と、上下左右あらゆる方向から、ウワっと束になってそのルリスズメをもともと居たお魚(の、スズメダイ系より大きなもの)が襲った!!

狂ったように泳ぐルリスズメ、それをウメイロモドキとヨスジフエダイの群れが、砂鉄が磁石に引かれるかのようにグワっと襲い掛かる!どぴゅーん!と泳いでいたルリスズメは、…ふっと居なくなりました。誰かのおなかに入っちゃったのね、、、

ナポレオンも、フラプッチが目撃しただけで2匹は食べてた…
「ああ良いスナックだった~」
d0056263_147125.jpg

この一瞬で、入れたルリスズメの半数は食べられていました。


かなりショッキングな一幕でした…
入れた人もショックを受けたみたいで、ボーゼン。この後、まだ袋のなかにたくさんルリスズメが居たのに、入れるのを中止していました。
d0056263_14145841.jpg


「あっちゃ~」(という意味でこういうポーズかは知りませんが)
d0056263_14152180.jpg


あれじゃ生餌だ!って騒いでいたら、友達が一言。「でも、普段エサとして与えられている魚だって生きてた訳だから」。言われてみるとそうなんだよね。

けどさぁ…きっと、ソニービルの偉い人が「せっかく水槽を大きくしたんだから、大きい魚入れなきゃダメだろう!でも、沖縄らしい小さい可愛い魚も入れろよ!んあー?食われるぅ~?そんなもん、金はいくらでも出すから減ったら補充しろ!」…とか言ったんじゃないかとか、邪推しちゃいます。あくまで邪推ね。


気になって翌日行くと、その後入れたのかルリスズメとか増えてて、サンゴの配置が変わってました。。
d0056263_1416974.jpg


ちなみに。

ソニービル行く前に銀座でお食事。あんぱんで有名な木村屋の上階にある木村屋のレストランで。3Fだったかな?
d0056263_14164813.jpg
ここはパンが食べ放題なので、パンに合うもの…と、ビーフシチューを選んだらごろごろお肉がたくさん入っていてびっくり。途中で数えた感じだと最低でも11切れは入ってたなー。味もおいしいのですが、おいしいとくれば何と言っても食べ放題のパン!色々な種類があったのですがどれもおいしくて食べ過ぎてしまった。帰りがけに1Fのベーカリーのぞくと、今食べてたパンが1.5斤800円以上してて、なんだかとっても得した気分になりました。お勧めです♪

でも行く前に食べておいてよかった。後だったらげんなりしてて食欲なかったかも。
[PR]

by frappucci | 2008-08-25 14:25 | 水族館

トランスメディア提供アイコン01 ストロボ~

多忙につき、更にブログの更新・コメントへのお返事・巡回など滞りがちになるかもしれません。
またぁ!って声が聞こえそう(>_<)すみません。。。

水族館ではストロボはほぼ全く使いません。禁止のところも多いし。
でもこの写真は、ストロボを当てられたら(『上手く』当てられたら、かな^^)もっと良く撮れただろうなぁ。
ことストロボに関しては全く練習もしてないし、そもそも水中と陸上で勝手が全然違うもののひとつだし、久しぶりに水中でストロボ使ったりしたら当たるんでしょうか?不安です…
d0056263_14183568.jpg
このお魚たちは、レンズを怖がって怖がって…。すぐに散り散りになってしまい、なかなかまとまっているところを撮れませんでした。怖がらせてゴメンね。

使わないといいつつ、陸上用にも、外付けストロボがほしいこの頃…
先日、外付け使いたくて、D-2000の光ケーブルをカメラのストロボの近くにセロテープで貼って、陸上で使ってみました☆
かっこ悪い。。。(それに外れやすい、、、)
[PR]

by frappucci | 2008-04-09 14:26 | 水族館

トランスメディア提供アイコン01 オールスター☆

まだもうちょっとネタが残っている水族館シリーズ☆
東海大学海洋科学博物館の円柱水槽。
カワイイ子が多くて結構好きなのですが…
d0056263_18553937.jpg
…よくよく見ると、なんだかこの狭い中にカワイコちゃんたちがいっぱいです!
それぞれ、海で見つけたら、ダイバーが喜びそうなコばっかりですよね~
(絞れれば良かったんですが…やっぱ暗くてなかなか絞り込めナイのです)
d0056263_18555276.jpg
本当は、もじどおり勢ぞろいしているところを撮ろうと思って結構待ってたのですが、こっちのコが来るとあっちのコが退出~という感じでやっぱりなかなか思うようにはいかない><
d0056263_1856354.jpg
それに、コイツ↓みたいに、常に他のコたちが居るのと逆側の水槽面に居たヤツも居ました(^^;
どこの世界にも居るのね、こーゆーヒトって…。そんなこと言ってるフラプッチは、先日会社の部の集合写真に写るのがイヤで脱走しましたケド。写真撮るのは好きだけど写るのはニガテでねぇ…
d0056263_18561417.jpg
…この日は解説版写真撮り忘れて、何気に名前がまたわかりません>< ええと、ハタタテハゼとキイロサンゴハゼとニシキテグリ…ぐらいは誰でもわかりますね、フラプッチが分かるぐらいだから(^^A;
[PR]

by frappucci | 2008-03-07 15:04 | 水族館

トランスメディア提供アイコン01 カマイルカ♪

伊豆・三津シーパラダイスシリーズが続きますが…。今度は海獣モノショーです。と言っても、当日雪が降る中、あまりの寒さにイルカショーはパス、アシカ・トド・カマイルカのショーを見てきたのですが…

5匹キレイに並んでたのに、が、画角が足りなかった~~><
d0056263_1322484.jpg
なんと言っても、カマイルカがかわいかった~!どこのショーでもたいていあまりフラプッチ的には存在感ないんだけど…初めてかわいい!って思いました。存在感感じないのって、バンドウイルカの影に隠れちゃうことが多いからかなぁ。

d0056263_14504449.jpgボールを鼻先でリフティング~。結構長時間やってくれてびっくり!
この芸が出来るのは、三津シーでは一番年長さんで芸暦22年のシリウス君だけだそうです。
アシカショーもフラプッチ的には新しかった!以前吉本の芸人さんがやっていたからか?そんな雰囲気のショーでした。出演者(?)の女性は一瞬関西弁ちっくな話し方をしてたのですが、関西の人なのかな?
d0056263_14505366.jpg

[PR]

by frappucci | 2008-02-29 15:28 | 水族館

トランスメディア提供アイコン01 カサゴ門。

2匹しっかり向き合って、門を作ってました…@えのすい
d0056263_22201446.jpg

…と思ったら、突然左側のコが、あくび。
慌てて寄って(今レンズのズームが壊れてるんです、、、)激写。一瞬だったんだけどAFが早いカメラって素敵☆
d0056263_22204417.jpg
でもあくびが終わったら、何事もなかったように見事に最初の写真と同じ状態に。
なんだか、石像とかのフリをする大道芸人さん(←こないだマイアミで久しぶりにこれやってる人を見ました)みたいです。
[PR]

by frappucci | 2008-02-08 14:12 | 水族館