トランスメディア提供アイコン01 適当にかんばろ。ってことで。

ん?どした?って、覗き込んでくれてるみたいなオオハシさん。
d0056263_11235648.jpg

実は、ちょっと、先日の花鳥園で落ち込んだことが…



この日はフォト・コンテストの表彰式で行ったので、当然フォトコン入選作を拝見したわけです…
そして、最優秀賞のサイトヲ。さんの写真が、珍しいことにフォトコン審査員の全員一致ですんなり決まったっていうお話も伺いました。くりはらさんなんかも、この写真見たら誰だって、サイちゃんの写真の説得力に納得するだろう。ってコメントもしてたし。

誰だって…
うーん。

実は、正直なところ、フラプッチにはわからなかったのです。
素敵だとは思う。けど、そこまで圧倒的なのかが、わからない。
結局、とあるお方に、どこが凄いのか、解説していただいたっていう情けなさ。
説明されて、ようやく、なるほどぉ。って思ったわけなんだけどね。
そんなこんなで、実はプチ落ち込みしたわけでした。
d0056263_11242291.jpg

なんかフラプッチって、写真のセンスとか才能って微塵もない感じ?とか思って
その後しばらく落ち込んでたりして。
花鳥園で今回撮影した花に、お気に入りがないのも、気合が抜けて撮ってたからかなぁ。
後から見ると、こうすればよかったのに、ああすればよかったのにってトコ満載。笑

けど、やっぱり、撮ってると楽しいんだよね。
フラプッチには、人に伝えたい、っていう視点が不足してるのかもしれないと思う。
どちらかというと、この瞬間を保存したいっていう、お土産志向。
なので、あああ、可愛い!素敵!って思う気持ちと、シャッター押すタイミングがシンクロしてしまう。
その瞬間を、どうしたいの?っていう視点にかけているというか。

けど、サイトヲ。さんからのお言葉、「登山だけがよい景色を見る方法ではないと思うのでぷっちさんはぷっちさんなりの方法を見つけていけばよいと」でちょっと勇気付けられました。

よく考えてみたら、才能なんてある人なんてごく少数で…プロになるつもりでもないなら、
才能ないからってやめることもないかなと。で、才能とかいう前に、少しは努力もしてみないとね。
で、その努力も辛いなら、別に楽しいからっていう理由だけで写真撮っちゃいけないわけでもないだろうし。

「そだよ。あんま、くよくよするな。
d0056263_11264689.jpg
一昔まえまで、コンデジと一眼で撮った写真、見ても違いもわからなかったじゃん。
少しは進歩してるんだよ、きっと。
それにさ、上手な人だって、彼らなりに悩んだりもしてるんだ。
1年365日、フクロウ飛行ショーしてるサンジ君だって、聴衆に圧倒されて飛べないときもあるのだ。」
(この日のサンジ君は、絶不調でした。気のせいかもだけど、ちょい気まずそう?)
d0056263_11271724.jpg

なわけで。
花鳥園での、お土産ショット。(^-^)可愛すぎ。
d0056263_11273551.jpg

そうそう、水中写真だとどうしても動いているもの相手にしたり、ストロボあたってなくて暗かったりで
トリミングや補正を使ってしまうので、クセになってる感じなんだけど、
花鳥園でのショットは、基本まったくいじらないでみました。あ、最初のオオハシさんだけちょいトリミング…
まず、フレーミングをもうちっと考えてからシャッター切るようにしようかね。
[PR]

by frappucci | 2006-05-26 11:28 | つぶやき。。。

<< シミランクルーズへ出発~酔い止... まな板の上の活・液晶マダコ動画。 >>