トランスメディア提供アイコン01 ”ワニに似た肉食魚”って

いかにも恐ろしい外来種が!!ってタイトルですが> 滋賀の湖にワニに似た肉食魚 北米原産、在来魚に悪影響か

マスコミは人を煽ってニュースを読んだり観てもらったりするのがお仕事なんで仕方ないっちゃ仕方ないんですが、肉食魚って言い方ってw それ言ったらかなりのお魚は「肉食魚」な気がしますが…。でもガー類の中でも最も大きくなり3m程度になるので、水鳥とかも襲うと説もあるようです。ちなみに、このアリゲーターガーの天敵はミシシッピワニ(アメリカアリゲーター)だそうです。ニュースの書き方だと、まるでワニが捕まったかのような印象を与える気がしますが^^;
ペットショップでは結構流通していて値段が安めだけど、成長が早いので捨てる飼い主も多いようで、調べてみると結構日本各地の川や湖で釣れた!って情報がありますね…アリゲーターガー購入する人は最低でも幅4m位の水槽用意してから飼いましょう…。



滋賀の湖にワニに似た肉食魚 北米原産、在来魚に悪影響か
 滋賀県高島市の貫川内湖で捕獲されたアリゲーターガー(同県水産試験場提供)
d0056263_22564428.jpg

 滋賀県水産試験場は20日、同県高島市の貫川内湖で、ワニのような頭を持つ北米原産の肉食魚「アリゲーターガー」が捕獲されたと発表した。これまでに琵琶湖など県内の湖で3匹捕獲されたが、今回は水温が低い時期のため、試験場は「越冬して繁殖し、在来魚に悪影響を与える危険がある」と警戒している。試験場によると、全長約80センチ、体重約3・5キロ。最大級の淡水魚で、成長すると3メートル程度になるという。
[PR]

by frappucci | 2009-02-21 22:57 | つぶやき。。。

<< ビーチでの水面休息  陸で海ばなし >>