トランスメディア提供アイコン01 ウミウシの天敵

ウミウシって、あんなに派手なのに大丈夫なの?という疑問。

結論から言うと、マズくて食えたもんじゃないらしい。
でなんでマズいかというと、マズいモノ食べてるかららしい。
しかも、食べたものを利用したりもするらしい。

しかし、食べたものにより味が決まるってコトは、美食家の政治家とか、美味しいんだろうか。
(…そうは見えないような)

-----
ウミウシ学 海の宝石、その謎を探る レビューより

しかも、ただ食うだけではない。なんと、付着動物たちが作る防御物質を体の中に選択的に蓄えて、自分自身の身を守るために転用してしまうのだ。中でもすごいのがミノウミウシ類による盗刺胞である。読んで字のごとし、刺胞動物が作る毒液を備えた針付きカプセルを盗んで我がものとしてしまうのだというから凄い。その選択ならびに運搬メカニズムなどは不明だという。

しかしそれに環をかけて凄い奴もいる。なんと葉緑体を盗んで利用してしまう奴までいるのだ。嚢舌類の一部は、エサの海藻から葉緑体を取り込んで使うのだという。海藻をちぎりとるような食べ方をする連中なのに、どうやったらそんなことができるのだろう。生き物は本当に不思議だ。
[PR]

by frappucci | 2005-07-28 17:32 | 海の生き物

<< 沖縄に行けなくても!銀座で熱帯... [dive.19] 初めて自分... >>