トランスメディア提供アイコン01 ダイバーとしての成長。

週末は…
このところでかけっぱなしだったので、久しぶりにおうちでゆっくりすることに。
ネットもほとんどせず…
そんなわけでコメントお返事遅れてましてごめんなさいです。

自立するまで、暖かい目で見守ってね。ヒトヅラハリセンボン@ラチャ・ヤイ、プーケット
d0056263_16272251.jpg


このヒトヅラハリセンボンさん。逃げようがない場所にいたことをいいことに至近距離で撮らせていただきました。怖かったかなぁ、ごめんね。トリミングなしですよぉ。凄くない?デカかったことも確かですが。ってまたコレ、レスキュー講習中だったりします…
ハリセンボンとは、眼のところの帯が頭まで延びないかで区別できるそうです



さてさて。
先日、シーズナリティについて書いたとき、現地のダイビングショップは海況とか良くないかもしれないとわかっていても教えてくれない、と書いたところ、そういうことを求めること自体、幼いのではというコメントを頂きました。

確かに、海況判断などを他人に頼っているのは、ダイバーとして自立していない態度ですよね。
ショップ側だって、海況を正確には判断できないし、更に言えば、お客さんが自分の判断で申し込んできているのを、止めたほうがいいんじゃとか言うのは出すぎた態度なのかも。

ただ、OW取得してダイバーになった瞬間から、自立したダイバーになるまでには、小さなステップが沢山あります。アドバンスを取得して身につけるというものではなく、本当の意味でのスキルというか…。特にフラプッチのように、ダイバーになるまで自然にも生物にも殆ど縁がなく、季節を感じるような生活もしていなかった(仕事人間だったので、朝起きたら会社に行って夜中まで働いて帰ってきたら寝るだけ、学生時代も勉強とバイトで忙しかったし)人工的に操作された室温が当たり前になっている人は、そもそも海況は自然のもので毎日違うんということすら気付くのにさえ時間がかかるかも。

オトナにはね、色々あるわけよ。
d0056263_16273243.jpg

実際、フラプッチは、台風でうねりが発生して潜れないんだというのがわかったのも、西風が強いと西伊豆は潜れないけど東とか湾は大丈夫なのかとかわかったのも、ダイバーになってかなり経ってから。また、海況が悪い日に潜って、翌日はやめたことがあるけど、そのときだって翌日海況が悪そうだとは実は気づいていなかった。一緒に潜る予定の人がやめたからやめただけだったんだよね。あの時も、ショップの人からは、翌日潜りましょうよ!ってかなりしつこく誘われたな、今思い出すと。

フラプッチは、ダイビングを始めてたった1年2ヶ月しか経たないけど、その間に本当に沢山のことを学んたと思う。そして、もっともっと、学ぶべきことも学びたいことも沢山あります。大人になってから、こんなに沢山のことを学べるチャンスって、あまりないだろうし、成長できるって楽しい。それ以前にダイビングは楽しい。縁があってダイビングを始めることができたのを感謝しています。

けれど、その過程で、嫌な思いもしてきたし、危ない目にもあってきました。これからダイビングを始める人、今ダイビングを始めているけど、まだそういう目にあっていない人に、お金さえ払えばあとはプロがよきに取り計らってくれるというわけではないんだよ、ということを伝えたくて、ああいう記事をアップしました。逆に言うと、自分で色々見極めて、自分で判断できるようにならないとってこと…。フラプッチの拙い文章で、どこまでそれが伝わったかわからないけど。



全然関係ないけど。
コメントって面白くて、知人で、なぜか必ずメールでコメントしてくれる人、電話や直接会ったときにコメントしてくれる人も何人か居ます。とりあえずフラプッチは、色々な意見を聞けるのはありがたいことだと思っていますので、どんな形でもコメントは歓迎です。あ、でもコメントスパム?はイヤです。あれって、実はブログ業界全体に相当なダメージを与えているらしいですので(エキブロとか他のブログが遅くなったりするのもコイツらのせいらしい)、みんなで頑張ってコメントスパムは消しましょう。放置すると、相手の思うツボなのであります。キーワード設定でもかなり効果ありますよ。
[PR]

by frappucci | 2006-07-31 13:40 | つぶやき。。。

<< タイ料理!タイ料理! [dive.109] レスキュ... >>