トランスメディア提供アイコン01 何かの信号?

久しぶりのプーケット、久しぶりのラチャヤイでした。
気付くと、白人ダイバーが何かの信号を送ってる?!
どうしたんだろう?

…暫く見ててそうだった!って気付きました。
ここはプーケット。
ヨーロッパとかから年に1度のバケーションで来る人とかが多いのです。
そういう人たちの中には年に数本しかダイビングしない人も多い。以前プーケットから乗ったデイトリップ船ではフラプッチだけが経験3桁、他のお客さんの殆どは10本とか20本とかだったことがありました。

というわけでこのダイバーも普通にダイビングしてるだけなんでしょうね。
ちょっと久しぶりに見たので驚いちゃいましたが、こういうダイバー、結構居ます。近付くと/近寄ってこられるといきなりビンタされてマスク飛ばされます(経験済)ので注意が必要です^^

しかし、昔のダイビング日記を自分で読み返すと結構面白い^^
ビンタ・マスクぶっ飛ばされ事件のことは該当日記に書いてないなぁ。当時は読むはずもない「Aちゃん」に遠慮して書かなかったのかも(^^ Aちゃん、パニック起こしたのでフラプッチのダイビングも中止させちゃって…って酷く落ち込んで帰っていったから…あの後ダイビングは続けてるのかな?

今日はたまたま友達から借りたPADIのダイブマスターの教本を読んでました。別にダイマスになるつもりがあるんじゃなくて、とあるイントラさんから昔、安全管理について勉強したかったら読んだらいいよって勧められたことがあったので。そこに「今この勉強をしているあなたはレスキューダイバーとして・・・を知っています(PADIの教本の日本語って英語ノリで楽しいよね)」みたいな記述が結構あって、…だ、ダイマス以前にレスキュー復習したほうがいいかもって焦ってました。レスキュー取ったのなんてなんだか遥か昔と思うけど、日記読んでると記憶がよみがえるなぁ。取得直後のファンダイビングでビンタ・マスクぶっとばしAちゃんの世話をさせられ(?)て、フラプッチもお姉さんダイバーだわぁとか思ったんだったなぁ。
実はすでに400本越したフラプッチ、未だに「お姉さんの自覚」がない感じがするけど、上ビデオのダイバー見て、どうしたんだろう?って思えるぐらいの余裕は出てきたようです。。基本的に、超周囲が見えてないヒトだからねぇ、フラプッチは。。。(海でも陸でも。。)なにげにこないだアメリカで潜った時も、証拠写真撮りながらガイドについていくだけで精一杯で、初心者の友達はカナダから来てたジェントルマンさんがずっと手を握ってエスコートしてくれてたのでした。Kちゃんスマン…。

なんか、今回のプーケットは、ちょっと昔を思い出すカンジで楽しめました^^
ってまだ2年半しか前じゃないんだけどね。ま、ダイビングはじめて4年経たないから、やっぱりフラプッチ的には凄く昔なんだけど。
[PR]

by frappucci | 2009-04-17 22:41 | つぶやき。。。

<< 減圧症の自己診断方法(?) 肥満の乗客、2席分購入の必要も >>