トランスメディア提供アイコン01 どうしても曇るマスクに…

先日ご一緒したダイバーで、どうしてもマスクが曇るって人が。
聞くと、マスクが新品とのこと。
新品のマスクは、レンズの表面にはマスクスカートのシリコンから気化したものがついていて曇り易いので、食器用クレンザーとスポンジ、または歯磨きなどでレンズ内側の皮膜をこすり落とすのが有効です。
但し、マスクのフレーム部のプラスチック等を退化させるので、台所用中性洗剤などの解明活性剤を含んだ洗剤は使わないように…って以前TUSAかどこかのページで読んだ気がするんだけどな?

油膜が張るのは新品のマスクだけではありません。
日焼け止めが蒸発して内部に付いたりすると油膜を形成するので、特に日焼け止めを使う人はたまに歯磨きなどで磨いた方が良いかもです。

で す が
幾ら歯磨きでこすっても曇る!って強力な油膜マスク持ちの方に…
先日、ガイドさんがやってくれてた油膜取りの方法をご紹介。

なんと、マスクの内側から、ガラス面をライターで炙って、油膜を煤にする方法です。
友達がマスクが曇って仕方ないと困っていたら、ガイドさんがやってくれたのでした。

先日マスクを歯磨きで磨いた後、ふと思いついて、自分でもやってみました。
d0056263_1343698.jpg歯磨きで磨いた後だから、ススは出ないかと思ってたのですが…
意外にも結構ススが出てます。
ただ、友達がやってもらった時はこの10倍ぐらい出てました^^;ほんとに真っ黒けになってた

d0056263_13432845.jpgススをティッシュなどでふき取って終わりです。
もっとも、友達のマスクは、何度もこの工程を繰り返して、ようやくマスクにススがつかなくなってきていました。


注意)こんなこた書きたくないんですが、このごろは適当な情報を良く考えず鵜呑みにしては何でも人のせいって人も多いようなんで。一応自己責任でお願いします。
あと注意事項としては、お料理する人とかならわかるかもですが、炙った直後の熱くなっているマスクのガラス面に水滴などを垂らさないように気をつけましょう。耐熱ガラスとかでも熱くなっている時に水滴垂らすと急激に冷やされたショックで割れたりするもんだと思いますが、マスクのガラスは耐熱うたっていませんので^^;
また、一般的にシリコンは熱に強いものですが、マスクのスカートを溶かしたりしないように気をつけましょう。
黒いスカートのマスクのなかには、シリコンではなくてゴム製のものもたまにあるようですが(今は減ってきているようですが)、ゴムについては炙った時の火が当たったらどうなるかわかりませんのであしからず。。。
[PR]

by frappucci | 2009-07-07 13:51 | ダイビング用品・小物

<< 当たった~! 大瀬ダイバーズデイ&器材モニター感想 >>