トランスメディア提供アイコン01 ペンギンの脱糞時における圧力…

世の中色々な研究をする人がいるもんで。
しかし、先日水族館で見たときには、水中でウンチだかオシッコだかしてたし<ペンギン
水深深く行ったら、かなりの圧力を要すると思われるような。

イグ・ノーベル賞、犬用人工睾丸やペンギンの脱糞時における圧力研究など|エキサイトより
<流体力学賞>
ブレーメン国際大学(ドイツ)のビクトル・ベンノ・メイアロコウ氏とエトヴォシュ・ローランド大学(ハンガリー)のヨゼフ・ガル氏による、「ペンギンが糞をするときに生じる圧力・鳥類の排便時における圧力の計算」という研究が受賞。この研究は2003年に学術雑誌「Polar Biology」で発表された。
------------

でも、こっちのほうが気になった…

------------
<経済学賞>
「逃げて隠れる目覚し時計」を発明したマサチューセッツ工科大学のガウリ・ナンダ氏
------------
に、逃げて隠れる目覚し時計?
早速探してみると…Clocky(Watch Clocky in Actionというリンクで、動いているところのビデオが見れます)
------------
d0056263_10332764.jpg
Clocky is an alarm clock in development for people who have trouble getting out of bed.
When you hit the snooze button, Clocky will roll off of the nightstand, fall to the floor, and run around the room, searching for a place to hide.
Clocky is patent pending.

クロッキーはベッドからなかなか起き上がれない人のために開発された目覚まし時計です。
スヌーズボタンを押すと、クロッキーはベッドサイドのテーブルから動き出して床に落ち、隠れる場所を探して部屋を走り回ります。特許出願中。
------------
フラプッチは朝型かつ体内時計が正確で、目覚ましをセットするとだいたいそれより数分早く起きるのでアラームはいらないんだけど・・・ちょっと欲しい。…てか、なぜフカフカ?
ダイビングで朝早く起きなければならない皆様、いかがでしょう?
[PR]

by frappucci | 2005-10-12 10:32 | つぶやき。。。

<< 大洗のモテモテかめさん くじら見オフで大洗へ… >>