トランスメディア提供アイコン01 タイ語!タイ語!

タイ人ガイドさんにログブックにタイ語書かれて、なんとか読めないかとタイ文字一覧を入手したりしてタイ語をうんうん眺めているうち、だんだんタイ語が可愛く見えてくるようになりました。こんなんとか、可愛くない?

こんな、道端の段差埋め用の木にタイ語が書いてあるだけで、かわいー♪って写真撮ったりして。
(写真撮ってたらタイ人に笑われてた…なんて書いてあるんだろう?)
d0056263_1232834.jpg

フラプッチはコトバに恋するところがあって、昔フランス語勉強してたときとか、フランスへ行って周りがフランス語話しているだけで幸せな気分になったもんです。今度はタイ語が好きになってきたかも…けど、聞けない・話せないだけでなく、文字が特殊なので読めない・書けない、の四重苦なのです。日本語勉強してるアメリカ人とかもそんな感じなんだろうなぁ。

前回のタイ旅行前にいくつか、タイ語の単語を仕入れていきました。で、ショップのオフィスで、スタッフに披露したりして。「ねーねー、あたし、ガイドのK君のために、タイ語覚えてきたの。」「ん?なんていうタイ語?」「”田舎モノ”!」スタッフ大喜び(K君は北部の農村地帯出身です)。そこにちょうどK君が現れたので、「K君~!ひさしぶり~!K君のためにタイ語覚えてきたの~。”田舎モノ”!あとね、それからね、”気分屋”!」またまたスタッフ大喜び。

しかし、タイ文字は難しい…絵にしか見えません。だいたい、42種類(だっけか)+記号とかあって覚えられるわけあるかゴルァ!っちう感じです。
でもね、ショップからホテルに送ってもらう途中に通りがかったバスに書いてあった文字を見たときのこと。「パ…ト…オン…グ…、、、え?もしかして今のバス、パトン、って書いてあった?!」と運転手さんに聞くと「書いてあったよ。」やったー!初めてあんちょこなしで読んだタイ語の単語は、「パトン」でした♪

しかし今後お勉強するのかはやや不明。むぢかしすぎます。
[PR]

by frappucci | 2006-07-26 10:00 | つぶやき。。。

<< ダイビングとシーズナリティ 御蔵島での事故の当事者の方の体験記 >>