トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:ダイビング情報( 9 )

トランスメディア提供アイコン01 フィリピン航空で日本からフィリピンに出かける際の手荷物・預入荷物について

先日知人から情報提供を求まれて調べてみました。
メールついでなので、こっちにも情報アップしておきます。

Mabuhay Miles というフィリピン航空のマイレージに入った上で、60 USドルで「SportsPlus Asia」というのに加入すると、ダイビング器材のみ、20キロまで余分に預けることができます。
チェックイン時に加入が可能だと思います(支払いが成田等でドル建てで出来るか等はわかりません)。ダイビング器材だけ別荷物にしたほうが良いと思います。器材としてカウントされるものは以下の通り。
(水中カメラ入るんですね!!これはガルーダ・インドネシア航空との大きな違いです、もっともガルーダは無料プログラムですが。)

というわけで、以下荷物類に関して詳細です。
[PR]

by frappucci | 2009-12-14 21:24 | ダイビング情報

トランスメディア提供アイコン01 バリ旅行TIPS…空港・両替編

知人がバリに行くことになりました。
前にも他の人が行く時に質問されたので、メールに書く代わりにブログに載せます、そしたら他の人にもご参考にしていただけるかもなので^^

というわけでバリ旅行のちょっとしたコト。
まずは空港・両替編です(続きを書く時間はあるのか…?)
d0056263_23554475.jpg


続きはこちらで
[PR]

by frappucci | 2009-10-08 23:56 | ダイビング情報

トランスメディア提供アイコン01 プーケットの飛行機・ヘリコプター10台沈めたポイントが消滅

kaonoiさんから教えていただいた&前回プーケットで直接・間接的にお世話になった現地のかたのひとり、papaya_mangoさんの情報。トラバさせていただきます。

ありし日の姿・・・
d0056263_0131969.jpg


去年2008年11月(だったかな)にオープンした、プーケットのプーケットの飛行機・ヘリコプター10台が沈められた新レックポイント、エアクラフトパーク(バンタオレック)が、ローシーズン(5~10月ぐらいまでかな?)の高波でほぼ全機が流されてなくなっちゃったとのことです。

フラプッチはこのエアクラフトパークに行きたくて、今年のハイシーズンに行ってきたのですが、、、無理にでも行ってよかった!!
上の写真は再掲です。フラプッチが入ったエアクラフトパークの日記はこちら
魚影が濃くて、飛行機の中にも入れて、楽しいダイビングでした!

当初、日系のショップにデイトリップお願いしていたものの、このポイントにいけるかわからないという返事だったのですが、旅行前日にショップから一方的にデイトリップ全日程キャンセルの通知(!!!)。向こうからしたら、こっちが頭下げてお願いしますと言ってくるとでも思ったのかもですねぇ、こっちもプーケット5回目なので、行けばどうにでもなることわかってたし、別に使ったこともないそこの店に拘る理由もなかったのでありがたくキャンセル頂戴いたしました。旅行出発前までにはそのショップのオーナーのメールや電話での皮肉・イヤミ・自慢話で友達共々ウンザリしてたので、キャンセルしてくれて会わないで済んで、むしろ万々歳。現地から色々な方にお世話になってエアクラフトパークに行けるショップにたどり着きましたが、今考えれば、その日系ショップのままだったら結局行けないまま、「じゃ来シーズンに…」ってことになって、最終的には入れなかったかも!と思うと、いや~、ほんとに入っておいて良かった!!あのショップからの一方的ドタキャンはほんとラッキーだった♪

よく、海は逃げないから!と諌められるのですが、逃げる海もありますね!!(^m^
[PR]

by frappucci | 2009-08-30 19:27 | ダイビング情報

トランスメディア提供アイコン01 グアムでの復帰ダイビング計画

またしても写真はダイビングとは関係のない朝市です f(^^;
d0056263_18153896.jpg
さてさて、グアムダイビング事情がわかってきたところで、ポイントの一覧表を作って、最大水深とアクセス方法(ビーチかボートかなど)を比較検討。

同時にショップの一覧表作って片っ端から問い合わせ。

いやぁ大変だった^^;

More
[PR]

by frappucci | 2008-06-04 10:59 | ダイビング情報

トランスメディア提供アイコン01 グアムダイビング事情

まだまだどこでもどんなダイビングでもと言うわけに行かないフラプッチ、グアムに行くことにして潜ろうってことで色々調べたので、まとめておきます。

長文かつ写真がないので、朝市の写真の残りを^^
d0056263_18114713.jpg今回のグアム旅行、目的はふたつ。

1.ストレス発散
2.気温・水温の高い場所でほぼ通常のファンダイブの条件で潜る

去年10~11月は、ダイビング再開して殆どがワンツーマンまたはバディ。一度だけファンダイブで潜ったときもショップも一緒に潜った人たちも知り合いだったので、フラプッチの希望する条件(潜水時間や深度など)で潜ってきました。

でも結局ダイビング再開すれば、一般のお客さんと一緒に潜ることになるから、普通のファンダイブに近い状態で潜ってみようと。
ただし、最初は心身にストレスが少ない、気温・水温がある程度ある状況で…と考えていたので、南の島、いーんじゃん!ってことで潜ってみることにしました。


つづき。
[PR]

by frappucci | 2008-06-02 13:12 | ダイビング情報

トランスメディア提供アイコン01 シミラン プチ情報

今年はマンタ&ジンベイの当たり年、だそうで。
…100mmマクロだと、ジンベイの目玉のアップとか撮れるかな(爆)
[PR]

by frappucci | 2006-12-21 13:29 | ダイビング情報

トランスメディア提供アイコン01 恥ずかしい写真。

d0056263_1691719.jpg水族館ふりーくのかんちょさんトコで、宿から出てきてるヤドカリさん(通称?ヤドナシさん)の画像と動画が紹介されていました。

いやー、この、ヤドカリさんの胸から下とか、見えてしまうと、
なんだか「恥ずかしいぃっ☆」(*>_<*)キャッ って思っちゃうのはフラプッチだけでしょうか。

で、恥ずかしい写真といえば、先日写真を紹介したこのコ→も、ガイドさんにいたずらされて一瞬フジツボの穴からでてきたのです。
d0056263_21393743.jpg慌てて撮ったからか、オーバーな写真になってしまいましたが。。。
やっぱし、なんか恥ずかしくないですか?
頭とその下の柄の調和があまり取れてなくて、借り物の衣装、というか、肌じゅばんかババシャツ+ステテコあたりを着てるみたいにも見えますが…

巣穴の位置を確認するように覗き込んでから、お尻からするっと穴に入ったのが可愛かったです。
[PR]

by frappucci | 2006-10-02 18:30 | ダイビング情報

トランスメディア提供アイコン01 沖縄まで往復13000円!ANAの新割引運賃「旅割」・・・って片道か。

13000円だったら伊豆より沖縄行っちゃいたいかも~!
28日前までに予約の際に旅割を指定すればOKです。
※値段は条件によって変わります

詳細
https://www.ana.co.jp/dom/fare/tabiwari/index.html

追記)
・・・って、片道らしい。やっぱしね。
[PR]

by frappucci | 2006-02-15 16:14 | ダイビング情報

トランスメディア提供アイコン01 フォースの前に潜降を修行だ。潜降手順ステップ

また潜降できなくてブルーになるかも…と、2日にまたがってのダイビングの予定を入れるのをためらって結局1泊伊豆ダイビングは中止したフラプッチ。日帰りでお願いできるところないかと探していたら、Sさんのところで企画アリと発見!

というわけで大瀬崎行ってきます♪しかも追加で1本頼んじゃお~っと←やる気があるんだかないんだか…

で、Sさんと電話で話してるうち、またしてもいくつかアドバイスを貰いました
適正ウェイトは、よく言われる水面で目の辺りまで浮く重さ…というより、水深3mでBCから空気抜けてる状態で安全停止できるかどうかだよ。とのこと。
うーん前回がちょうど水深3mで浮いちゃったけど、言われてみればBCから空気がきちんと抜けてたかわからないな。どうも上手く使えないのよね。空気がきちんと抜けたかわからないし、そもそも、いつもどこにBCのホースがあるかわからなくて間違えてスノーケル掴んだりしてあたふたしちゃう。って話になると、使い慣れたMY器材使いましょうって話になるんだろうけど。

と、「BCのホース、左手で持ってないか?」
どきっ。左手で持ってますが何か?
「左肩にあるんだから、左手だと探し辛いんだ。まず右手で探してから左手に持ち変えるってテもある」
なるほどぉ~。

BCといえば、前回レンタルしたのはOceanic製だったのだけど、XSだとタンクを支えるための部品の下側では左右の空気室(?)がつながってないのです。これもSさんに指摘されました。
つまり、ヘッドファーストで潜りつつ右腰のバルブから空気を抜くと、左側に残る…のかな?残らないにしても、左右がつながってるモデルと比べたらスムーズに両側の空気が抜ける、というわけにはいかなそう。Sより上のサイズは空気室はつながっているのだそう。
サイズが違うと、大きさ以外にもこんな落とし穴があるんだね。

電話では、フラプッチは毎回自分なりに課題を持って潜ってる、と言うと、じゃ、その課題を後でメールするから、次回潜るときにプリントアウトして来いよ、とのこと。Sさんのところでは他にもこうやって課題を貰って潜っている人がいるそうです。大体こんなメールを携帯でチマチマ打ってくれるなんて、それだけでも感激←携帯メールがめんどくさいフラプッチです

で、送られてきた課題がコレ↓(Sさんブログに載せる了承ありがとう)
-------------------------------------------------
1.フィン先を真下に向ける。
2.水底から目を離さない。
3.BCDの空気を全て抜く。但しパワーインフレーターは潜降速度をコントロールする為、手からは離さない。
4.と同時に、ア~…と言いながら声が出なくなるまで息を吐く…
5.頭が1m沈んだら軽く息を吸いすぐに吐く。
6.耳抜きに注意しながら潜降速度が早い様なら体を前に倒すか、フィンを前後に開く。
7.着低する前にBCDに空気を入れながら、同時に息を吸い込みホバリングする。
-------------------------------------------------
ふむふむ。1はこないだスキンダイビングの時に散々練習したぞ。
2は思いつかなかった。3は、、、とりあえずがんばってみよう。…

今回の大瀬崎は、Sさんのところで講習受けて、ファンダイブは初めて、という方とご一緒する予定。
しめしめ。初心者がもたついてる間にゆっくり潜降の練習しよう。
…と思ったら、置いて行かれちゃったりしてね(^m^)
[PR]

by frappucci | 2005-09-17 08:25 | ダイビング情報